2019年11月13日 (水)

(増補版)665E2/3:2/3:3/3:気になった事柄を集めた年表(1897年2月~1897年2月)

題:(増補版)665E2/3:2/3:3/3:気になった事柄を集めた年表(1897年2月~1897年2月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
 ☆真実の歴史を知ることは、国際社会をより公正なもの
  にする。
  そして、その公正な社会の達成で、人々の、また、皆
  様の、そして、人間の幸福を創造していく力ともなる。
  世界に真実を公表していく事は、真にやるべき大切な
  こと・・
  そして、総べての真実を議論してこそ民主主義が達成
  される。
 ☆過去を忘れたら「歴史」は蛮行を繰り返す。
 ☆中国と韓国は隣の国・・引っ越しの出来ない隣の国・・
  だからこそ、正しいことを言って正しい関係を作らな
  ければならない。
  卑劣なねじ曲げ発言に躊躇(ちゅうちょ)してはなら
  ない・・正しいことを教えてあげねばならない。
  また、中国・韓国は、隣国・日本の立場を理解するこ
  とにつとめなければならない。
 ☆国際社会は、中国へ民主化を強く求めなければならな
  い・・民の選択を受けない指導者たち・・民主化が達
  成できない国=中国・・
 ☆九段線否定の国連決議をするべきだ。
.

1897年2月15日:衆議院議員・望月右内が、鉄道敷設法改正
 案を第10回帝国議会に提出した。
  鉄道建設費調達の公債募集その他・・この法案は未成
  立だった。
.
1897年2月15日、京都鉄道の二条駅~嵯峨駅(現:嵯峨嵐山
 駅)間が開通し、同時に開業する。
  1893年に、民営鉄道の京都鉄道が設立された。
   現在の山陰本線のうち、嵯峨野線の区間に相当する
   路線を建設し、運営した。
  日本海側の主要都市である舞鶴市までの鉄道敷設が課
 題となり、そこで、田中源太郎、浜岡光哲らが発起人と
 なって、京都から舞鶴までの鉄路敷設を目的に会社が設
 立された。
  1895年、京都駅から綾部を経て、舞鶴に至る鉄道免許
   を受けた。
   断崖絶壁に線路を通し、トンネル8箇所、橋梁は50箇
   所を越える保津峡の難工事も苦心の末・・
  1900年、京都駅~園部駅間が開業した。
   しかし、園部駅以北は、資金難のため、工事が遅々
   として進まなかった。
  1902年4月、政府は、舞鶴鎮守府開庁と共に、京都から
   舞鶴へ通じる鉄道建設が国策遂行上重要として・・
  1902年4月、未成部分の京都鉄道の鉄道免許を取り消し、
   政府自らの手で京都から舞鶴へ通じる鉄道の建設を
   開始した。
  1904年、官設で、福知山駅~綾部駅~新舞鶴駅(現:
   東舞鶴駅)間と支線が開通し、阪鶴鉄道に貸与され
   て開業した。
.
1897年2月16日、摂津鉄道が、阪鶴鉄道に買収され、引渡し
 が完了した。
  1891年、川辺馬車鉄道会社が、この年に開業した尼崎
   ~伊丹間の馬車鉄道を、池田(川西池田)まで延伸
   して、軽便鉄道化した(摂津鉄道)
  1892年、川辺馬車鉄道が解散した。
  1893年3月、伊丹駅~池田駅間の延伸工事を開始する。
  1893年12月12日、尼崎駅~長洲駅~伊丹駅~池田駅で
   開業する。
   舞鶴への軍事的重要性により摂津鉄道もその建設の
   一社として組み込まれた。
.
1897年2月18日、朝鮮の一部大臣や官吏たちが、軟禁状態の
 国王・高宗に還宮を迫る。
  ロシアの参謀本部大佐・公使館付武官プチャータから
 国王警護の保証を得てから(ロシア側は、朝鮮側にこれ
 に関する道義的保証を与えることになっていた)、国王
 に還宮を迫った。
  2月19日の翌日に還宮が迫るという勅令が出され、翌日、
 それが行われた。
  ただし、国王が戻ったのは、昌徳宮ではなく、ロシア
 公使館付近にある慶運宮であった。
  (参考)昌徳宮:しょうとくきゅう、ソウルにある李
     氏朝鮮の王族の宮殿。
  (参考)慶運宮:トクスグン、ソウルにある李氏朝鮮
     の宮殿・・第9代国王・成宗の実兄の月山大君の
     邸宅。
  (参考)景福宮:けいふくきゅう、李氏朝鮮王朝の王
     宮、ソウルにある。敷地の一部に大統領宮廷(
     青瓦台)が置かれている。
  (参考)これより先、ロシア公使館に「播遷(はせん、
     遠くさらうこと)」されていた国王は、独立協
     会などの「還宮」要請をうけて1897年2月、王妃
     が殺害された景福宮ではなく、英米露公使館に
     近い、別宮の慶雲宮へ「還宮(キョンウングン)」
     し、そこを正宮とした。
  これを契機に君主を皇帝と称する問題が浮上した。
  官僚と儒者が皇帝と称すべきことを建言したので、国
 王・高宗は、年号を光武(クワンム)としたのについで、
 1897年10月、皇帝即位式を挙行し、国号を大韓帝国(韓
 国)とあらためた。
  中国皇帝をはじめ各国君主と同格の独立国の元首であ
 ることを宣言した。
.
1897年2月20日、李氏朝鮮国王・高宗が、慶運宮に還宮(元
 の宮へ戻る)した。
.
1897年2月21日、讃岐鉄道の丸亀駅~高松駅間が開通し、高
 松駅~琴平駅間に直通列車(40分等間隔)運転が実施され
 た。
  香川県の多度津において、回船問屋の大隅屋を経営し
 ていた景山甚右衛門が、上京し、鉄道を見たときに地元
 にも鉄道を敷く必要があると決断した。
  そして、多度津駅の近くの多度津港から、金刀比羅宮
 へ向かう参拝客の輸送を目的にして讃岐鉄道を設立した。
  発起人に、計画に協力した香川県議会議員の大久保諶
 之丞もいた。
  1887年、私設鉄道条例によって申請をし・・1887年7月
   11日に仮免許状が下付された(丸亀駅~多度津駅~
   琴平駅)
  1888年2月、本社が多度津に置かれて会社が設立された。
  1888年4月、起工した。
  1889年5月23日、丸亀駅~多度津駅~琴平駅間を開業
  (四国で2番目の開業)そして・・
  1897年2月21日、高松駅までが延伸され、高松駅~丸亀
   駅間が開業した。
  1904年、山陽鉄道に買収され、合併したことにより会
   社は解散・・
  1906年、鉄道国有法に基づいて国有化された。
  1910年、宇高連絡船が開業した。
.
1897年2月25日、日本鉄道の磐城線水戸駅~平駅間が開通し
 た。
  平は、1966年にいわき市となったが、これまでは、駅
 名も平駅(たいらえき)だった・・そして・・
  1897年2月25日のこの日、磐城線の水戸駅と平駅間が開
   業すると同時に、平駅として開設された。
  1897年8月29日、平駅と久ノ浜駅間が延伸されて開業さ
   れ、平駅は途中駅となった。
  1906年11月1日、国有化される。
  1909年10月12日、線路名称制定により常磐線の所属に
   なる。
.
1897年2月25日、日本鉄道の宇都宮駅~片岡駅間の線路変更
 工事が完成し、岡本駅~氏家駅経由新線が開通した。
  これによって、古田駅~長久保駅経由線は廃止された。
.
1897年2月27日、日本人のハワイ移民の665人のうち463人が
 手続きが不備だとされ、また、その他の理由などを言わ
 れて上陸を拒否される・・この件に関し日本は正当に抗
 議した。
 ・・経緯・・
  1830年頃より、サトウキビ畑や製糖工場の労働力確保
   のため移民による労働力を得る方策が行われた。
  1835年、サトウキビを輸出品と捉え、大規模生産をし
   て輸出しようとする動きが出た。
  1839年、ハワイ王国が「権利宣言」を公布した。
  1840年10月8日、ハワイ王国憲法が公布され、立憲君主
   制を成立させた・・諸外国間で独立承認が進められ
   た。
  1842年、アメリカ大統領のジョン・タイラーも、ハワ
   イ王国を独立国として承認した。
  1843年2月、イギリス軍艦がハワイのホノルル港に入り
   威圧的な行動をした。
   ハワイ国王のカメハメハ3世と強行会談が行われ、臨
   時政府が成立させられた・・ハワイ政庁にイギリス
   国旗が掲揚させられた・・アメリカとフランスの動
   きから、この臨時政府は短命に終わった。
  1843年7月、ハワイ王国の主権が成立し戻った。
   その後、アメリカ・イギリス・フランスの干渉が酷
   かった・・が、解決し、イギリスとフランスの承認
   も得られた。
   しかし、アメリカ・ヨーロッパによるハワイ王国内
   での政治的発言は多く、強められて行く。
  1844年、ハワイへ帰化するからとの屁理屈で、ハワイ
   政府の要職へ着任することを認めさせられる。
  1845年、要職着任が基本法として成立して、立法議会
   が開かせられた。
   ハワイの慣習や考え方なども変えさせられ、土地の
   所有のハワイの習慣についても変えさせられた。
  1849年、アメリカ国内のジャーナリズムが、「ハワイ
   を併合して、ハワイ州とせよ」と主張し始めた。
  1850年、外国人による土地私有が認められた。
   白人外国人の投資家がハワイ各地を買収し確保し、
   サトウキビ農場が設立された・・これが一大産業と
   なり急成長して行く。
   (クレアナ法が制定されて、外国人が土地を持てる
   ようになる)・・そして・・
   (なんと!この12年後の1862年には、ハワイ諸島の
   75パーセントが外国人所有となる・・この為、元々
   ハワイに居たハワイ人の方々の生活基盤は失われた・・
   国が乗っ取られた状態になってしまった)
  1852年、ハワイ憲法が改正させられ、新しい憲法・・
   欧米に都合の良いハワイ王国憲法が成立した。
   ハワイの慣習や考え方などががらりと変えさせられ、
   土地の所有についても一変した。
  1852年、「ハワイを併合してハワイ州とせよ」との法
   案がアメリカ議会に提出された。
   この年、ハワイ王国のカメハメハ4世が王位に就いた。
  1852年、中国人労働者が来はじめる。
   中国人労働者のハワイ定着率は悪かった。
   サトウキビ労働者から離れ、商売を始めたりした。
   この様な行為をする中国人は非難を受けた・・中国
   人労働者の受入れ数を制限し始める。
  1855円頃、ハワイ王国政府内に、アメリカ系、イギリ
   ス系、ハワイ王国系の政治グループが居るという状
   況となった。
   (アメリカとイギリスによる政治の乗っ取り・参画・・
   そして、互いに対立をし合うという卑劣な状況)
   アメリカ国内の実業家たちが、アメリカ世論を動か
   して、ハワイを併合させようとする動きをする状況
   が見られた。
  1860年代に入ると、アメリカから金儲けに目がくらん
   だ者たちの参入が加速した。
  1860年、ハワイ王国は藁をもつかむ気持ちで宗教にす
   がる・・キリスト教の「ハワイアン改革カトリック
   教」を設立する・・そして、イングランド国教会の
   聖職者を招く・・列強関係との対等の地位を保ちた
   いという切ない行為であった・・イギリスのヴィク
   トリア女王を教母として祭り上げた。
  1862年、ほとんどのハワイの土地が外国人所有となる・・
   75パーセントが外国人所有の土地となる。
   そして、この年、アルバート王子が死去する。
   アルバート王子は、カメハメハ4世の最初の、そして、
   たった一人の息子・王子だった・・そして、また・・
   その翌年・・
  1863年11月、ハワイ王国の国王・カメハメハ4世が死去
   した・・
   連続的な死はクエスチョンであった・・
   王位は、兄が承継し、カメハメハ5世として即位した。
  1864年8月、ハワイ王国憲法という新しい憲法を公布し
   た・・
   王が親英政策であるため、アメリカは、ハワイがイ
   ギリスに傾斜することを恐れた・・アメリカは、秘
   密裏にハワイ王国を併合する計画を進めた。
   また、不思議に・・1860年代のこの年代には、多く
   のハワイのハワイ人の方々が感染症のため亡くなっ
   た・・ハワイ人の方々に感染症予防の免疫が無かっ
   たとされた。
  1868年からの日本の移民が開始された。
  1871年8月、日本とハワイ王国との間に、日布修好通商
   条約が締結された。
  1872年、不思議な事に、次の王位継承者を指名するこ
   となしにカメハメハ5世が急死した・・ルナリロ王へ・・
  1873年1月、ルナリロ王が即位する。
   後継の使命が無かったので・・選挙によって親米派
   のルナリロが王位継承者となって親米的な政治を行
   う・・閣僚にアメリカ人を採用したり、親米政策を
   実行した・・アルコール依存症になっていた・・
   しかし、やはり、在位わずか1年1ヶ月で、次の王位
