« (増補版)656E2/3:2/3:3/3:気になった事柄を集めた年表(1896年8月~1896年9月) | トップページ | (増補版)658E2/3:2/3:3/3:気になった事柄を集めた年表(1896年10月~1896年11月) »

2019年10月 1日 (火)

(増補版)657E2/3:2/3:3/3:気になった事柄を集めた年表(1896年9月~1896年10月)

題:(増補版)657E2/3:2/3:3/3:気になった事柄を集めた年表(1896年9月~1896年10月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
 ☆真実の歴史を知ることは、国際社会をより公正なもの
  にする。
  そして、その公正な社会の達成で、人々の、また、皆
  様の、そして、人間の幸福を創造していく力ともなる。
  世界に真実を公表していく事は、真にやるべき大切な
  こと・・
  そして、総べての真実を議論してこそ民主主義が達成
  される。
 ☆過去を忘れたら「歴史」は蛮行を繰り返す。
 ☆中国と韓国は隣の国・・引っ越しの出来ない隣の国・・
  だからこそ、正しいことを言って正しい関係を作らな
  ければならない。
  卑劣なねじ曲げ発言に躊躇(ちゅうちょ)してはなら
  ない・・あくまでも、正しいことを教えてあげねばな
  らない!
  また、中国・韓国は、隣国・日本の立場を理解するこ
  とにつとめなければならない。
 ☆国際社会は、中国へ民主化を強く求めなければならな
  い・・民の選択を受けない指導者たち・・民主化が達
  成できない国=中国・・
.
1896年9月28日、蜂須賀茂韶(はちすかもちあき)が、文相
 (第 2次松方内閣)となる。
  1846年9月28日、生誕~1918年2月10日、死没
   阿波国徳島藩の第14代(最後)の藩主。
  1872年(26歳)明治維新の時、オックスフォード大学
   に留学。
   侯爵、
  1896年(50歳)3月14日、勲一等瑞宝章
  1903年(57歳)12月26日、旭日大綬章
  1918年(72歳)2月10日、旭日桐花大綬章
.
1896年9月 ロシアが、豆満江上流地域・鴨緑江上流地域・
 鬱陵島・茂山の森林伐採権を取得した。
  ロシアが、朝鮮半島の利権をじわじわと奪って行く。
  また、1903年には、ロシアは、この権利(森林伐採権)
 を悪用して、ロシア軍を鴨緑江河口の龍岩浦に駐屯させ
 た・・そして、軍事基地を作ろうとした。
  朝鮮半島地域を軍事力をもって牛耳り、そして、ロシ
 ア領土化しようとした・・
  日露戦争の原因の一つとなった。
  (参考)豆満江:とうまんこう、中国と朝鮮の国境の
     白頭山(中国名:長白山)に源を発する。
      中華人民共和国(中国)、朝鮮民主主義人民
     共和国(北朝鮮)、ロシアの国境地帯を東へ流
     れ日本海に注ぐ、全長約500kmの河川。
  (参考)鴨緑江:おうりょっこう、中国東北部と北朝
     鮮との国境となっている川。
      白頭山に源を発し黄海に注ぐ。
      水の色が鴨の頭の色に似ていると言われたこ
     とからこの名がある。
  (参考)鬱陵島:うつりょうとう、朝鮮半島の東、日
     本海に浮かぶ直径10キロメートルの島。
  (参考)茂山:むさん、もさん、朝鮮半島北部に位置
     する。
      北東アジアで最大規模の埋蔵量を持つという
     鉄鉱山・茂山鉱山がある。
      満州族(女真族)など中国東北地方の諸族が
     朝鮮半島へ侵入する通路の一つにあたり、朝鮮
     の李王朝は、ここに兵営を置き北辺防備をした。
.
1896年10月1日、川崎造船所(後の川崎重工業)が設立され
 た。
  兵庫県神戸市に設立された川崎造船神戸工場の前身で、
 後の、川崎重工業株式会社(10月15日説あり)
  1869年、加賀藩士の3人が、加賀藩の七尾造船所が閉鎖
   されたため、その設備を譲り受け、兵庫川崎の浜に
   設立したことに始まる・・
   この事と・・
  1878年、川崎正蔵は、近代的な造船所の必要性を感じ
   ていた・・そこで・・
   東京の築地に川崎築地造船所を設立した。
  1881年、川崎正蔵は、また、神戸に川崎兵庫造船所を
   設立した。
   まだ、日本は、和船が重んじられていた時代で、経
   営は苦しかった・・
   官糖の取り扱いで利益を得て、事業を支えていた。
  1880年、国が、官営工場を民間に払い下げる方針を示
   した。
  1886年、官営・兵庫造船所が、川崎正蔵に払い下げら
   れた、設備は優れていた・・この機能を取り入れた・・
   そして、名称も、川崎造船所と改称された。
   東京は閉鎖され、神戸に集約する・・
  1994年、日清戦争が事業を拡大させた・・新造、修繕
   の需要が増大した・・
  1896年10月15日、株式会社川崎造船所が設立された。
   松方正義の3男の松方幸次郎が初代の社長となった。
   川崎正蔵の息子たち3人は運悪く亡くなっていた。
   川崎には、養子の4男が居たが、まだ10歳であるため、
   松方が後継者とされた。
   社長は、積極的に設備投資をし、拡大して行く・・
.
1896年10月16日、東武鉄道が設立された。
  伸び盛りの日本である・・次々と会社が設立された。
  また、富国強兵の下、盛んに国力の充実に努められた。
  新千円札の顔となる渋沢栄一も盛んに貢献する。
  この日、東武鉄道(東武グループの中核となる企業)
 が設立された。
  1895年(明治28年)4月6日:創立願いが出された。
  1896年6月22日、仮免状が下付された。
  1896年10月16日、創立総会が開催された。
   役員の選任(専務取締役:末延道成、取締役:今村
   清之助、南條新六郎、原六郎、渡辺洪基)
  1899年8月27日、初の路線である現在の伊勢崎線の北千
   住駅~久喜駅間が開業した。
  1945年3月10日、東京大空襲により東京の下町地区が大
   被害を受けた・・東武鉄道も、浅草地区を中心とし
   た伊勢崎線沿線が被災した。
  1945年4月13日、国際法違反となるアメリカ軍による民
   間人殺戮、及び、民間施設を攻撃対象とする攻撃が
   盛んに行われた。
   東武鉄道も、この空襲により池袋地区を中心とした
   東上本線沿線が被災する。
  2012年5月22日、東京スカイツリーをはじめとした、東
   京スカイツリータウンを開業させた。
.