   継承者を指名することなく亡くなった・・
  1874年2月13日、デイヴィッド・カラカウアが王位を継
   承し即位する・・
   再び、選挙によって保守で、親日のカラカウア王が
   即位した・・しかし、この時は、すでに時遅しで、
   政権は傀儡政権となっていた。
   この王は、即位後、後継者の指名をして前の失敗を
   繰り返さない様にした。
  1876年、関税が撤廃され、世界有数のサトウキビ輸出
   が盛んになった。
   カラカウア王が、アメリカを訪れ貿易関税撤廃相互
   条約(米布互恵条約)を締結する・・
   しかし、この条約の中に、ハワイのいかなる領土も
   アメリカ以外の他国に譲渡せず、貸与せず、特権も
   与えないという条項も取り決められていた。
  1881年、カラカウア王が、幼なじみだという白人を伴
   い世界一周旅行を「お忍び」で行う・・約10ヶ月間
   の旅行だった・・
   日本にも来た・・そして、姪の王位継承者のカイウ
   ラニ王女と、日本の皇族の山階宮定磨王(後の東伏
   見宮依仁親王)との縁談の話を希望した・・非常に
   熱心にこの話が進められた・・心中ではアメリカの
   策謀に悩まれていたのだろう・・日本に救済を求め
   る合図だった・・
  1887年11月、米布互恵条約の更新が行われる。
   この時の条件として「より大きな高次元な益を求め
   る」として「真珠湾のアメリカによる独占使用権」
   が条件にさせられた。
   もう、これは、ハワイ王国の部分的乗っ取りだった・・
   カラカウア王もリリウオカラニ王女も反対だった。
   しかし、アメリカ上院は強硬だった。
  1887年、ハワイ王国の野党によって怪しげな秘密結社
   が結成され、怪しげな動きが始まった。
   新憲法の採択を王に要求した・・この陰謀組織は、
   白人市民義勇軍と結託していた・・
   王は、内閣の解散で抵抗した・・これが成功したか
   に見えたが・・後に、この秘密結社がこの新憲法草
   案を王に承認させた・・
   1887年7月に採択されてしまった(1887年憲法)・・
   この憲法は「銃剣憲法」と言われた・・威嚇のもと
   に強制的に調印させられた憲法だった。
   数々の不公正があり、欧米系の富裕層のみに選挙権
   があるという憲法内容の不公正な状況・・
   この憲法によって、完全にハワイの政治的権力を手
   に入れた欧米系諸国だった。
   ハワイ王の王権も制限させられていた。
  1889年、ハワイ王国の軍人らが、あまりにもの不正さ
   に抵抗するが失敗した・・武力差があって敗けると
   分かっていての反抗だった・・正義の主張だった・・
  1890年、ハワイの砂糖により打撃を受けていたアメリ
   カ国内の製糖業を助けるため、アメリカの関税法が
   改正された・・
   ハワイの製糖業は大打撃を受ける・・ハワイ経済は
   深刻な不況となる。
   ハワイの製糖業を経営していたアメリカ人は、この
   状況に不満を持った・・
   ハワイを、アメリカの保護領にするしかないという
   考えを持ち始める・・そして・・その翌年・・
  1891年1月20日、カラカウア王が、サンフランシスコで
   死去した・・
   リリウオカラニ王女が王位に就いた。
   リリウオカラニ王女が指名した閣僚は入閣すること
   を承諾しなかった・・承諾できる状況ではなかった・・
   内閣が機能しない事態に陥った。
  1892年11月、ようやく組閣の為の閣僚承認がなされて
   政治危機を脱することができた。
   問題は山積みされていた・・
   リリウオカラニ王女はアヘンの売買についての政策
   を打ち出した・・これに対し、アメリカ系白人から
   批判が噴出した。
   1864年憲法によってハワイ王の権力が剥奪されてい
   る問題もあった。
   こうした動きにアメリカは危機感を持った。
   アメリカの駐ハワイ公使ジョン・L・スティーブン
   スは、ハワイ王国の転覆と暫定政府の樹立を計画し
   た。
   すでに、1892年春には、親米派による「併合クラブ」
   という秘密結社が出来ていた。
  1893年1月14日、ハワイ公使と息の合っている者たちら
   の呼びかけにより怪しげな組織がつくられ、集会を
   開こうとしていた・・これに対し、王党派は「反逆
   罪の適用」を検討した。
   この混乱を収めるための「リリウオカラニ王女によ
   る新憲法」を作らせてはならないという状況になっ
   た・・混乱が起き・・リリウオカラニ王女は宮殿外
   に待機する群衆に向かって、憲法の施行はしばらく
   延期すると発表した。
  1893年1月16日、怪しげな組織の指導者・サーストンは
   王女を糾弾した。
   駐米ハワイ公使は「ホノルルの非常事態だ」として
   「アメリカ人の生命および財産の安全確保のため海
   兵隊の上陸を要請する」と通達した。
   午後5時、アメリカ海兵隊が武装して上陸した。
   アメリカによる武力行使が行なわれた・・
  1893年1月17日、新政府樹立の準備のため、判事が辞任
   した・・
   午後2時、政府庁舎に「公安委員会」一同が集結する・・
   すると、ハワイ王国の終結が宣言されて、暫定政府
   の樹立が宣言された。
   ハワイ王国の政府庁舎や公文書館が占拠された・・
   戒厳令が布かれた・・
   そして、各国の外交使節団やリリウオカラニ王女に
   対して暫定政府が樹立されたことが伝えられた。
   リリウオカラニ王女は、特使を派遣して、アメリカ
   が暫定政府を承認しないように求めた。
   しかし、「暫定政府は承認された」とアメリカは回
   答した。
   また、アメリカは、「ハワイ王国の存在は承認しな
   い」と回答した。
   リリウオカラニ王女は、「反逆行為のすべてに対し
   て、ここに厳重な抗議をします」と長い声明文を送
   付した。
  1893年2月1日、ハワイ政府庁舎に星条旗が掲揚された。
   後に、アメリカのクリーブランド大統領は、この様
   な過激な行動をとるべき理由は何も存在しなかった
   ことを表明し、一外交官が軍隊を上陸させて有効な
   政府を倒す手助けをしたことが大統領に報告され、
   ハワイ政庁の星条旗を下ろさせ、アメリカ海兵隊を
   船に戻すようにとの指示がなされた。
   クリーブランド大統領は、この様な行動を「ホノル
   ルの無法な占拠」と批判した・・そして、公使を更
   迭することを決定した。
   新しい駐米ハワイ公使は、リリウオカラニ王女の女
   王復位と暫定政府の取り消しを模索した。
  1893年4月、日本は、ハワイ王国と改正条約を締結して
   いた・・
   日本は、ハワイ王国を対等の国として認めていた。
  1893年11月、日本は、アメリカのハワイ併合の動きを
   止めさせるため、この時、邦人保護のため、東郷平
   八郎が率いる巡洋艦と他2隻をハワイに派遣した・・
   そして、ハワイのホノルル港に入り、抗議の停泊を
   行なった・・そして、クーデター勢力を威嚇した・・
   この時、米国軍艦も3隻が停泊中だった。
   この日本の行動を女王を支持するハワイの方々は涙
   を流して歓喜した。
  1893年12月20日、アメリカの新公使は、「リリウオカ
   ラニ王女を正式なハワイの統治者であることを認め、
   現地位と権力のすべてから退くこと」とクリーブラ
   ンド大統領のメッセージを伝えた・・しかし・・
  1893年12月23日、「過ちがあったのはアメリカ政府の
   機関であり、暫定政府とは無関係である・・クリー
   ブランド政権の要求は内政干渉である」との声明が
   ハワイ暫定政府から発せられた・・
   さらに、暫定政府を恒久的な政府として運営するた
   め、「ハワイ共和国」と改称された。
  1894年3月、日本は軍艦を撤収することを決めた。
   牽制という一定の目的は果たしたが、親日的なハワ
   イ王国政府を復活させるという目的は果たせなかっ
   た。
  1894年7月4日、新憲法の発布がなされ、ハワイ共和国
   という新国家が成立したと宣言がなされた。
   ハワイ共和国の大統領には、サンフォード・ドール
   が就任した(ハワイ共和国の最初で最後の大統領)
   ハワイ共和国憲法は、まったくアメリカの憲法と極
   似だった・・ただ、東洋人から選挙権を剥奪し、市
   民権も与えなかった・・そして、公職からも追放し
   た・・白人の優越・優遇がなされていた。
   この様な事態に、ハワイの王党派は日本に援助を求
   めた。
   駐日ハワイ公使は、日布修好通商条約の有効性と対
   等化を求めた。
   日本は、1893年4月にハワイ王国と改正条約を締結し
   ていた・・日本は、ハワイ王国を対等の国として認
   めていた。
   日本は、アメリカのハワイ併合の動きを止めさせる
   ため、1893年11月、邦人保護のため東郷平八郎が率
   いる巡洋艦と他2隻をハワイに派遣した・・そして、
   ハワイのホノルル港に入り、停泊させた・・クーデ
   ター勢力を威嚇した・・この時、米国軍艦も3隻が停
   泊中だった。
   この行動を女王を支持するハワイの方々は涙を流し
   て歓喜した。
   翌年、日本は、軍艦「浪速」を「高千穂」に交替さ
   せたりした。
   1894年3月、日本は軍艦を撤収することを決めた。
  1895年1月6日、王政復古を目ざして、ハワイの方々が
   武装して蜂起した・・ワイキキでの衝突が発端だっ
   た・・強権によって2週間後に鎮圧された。  
   リリウオカラニ王女は、この件に関与していなかっ
   たが、黙っていたことが問題視された・・そして・・
  1895年1月16日、弾薬や銃器を隠し持っていたという理
   由で、リリウオカラニ王女は、他の王族と共に反逆
   罪によって逮捕された・・
   アメリカ人だって机の引き出しに銃器を持っている
   だろうに・・物置の奥の棚の上に銃器を置いている
   だろうに・・
   リリウオカラニ王女は自由が剥奪された・・イオラ
   ニ宮殿に閉じ込められた。
   この蜂起で多くのハワイ人の方々が虐殺された。
  1895年1月22日、リリウオカラニ王女は、約200名のハ
   ワイ人の方々の命を救うため、王位の請求はしない
   とした・・断念した。
   そして、今後はハワイ共和国へ忠誠を誓い、一般市
   民として生きることを宣言書に署名させられた。
   ハワイ王国の存立することの断念である。
  1895年2月27日、リリウオカラニ王女が反乱に加担した
   として5年間の重労働と5000ドルの罰金の判決がなさ
   れた(アメリカは、この様な『不法な裁判』は歴史
   上よくやる・・裁判をやれば正義だとする・・公正
   に運営されない裁判が正義か?・・そんな訳はない)
  1895年9月6日、リリウオカラニ王女が釈放される。
  1897年2月27日、日本人のハワイ移民の665人のうち463
   人が手続きが不備だとされ、また、その他の理由な
   どとされて上陸を拒否された。
   これは、日本人移民による人口増加と、それに伴う
   日本政府の影響力増大への警戒や、アメリカによる
   ハワイ併合問題・思惑がからんで複雑に展開した。
   1897年5月、日本は、軍艦をもって抗議行動をした。
   1898年8月、ハワイに出来た政府から日本へ賠償金が
   支払われ、非が認められ、この様な事がなされた。
  1898年3月16日、ハワイ併合のアメリカ議会での議案が
   アメリカ議会に出された。
  1898年6月15日、ハワイ併合の議案がアメリカ下院を通
   過し、
   1898年7月6日にはアメリカ上院を通過し、
   1898年7月7日に、マッキンリー大統領が署名し、ハ
   ワイはアメリカに併合されてしまった。
   日本は、抗議をした。
   アメリカの法律である中国人排斥法が適用された。
  1898年8月12日、アメリカのハワイ編入宣言がなされた。
   正午にハワイ国旗が降ろされ、星条旗がイオラニ宮
   殿に掲揚された。
   アメリカの準州としての扱いを受けることになった。
  1902年にはサトウキビ労働者の70パーセントは日本人
   移民だった。  
  1924年、排日移民法が成立した。
   この時まで約22万人の日本人がハワイへ行っている。
  1993年11月、アメリカ合衆国議会は、ハワイ併合に至
   る過程が違法だったと認め、公式に謝罪する両院合
   同決議を採択した。
.
  (今日の言葉)
.
  題:1993年11月、アメリカ合衆国議会は、ハワイ併合に至る過程が違法だったと認め、公式に謝罪する両院合同決議を採択した。
    日本の抗議行動は正しかった。
.
紀元前2000年頃〜紀元前12世紀、古代ギリシャのミケーネ
 時代
  古代ギリシャ人の歴史は、インド・ヨーロッパ語族の
 大移動の一環としてアカイア人とイオニア人がギリシャ
 半島に南下して来たことに始まる。
  彼らは、紀元前1600年頃より、ホメーロスの叙事詩に
 も出て来るミケーネはじめ、強力な王権を中心とした王
 国を、ギリシャ各地に建設、西アジアの諸国とも盛んに
 交流した。
  有名なトロイ戦争が行われたのはこの時代の末期だっ
 た。
.
紀元前12世紀〜紀元前8世紀、古代ギリシャの暗黒時代
  ドーリア人の南下で、ミケーネ時代の諸王国が滅び、
 混乱期が続き・・
  その期間を経て、各地にポリスが成立するまでの時期。
  末期には、ホメーロスの叙事詩や神話体系、アルファ
 ベットができる。
.
紀元前8世紀〜紀元前4世紀、古代ギリシャのポリス時代
  本土のアテネや、スパルタや、コリントなど多数のポ
 リスが形成された・・そのほか、紀元前7世紀末〜紀元前
 6世紀にかけて、黒海や地中海沿岸の各地に多数の植民ポ
 リスが建設された。
  このうち、3度の「ペルシア戦争(紀元前492年〜紀元
 前479年)」を勝ち抜いて・・それ以降は、「古典期ポリ
 ス」の時代と呼ばれ、歴史上最も輝いた時代となった。
  政治面では、アテネを筆頭に、広く古代民主政治が行
 われた。
  文化面では、ペリクレスによって、パルテノン神殿が
 再建され、アテネを中心に、アイスキュロスなどの悲劇
 詩人や喜劇詩人、ヘロドトスやトゥキュディデスなどの
 歴史家、ソクラテスやプラトン、末期にはアリストテレ
 スなどの哲学者が出た。
.
紀元前4世紀〜紀元前146年、古代ギリシャのヘレニズム時
 代
  アレクサンドロス大王の時代から、ギリシャがローマ
 の属州になって、独立を失うまでの時代。
  ギリシャ文化がアジアの文化と融合して「ヘレニズム
 文化」が展開された時代。
     ・
     ・
     ・
1920年、EQ:心の知能指数(こころのちのうしすう、英:
 Emotional Intelligence Quotient、EQ)は、心の知能
  (英: Emotional Intelligence、EI) を測定する指標で
 ある。
  心の知能とは、自己や他者の感情を知覚し、また自分
 の感情をコントロールする知能を指す。
  1920年、コロンビア大学のエドワード・ソーンダイク
 が、他人と付き合う能力を「社会的知性」として取り上
 げた。
  1975年、ハワード・ガードナー が、『The shattered
 mind』を発表し、他者との対話と自己との対話の両方を
 理論化した「多重知能 (MI) 理論」(人には8種類の知
 性のタイプがあるとしたもので、後に、2種類を追加)を
 初めて唱えた。
  ガードナーを始めとする多くの心理学者は、IQテス
 トのような従来からの知性の尺度では、人の認識力を完
 全には捉えきれないと考えている。
.
1932年3月1日、満州国の建国宣言
  今(2019年)、「中国東北部」と称する地域がある。
  「中国東北部」は、中国(中華人民共和国)の東北側
 外縁に存在する地域だという・・
  歴史的に満州(まんしゅう、英語:Manchuria)と呼ば
 れていた地域・・
  ここは、中国がわざわざ「中国東北部」と呼ばせたと
 ころに味噌がある。
  この呼び名にさせた所に中国の「後ろめたさ」がある。
  この地は、今まで「満州人が多く住んで居た」。
  今の中国政権の漢民族が住んで居た地ではない。
  一番ではないが朝鮮民族も居た。
  だから、韓国は、この地域は、かつて朝鮮民族の地だ
 ったと韓国の小学生に教えている。
  この様に、万里の長城の外で、「毛外の地だ」と呼ん
 でいたこの地域が、今では「中国東北部」と呼ぶ・・「
 漢民族の中国の地」となっている。
  中国は、古来より色々な民族が入れ代わり、そして、
 立ち代わり・・
  そして、細かく分かれたりして・・長い歴史を変遷し
 て来た・・
  今、中国政権を取っている漢民族も、元々は、黄河中
 流域に住んでいた民族・・
  万里の長城の外で「化外の地」とされたこの「中国東
 北部」は、荒野ばかりの辺境の地だった・・
  そのこともあって、漢民族(漢人)はこの地を化外の
 地とし、入植をしようとさえしなかった。
  この地が、動き出すのは近年になってであり・・ロシ
 アが南下して来てからである。
  日本は、日露戦争に勝ち、ロシアからこの地を引き継
 ぎ(侵略したのではない)、満州人の多いこの地に「満
 州国」の建国を手伝う・・
  日本は、韓国・朝鮮や、台湾と同じく、この満州にも、
 日本からの資本を投下することによって、鉄道を敷設し
 たり、発電所(社会を建設するためには、また、発展さ
 せるためには、大切な基本中の基本の必須の社会インフ
 ラ)を建設したり・・
  また、近代的な建物など社会インフラ建設をし、社会
 整備した。
  社会環境も変わり・・満州に、中国からの移民が流入
 し始めるとともに、日本からも、荒野の開拓民が移民し
 た。
  人口は5割増となった。
  (参考)1932年3月1日、張景恵、臧式毅、煕洽、馬占
     山の四巨頭と熱河省の湯玉麟、内モンゴルのジ
     ェリム盟長チメトセムピル、ホロンバイル副都
     統の凌陞が委員とする東北行政委員会が、元首
     として清朝最後の皇帝・愛新覚羅溥儀を満洲国
     執政とする満洲国の建国を宣言した(元号は大
     同)。
      首都には長春が選ばれ、新京と命名された。
      国務院総理(首相)には鄭孝胥が就任した。
      その後、1934年3月1日には、溥儀が皇帝とし
     て即位し、満洲国は帝政に移行した(元号は康
     徳に改元)。
      国務総理大臣(国務院総理から改称)には鄭
     孝胥(後に張景恵)が就任した。
  (参考)張景恵:ちょうけいけい、遼寧省台安に生ま
     れ、青年期の日清戦争の頃、台安県に武装自衛
     団を組織し、張作霖に帰順した。
      張作霖が清朝に帰順すると、これに従い、奉
     天での治安維持に当たる。
      1911年の辛亥革命では清朝武官の身分であっ
     たので清朝側で戦う。
      清朝が崩壊し、成立した中華民国の奉天都督
     の配下の師団長に任命される。
      袁世凱の死亡後、指導的立場になる。
  (参考)臧式毅:ぞうしきき、中華民国の政治家で、
     また、北京政府、奉天派の軍人。
      1925年9月、江蘇督弁に任命された楊宇霆に随
     って、南京に入り、省署参謀長に任命された。
      1926年12月1日には、張作霖が安国軍総司令に
     推戴されると、公署参議として、奉軍留守司令
     を委ねられている。
      1931年の満州事変時は、和平交渉に中国側で
     携わる。
      1931年12月15日、奉天省長、遼寧の統治を行
     なう。
  (参考)煕洽:きこう、政治家。辛亥革命時に、宗社
     党の清朝復活運動に尽力する。
      また、奉天および吉林省の張学良からの独立
     を宣言したりした。
      満州事変時は、東北辺防軍の駐吉林副司令官
     兼吉林省主席の張作相の吉林における政務を代
     行する。
      そして、吉林省の長官公署の長官ともなる。
  (参考)馬占山:ばせんざん、軍人。張作霖の側近に
     見出され旅団長となり、満州事変時は、張学良
     に黒竜江省政府主席代理を任命される。
      大軍を指揮し、混乱する地域で戦う。
      謝介石の説得に応じて独立政権樹立に参加。
.
1995年7月、ヴェノナ文書が公開される。
  ヴェノナ文書とは・・
  ベノナ計画が、1943年~1980年までの37年間の長期に
 わたって、アメリカ合衆国陸軍情報部(後のNSA/アメ
 リカ国家安全保障局)と、イギリスの情報機関が協力して
 行った「ソ連」と「米国内に多数存在したソ連スパイ」
 との間で有線電信により交信された多数の暗号電文を解
 読する極秘プロジェクトの名称・・
  ヴェノナと表記したり、解読されたファイル群をベノ
 ナ文書と呼称する。
  1995年7月に、これらソビエトスパイの暗号解読文書の
 一部が公開され始め・・
  さらなる公開で、約3000に上る解読文書が公開された。
  この事によって、東京裁判の判決がひっくり返る新事
 実が出て来たりした・・
  また、多くの歴史的見解がひっくり返った。
  アメリカ政府の内部にはソ連・コミンテルンのスパイ
 がうようよといた・・
  (ちなみに、「スパイ防止法」の無い今の日本は、こ
 の当時の様に、日本国内に、スパイが多い状態となって
 いる・・という)
.
2018年1月26日、中国が、北極海でも「一帯一路」、権益拡
 大へ白書発表
  上記の表題の日本経済新聞によると・・
  中国政府は26日、北極海の開発や利用に関する基本政
 策をまとめた「北極政策白書」を初公表した。
  北極海を通る航路を「氷上のシルクロード」と呼び、
 中国主導の広域経済圏構想「一帯一路」と結びつける方
 針を示した。
  地球温暖化で氷が解けており、船舶の通航や資源開発
 が容易になった北極海で権益拡大をめざす。
  海運企業などによると東アジアから欧州にいたる北極
 海経由の航路は、インド洋からスエズ運河を抜ける従来
 ルートに比べて時間が「約3割短縮される」。
  北極海は資源も豊富で、ロシアの都市ヤマルでは液化
 天然ガス(LNG)の生産を2017年末から始めた。
  核抑止の要となる潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)
 を搭載した原子力潜水艦を米露の狭間に配備できる軍事
 的な要衝でもあり、中国の関心は強い。
  中国は白書で「北極圏に最も近い国の一つ」と自国を
 位置づけ、経済や環境など幅広い分野で北極の利害関係
 国だと明示した。
  「中国はエネルギーの消費大国であり、北極海航路や
 資源開発は中国経済に大きく影響する」とし、権益確保
 に向けて積極的に関与する方針を示した。
  具体的には、「企業が北極海航路のインフラ建設や商
 業利用に参加することを奨励する」「企業が石油や天然
 ガス、鉱物資源の開発に参加することを支持する」と白
 書に盛り込んだ。
  中国の進出には乱開発や安全保障面の懸念が指摘され
 る。
  孔鉉佑・外務次官は、記者会見で「別のたくらみがあ
 るとか、資源の略奪や環境破壊などの懸念はまったく不
 要だ」と訴えた。
  北極圏に領海や領土を持たないことを考慮し、白書に
 は沿岸国の主権や管轄権を尊重するとも明記した。
  ただ、そのうえで「中国は北極における国際ルールの
 制定に積極的な役割を果たす」との方針を示した。
  北極には、平和利用を定めた南極条約のような国際ル
 ールがまだ整備されていない。
  利用や開発をめぐる国際秩序の形成が今後の課題とな
 っていることが念頭にあるもようだ。
  新たな国際ルールは、米国やロシア、デンマークなど
 8つの北極圏国で構成する「北極評議会」が議論を主導し
 ている。
  中国は13年に日本や韓国などとともにオブザーバーと
 して議論に参加した。
  白書発表は中国の意思をより強く反映する意思表明と
 もいえそうだ。
  中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は、2017年
 に、ロシアやフィンランド、ノルウェー、デンマークな
 ど北極評議会の加盟国の首脳と相次いで会談した。
  「氷上のシルクロード」に言及したこともある。
  北極海の開発について首脳間で協力を呼びかけており、
 関係国との連携強化にも余念がない。以上
  (関連)
  苫小牧港と釧路港が中国化する。
  中国が、北極海航路の開拓のため、苫小牧港と釧路港
 が欲しいと金(中国・人民元)の勢いで手に入れている。
  また、この北海道資産のほか、千歳空港の周りの土地
 も手に入れている。
  また、40万人の中国人(漢民族)を北海道に入れる計
 画でいて、北海道知事は歓迎している。
  東京開催から、マラソンと競歩が、北海道へ移ったの
 もこの動きの中国が関係している。
  また、札幌に中国街を作る予定・・
  日本国民は税金を支払い、この税金を使って北海道を
 良くして来たが、その利便性を手に入れたいとしている。
  北海道には米軍基地がないのも「中国にとって都合が
 良い」という。
  中国は日本に移民し、そして、日本人名となり帰化し
 た人の名で「北海道の土地を買っている」。
  この様な土地が多くあるという。
  オーストラリアのタスマニア島でも同じ様なことを中
 国は行っていて、オーストラリアで問題となっていて、
 また、タスマニア島では、中国からオーストラリアへ帰
 化した元中国人が立候補し、政治に参加しようとした。
  これも、問題となって、事前に、騒がれ落選した。
  しかし、日本は「のほほん」としていて・・日本の北
 海道の場合には、北海道知事が歓迎している様に、すべ
 て「のほほんとしている」。
  中国の世界制覇の下の行動を無視している。
  それとも、それが、中国からの核ミサイルの飛来を避
 ける道だとでも考えているのか?