1896年10月21日、税務管理局官制公布されて、全国に税務
 署が設置された(11月説あり)
  47府県の収税部は、全国23の税務管理局に再編・統合
 されて、府県収税部のもとに置かれていた収税署は、税
 務署と改称された。
  これによって、これまで、府県が取り扱ってきた国税
 事務は、大蔵省主税局のもとに一元化されて、税務行政
 の統一的な執行体制が成立した。
  設立当初の税務署は、税務管理局の出張所のような機
 関だったが・・
  1902年、税務監督局官制と税務署官制の施行によって、
 税務管理局は、税務監督局へと改組され、税務署の監督
 機関、税務署は、国税の執行機関となり、役割が明確に
 区別されるようになった。
  創設された当初の税務署の機構は、直税・間税・庶務
 に分かれていた。
  1896年の租税収入の割合は・・
  ①地租46%、②酒税23.8%、③所得税2.2%、④その他
 28%・・
  その他には・・営業(収益)税、個別消費税、関税、
 印紙収入など・・
  直税課は、地租、営業税、所得税などを担当したが、
 この時代は、地租が高い税収入を占めていて、職員は、
 土地の分合筆、地目の変換、災害などの際には、税務署
 に備え付けの土地台帳などの帳簿類を修正するほか、管
 轄内の土地の実地検査を定期的に行っていた(豊臣秀吉
 の検地を思い出される)
  土地の測量には、器具を用いた・・「測板(平板)測
 量法」が採用されていた。
  この測量技術の修得のため、税務職員を対象にして、
 各税務監督局内では講習会が開かれた。
  また、税務署が主催する町村職員に対する測量講習会
 も開かれた。
  間税課は、間接税を担当した・・その中心は酒税。
  1899年から、酒税が、国税収入の首位を占めるように
 なり、重要性が高まった。
  1899年、自家用酒の醸造が全面禁止された。
  密造酒の取り締まりも、間税職員の重要な任務となっ
 た。
.
1896年10月25日、南和鉄道が、葛駅~五条駅間を開通させ、
 また、五条駅~二見駅間を開通させて、高田駅~二見駅
 間を全通させた。
  南和鉄道は、奈良県にあった私鉄。
  後に、1904年12月9日、関西鉄道に買収され・・さらに、
 国有化へ・・
  奈良県の吉野川流域には、大阪鉄道が、当初の広大な
 計画の一部として路線を建設するものとされていた。
  しかし、その実現性は、少なくなって行く推移をした・・
  そのため、地元資本で路線敷設をしようということに
 なった。
  大阪鉄道の高田駅から分岐し、五条駅に至る鉄道敷設
 を申請する。
  1891年、仮免許が下り、
  1893年、免許が下付され・・
  1896年、全線が開通した・・
  五条駅~二見駅間は、吉野川水運、主に、木材運搬の
 ために建設された路線だった。
.
1896年10月、日本郵船が、豪州航路を開設した。
  日本郵船の始まりは、岩崎弥太郎に始まる。
  同郷・土佐の坂本龍馬が率いる海援隊・・その商法に
 思想面で影響を受けた岩崎弥太郎だった・・
  生まれ育った土佐で、海運業を興す決意をした。
  岩崎彌太郎は、藩の汽船を購入し、その資金調達の仕
 事を通して経営方法を学んだ。
  1870年(明治3年)東京・大阪・高知間で、海上物資輸
   送を行う九十九商会(後の三菱商会)が大阪市西区
   で設立された。
    そして、三菱財閥(三菱グループ)の源流企業と
   なって行く・・
  1875年(明治8年)国有会社である日本国郵便蒸気船会
   社の経営が、岩崎弥太郎に任された。
   (三菱商会が郵便汽船三菱会社へ改称される)
  1875年、郵便汽船三菱会社は、en:Pacific Mail Steamship
    Company と契約をし・・
    政府の援助や吉岡銅山の利益を元に、洋銀78万ド
   ルを支払って部分的な事業譲渡を受けた。
  1885年(明治18年)政府の仲介で、郵便汽船三菱会社
   と三井系国策会社である共同運輸会社は合併し、日
   本郵船会社が設立された。
  1896年、驚愕的な航路の開設をする・・
   欧州・米国、豪州に一挙に定期航路を開設した・・
   世界の海運界を驚愕させた。
    それまで、日本の定期航路は、遠洋といえどもイ
   ンド洋までだったが、それが、太平洋を制覇して、
   インド洋、地中海を経て、大西洋に至るという大事
   件だった。
  そして、今・現在、国内・海外を合わせて350以上の都
 市の港へ、755隻の船を運行させ乗り入れている・・世界
 最大手の海運会社のひとつとなっている。
  因みに、ユダヤの方々を、ナチスから救ったのは日本
 郵船だった。
  日本経由で、パレスチナや北米へ向かう難民たちの救
 出に協力した。
  ユダヤ人難民のリーダー、ゾフラ・バルハフティック
 は、その著書『REFUGEE AND SURVIVOR』の一章、NYK PROJECT
 に、当時の模様を克明に記している。
.
  (今日の言葉)
.
  題:韓国の方々が、自国の文在寅(ムン・ジェイン)政権の行動を批判し始めた。
    自国の政権がしていることを「おかしい」「嘘だ」と言い出した・・「虚飾されている」と言い出した。
    李氏朝鮮の時代も「嘘をついて、国が滅びて行った」が、今もその様なことをしている・・と言い出した。
    今、韓国・朝鮮の良識ある知識層が声を上げ始めた・・
.
1523年、「モルッカ諸島記」という世界一周記が発刊され
 た。
  1521年、マゼランは、世界一周を果たせず、フィリピ
 ンで戦死していた。
  (マゼランが、世界一周をしたというのは間違い)
  世界一周を目指した船は5隻だったが、スペインに帰着
 できたのは「たったの1隻だった」。
  そして、この本は、やっと帰り着いた船員から聞き書
 きしたものだった。
  船員たちは言う・・
  「世界を一周して来たが、全地域にわたって、その様
 な怪物、また、怪物然とした人間には一度も出会ったり、
 見たりしたことは無かった」・・と・・
  また、「その様な怪物が存在していることも、また、
 かつて存在していたという事も、聞いたことは無かった」・・
 と・・
  「それらの怪物についてのことは、偽りと言わざるを
 得ない」・・と・・
  キリスト教に洗脳されて作られた「怪物妄想」は、こ
 の様に強く人々を洗脳し、人々をマインド・コントロー
 ルしていた。
  怪物が居るのではと怯(おび)え、好戦的になりやす
 いマインド・コントロールが、キリスト教ヨーロッパ人
 を防御的にし、また、好戦的にしていた。
  この様な航海者が実見した証言があっても、このキリ
 スト教が洗脳したマインド・コントロールは、人々から
 なかなか抜けなかった。
  「どこかに怪物は居るはずだ」と思い続けさせた。
  このキリスト教の洗脳のマインド・コントロールから
 抜け出すことが出来るのは、18世紀にならなければなら
 なかった。
  ヨーロッパの図鑑などの書籍類から、怪物が消えたの
 は18世紀だった。
  アメリカ大陸で、インディオに出合ったスペイン人と
 キリスト教聖職者たちは、バチカンのローマ法王(教皇)
 に問い合わせると、「人間ではない」という返事に、こ
 の返事を契機にして大虐殺が長期間に渡って行われた。
.
1614年、徳川幕府が、キリスト教宣教師の追放令を出した。
  キリスト教は、ひたすらこのことを言いたてる・・そ
 して、弾圧されたと言う。
  これは、キリスト教が良くする言い方で、すでに、キ
 リスト教宣教師の追放令は、豊臣秀吉が、遠い以前に、
 既に、出していて・・
  その時、その令に従ったキリスト教宣教師は、長崎か
 ら船で出国していて・・何も問題は起こらなかった。
  秀吉は、弾圧も何もしていない。
  令に従えば、何も問題は無かった。
  しかし、キリスト教宣教師で、この令に従わない「法
 律違反者」がいた。
  その為、徳川幕府が、また、キリスト教宣教師の追放
 令を出さざるを得なかった。
  当初、キリスト教という異教に対し、日本の文化は、
 柔軟で、優しかった。
  日本人の優しさから来ていた。
  穏便に温厚に他宗教を受け入れていた。
  これは、キリスト教の様に、民族が混在する風土で育
 った宗教とはちがう・・「他民族や、異教徒は殺せ」の
 キリストの教えるところとは、まったく違う日本の風土
 だった。
  織田信長は、優遇さえした。
  そして、豊臣秀吉も、最初は、信長と同様に、倣(な
 ら)っていた。
  しかし、キリスト教宣教師の「陰の使命」が分かって
 来た。
  「日本を植民地にする」という密命を帯びたキリスト
 教宣教師の「その密命」を豊臣秀吉は知った。
  長崎などが要塞化されつつあった。
  また、キリスト教は、日本の若い女性をヨーロッパな
 どへ売る人身売買を行なっていた。
  キリスト教会がその拠点となってその南蛮貿易を実施
 していた。
  豊臣秀吉は、臣下にそのことを調べさせた。
  その結果、「間違いない事実」と判明した。
  キリスト教教会は、その元締めさえしていて、キリス
 ト教が、この様な背景を持つ組織であった・・
  このことを、まったくキリスト教は説明もしない。
  ただただ「弾圧された」「弾圧された」と、この事だ
 けを、日本だけでなく世界へ言いつのった。
  キリスト教に偏するNHKも、学校放送で、感受性の
 鋭い世代を狙って(高校講座で)キリスト教に同調した
 言い方で、日本を貶(おとし)める教育放送をし続けて
 いる。
  そして、今・現代・・新たな宗教弾圧を「キリスト教」
 がやっている。
  まったく別の宗教となってしまった「隠れキリシタン」
 と言われた方々が、今・現代、まったくキリスト教とは
 違った宗教形態となっている・・
  日本の宗教の神道や仏教の宗教形態になっているが・・
  これを無理に元に戻そうという「強引な宗教弾圧的な
 行為」をキリスト教はやっている。
  「自分たちのやっている」キリスト教の様に戻したい
 と、強引に介入して行っている。
  「潜伏キリシタン」という新たな言葉も使ってマイン
 ド・コントロールしている。
  「隠れキリシタン」とはキリスト教会に復帰しない者
 たちの事だとレッテルを貼っている。
  また、一人のおばあさんが、新たに出来たキリスト教
 会に来て、「マリア様の像が見たい」と言ったことを、
 「隠れキリシタンの発見だ」と言った。
  裏付けもあると大袈裟に宣伝した。
  江戸時代の事を、昭和15年になってその裏付けを取っ
 たと言う。
  裏付けを取った・・確かめた・・と言ったって、100年
 近くも後になって確かめたということ・・
  キリスト教を信仰する者を研究者として、「この事が
 (裏付けが)調べられた」と言っている。
  キリスト教の人たちの働きかけで、半分の人がキリス
 ト教になったという。
  宗教の勧誘は自由だが、隠れキリシタンが居たという
 この地域に、特に、だから、重点的に執拗な勧誘が行な
 われている。
  まったく違って、変わってしまった宗教になった方々
 へ・・キリスト教とまったく違った儀式をしている人た
 ちへ、神道の社・やしろを建てて神道的な儀式をしてい
 る方々の所へ、キリスト教は介入している。
  キリスト教聖職者が、キリスト教の原色の派手な聖職
 者服を着て、参列し、自分たちのキリスト教の儀式を行
 なって、介入している。
  隠れキリシタンの方々が、長い年月の中で培(つちか)
 ったキリスト教とまったく違った形となった宗教儀式を
 元に戻したいとしてやっている・・介入している。
  この方々の宗教を尊重していない・・新たな弾圧行為
 となっている。
  この様な行為をしてまでして「作り上げた状況」を、
 現状を・・「隠れキリシタンの現状は世界でもまれな例