  国土防衛をしっかり考えない日本に対し・・
  この様な方法で、中国は日本を、順次、手に入れて行
 くだろう・・次は、沖縄だという。
  アイヌが、「歴史の真実を無視して」先住民とされて
 しまったが、これも関係しているという。
  この動きに同調している国政レベルの議員が、菅義偉
 議員だという。
.
2019年10月30日、アメリカ高官が、中国が介入することに
 対して批判した。
  ダライ・ラマの後継者選び・・
  アメリカ国務省のアリス・ウェルズ次官補代行(南・
 中央アジア担当)は10月30日、チベット仏教の最高指導
 者ダライ・ラマ14世の後継者選びに関し、「中国共産党
 による『中国の法や規則に従うべきだ』との主張は意味
 をなさない」とツイッターに投稿した。
  中国政府の介入を批判したもので、中国側の反発は必
 至だ。
  ウェルズ氏はツイッターに「チベットの人々は、他の
 宗教の信者たちと同様に、政府の介入なしに自分たちの
 指導者を選び、崇拝する自由が与えられるべきだ」と書
 き込んだ。
  中国は、ダライ・ラマの後継を選ぶ制度のあり方につ
 いて、決定権が中国政府のみにあるとしており、こうし
 た主張を強くけん制した形だ。(参考:読売新聞)
.
2019年10月30日、イスラエルが、中国の投資を監視するこ
 とにした。
  イスラエル政府は10月30日の治安閣議で、外国からの
 投資内容を審査する委員会の設置を決めた。
  複数の地元メディアによると、イスラエルへの投資を
 加速させている中国に懸念を強めている米国が、中国の
 投資を監視する狙いで設置を要請していた。
  巨大経済圏構想「一帯一路」を掲げる中国は、地中海
 に新たな海上交通路を確保する狙いで、20億ドル(約2200
 億円)を投じてイスラエル北部で港湾建設を進めている。
  2021年に港の運用を開始する予定だ。
  米国のムニューシン財務長官は、委員会設置決定の直
 前にエルサレムでネタニヤフ首相と会談しており、設置
 を要請したとみられる。
  委員会は年内にも作業を開始し、安全保障上の問題の
 有無などを審査する予定だ。(参考:読売新聞)
.
2019年11月1日、日本の研究者が、中国で急に捕まって、拘
 束されている・・中国への渡航を自粛する動きがある。
  北海道大学教授が学術交流で中国へ行ったら拘束され
 た・・以下、読売新聞から・・抜粋・・
  中国・北京で北海道大学の40歳代の日本人男性教授が
 拘束された問題を受け、日本人の中国研究者の間で中国
 渡航を自粛する動きが出ている。
  男性が研究する中国近現代史などの分野で、資料収集
 や中国の研究者らとの交流が中国当局に問題視されかね
 ないと懸念しているためだ。
  日中間の学術交流への影響が広がりつつある。
  拘束された男性と協力して中国現代史に関する研究を
 していた複数の大学教授らは、当面の渡航自粛を申し合
 わせた。
  近く予定していた北京などへの出張は中止する方向だ。
  関係者は「中国当局に痛くもない腹を探られたくない」
 と語る。
  男性は当局からスパイ活動などの疑いをかけられたと
 見られている。
  しかし、男性は知人の研究者に対し、日本の政府機関
 を念頭に「接触してくるところはあるが、お金を貰った
 り関係をつくったりしては駄目だ」と語っていたという。
  この研究者は「男性が日本政府のためにスパイ活動を
 行っていたとは考えられない」と語り、「建国前後の混
 乱など、共産党政権に不都合は歴史資料を収集すると当
 局ににらまれるのではないか」と不安を訴える。
  日本の著名な中国研究者らで作る「新しい日中関係を
 考える研究者の会」(代表幹事=天児慧・早稲田大学名誉
 教授)は10月29日、男性の拘束に「言葉にしがたい衝撃
 を受けた」とする緊急アピールを発表した。
  男性は中国社会科学院近代史研究所の招きで北京を訪
 問したとしている。
  中国外務省の耿爽(グオンシュアン)副報道局長は31
 日の定例記者会見で、訪中する学者や旅行者は歓迎する
 としつつ、「犯罪行為があれば法に基づく処置を受ける
 のは当然だ」と主張した。(参考:読売新聞)
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  https://yumesyakai.blogspot.com/
.
  (追伸)
  元徴用工のこと・・
  日本で儲けたいと給料の良い日本に来て韓国・朝鮮の
 人が、日本で働いて帰った。
  日本の給料が良いから、韓国・朝鮮から密航的に来て、
 捕まった人が、また密航して来るほど日本の給料は良か
 った。
  元徴用工の話は、この様な状況の中に始まる・・
  今ごろになって、韓国が、日本に御礼を言うどころか
 文句を付けている。
  韓国の裁判所は、日本のどこが悪くて判決を出したの
 か? 事実認定を間違っている。
  賠償をする様な事を日本がしたと言う。
  これは、慰安婦問題と同じような韓国のでっち上げだ。
  そもそも問題となる様な事は無いのだ。
  また、例え、韓国の裁判所の判決の様な事はないが、
 あるとしたって、日本と韓国の間には、「この類いの問
 題が生じた場合は、韓国政府が責任をもって解決すると
 なっている」。
  「日本には問題が及ばない」と、国と国の約束で、条
 約として取り決められている。
  だから、今、無理を承知で韓国は、色々とその無理を
 押し通して、日本に言っているが、詳しい事を知らない
 世界の人たちを騙している。
  そして、韓国は、世界の人たちを繰っている。
  世界の人たちは、「日本がおかしいのではないか」と
 世界に思わせ様としている。
  まったく日本に問題のない話しを、何か問題のありそ
 うな話しにしようとしている。
  日本は、また、変な妥協をすると、その妥協が、例え
 小さな妥協であっても、「やっぱり日本がおかしかった
 のか」となる。
  日本は、この様な筋の通らない話しは「突っぱねよ!!」。
  正論だけ言っていなさい。
  慰安婦の時の二の舞はするな!
  また、世界へ理解して貰(もら)う努力をせよ!!
  韓国へ正論を言っても通じない。
  日本に譲歩を求める韓国大統領はおかしい?
  何も悪くない日本に、その説明もしない韓国に、譲歩
 を求める韓国はおかしい?
  韓国は、「得意な引っ掛け」を、日本に対して行って
 いる事になる。
  この様な卑劣なところが、韓国には、昔からある。
  また、「平行線」と表現すること自体もおかしいこと
 なのだ。
  何も問題ない日本に、その問題も説明できない韓国に、
 平行線となる線は無いのだ・・その様な状態の韓国なの
 だ。
  平行線もなにも問題自体が日本に無いのだ。
  また、韓国大統領が「未来志向の話し合いをしたい」
 と言ったって、「日本の問題点の説明もしない韓国に、
 未来を語る資格はない」。
  日本に問題があるというのなら、誠実に日本の問題点
 を説明しなさい。
  「そもそも問題が無いものに、問題があるとした韓国
 の問題を解消しないで、話し合いをしようという論理は
 成立しない」。
  未来志向であろうがなかろうが「その未来の発展の芽
 を摘み取っている韓国の論理を撤回して、その様なデッ
 チアゲを謝罪がなければ、話し合いも何もできる訳はな
 い」。
  この様な韓国の態度を例えるならば・・
  「日本の顔を殴っておいて、日本に謝罪もしないで、
 握手したいと言っている様なもの」。
  「謝罪しないで、未来志向の話し合いをしよう」と言
 っている様なもの。
  韓国は、日本と未来志向の話し合いがしたいならば、
 まず、元徴用工での非礼の謝罪をしなさい。
  韓国に非があるのに、謝罪も、また、反省も示さずに、
 「両国間の懸案が早期に解決するよう、互いに努力しよ
 う」なんて言えるものだ。
  この様な、韓国の世界を誤魔化す態度が、そもそもの
 問題なのだ。
  韓国よ!、誠実になりなさい。
  そして、日本は、あくまで筋を通しなさい。
  変な妥協をしては、世界を誤らせる。
  また、変な誤解を日本は受けてしまう。
  いつもの様にしつこい韓国だが、正論だけをこの件に
 ついては言っていなさい。
  韓国のこの様なおかしさはアメリカには分かって貰っ
 たので、これからは世界に理解してもらう様にしよう。
  この様な不誠実な韓国大統領の「退陣せよの声」が、
 韓国国内に満ちている。
  この様な韓国大統領には、正論だけで応じて下さい。

2019年11月 6日 (水)

(増補版)664E2/3:2/3:3/3:気になった事柄を集めた年表(1897年1月~1897年2月)

題:(増補版)664E2/3:2/3:3/3:気になった事柄を集めた年表(1897年1月~1897年2月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
 ☆真実の歴史を知ることは、国際社会をより公正なもの
  にする。
  そして、その公正な社会の達成で、人々の、また、皆
  様の、そして、人間の幸福を創造していく力ともなる。
  世界に真実を公表していく事は、真にやるべき大切な
  こと・・
  そして、総べての真実を議論してこそ民主主義が達成
  される。
 ☆過去を忘れたら「歴史」は蛮行を繰り返す。
 ☆中国と韓国は隣の国・・引っ越しの出来ない隣の国・・
  だからこそ、正しいことを言って正しい関係を作らな
  ければならない。
  卑劣なねじ曲げ発言に躊躇(ちゅうちょ)してはなら
  ない・・正しいことを教えてあげねばならない。
  また、中国・韓国は、隣国・日本の立場を理解するこ
  とにつとめなければならない。
 ☆国際社会は、中国へ民主化を強く求めなければならな
  い・・民の選択を受けない指導者たち・・民主化が達
  成できない国=中国・・
.
1897年1月31日、西周(にしあまね)が死去した。
  (1829年~1897年)
  哲学者(日本最初の西洋哲学者)、啓蒙思想家・啓蒙
 学者。幕府開成所教授。東京学士会院会長。東京師範学
 校校長、元老院議官。貴族院勅撰議員。
  1829年3月7日(文政12年2月3日)生まれ
   岩見(いわみ)国(島根県)、津和野藩医の長男(
   父は時義、母はカネ)
    若くして儒学、朱子学を学び、荻生徂徠にも啓発
   された。
  1854年(25歳)ペリーの来航によって蘭学、洋学の必
   要を悟り、専念したく脱藩へ・・
  1857年(28歳)脱藩して蕃書調所に出仕、教授手伝並
   となり・・蘭学を学び、英学を杉田成卿、手塚律蔵
   に学び、英語の発音を中浜万次郎に学んだ。
  1862年(33歳)幕府派遣留学生として、榎本武揚、津
   田真道らとオランダのライデン大学に留学、シモン・
   フィセリングに師事し、邦楽、経済学、統計学など
   を学んだが、J.S.ミルの功利主義や、A.コントの
   実証主義の哲学、および、カントの恒久平和の思想
   に感銘し、共鳴した。
  1865年(36歳)帰国して、開成所教授となり、幕命に
   よって万国公法の翻訳を大成して行く(1868年)・・
  1866年(37歳)大政奉還前後は徳川慶喜の政治顧問と
   もなり京都に行く、私塾も開いて哲学を講義した・・
  1868年(39歳)沼津兵学校頭取となったが・・
  1870年(41歳)明治維新の政府に招かれ、新政府軍部
   官僚となり、近代軍制の整備にあたる・・
    兵部省のちの陸軍省のほか文部省にも勤務し、か
   たわら私塾・育英舎を開いた。
    兵部省・陸軍省での軍制整備では軍人訓誡、軍人
   勅諭の原案の起草に関係する。
  1873年(44歳)福沢諭吉、森有礼、中村正直らと「明
   六社」の設立に参加し、1874年(45歳)明六社を結
   成し活躍した。
    西洋文明や西洋哲学の紹介、啓蒙思想の普及活動
   に努め、尽力し『明六雑誌』に哲学論文を発表した・・
  1874年(45歳)新しい時代の青年を教育するために学
   問全体の統一的理解の必要を感じ、『百一新論』で
   この統一科学の試みを「哲学」と称した。
    彼の哲学はミル、コントの実証主義哲学をモデル
   とし、自然科学の土台の上に社会、人文科学を積み
   重ねる学問体系を志し、これらの諸科学をつなぐ環
   となる原理を物理と心理、学と術、コントの歴史3段
   階説、ミルの帰納法などに求めたが、未完成に終わ
   る。
    のちに人間性論に関心を移して人間論を展開。
    彼は主観、客観、概念、観念、理性、悟性、感性、
   演繹、帰納、定義、命題、実体、属性など多くの哲
   学用語を訳出した。日本近代哲学の父といわれる。
  1880年(51歳)山県有朋の下で軍事政策にも参画し『
   軍人勅諭草案』を著した。
  1897年(明治30年1月31日)歿、69歳。
  著「百一新論(1874年)」「致知啓蒙(1874年)」「
 百学連環」など、訳書に「万国公法(1868年)」「心理
 学(1875年~1876年)」「利学(1877年)」など・・
 「西周全集」全4巻がある。
.