 である」「世界史上、特異である」と作り上げられた現
 状が世界遺産として評価されてしまって、世界遺産とな
 った。
  今までの歴史の中で、神道や仏教に戻った方々の宗教
 形態が、その信仰が、まったく無視された。
  仏教が大切にしている先祖からの伝承や信仰形態を大
 切にしている方々の行為を無視した・・立場がまったく
 無い状態にされている。
  半分の方々は、「キリスト教に戻らず」に、その自分
 たちの信仰を保っている・・そして、これまで変えたい
 とキリスト教は強引に介入している。
     ・
     ・
1913年、ガンビアのアフリカゾウが、絶滅した。
  気象変動などによる干ばつ、そして、民族紛争、象牙
 目的の乱獲などによって生息数は減少した。
  象牙価格が高騰していることや、内乱や民族紛争によ
 って、より殺傷力のある自動小銃や機関銃などの火器が、
 密猟者に渡ったことによって・・
  幼獣も含めて「群れ単位の虐殺」が行われることなど、
 密猟者の手口が悪質化している問題がある。
  ガンビアでは、1913年に絶滅し・・
  また、ブルンジでは、1970年代に絶滅し・・
  モーリタニアでは、1980年代に絶滅し・・
  スワジランドでは、1920年代に絶滅した。
  しかし、スワジランドの場合は、1980年代から1990年
 代に再導入された。
  一部の地域では、減少傾向にあるが、地域によるもの
 の1960年~1980年代に底を打ち、生息数は漸増傾向にあ
 ると推定された・・
  2000年代には、大半を占めるアフリカ大陸東部個体群
 や南部個体群では、生息数は年あたり4%の上昇率で増加
 しているという報告例もある。
  今までの生息数の経緯は・・
  1970年代における生息数は、270万頭、
  1980年の生息数は、100万頭、
  1988年の生息数は、62万頭と推定されている。
  1995年における生息数は、約28万頭が確認されている。
  最近の過去は、10年で11万1000頭が減少し・・
  今、約41万5000頭となっている。
  地面に着くほどの大きな牙を持つ巨象は、世界で25頭
 前後に減ってしまった。
  象牙の密漁で殺されている。
  ケニアの国立公園の「サタオ2世」が殺されていたこと
 が、最近、確認された。
  毒矢で殺されていた。
  重さ50㎏~52㎏の2本の巨大な牙は、切り取られずに残
 されていた。
  密猟者2人が逮捕された。
  サタオ2世は、2014年に密猟者に殺された巨像「サタオ」
 にちなんで名づけられていた。
.
1945年、若泉敬・京都産業大学教授(佐藤栄作首相の政治を
 助けた業績がある方)は・・
  中学生の頃、アメリカ軍による空襲によって、大量無
 差別虐殺された日本の婦女子の焼けただれた死体が、ご
 ろごろ転がる道を歩きながら、背筋がぞくぞくするよう
 な恐怖感、嘔吐感、虚脱感、絶望感を感じたと言われた。
  その少年時代の体験から、佐藤栄作首相の政治を助け
 ていた時・・
  「原爆を落とされるような、あんなひどいことをされ
 たから、二度とアメリカに逆らってはいけない」と思っ
 たという。
  昭和5年生まれの先生と同じ年齢の方は言う・・
  「焼夷弾は非常に酷(むご)い。
  火の中を逃げ回って、結局、焼かれて死ぬのだから・・」
 ・・と・・
  国際法違反の一般人・民間人の殺戮を狙ったアメリカ
 の都市への無差別爆撃・・じゅうたん爆撃・・
.
2008年11月、エジプトのサッカラでシェシェティ女王のピ
 ラミッドが発見された。
  これは、エジプト国内での118基目のピラミッド。
  (参考)サッカラ:古代エジプトの首都だったメンフ
     ィスのネクロポリス(巨大な墓地、または、埋
     葬場所)で、多数のピラミッドがある。
  古代エジプトのピラミッドは、巨石を四角錐状に積み
 上げて、中に通路や部屋を配置した。
  建造物として、王が、天に昇る階段としての役割・・
  そして、ピラミッドの斜めの外形は、太陽光を模した
 ものとも言われている。
  ピラミッドは、単体で完成したものではなく、付随す
 る葬祭殿などとの複合体として捉えるべきもの。
  大ピラミッドなど、本体には基本的に北面に入り口が
 ある・・
  そして、玄室(げんしつ、棺を納める室)に至る道や、
 「重力分散の間」と呼ばれる未解明の機構がある。
  ヘロドトスが、「歴史」に記述した「奴隷が強制労働
 で築いた王墓」は間違いである。
  古代ギリシャの歴史家のヘロドトスが、自分の国家の
 状況からその様に想像したのだろうが・・
  1990年代に入ってから、ギザの大ピラミッド付近でピ
 ラミッド建造に関わったとされる人々の住居跡や墓が見
 つかった・・そして・・
  ピラミッド建設に関わった道具や手術跡など、高度な
 外科治療が施された人骨が発見された。
  更に、女性や子供達の骨も数多く発見され、家族で暮
 らして、ピラミッド建設に従事していたと推測された。
  このような事実から、定住して、ピラミッド建設に携
 わっていて・・
  虐げられていた奴隷ではなく、専属の労働者が居たと
 考えられた。
  また、ピラミッド建設に必要な高い建築技術は、専門
 の技術者でなければ従事できない。
  建設に関する労働者のチーム編成や作業記録が、文字
 で残っていることから、専門的な知識を持った技術者が
 居たことも推測された。
  また、住居跡があることから、技術者は、年間を通し
 てピラミッド建設現場に居住していたと考えられた。
  ナイル川が、上流のサバナ気候の影響で氾濫し、農業
 ができない間、農民が労働力として使われていた救済土
 木事業という説もある(一般労働者)
  ナイル川の洪水に立ち向かい、その洪水のサイクル性
 から暦を発達させ、洪水の時は、ピラミッド建設をした。
  そして、近年の研究で、このピラミッド建設が、失業
 対策と分かった。
  洪水期の畑仕事が出来ない民のために、ピラミッド建
 設をさせていた(奴隷による建設ではない)
  メソポタミア文明の場合、チグリス・ユーフラテス川
 の洪水で、キリスト教の祖先アブラハムは、この洪水の
 地・ウルを逃げ出した。
  そして、蜜と乳の流れるカナンの地を目指した。
  一方(エジプト)は、留まって洪水に立ち向かい、一
 方(メソポタミア)は理想の地を探し求めて、その地を
 捨てる・・この違いは何から来るのか・・
.
2018年11月、韓国の方々が、自国の文在寅(ムン・ジェイ
 ン)政権などの行動を批判し始めた。
  自国の政権がしていることを「おかしい」「嘘だ」と
 言い出した・・「虚飾されている」と言い出した。
  李氏朝鮮の時代も「嘘をついて国が滅びて行った」が、
 今もその様なことをしている・・と言い出した。
  今、韓国・朝鮮の良識ある知識層が声を上げ始めた・・
  韓国のロビー活動で「間違ったことを信じている国連、
 誤解をしている国連の担当者の人たち」にも、この話を
 聞いて貰いたい・・
  (関連事項)アメリカ軍が、第二次世界大戦後、日本
     に進駐して来た時、横須賀地区だけで、また、
     進駐の4か月の短期間だけで、アメリカ軍人にレ
     イプされた日本女性への性犯罪が数百件にもな
     った・・アメリカの謝罪は無い・・
  https://www.youtube.com/watch?v=WCxIQCBdj34
   李栄薫氏(李承晩学堂の校長)の話
          (参考・・日本語翻訳:林寿泉氏)
  李承晩TVの視聴者の皆さま、こんにちは・・
  「日本軍慰安婦問題の真実」の第4回目です。
  李承晩TVは、「事実」と「自由」という価値と精神
 に基づいて我が国(韓国・朝鮮)の歴史を省察する番組
 です。
  毎日、展開される現実のニュースを報道するとか、そ
 れについて論評することには、距離をおくことにしてい
 ます。
  今までの8ヶ月間、その原則を守って来ました。
  しかし、今日は、多少、時事的な問題を扱わざるを得
 なくなりました。
  何日か前に、正に、このシリーズの主題である日本軍
 慰安婦問題に関して、見過ごす事の出来ない二つの事件
 が言論報道されたからです。
  一つは、文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が、アメリ
 カを訪問する途中、あるメディアにインタービューをさ
 れたときに話したことです。
  「日本の昭和天皇は戦犯である。その戦犯の子供であ
 る現在の天皇か総理大臣が、慰安婦の手を握り、心から
 謝れば慰安婦問題は簡単に解決する。しかし、そうしな
 いから遺憾である」という趣旨の発言でした。
  この発言に対して、日本の政界と国民が激怒していま
 す。
  日本の外務大臣は、異例的に、非常に無礼な発言だと
 憤慨し、謝罪を要求しています。
  私も、文喜相(ムン・ヒサン)国会議長の発言は、誤
 ったものだと思います。
  国会議長と言えば、一国を代表する、序列2位の公人で
 あります。
  この様な公人が、無頼漢レベルの軽薄で浅薄な発言を
 したと思います。
  韓国のマスコミは、沈黙する事で、文喜相氏を擁護し
 ているようですが・・
  私は、彼の大韓民国の国家品格を顕著に損なった責任
 は、逃れる事のできないものだと思います。
  文喜相氏は、国会議長を辞退し、政界を引退すべきで
 す。
  もしそれが出来なくて、そして、いやならば、自分の
 主張が正しいという主張の下で、日本を相手に論争をし
 て下さい。
  論争をするのであれば、次のいくつかの事項を念頭に
 おいて頂きたい。
  まず、第二次世界大戦で、日本と戦争をしたアメリカ、
 イギリス、オーストラリアを始め連合国44ヶ国は、戦争
 後、日本天皇を戦犯としたことはありません。
  その44ヶ国に、韓国は、参加できませんでした。
  参加することを希望しましたが、拒絶されました。
  1951年のサンフランシスコ平和条約は、韓国を、旧日
 本帝国と(一体だった状態)から分離、解放された地域
 と規定しました。
  旧日本帝国に併合されていた歴史的事実があり、その
 根源、権利の源泉については、事実が、確認されました。
  つまり、客観的に韓国人は、日本に対して戦争の責任
 を追求する立場にいません(日本と一体になって行動し
 ていた状況にあった国)
  文喜相氏は、何を根拠に日本天皇を戦犯として規定す
 るのか、その根拠を示してほしいです。
  日本の肩をもつために言っているのではありません。
  私は、韓国人であると同時に、世界人です。
  そういう観点から、歴史的事実を冷静、かつ、客観的
 に話しているだけです。
  周知の様に、日本の天皇は、日本国家の象徴的な存在
 であります。
  政治には介入しません。
  謝罪をするとか、しないとか的な立場にいません。
  そうでありながら、日本人からは尊敬され、愛される
 日本の象徴であります。
  日本は、我が国の友邦です。軍事的にもそうです。
  また、韓国の経済は、日本の経済と深く繋がっていま
 す。
  韓国の10大輸出産業において、100ドル分を輸出するた
 めには、20ドル分の日本の高級部品、素材、装置を輸入
 しなければなりません。
  そうしなければ、韓国の輸出産業は、韓国経済の再生