1897年1月、正岡子規が、雑誌「ホトトギス」を創刊した。
  ホトトギスは俳句雑誌で、子規の援助によって柳原極
 堂が、松山に創刊した日本派初の俳誌・・
  1898年10月、発行所を東京に移し、高浜虚子が編集発
 行を担当・・
  子規一派の機関誌として、内藤鳴雪、河東碧梧桐、石
 井露月、佐藤紅緑らを擁し、新聞「日本」の子規選俳句
 欄と並び、日本派興隆の拠点となる。
  1902年、子規の没後、虚子がこれを継承し、碧梧桐は
 「日本俳句」欄を継承し、それぞれ子規の奥義を継いだ。
  しかし、両者の俳句観に対立が生じ、俳壇の中心はし
 だいに碧梧桐選「日本俳句」に移った。
  それとともに、虚子は小説に力を注ぐようになり、「
 ホトトギス」は文芸雑誌化した。
  しかし、碧梧桐の新傾向俳句が変調をし始めると・・
  1912年、虚子は、「ホトトギス」誌上、雑詠欄を復活
 する・・
  そして、反新傾向を標榜し、平明にして余韻ある句を
 唱道し、渡辺水巴、村上鬼城、飯田蛇笏、前田普羅、原
 石鼎が輩出して、大正興隆期を迎えた。
  昭和に入ると、水原秋桜子、山口誓子、阿波野青畝、
 高野素十らのほか、山口青邨、富安風生を擁し、花鳥諷
 詠、写生俳句の提唱に「ホトトギス」の全盛期を形成し
 た。
  さらに、中村草田男、川端茅舎、星野立子、中村汀女
 らの新人を加えて、新興俳句の勃興にも伝統を持って揺
 るぎなく俳壇の王座に君臨した。
  1951年、虚子は、長子・年尾にこれを継承させて・・
  1955年、年尾の没後からは、年尾の二女・稲畑汀子が
 受け継いだ・・
  明治、大正、昭和、平成・令和の五代にわたる最古の
 俳誌としての歴史に輝いている。
  復刻版『ホトトギス(明治期)』全174巻(1973年、日
 本近代文学館)がある。
.
1897年1月、政府が、第10回帝国議会に、多治見駅~岐阜駅
 間、松本駅~高山駅~富山駅間の鉄道を・・
  また、中央線の神奈川駅~八王子駅間を第1期線に加え
 る法律案を提出した。
  前者は、2月24日に衆議院を通過し、3月9日に貴族院を
 通過して、3月13日に法律第6号として公布された。
  後者案は消滅)した。
.
1897年1月、臨時台湾鉄道隊が、台北駅~花蓮港駅~宜蘭駅
 間の東海岸と、東西横断線の埔里社駅~花蓮港駅間の比
 較線の調査を実施した。
  日本は、韓国・朝鮮の鉄道を国じゅう張り巡らし敷設
 したが、台湾も同じように、一生懸命、努力した。
.
1897年2月2日、英照皇太后の御遺体を輸送するため青山(仮)・
 京都間に臨時列車運転した。
  1889年に、皇后陛下、および、皇太后陛下の共用の御
 召車が作られ、1893年には、御料車から外されて貴賓車
 となっていた。
  その車両が、英照皇太后陛下の霊柩車両となった。
.
1897年2月5日、製鉄所官制によって、福岡県八幡村に製鉄
 所の建設が決定した(2月6日説あり)
  この製鉄所官制は、1896年3月に、公布されていた。
  そして、1896年、政府によって候補地が選ばれていた。
  青森、釜石、塩釜、千葉、品川、鶴見、静岡、和歌山、
 尾道、呉、大竹、梅田、大里(門司区)、板櫃(小倉北
 区)、八幡(八幡東区)、大牟田、長崎・・
  各候補地とも誘致活動を展開した。
  その結果、北九州3か所を含む4か所に絞られた。
  呉(広島県)、大里(門司区)、板櫃(小倉北区)、
 八幡(八幡東区)
  洞海湾(八幡)から石炭を入手する若松港の水深が浅
 く、大型船が入港できないとなり、大里が有利な立場に
 なった。
  また、大里は、筑豊炭田を背後に持っていることが有
 利だった・・しかし、葦(アシ)が生い茂る湿地状の土
 地が多かった。
  しかし、陸海の交通の便に優れ、多くの人口も抱え、
 八幡の及ばない好条件を備えていた。
  この時点で、若松築港会社の会長・安川敬一郎は、「
 水深さえ深くすれば八幡は大里に勝る」と確信した。
  政治工作が展開された・・
  旧黒田藩主の金子堅太郎、岩崎弥太郎、渋沢栄一の同
 意を得た。
  そして、渋沢栄一と後の長官の和田維四郎を通じて、
 候補地決定の責任者である大島道太郎と長官の山内堤雲
 への説得を依頼した。
  安川敬一郎のこの様な行動が功を奏し、用地買収担当
 の製鉄所事務次官に八幡出張の辞令が出た。
  八幡村の芳賀種義村長も、村民に対して「八幡村に製
 鉄所を、日本の鉄づくりは八幡から」と説得した。
  そして、100万平方メートルの広大な土地の取得が実現
 し、また、価格も予定の半値の協力を得た・・そして、
 この日の決定を得た。
.
1897年2月9日、浪速鉄道が、関西鉄道へ譲渡して解散した。
.
1897年2月15日、活動写真が登場する。
  1896年、フランスに渡っていた稲畑勝太郎(実業家、
 貴族院議員)が、オーギュスト・リュミエール(エジソ
 ンと並び称せられるフランスの映画発明者)から、2台の
 シネマトグラフ(撮影と英社の機能を持つ)を購入して
 いた。
  1897年、フランスから帰国した稲畑勝太郎は、シネマ
 トグラフの映像を大阪市戎橋(えびすばし)通りの南地
 演舞場で上映した。
  日本初の「映画興行だった」。
  「自動写真」と名付けた。
  1897年3月6日には、東京市の「新居商会」によって、
 神田錦輝館で「電気活動大写真会」と銘打ち、バイタス
 コープが上映された。
.
  (今日の言葉)
.
  題:中国が、インターネット上の空白の「価値創造の世界」に乗り出した。
.
紀元前7万年前、人間の認知能力が、この頃、より向上した。
  (参考)認知:にんち、ある事柄をはっきり認める事。
  (参考)認知考古学:にんちこうこがく・・
     心の進化を研究する進化心理学を取り入れ、遺
     物・遺跡の分析から
      古代人の精神状態を解明しようとする、新し
     い研究分野。
     ・
     ・
     ・
紀元前1000年、人類が、貨幣、帝国、普遍的宗教という想
 像上のものを皆が共有できるようになった。
     ・
     ・
     ・
1526年、インドの北にイスラーム国家が建国された。
  後に、インドの全域を治めた「ムガル」。
  このムガルとは、ペルシア語でモンゴルを意味する「
 ムグール」の発音が変化したもの。
  このインドのムガル帝国は、モンゴル系民族にあたる。
  16世紀初め、アフガニスタンから侵攻したバーブルが
   北インドに建国したイスラーム国家。
  17世紀後半のアウラングゼーブ帝時代に最盛期となり、
   ほぼインド全域を支配した。
    しかし、ヒンドゥー教徒との融和策を廃棄したこ
   とから衰退し、
  18世紀には、イギリス・フランスの侵攻を受けて弱体
   化し、
  1875年に、インド大反乱が起こり、
  1876年の翌年、滅亡した。
  ティムールの5代の孫に当たるバーブルが、インドに開
 いたイスラーム教スンナ派を奉じる王朝。
  バーブルが、ティムール(チンギス=ハンの子孫と称
 していた)の家系につながっていることから、自らをモ
 ンゴル系と称していた。
  ムガル帝国の支配者層は、トルコ=モンゴル系と言え
 る。
  1526年、パーニーパットの戦いでロディー朝を破った
 バーブルがデリーに入り、建国した。
  イスラーム教(スンナ派)を奉じる。
  公用語はペルシア語が用いられた。
  文化面では、デリー=スルタン朝に始まるイスラーム
 文化とインド文化の融合が進み、インド=イスラーム文
 化が開化した。
     ・
     ・
1791年9月3日、フランス革命後のこの年、フランス憲法(
 1791年憲法)が制定され、キリスト教に由来する王権神
 授説を放棄した。
  そして、国王は、「国民の代表者」とし歳費を貰う一
 官吏として規定された。
  しかし、国王は、行政権をもち、内閣閣僚を議会外か
 ら任免することができ、議会の立法権に対し拒否権を持
 っていた。
  議員は、選挙によってえらばれたが、国民の大半を占
 める農民や貧民(受動的市民)は政治から排除され、選
 挙権は無かった。
  後の憲法と異なり、国民投票には付されず、国王の裁
 可によって効力を持った。
  内容は、革命派と反革命派との妥協の産物であった。
  この為、混乱は治まらず・・
  1792年8月10日、チュイルリー宮殿襲撃(8月10日事件)
 が起き、「1791年憲法」は破綻した。
  1789年10月、「ヴェルサイユ行進」(十月事件)以来、
 国王ルイ16世は、オーストリアやスペイン・ブルボン朝
 の宮廷に行動費の援助と列強による支援を要請する一方、
 聖職者民事基本法をめぐる宗教界の紛糾を利用してフラ
 ンス国内を分裂に導こうとした。
  1790年夏、25,000名の反革命の農民ゲリラが組織され、
 国王がリヨンに脱出したら内戦に持ち込もうという計画
 がなされた(リヨンの陰謀)
  1790年、キリスト教聖職者への土地財産の払い下げが
 農民にとって不利な競売方式だったため、農民の不満が
 爆発し、各地での農民一揆となった。
  1790年春から、経済もインフレ状態で、物価高騰で庶
 民の生活は困窮を極めた。
  1790年8月、ナンシー連隊の兵士の反乱となる(ナンシ
 ー事件)・・政治も混乱・・
  1791年6月20日、国王逃亡事件(ヴァレンヌ事件)とな
 る。
  ルイ16世一家がパリを脱出し、
  6月22日、東部国境に近いヴァレンヌで捕まる・・
  亡命だと国民に受け取られ、喧伝される・・
  国王の権威は失墜した・・共和派の台頭と立憲王政の
 成立の見込みが無くなり・・反革命側に居るルイ16世は
 処刑の可能性が高まった・・
  そして、国王を処刑する・・
  その後も続く恐怖政治・・処刑者が続出する状態が続
 いた・・
  1799年のナポレオンによるクーデターまで混乱は続い
 た。
.
1820年、ハワイにアメリカのキリスト教・プロテスタント
 の宣教師団が来訪する。
  この時からアメリカのハワイを奪う行為が始まる。
  そして・・
  1849年、アメリカとハワイが、修好通商条約を締結し・・
  1897年6月16日、アメリカがハワイを併合する・・日本
   が抗議をする。
  そして、今、アメリカ合衆国の一つの州となったハワ
 イ王国の滅亡後の姿がある。
  英語化がなされて、ハワイ語は、今、滅亡の危機にあ
 る。
  文化はおろか、言葉も奪われてしまっている。
.
1830年、インディアン強制移住法
  アメリカ第37代大統領アンドリュー・ジャクソンが、
 インディアン強制移住法によって、約10万人のインディ
 アンの方々を強制的に移住させた。
  先住の民・アメリカ・インディアンの方々が、先祖代々
 の地を、アメリカ白人たちに追われた・・、
  ミシシッピ川の西のオクラホマや、アリゾナなどへ
 強制的に移住させられた。
  白人アメリカ人、キリスト教プロテスタントに、何の
 正義があるというのだ・・追い出す権利があるというの
 だ・・
.