 産は、麻痺します。
  そのため、日本は、我が国にとって非常に大切な友邦
 であります。
  隣家や同じ町内の目上の人を誹謗しないのと同じよう
 に、隣国のそういう歴史と文化は、尊重しなければなら
 ないものです。
  このようなことを分からない筈のない、政界の重鎮が
 軍事的に、経済的に非常に大切な隣国を冒涜しました。
  そのため、私は、彼は謝罪し、それから、犯した誤り
 が大きいため、もうお歳でもありますし、政界を引退す
 るのが当然だと思います。
  また、もうひとつ、彼が念頭に置かなければならない
 ことは、日本を代表する内閣総理や関係大臣が慰安婦問
 題に対して謝罪をしたのは、一、二回ではないというこ
 とです(大局的見地から謝罪した行為)
  彼(文喜相氏)が知らないかも知れないという老婆心
 から一つの事例だけご紹介します。
  ご覧になっている画面は、2001年、当時の小泉総理が
 生存していた元韓国人慰安婦、一人一人に送った謝罪の
 手紙です。
  単に、送っただけではありません。
  日本の官吏が、直接一人一人を訪ね、深くお辞儀をし、
 手紙を朗読してから渡す、丁重な格式ばったものでした。
  ただの謝罪ではなく、品格のある贖罪または陳謝でし
 た。
  英語でapologize(謝罪)ではなく、atone(償い)で
 あると言いました。
  非常に品格のある、贖罪と陳謝の儀礼に従ったもので
 ありました。
  内容を読んでみてもそうです。
  長くないので、翻訳文をお読みします。
  政府と国民が協力して進めている「女性のためのアジ
 ア平和国民基金」を通じ、元従軍慰安婦の方々への我が
 国の国民的な償いが行なわれるに際し、私の気持ちを表
 明させていただきます。
  いわゆる従軍慰安婦問題は、当時の軍の関与の下に、
 多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題でございま
 した。
  私は、日本国の内閣総理大臣として改めて、いわゆる
 従軍慰安婦として数多くの苦痛を経験され、心身にわた
 り癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し、心から
 おわびと反省の気持ちを申し上げます。
  我々は、過去の重みからも未来への責任からも逃げる
 わけにはまいりません。
  我が国としては、道義的な責任を痛感しつつ、おわび
 と反省の気持ちを踏まえ、過去の歴史を直視し、正しく
 これを後世に伝えるとともに、いわれなき暴力など女性
 の名誉と尊厳に関わる諸問題にも積極的に取り組んでい
 かなければならないと考えております。
  末筆ながら、皆様方のこれからの人生が安らかなもの
 となりますよう、こころからお祈りしております。
  日本国内閣総理大臣 小泉純一郎」
  私は、この手紙を読んで、日本国の立場で、できる限
 りの最善の謝罪を、品格のある陳謝をしたと思います。
  単純に政府だけでなく、手紙の中で表現されている様
 に、国民的、国家的な陳謝をしたのであります。
  陳謝の手紙が朗読されたとき、少なくない慰安婦達が
 泣きました。
  そして、その謝罪を受け入れました。
  私が会った、ある慰安婦は、その手紙を大切に保管し
 ていました。
  しかし、謝罪を受け入れない慰安婦がいました。
  慰安婦運動団体は、返って日本の謝罪を非難しました。
  私は、それを大きい間違いだと思います。
  そのことにより、それから18年間、韓日両国の関係が
 大きくねじられました。
  その経済的損失は、図りしれないものです。
  何人もの運動家達が、アマチュア的な運動家達が、歴
 史家達が、国家の大計を台無しにしたと私は思います。
  私は、その点を申し上げるためにこの講義をやってい
 ます・・これから徐々に、順番になれば詳しくご説明し
 ます。
  私が、今、文喜相氏に思い出してもらいたい点は、小
 泉総理の陳謝の手紙を含めて、日本政府の国民的謝罪が、
 それ以降にも、何回もあったということです。
  総理が、韓国に来て、手を握ってこそ謝罪になります
 か?
  お辞儀をすれば、その品格のある陳謝では謝罪になり
 ませんか?
  あなた方の行動は、何の論理かわかりません。
  ここで、文喜相氏を含めて慰安婦運動団体、ひいては、
 全ての韓国人に投げたい質問があります。
  彼ら、いや、我ら皆は、はたして謝罪を受け入れる心
 の態勢ができているのでしょうか?
  日本の総理が、韓国に来て慰安婦の手を握り、謝罪し
 たとしましょう。
  それで終わるのでしょうか?
  慰安婦問題が起きてからの28年間の歴史を見ると、そ
 うでないと、私は、断言できます。
  我々の皆、(韓国は)もっと正直になりましょう。
  解決を拒否するために、紛争を持続させるために、問
 題を続けて提起しているのではないでしょうか?
  私は、文喜相氏が紛争を増幅させる意図で、その様な
 発言をしたと思っても過言ではない程、この問題を巡っ
 て、今までの28年間に渡り、韓国の政府、運動団体、国
 民の皆が見せた態度は「正直ではなかったと思います」。
  別の最近のニュースに関して言及すべき問題は、御覧
 の写真に関するものです。
  この写真は、日本軍慰安婦と関連して、今までの20余
 年間、最も広く知られている写真であります。
  各級の歴史書に、教科書に、必ずと言って良いほど載
 せられてきたものです。
  最近、ソウル大学校のジョン・ジンソン教授のチーム
 が、写真の所有者を探して、写真の原本を購入したそう
 です。
  そのことを、多くの新聞と放送が大きく報道しながら、
 韓国人の涙と激怒を誘う記事を書きました。
  例えば、世界日報は、「目を閉じた臨月の被害者、彼
 女たちの勇気を記憶しながら」と書きました。
  私は、その勇気がいったい何なのか、理解できません。
  写真の中での妊娠している女性は、平壌(ピョンヤン)
 の南浦(ナンポ)出身ですが、中国の南京と、ビルマで
 慰安婦生活をした後、1944年9月、中国の祟山(すうざん)
 で捕虜となった後で撮った写真だそうです(捕虜として
 の写真)
  とにかく、私は、今までスキャンしてきた史料写真の
 代わりに原本を手に入れたのが、どうしてそんなに大き
 いニュースになるのか、よく理解できません。
  その問題はおいておくにしても、私は、それに対する
 言論(マスコミ)の報道姿勢について言いたいことがあ
 ります。
  私が、ジョン・ジンソン教授のチームと言論(マスコ
 ミ)に聞きたいことは、次の様なものです。
  このような妊娠と臨月と流産の被害を被った女性が、
 全日本軍慰安婦の中で、どの程度いたのかという問題で
 す。
  私は、この問題と関連して、まず、以前の講義で紹介
 しました1950年代~1960年代の韓国人相手の慰安婦と、
 米軍相手の慰安婦の妊娠、出産、流産について申し上げ
 たいと思います。
  そうすることにより、私の質問の意図が自ずと鮮明に
 浮き彫りになるからであります。
  以前ご紹介しました、1964年に、パク・デグン氏が、
 郡山(クンサン)市の保健所に登録された慰安婦達の実
 態を調査したその論文は、慰安婦達の妊娠、出産、流産
 の回数まで調べました。
  そのことについては、以前の講義では、敢(あ)えて
 紹介しませんでしたが、今、紹介する必要性が生じまし
 た。
  韓国人相手の慰安婦の188人の中では、33人が出産をし
 ました。
  米軍慰安婦の132人の中では、69人が出産を経験しまし
 た。
  米軍慰安婦の半分近くが出産を経験したのです。
  その出産経験というのは、間違いなく米軍兵との関係
 による出産なのか、あるいは、慰安婦になる前の婚姻関
 係による出産なのかが、明らかなものではありません。
  とにかく相当数の女性たちが、米軍と関係を持って子
 供を出産したのは事実です。
  出産問題については、ここまでにしておきます。
  次は、流産問題について申し上げます。
  先の写真での女性が流産したという事からです。
  ご覧の表は、どれほど多くの女性たちが、郡山地区の
 慰安婦達が、流産を経験したのかを示しています。
  韓国人相手の慰安婦188人中37人が流産を経験しました
 が、自然流産6人、人工流産が31人です。
  米軍慰安婦132人中、流産を経験した人は89人ですが、
 21人が自然流産、68人が人工流産でした。
  人工流産の回数を見ますと、1回から20回まであります。
  5回以上が18人もいます。
  10回、20回、その様な遺産の回数を私には想像し難い
 のです。
  鋭い刃が、女性たちの体を数回かき乱したのです。
  これが、1964年当時の軍周辺の基地村で行われた反女
 性、反人権の実態でした。
  米軍慰安婦の半分近くが出産を経験したと申し上げま
 したが、その結果、全国的に数多くの混血児が生まれた
 のは、我々韓国人が、皆がよく知っている事です。
  ご覧の表は、1955年~1969年までの各年度の混血児の
 総人数です。
  混血児の総人数に続き、その隣に混血児で外国に、主
 に、アメリカに、養子として送られた子供の数を示して
 います。
  その子供たちが、白人系か黒人系か、その他の第3系か
 が共に示されています。
  この数値は少し曖昧です。
  混血児の総人数が、養子を送ってから残った数なのか、
 養子を含めての数なのかが、時期によって曖昧(あいま
 い)です。
  とにかく、1969年まで、1955年から12年間9058人の混
 血児が、主に、アメリカに養子として送られました。
  その後でも、1969年のその年に、国内には1393人の混
 血児が居ました。
  混血児は、1955年以来、毎年600人~700人ずつ生まれ、
 その傾向は、1960年代の中後半に入り、返って増えたの
 ではないかという気がします。
  どうして、この様な事が起きたのでしょうか?
  先ず、米軍が、兵士たちの性慰安行為を管理しなかっ
 たからです。
  つまり、兵士たちが、慰安婦と性交渉をする時は、必
 ず、コンドームを着用するように強制しなかったのです。
  韓国人相手の慰安婦に比べて、米軍慰安婦の流産回数
 が、先ほどお見せしましたように、はるかに多いです。
  その事は、米軍の兵士たちが、女性たちの妊娠と性病
 の危険性に鈍感で、コンドームを着用しなかったからで
 す。
  それに比べて、今度またご紹介しますが、日本軍では、
 性病統制の目的で、兵士たちにコンドームの着用を義務
 化しました。
  この事から、日本軍慰安婦の妊娠と流産の頻度は、1950
 年代の米軍慰安婦よりはるかに低かった、ということが
 言えます。
  女性たちの立場から考えて、どちらがより有利なもの
 だったでしょうか?
  視聴者の皆さんが、ご自身で判断してみてください。
  2番目は、この様な数多くの女性たちの妊娠と出産、流
 産と、そして、養子問題、この事で言えることは、当時
 の韓国人の人権意識は非常に低かった。
  ほぼ欠如した状態だったということが示されています。
  基地村の包主(ポジュ、楼主、経営者)達は、女性た
 ちに流産を強要しました。
  そこで、数多くの人工流産が行われたのです。
  そこで、数多くのメス裁きが女性達の体をかき回した
 のです。
  韓国社会は、どうだったのでしょうか?