1859年、横浜が開港すると、もうその翌年の1860年には、
 横浜を守る神奈川台場が、神奈川区の海岸部につくられ、
 防御施設を備えて整備された。
  外国船を監視し、迎撃する任務があり、海岸砲台も設
 置された。
  江戸湾には、この他にも品川区に品川台場などあり、
 この様な台場は日本各地に作られた。
  その数は約1000ヵ所ある。
  日本は、しっかりした防衛意識の下に行動していた。
  今・現在の様な体たらくではなかった。
  「戦争が嫌い」でマインドコントロールされ、妻や子
 を守ることさえ放棄している。
  「戦争が嫌い」で防衛行動さえしないで「戦争が起き
 ないなら、誰も苦労はしない」。
  しっかりした防衛体制をとってこそ、「悲惨な戦争を
 避けられる」。
  弱味があれば「いじめっこ」が関わって来るように、
 逆に、戦争を起こされ巻き込まれる。
.
1863年、南北戦争のチャンセラーズヴィルの戦いで、北軍
 のフッカー将軍が、南軍のロバート・E・リー将軍に対し
 て惨めな敗北を喫した。
  このことは、アメリカで、一番知られていることであ
 る・・が・・、
  この北軍のフッカー将軍・・南北戦争に売春婦を連れ
 て行ったことでも有名(従軍慰安婦である)
  (参考)ジョセフ・フッカー(1814年11月13日~1879
     年10月31日)は、アメリカ合衆国の職業軍人で
     あり、南北戦争のときは北軍の少将を務めた。
      フッカーは、南北戦争の全体で従軍し多くの
     実績を挙げたが、1863年のチャンセラーズヴィ
     ルの戦いで大敗北を喫す。
.
1911年12月16日、トーマス・ブレーク・グラバーが死んだ。
  武器商人として幕末の日本で活躍し、暗躍した。
  イギリス人(スコットランド出身)の商人。
  その長崎のグラバーさんが、『牛が食べたい』と言え
 ば、幕府は、牛屠場を、その最適地を探して作って上げ、
 その要望に寄り添った。
  それに対しオーストラリアは、その反対だった。
  オーストラリアの国が出来る前から・・日本はクジラ
 獲りをしてきた。
  そのオーストラリアの国の歴史より古い日本のクジラ
 獲りを「止めろ」とこの国は言った。
  その理由が・・勝手な理由で・・キリスト教では、ク
 ジラは知恵があって、高い地位にいる動物だからだと言
 う。
  カンガルーを殴り殺しているオーストラリア。
  自分のやっている事は、何ら気付かず、正しいという。
  キリスト教は、祭りだと言っては七面鳥を食うが、そ
 れは問題ないのか?
  ヨーロッパの先住民のケルト人は殺すし・・ヨーロッ
 パ大陸から居なくなってしまった・・
  自分たちがやっていることは良いのだと言う・・
  自分たちがやってないことは違和感がある、「だから・・
 やめろ」・・と言う。
  こんな論理が正しいとしている方が「野蛮ではないの
 か?」。
  「その各々に、文化があり、尊重しなければならない」。
  クジラを食べるのも食の文化・・
  牛を食べる文化と同じ・・
  散々、クジラの油が欲しいと、クジラを殺して来たの
 に、急に、手のひらを返したように日本を悪者にした・・
  本音は、牛肉を買ってくれ・・なのだろー・・、
  もっと、正直に、まともに言いなさい・・キリスト教
 の性悪説の様な言い方は止めるべき・・
.
1946年3月31日、終戦の後、日本を占領したアメリカ(GHQ)
 は、日本の国語教育における漢字の学習を廃止し・・
  最終的に、「日本語をローマ字で表記せよ」とする計
 画を持っていた・・
  (参考)1946年3月、アメリカ教育使節団が、GHQ
     の要請で来日し、この日に、その報告を提出し
     ・・その中に、日本の学校教育の漢字の弊害を
     言及した・・
      そして、ローマ字が便利だと馬鹿々々しい浅
     はかな提案をした。
  民主化のためなどと屁理屈の理屈が付けられていた。
  もし、その計画が行われていたら以下の様になる・・
  Doon igigo no kubetsuga konnan ni naru.
  Yotte,hayai dankai de iikae ga fukyu shite ita.
  Kubetuga shiyasui youni,gairaigo no torikomi ga
 susundeita kamo shirenai.
  Meijijidai no doon igigo tairyo seisan wa nakatta.
  まったく馬鹿々々しいのが分かる・・
  ローマ字化と民主化はまったく別の話・・
  また、これで、民主化が進められるとは強引な言い掛
 かり・・
  「煩雑で不合理な文字を使っている=野蛮人=非民主
 的」という強引な論理も展開し、垣間見られた。
  日本の国体の解体と破壊が本音だった。
  そして・・
  こんなに多くの漢字を覚えている訳がないと、この日
 本を占領したアメリカは、日本人を馬鹿にして英語化し
 ようとしていた(アメリカに植民地にされたフィリピン
 の様に・・)
  日本の知識人方は、必死に説明し、理解を求めた。
  そうしたら「テストをしよう」という事になった。
  テストをした結果・・
  ほとんどの人たちが、100点に近い結果となり、アメリ
 カ進駐軍は驚いた・・キリスト教から来る有色人種蔑視
 観もあって、日本人がその様に見られていた。
  日本語は、何万という漢字と、平仮名やカタカナ、そ
 して、アルファベットなども使って意思を記し、伝えて
 いる。
  当然、心の機敏、細やかな意思の伝達ができる。
  それに対して米語や英語は、アルファベットだけ・・
  アルファベットの26文字だけ、そのたった26の文字
 で意思伝達する。
  その意思伝達手段は、順列組み合わせだけで識別性を
 出すしかない。
  日本語の様に表音文字以外にも「何万の表意文字」を
 持つ言葉の様な豊かな伝達は米語・英語にはない・・そ
 の様な芸当はできない。
  頭の中の思考も言葉で行っているので、米語・英語の
 思考は、日本語による思考に及ぶことはできない。
  いくら翻訳機が発達しても日本語の翻訳は「米語・英
 語レベルの翻訳レベルとなる」。
  つまり、米語圏・英語圏の人達は、到底、日本語の奥
 深い領域に分け入ることはできない。
  日本語を学ばない限り、日本語の深さは理解出来ない。
  安易な翻訳で(または、翻訳機で)分かったふりをし
 てはならない。
  その逆の英語の日本語翻訳は「余裕であり」・・アル
 ファベット26文字しか頭にない人たちの領域の総べては
 分かり得る。
  因みに、フィリピンは、独立した後に公用語を米語だ
 けではなく、現地語も公用語に加えた・・
  アメリカの強引な英語化の弊害に泣いている結果だっ
 た。
.
2019年、韓国の本当の声
  韓国の知識人が、とうとう本当の声をあげた。
  「嘘ばかりの韓国の話」を恥ずかしいと思ったのか、
 その真実を言い出した。
  https://www.youtube.com/watch?v=WCxIQCBdj34
  李栄薫(李承晩学堂の校長の話)(1:22:30より)
  李承晩TV視聴者の皆さま、こんにちは・・
  危機の韓国の根源・・反日種族主義
        (日本語翻訳:鈴木喜久子)
  今日の主題は、1910年に、日帝が実施した土地調査事
 業に関することです。
  題名は、「片手にはピストルを、もう一方の手には測
 量器を」、この様に付けてみました。
  1910年、大韓帝国を併合した日帝の朝鮮総督府は、す
 ぐに全国の土地の調査を始めました。
  朝鮮土地調査事業でした。
  1918年まで、8年間実施されたその調査事業のため、韓
 半島全域の土地状態が調査されました。
  お見せしているこの背景の写真は調査事業当時、土地
 調査班が測量をしている場面です。
  土地調査の結果、全国土が約2300万ヘクタールである
 と明らかにされました。
  (本来、自分の国土ぐらい自分たちで測量をして、済
 ませておかなければならない。
  その様な基本的な事までして無かった韓国・朝鮮・・
  日本は、すでに江戸時代に伊能忠敬が測量をしていた)
  そのうち、約486万町歩が人間の生活空間として、田ん
 ぼ、畑、大地、河川、堤防、道路、鉄道用地、貯水池、
 墓地などであり・・
  残り1800万ヘクタールが山地でした。
  1960年代以来、中学・高校の国史教科書は、日帝が行
 なった土地調査事業の目的が、朝鮮の農民の土地を収奪
 するためのものだ・・と書いた。
  そのような目的で実施されたと生徒たちに教えてきま
 した。
  朝鮮の農民の土地を収奪するためのものだ・・と・・
  1960年に、歴史教育学会が作った教科書は、全体のう
 ちの半分が総督府の国有地として収奪されたと教えまし
 た。
  1967年のある教科書は、全国の土地の40%が総督府の
 所有地に収奪されたと書きました。
  当時までは、検認定教科書でした。
  従って書く人によって、教科書によってみな内容が少
 しずつ違っていました。
  1974年から、国定教科書にかわりました。
  以後36年間、2010年まで、韓国史教科書は土地調査事
 業に対して全国の土地40%が総督府の所有地に収奪され
 たと教えました。
  しかし、ところでどの研究者もこの40%という数値を
 証明したことがありません。
  検認定であれ、国定であれ、教科書を書いた歴史学者
 たちが勝手気ままに作り出した数値に過ぎません。
  収奪を強調する必要があり、どの程度の収奪なのか具
 体的に話さなければならず、勝手に作り上げた数値にす
 ぎません。
  ところで、それが歳月が流れるにつれ、不動の真実に
 なってしまいました。
  視聴者の皆様は「おかしい」と考える事でしょう。
  誰も証明したことのない学説と数値をどうやって、1960
 年から数えれば50年もの間、教科書に事実であるかのよ
 うに書き、生徒たちを教えることが出来るのかという事
 です。
  内容をもう少し紹介すると、その教育を受けた大多数
 の国民は記憶している事と思いますが、
  総督府は土地を申告するよう農民たちに申告書を配り
 ました。
  1910年代、農民たちは所有権がなんであるか、意識も
 薄弱で、申告が何であるかも知らない曖昧(あいまい)
 な状態でした。
  文字も分かりませんでした。
  それで申告の期限を平気で破りました。
  そうするとまるで総督府が待ってたとばかりにその土
 地を総督府の所有地(国有地)に没収しそれを東洋拓殖
 株式会社や日本から来た日本の移民に払い下げしたとで
 っち上げて言うのです。
  歴史の授業でこの部分が出ると、教える教師も教わる
 生徒も共に涙を流したと言います。
  あまりに悔しく恨めしかったからです。
  大学の私の講義室で、ある学生が、実際、高校生の時
 その様なことがあったと、経験を私に話してくれました。
  そんなにも世代に渡り、涙で怨(うら)みで共有され
 伝承されて来た事が、この講座を通し私が批判しようと
 する反日種族主義の歴史意識です。
  しかし、異常の内容は「真っ赤な嘘です」。
  1910年代、我々の先祖が申告が何であったのか知らな
 かったとは。
  朝鮮王国500年間、我々の先祖たちは、3年に一度ずつ
 戸籍を申告して来ました。
  今、お見せしているこの背景の画面は、そうやって3年
 に一度ずつ申告されたある家の戸籍の事例です。
  中国・明の国では10年に一度ずつ戸籍を申告しました。
  その次の清の国になってからは戸籍を申告することが
 無くなりました。
  それに比べると我々韓国人は500年間、3年に一度ずつ
 戸籍を申告しました。
  世界で一番申告を訓練された人々です。
  これで、申告が何であったか知らなかったと言えます
 か?
  話にならない荒唐無稽な説です。
  にもかかわらず、その様な説を教科書に平然と書いた
 という事は、その教科書を執筆した歴史学者も無意識の
 中で20世紀初の韓国人を野蛮な最悪レベルに置かれた種
 族として感覚したためです。
  韓国の人々の多数が文字を知らなかったのは事実です。
  (だから、日本が、一生懸命、韓国・朝鮮じゅうに小
 学校や中学校、大学まで作ったのです)
  調査によれば19世紀末、人口の約85パーセントは文盲
 でした。
  (日本は、この時、文盲率はほとんど0パーセントで、
 だから、韓国・朝鮮に学校が必要と感じたのです)
  しかし、村には文字の分かる人がいるものです。
  村には秩序があります。
  私が発掘したものですが、土地調査事業当時の申告書
 を見ると、次の画面がそれです。
  この申告書の筆跡を見ると村単位で同一です。
  つまり、村を代表する人が、村の人々の申告書を代筆
 してあげていたのです。
  それで、我々の歴史教科書は、我々の伝統の村々には
 隣人も居らず、相互扶助の秩序もない野蛮な状態、野蛮
 な村と描写したことになります。
  それもまた、反日種族主義の感覚だったと私は考えま
 す。
  土地の40%が総督府の国有地に収奪されたという「で
 たらめな学説」がこんなにも長い間、50年間、教科書に
 堂々と記述できたのでしょうか?