  流産の危険を克服して生まれた子供たちを、韓国社会
 は包容しませんでした・・(受け入れを拒否しました)
  彼らを、皆、海の向こうのアメリカに送ってしまいま
 した。
  1950年代の「保健社会統計年報」では、混血児を後天
 性小児麻痺や先天性心身障害者と同じ障害者と分類して、
 扱っています。
  正常の人間とみなしていなかったのです。
  そのような人権意識の徹底的に欠如した状態が、先程
 お見せしましたような、凄惨なほどの基地村の慰安婦達
 の流産を強要したのです。
  そして、ようやく生まれた子供は、祖国から捨てられ、
 アメリカへ養子として送られました。
  多くの基地村の女性たちが、生きることをあきらめ、
 毒薬を飲み、線路に飛び込んで自殺したのは、こういう、
 妊娠、流産、出産、子供を養子として送られる衝撃が原
 因でした。
  そのため、私は、ご覧の、問題の写真の原本を購入し
 たことを大々的に報道する大学の研究チームと言論(マ
 スコミ)に聞きたいです。
  私たちが良く知っている我々の中の反人権行為、反人
 権犯罪、1950年代~1960年代、基地村で行われた反人権、
 反女性の犯罪、少なくとも女性たちの半分近くが妊娠と
 出産と流産を経験した。
  そういう反人権の実態が、日本軍慰安所でも、そのよ
 うな範囲と頻度で、あったかという質問です。
  そのような歴史の矛盾性、同時代性の問題を、果たし
 て研究者達は、意識しているのか聞きたいのです。
  研究者が、ある史料を発掘し、貴重に引用する時は、
 それがどれほど一般的に自分が分析・追跡する問題を代
 表するかという事を考えなければなりません。
  従って、私は、この大学の研究チームが、写真を公開
 し、大々的に宣伝する前に、日本軍慰安婦の妊娠、出産、
 流産の頻度がどれほどのものだったのかを、まず、示さ
 なければならないと思います。
  その後でこそ、今の写真が史料としての生命を有しま
 す。
  その後でこそ、言論(マスコミ)が、臨月の危険性、
 彼女たちの勇気に感服すると言えると思います。
  これに関連して、私が知っている情報を一つご紹介し
 ます。
  これは、1943年と1944年に、ビルマのラングーンとシ
 ンガポールにあった日本軍慰安所の管理人、日本語で帳
 場と言いますが、帳場で働いていたパク・チグンという
 人の日記です。
  今度、順番になれば、この日記が伝える情報を詳しく
 ご紹介します。
  ラングーンとシンガポールでの約2年間の生活の間、こ
 の人が管理した慰安婦は合わせて30名余りでした。
  その中で、妊娠と出産を経験した女性は、たった一人
 です。
  日記の関連部分は次の通りです。
  「1944年7月、慰安稼業婦、ホ・○○は目下妊娠7ヶ月
 で休業届を提出した」。
  それから2ヶ月後の日記です。
  「1944年9月、本倶楽部の稼業婦、ホ・○○は、妊娠中
 であったが、今晩、中央病院に入院し、23時半に男児を
 出産した」。
  妊娠の出産の比率は、すべての慰安婦の中で、1年6ヶ
 月間、30分の1でした。
  日本軍兵士たちが、軍の統制に従って、サック、すな
 わちコンドームを着用したからです。
  パク・チグンの日記には、他の慰安所に所属した一人
 の慰安婦が、妊娠7ヶ月で自然流産したことも記されてい
 ました。
  全ての日記の中で、約2年間の日記の中で、女性たちの
 妊娠、出産、流産に関することは2件に過ぎません。
  私は、この事を知っているため、先ほどお見せしまし
 たその写真が、果たして、どの程度、日本軍慰安婦の実
 態を一般的に代表するのか、その代表性があるものか、
 という疑心を私は抱くのであります。
  最後に指摘したいことは、言論(マスコミ)が、ひい
 ては我ら韓国人一般が、果たしてそんなに、あの写真を
 見て憤怒するほど自身の歴史に対して「責任が無いか」
 という点です。
  もっと広範囲で、残酷な反人権、反女性の犯罪的行為
 が近い過去に、自分の過去に行われていたことに対して
 は、どうしてそんなに無関心なのでしょうか?(目を背
 けるのでしょうか?)
  私は、日記を紹介した時に「ホ・○○」と読みました。
  日記の本文には、正確な名前が載っています。
  私は、パク・チグンの日記を発掘・発刊するにあたっ
 て、女性たちの名前や韓国の住所をすべて削除しました。
  万が一、生きている本人と彼女たちの子孫が傷つくか
 が心配だったからです。
  しかし、日本軍慰安婦達をどうするつもりなのか、
  運動団体は全てを明かしています。
  実名を、そして、実の顔を公開する様に強要したので
 す。
  これは、女性たちの名誉や身体が持つ尊厳に対しての、
 もう一つの「暴力」ではないでしょうか?
  あの時代の写真は、実は教科書に載せるには相応しく
 ない、極めて暴力的な想像を引き起こします。
  そう想像させることは良いことでしょうか?
  その写真を、その原本が手に入ったと、再び大々的に
 報道し、再び、韓国人を憤怒させ、涙を誘うことは、裏
 返せば、写真の中の女性たちに対する、継続的な暴力で
 はないでしょうか?
  韓国人の心情が、そんなに暴力的だから、そんなに執
 拗に日本政府と国民の謝罪までも拒否し、両国の友好関
 係を、未来の協力関係を進んで破綻させて来たのではな
 いでしょうか?
  言論(マスコミ)の報道を見ながら、私は、そういう
 複雑な思いがしました。
  その複雑な思いを一つずつこれからしっかりと発表し
 て行きたいと思います。
  今日はここまでに致します。
.
2019年、中国は、なんだかんだと相手に「金を渡す」。
  例えば、中国で出版してあげるから本を書きなさいと
 持ちかけ、本を書かせて、出版部数の印税を、まだ、販
 売していないのにその金を渡す事をしている。
  この様な様々な手口で相手を手なずける。
  しかし、この様に書かせた本は、実際に中国で売られ
 るかというと、その様なことはない。
  完全に、金を渡すための方策となっている。
  当然、本の内容は、中国が有利になる様に書かせてい
 る。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  https://yumesyakai.blogspot.com/

« (増補版)656E2/3:2/3:3/3:気になった事柄を集めた年表(1896年8月~1896年9月) | トップページ | (増補版)658E2/3:2/3:3/3:気になった事柄を集めた年表(1896年10月~1896年11月) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« (増補版)656E2/3:2/3:3/3:気になった事柄を集めた年表(1896年8月~1896年9月) | トップページ | (増補版)658E2/3:2/3:3/3:気になった事柄を集めた年表(1896年10月~1896年11月) »