  少し深く考えてみたら誰もが分かる嘘です。
  我々の先祖たちは、土地を命綱だと考えていました。
  土地人之命脈也といいました。
  土地が人の命脈です。
  どこの誰が自分の命綱が切れるのに黙って放っておく
 でしょうか?
  妻子が飢えてしまうというのに家族が乞食になってし
 まうのに、黙って見ている人がどこに居ますか?
  誰もが決死的に抗戦をします。
  侵略者の力がもとよりあまりにも強暴で、仕方が無か
 ったとしましょう。
  それでも奪われた恨(うら)みだけは忘れずにいつか
 土地を、財産を取り戻そうと機会を伺い待つものです。
  ついに、1945年、解放になりました。
  土地調査事業が終わってわずか27年後です。
  土地を奪われた大部分の人々は、ほとんどが生きてい
 ました。
  土地を奪われた人々は倭族が退却したのだから、土地
 を返してもらおうと叫んで当然でした。
  しかし、誰もその様に叫んだ人は居ませんでした。
  土地台帳を保管している全国の郡庁と裁判所のどこに
 もそのような騒ぎが請願として起こりませんでした。
  全国の農地の40%も奪われたのにどうしたんでしょう
 か。
  それは初めからその様なことが無かったからです。
  それでも韓国の国史の教科書には、平然とそんな話を
 作り上げ、何と50年以上も国民をそうやって教えました。
  他でもない反日種族主義の非科学であり、迷信でした。
  また、土地調査事業当時、一部の土地から所有権をめ
 ぐって紛争がありました。
  全国436万町歩の田畑の大地のうち12万町歩に過ぎない
 約2.5%程度の国有地でその様な紛争が発生しました。
  これと関連して、慎ヨン厦教授が書いた「朝鮮土地調
 査事業研究」という本を挙げることができます。
  背景の画面に見える写真が慎ヨン厦教授であり、その
 本が慎ヨン厦教授が関連して書いた「朝鮮土地調査事業
 研究」という本です。
  この本の中で慎教授は、国有地紛争に関して「片手に
 ピストルを、もう一方の手には測量器を」という言葉を
 作り出しました。
  今日の講義の題目でもあります。
  この言葉の意味は、総督府を相手にある民間人がその
 土地が民有だ、私の所有だと主張し抵抗すると、総督府
 の土地調査を行う土地調査班員は、ピストルでそれを制
 圧したと言います。
  その様に慎ヨン厦は、土地調査事業がピストルの発射
 を同伴する暴力的な行為だったと文学的に叙述しました。
  当時、土地調査班員は、軍服の様な制服を着て、腰に
 拳銃を付けていました。
  常時、そういう訳ではありません。
  必要な時に、そうしましたが、山奥に入ると山の獣の
 攻撃を受ける危険がありました。
  (朝鮮には日本には居ない虎が居た。加藤清正の虎退
 治の話があるくらい)
  実際、当時の報告書を見るとその様な事故があり、人
 命の損傷が発生したりもしました。
  また、山奥では匪賊が活動したりしてました。
  (参考)匪賊:ひぞく、集団的に略奪などを行なう賊。
  それで、護身用に拳銃を付ける必要もあった訳です。
  その拳銃が朝鮮の農民に向かって発射された事はあり
 ません。
  当時、農民たちはむしろ調査班を歓迎しました。
  調査班が来ると土地の所有者は、自分の土地に、自分
 の名前を書いた立札を持って待機しました。
  里長と隣人たちが、一緒に立ち会って、この人がこの
 土地の所有者で当事者であることを確認してくれたので
 す。
  土地調査局は、調査を終えると土地台帳の原本を公開
 しました。
  そうしてから異議申請を受け付けました。
  人々は、自身の土地と名前が公簿に記されているのを
 見て喜びました。
  調査班員に対する農民たちの反応は、初めは大変警戒
 的な眼差し(まなざし)でしたが、彼らのしている活動
 内容を理解してからは、概して友好的でした。
  それなのにどうして慎ヨン厦教授は「片手にはピスト
 ルを、もう一方の手には測量器を」という「でたらめな
 小説」を書いたのでしょうか。
  彼は、土地調査事業に関して研究しながら一線の郡庁
 や裁判所に所蔵されている土地台帳を見たことがありま
 せん。
  当時、土地台帳を提出した申告書や測量関係の資料を
 発掘し整理したこともありません。
  全国各地で国有地紛争が発生した時、紛争の内容と判
 決がどうだったのか関連資料をめくっても見ませんでし
 た。
  彼は、総督府が編纂した土地調査事業の報告書をめく
 って読む方式で、自身が幼い頃もっていた先入観を学術
 書として書き込んで包装しただけです。
  それに対して韓国の学会と知性界は歓声をあげました。
  日帝の土地収奪が具体的に証明されたということです。
  そうして、慎ヨン厦教授に栄光の学術賞を授与しまし
 た。
  私は、先の講義で、小説家・趙廷来を虐殺の狂気に捕
 らわれた憎悪の小説家だと批判しました。
  彼の大河小説「アリラン」は、土地調査事業、当時、
 一介の駐在所の警察が土地調査事業に抵抗する朝鮮農民
 を即決処刑する場面を劇的に演出しました。
  全国的に4000余名の朝鮮人がその様に処刑されたと言
 いました。
  実は、趙廷来がそういう風に「でたらめな歴史」を小
 説にしたのは彼の責任だけではなかったのです。
  実は、その数年前に、少し前に紹介したように慎ヨン
 厦という韓国社会学界を代表する学者が、「片手にはピ
 ストルを、もう一方の手には測量器を」そんな内容ので
 たらめな学術書を編纂していたのです。
  日帝の朝鮮併合は、土地を収奪するためのものではあ
 りませんでした。
  この韓半島を、2300万ヘクタールに及ぶこの韓半島全
 体を、その付属領土として支配する目的で来たのです。
  12万ヘクタールに及ぶ国有地を収奪するために来たの
 ではないのです。
  この地に暮らす朝鮮人全体を永久に日本人として同化
 させる目的で来たのです。
  (当時、韓国・朝鮮は併合されることを望んでいた。
 併合されて、日本の様な一等国になりたいと表現してい
 た)
  それで彼らの法と制度と機構をこの地に移植したので
 す。
  その一環として、以前の朝鮮王朝は知り得ていない全
 国の土地がどのくらいなのか、その面積がどれ程なのか、
 その形質がどうなのかを、そして、その所有者が誰なの
 かを調査したのでした。
  それが土地調査事業でした。
  そして、当時、創られて土地台帳と地籍図は今もこの
 国が大韓民国が行なうあらゆる土地行政の基礎資料に重
 宝に活用されています。
  (ならば、日本にその御礼を言わなければならない。
  そうです、何から何まで韓国・朝鮮は失礼ですが遅れ
 ていました。支配しようとするものが鉄道や学校を作っ
 たりしますか? 道路を整備したり、衛生状態を良くし
 たり、韓国・朝鮮の人口が、瞬く間に、2倍になり、そし
 て、豊かになりました。これらについての感謝を表明し
 てください)。
  (だから、この部分は言い過ぎではありませんか?)
  教科書を執筆した歴史家や慎ヨン厦教授は日帝の朝鮮
 支配の目的、そのメカニズム、その結果や歴史的意義を
 知らずにいました。
  そんな中で、彼らは、朝鮮はもちろんのこと日本を奪
 われ、奪うという野蛮な種族として感覚しました。
  実は、その様な歴史の認識がいつから出発したのかを、
 私は調査してみたことがありますが、1910年代当時から
 だったと言えます。
  皆さまはこのシリーズ講義の三番目で金容三先生の鉄
 杭騒動に関する講義を覚えていらっしゃることでしょう。
  土地調査事業当時、総督府が全国各地に大小の三角点
 を設置しました。
  お見せする背景画面が全国、釜山から咸鏡北道(ハム
 ギョンブクどう)まで、済州島までを連結する大三角点
 の網です。
  すると多くの人々が三角点の表示を日帝が朝鮮の急所
 を突き、民族精気を遮断するため打ち付けたのだと誤解
 し、それを破棄しました。
  金容三先生の講義にその話が出て来るので確認して下
 さるようお願いします。
  その様に当時の朝鮮人たちは日帝の土地調査事業を気
 脈遮断、または風水侵略として感覚し、「誤解しました」。
  日帝が行なったその他のすべての行政がその様に認識
 されたケースが沢山あります。
  当時、多くの朝鮮人は日帝が敷設する鉄道と道路に対
 してその様な感情を持ちました。
  (まったく便利でその利便性を享受しているのに、感
 謝の念をまったく持たなかった。いままでの畑のあぜ道
 のような道での輸送とはまったく違った便利な状況にな
 ったのに感謝の念がまったく無い)
   道路の施設過程で村の守護神である堂山の木が切ら
 れたりもしました。
  私が読んだある両班(ヤンバン:朝鮮の官僚)の日記
 はその道路と鉄道に対し「そんなものが一体我々の生活
 と何の関係があるというのだ」と嘆息しました。
  その様に日帝が行なった各種近代化施設や行政は、伝
 統文化、伝統風水、伝統タブーに対する破壊として感覚
 され、憤りの対象となったのです。
  そうしてできたのが土地調査事業の収奪説です。
  その韓国人たちが、朝鮮たちが抱えている近代化に対
 する集団的被害妄想感覚、その収奪感覚、その意識を1960
 年代の歴史学者たちは、全国の農地の40%が収奪された
 と嘘の包装をして教科書に載せたのです。
  鉄杭騒動が起こった時、この背景の画面は、鉄杭を撤
 去するため祭官の服装をした人たちが、祭礼を行なって
 いる場面ですが、きょう私の批判の対象となった慎ヨン
 厦教授は、次の様な論文を書きました。
  「日帝は、当時、韓人たちの多数が風水地理を信頼し
 山川の精気を重視するという事実に注目し、名山の血脈
 にこれを遮断し息の根を止めようと鉄杭を打った。
  勿論、日帝自身は、風水地理説を信仰していなかった
 が、韓国人がこれを信じたため韓国人の挫折感を植え付
 けるためこの様な政策を取ったのだ」・・
  皆さま、これが話しになるでしょうか?
  しかし、この様な「話にならない話」を、韓国を代表
 する、社会学界を代表する慎ヨン厦教授がしているので
 す。
  皆さまは、なぜ私が慎ヨン厦教授が代表している、日
 帝の土地収奪説を反日種族主義の象徴として批判してい
 るのかお分かりのことと思います。
  全国の土地の40%を収奪したという教科書の叙述は、
 全国所々の軍部隊、または、村が自身が必要なため打っ
 た鉄杭を、日帝が朝鮮の精気を抹殺するために打ったも
 のだと言って、1990年代の政府にまで出ていって、撤去
 騒動を起こしたその野蛮精神世界を忠実に複製反映して
 いるためです。
  視聴者の皆さま、あまり寂しく考えないでください。
  わずか50年前、20年前の出来事です。
  この様な歴史騒動や歴史叙述は、20世紀末まで韓国の
 精神文化が、依然として野蛮の最悪レベルに置かれてい
 ることを間違いなく証明しています。
  今日の講義はこれでおわります。
  ありがとうございました。
             以上(1:52:33まで)
  (評)
  しっかり測量のための三角点を打つことは大切な行動・・
  日本が、土地調査事業をしたのは、韓国・朝鮮に鉄道
 を引くのも、また、橋を作るのも、何でも、土地の状況
 がはっきり分からなければできないからであって・・
  土地調査が一番大切なやるべきことで・・
  そして、一番の基礎のデーター資料を作るために行な
 ったのであって、
  それを悪く言うのは、韓国の被害妄想意識で、韓国は、
 この点を改めなくてはならない。
  そして、日本は、その様な基本的な事から地道に始め
 て、韓国・朝鮮の国づくりを一生懸命に誠実にやった・・
  日本に感謝し、御礼を言わなければならない。
  そうであるのに、韓国政府は、なんだかんだと日本を
 嘘ででっち上げて、貶(おとし)めて来た・・
  これに対して、韓国政府の言い分があるならはっきり
 言いなさい、そして、書きなさい・・ただただ感情的に
 言っているだけであり・・それは駄目。
  そして、日本は、韓国のそれが間違っていたら、しっ
 かり説明をし、この際、徹底的にしっかり謝罪させなけ
 ればならない。
  韓国は、都合が悪くなると黙って何も言わない・・
  再び、この様なデッチアゲが起きないように、しっか
 り謝罪までさせなければならない。
  何年間もくだくだしていたのは、しっかり謝罪をさせ
 なかったからで、これを要求しなければならない。
  例えば、韓国人は以下の様なことを言う・・
  ある韓国の人が答えた「韓国は、中国の属国だという
 根性があり、そう思っていたから、中国には言えないし
 怒れない」・・と・・
  これの裏を返せば、「デッチアゲでも何でも日本に対
 しては言う」・・ということ。
.
2019年、中国が、インターネット上の「価値創造の世界」
 に乗り出した。
  仮想通貨方式というか、MMT方式というか、中国方
 式というか、実体のない作られた価値、その様なものが
 社会に通用している。
  実体のないものの価値を疑わないので、その様なもの
 が世界に通用しているのである。
  疑う余地がないと見るか、疑う気がないのか、疑う能
 力がないのか・・何しろ、今、世界にその様なものが通
 用し流通している。
  その価値はどこで作られているのか?
  明日から「ただの紙くずになるかも知れないもの」が
 通用し流通している。
  中国は、インターネット上の価値創造の世界に乗り出
 した。
  中国が1万元とポチッと押せば「1万元の価値が生み出
 される世界である」。
  今までは1万元札を刷っていたが、その手間もなくなっ
 た。
  中国は無限の価値創造の世界へ入った。
  軍拡投資も「し放題である」。
  北朝鮮への支援も「し放題である」。
  韓国も中国へ靡(なび)く。
  中国はアメリカと拮抗(きっこう)して行く。
  そこに、アメリカに抑(おさ)え込まれた日本が居る。
  憲法改正して軍を持つのはまかりならんと言うアメリ
 カが居る。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  https://yumesyakai.blogspot.com/

2019年11月 3日 (日)

(増補版)663E2/3:2/3:3/3:気になった事柄を集めた年表(1897年1月~1897年1月)

題:(増補版)663E2/3:2/3:3/3:気になった事柄を集めた年表(1897年1月~1897年1月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
 ☆真実の歴史を知ることは、国際社会をより公正なもの
  にする。
  そして、その公正な社会の達成で、人々の、また、皆
  様の、そして、人間の幸福を創造していく力ともなる。
  世界に真実を公表していく事は、真にやるべき大切な
  こと・・
  そして、総べての真実を議論してこそ民主主義が達成
  される。
 ☆過去を忘れたら「歴史」は蛮行を繰り返す。
 ☆中国と韓国は隣の国・・引っ越しの出来ない隣の国・・
  だからこそ、正しいことを言って正しい関係を作らな
  ければならない。
  卑劣なねじ曲げ発言に躊躇(ちゅうちょ)してはなら
  ない・・正しいことを教えてあげねばならない。
  また、中国・韓国は、隣国・日本の立場を理解するこ
  とにつとめなければならない。
 ☆国際社会は、中国へ民主化を強く求めなければならな
  い・・民の選択を受けない指導者たち・・民主化が達
  成できない国=中国・・
.
1897年1月1日、尾崎紅葉が、読売新聞で「金色夜叉」の連
 載を始める。
  大変な話題となる。
  1902年5月11日まで連載された(金色夜叉は未完)
  1868年1月10日、尾崎紅葉(おざきこうよう)は、代々
 商家であったが廃業して名人角彫師・谷斎として知られ、
 また、幇間(ほうかん)もしていた惣蔵と庸の長男として、
 江戸の芝中門前町で生まれた(一節では12月27日生まれ)
 小説家となる。
  寺子屋・梅泉堂、その移行した桜川小学校から府立二
 中(日比谷高校)へ進む・・
  しかし、中退し、三田英学校で英語を学ぶ・・
  さらに、東大予備門(東大国文科)に進み、さらに漢
 学塾・綏猷堂や崇文館で漢学や漢詩文も学ぶ・・
  1885年2月(17歳)山田美妙らと近代最初の小説結社で
 ある硯友社(けんゆうしゃ)を結成し・・
  1885年5月(17歳)その機関紙である「我楽多文庫(が
 らくたぶんこ)」を創刊した(~1889年10月)
  1889年(21歳)「二人比丘尼色懴悔」で認められ、文
 壇にデビューし、文壇的地位を確立した(出世作)
  1890年(22歳)帝国大学を中退する。
  写実的態度を深めるとともに、井原西鶴に傾倒・・
  この西鶴の影響した雅俗折衷体の文体を用いた「伽羅
 枕(1890年・22歳)」「二人女房」「三人妻(1892年・
 24歳)」を発表した。
  また、近代ヨーロッパ文学に学んで、ゾラの翻案「む
 き玉子(1891年・23歳)」などを書いた・・
  心理的写実主義の体得や、言文一致体への移行に努め、
 写実主義の最高作であり言文一致体の小説として意義深
 い「多情多恨(1896年・28歳)」や「金色夜叉(1897年・
 29歳~1902年・34歳)など代表作へ至る。
  明治文壇の大御所の泉鏡花・徳田秋声・小栗風葉など
 多くの門下生・門人も世に送り出している。
  幸田露伴と共に紅露時代を現出した人・・俳句も手が
 ける。
  作「伽羅枕」「三人妻」「多情多恨」「金色夜叉」等。
  1868年に生まれ、1903年10月30日に胃がんにて没した
 (37歳)・・尾崎紅葉は、この当時の人気作家であると
 いう面だけでなく・・文学の近代化の過渡期にあって、
 外国文学の受容や、古典文学への残映も模索し、また、
 進化した文体への模索など、新旧の様々な方面へ華々し
 く才能を花開かせた短命の輝く人生だった・・その存在
 は大きい。
.
1897年1月1日、両毛鉄道が、日本鉄道へ譲渡される。
  両毛線は、栃木県小山市の小山駅から群馬県前橋市の
 新前橋駅まで結ばれる路線・・営業キロ数:84.4㎞。
  両毛地域と呼ばれる栃木県南西部から群馬県南東部に
 至る平野部の諸都市を結んだ路線で、この地域で盛んに
 生産されていた生糸や、桐生織に代表される織物の輸送
 のために建設された。
  思川や渡良瀬川やその本流である利根川など、大きな
 河川を横切ることが多い路線である。
  1889年11月に、両毛鉄道の前橋駅が利根川左岸側に開
 業すると、日本鉄道も利根川を渡って両毛鉄道の前橋駅
 に乗入れ・・
  1890年12月に、利根川橋梁の完成によって日本鉄道の
 高崎駅とも連絡した(両鉄道が接続された)
  1887年に、両毛鉄道は設立されたものの、建設工事の
 一切は日本鉄道の支線として国が行なっていた。
  また、開業後の線路の保守や、営業その他いっさいの
 業務も日本鉄道に委託されていた。
  この1897年に日本鉄道は両毛鉄道を合併したが、1906
 年に鉄道国有法施行で、日本鉄道が国有化された。
  1909年の線路名称設定時に両区間は統合され、小山駅
 ~高崎駅間が両毛線とされた。
.
1897年1月1日、東海道線と北陸線の両線と、大阪鉄道玉造
 駅分岐線の間に連絡運輸が開始された。
  水運が発達した大阪、また物資が集積して栄える大阪・・
  1868年に大阪港が開港したが・・明治の中頃から、さ
 らに輸送量が増大して、その対応が出来なくなって来て
 いた。
  大型船は、神戸港に入港する様になった。
  1897年、大阪市は、港湾の整備拡大に乗り出した。
  この工事の資材輸送と、また、築港の完成後の貨物輸
 送を目的に大阪駅と大阪港を結ぶ鉄道の建設も計画され
 たりした。
  大阪市と連携して近代都市化し、機械金属工業や、河
 内木綿を基盤とした大規模紡績工場等が立地するように
 なり、ここに都市としての基盤が出来上がった。
  この地域にとって古から生駒山脈越えの東西交通も重
 要であった。
.
1897年1月9日 逓信省鉄道事務官任用に関する件公布(勅令
 第4号)
.
1897年1月11日、英照皇太后(えいじょうこうたいごう)崩御
  孝明天皇妃が亡くなられる。
  京都生まれで、父は関白・九条尚忠。
  官職位階、宮殿殿舎、服飾、武具、年中行事、典礼な
 どの有職故実(ゆうそくこじつ)に詳しい方だった。
  また、知的な方で読書は古典・国史をはじめ西洋理学
 の訳書にまで及んだ。
  明治天皇が践祚されてから皇太后となられ、京都御所
 の南東にある仙洞御所(せんとうごしょ)に移られ、ま
 た、後に、東京の赤坂離宮、青山御所に住まわれた。
  勝海舟が、その時の政府の会計について・・
  孝明天皇を慕っていた勝海舟、また、徳川思いの勝海
 舟・・つい、言葉が漏れる・・
  勝海舟は、明治政府に対して常に批判的であった。
  薩長出身のやることが小さくまとまっていて「小人島
 (こびとじま)の豆人形が動いているみたいだ」と言っ
 ている。
  その根拠は、徳川幕府はとにかく400万石の動かして来
 たものだが、薩長藩はせいぜい72万石、長州が36万石、
 佐賀が20万石程度の経済のやりくりしか知っていない。
  徳川は400万石のスケールだ。
  そういう薩長土肥の田舎政治家のすることはケチケチ
 していてみみっちくて、見ていられない、と言う。
  現に、明治30年に英照皇太后(孝明天皇妃)がお亡く
 なりになった時、政府はその御葬儀の予算をどの程度に
 して良いかに迷った。勝海舟は、旧幕時代、仁孝天皇(
 孝明天皇の乳帝)や孝明天皇の御葬儀のときの会計の控
 えを持っていて、それを参考資料に提出したりした。
  京都の公卿たちへの手当てや付け届にしても、旧幕時
 代の方が余程、ゆったりしていた。(氷川清話)
 英照皇太后崩御(氷川清話)(
.
1897年1月15日、関西鉄道の柘植駅~上野駅(現:伊賀上野
 駅)間が延伸され、開通し、営業開始された。
.
1897年1月17日、河北新報が創刊された。
  河北新報(かほくしんぽう)は、東北地方を代表する
 地方紙で、1897年に、一力健治郎(1863年~1929年)が
 東北地方の産業と文化の振興を掲げて創刊した。
  1900年1月、年中無休刊を宣言して30年間これを実行し
   た。
   また、不偏不党を標榜(ひようぼう)し、広告を重
   視して経営の確立を図った。
  1904年、日露戦争中は号外発行などニュース報道に力
   を入れ、先行各社を圧倒した。
  1922年3月から夕刊を発行・・
  1923年から昭和にかけて、岩手版、福島版、磐城版、
   青森版、山形版、秋田版を次々と創設、宮城県を中
   心に東北6県をカバーする広域紙に成長した。
  1941年に、新聞事業令の発布で宮城県唯一の日刊紙と
   なった。
  1950年、「夕刊とうほく新聞」を合併した。
  本社は仙台市。
  「河北」は白河の関より北の意。
  主に宮城県内で読まれるが、他の東北各県でも購読さ
 れている。
.
1897年1月19日、成田鉄道の成田駅~佐倉駅間が開通した。
  この年に開業した成田鉄道は、新勝寺への参拝者で賑
 わう路線。
  JR成田線と京成電鉄のルーツである。
  1907年、東京・本所(押上)から成田・佐倉までの電
   気軌道の建設が許可され・・
  1909年、京成電気軌道株式会社が設立された。
  それまでは蒸気機関車(SL)だった・・
  SL5300型は・・
  1882年、官鉄が旅客用機関車として、英国ピーコック
   社から2Bのテンダー機関車を2両(5312、5313号
   機)、2Bタンク機関車を2両(5490、5491号機)
   輸入したのが始まりだった。
  比較運転の後、テンダー機は日本鉄道で使用された。
  タンク機は官鉄で使用した。
  1884年、比較検討の結果、テンダー機の方が好成績を
   収めたので、官鉄のタンク機が、神戸工場でテンダ
   ー機に改造された。
   この2両は国有化後5490形になり関東地区で働いた。
  1918年、5490号機は、成田鉄道に払い下げられ、1921
   年、廃車解体されてしまった。
.
  (今日の言葉)
.
  題:相手の顔を殴っておいて・・その謝罪もしないで・・未来志向の話をしようなんて言うのは『 おかしい! 』
    韓国よ、まず、誠実な態度になりなさい。
    汚い、世界を誤魔化す態度は止めなさい!
.
1724年、石器の発見
  ジョセフ・フランソワ・ラフィトーは、二つの論文を
 書いた。
  その論文は、「雷石の紀源と用途について」と、「原
 初の時代の習俗と比較したアメリカの未開人の習俗」で、
  この二つの論文の中で、「アメリカ先住民が使用して
 いる石器を実見した」・・
  石器という物を実験してみて・・
  雨の降った後に発見される「雷石」は、「古代の人間
 が制作した石器だ」・・と知る。
  そして、石器は、「未開人」の道具であると同様、「
 原初の時代の習俗」であったと主張した。
  雨が降って土が崩れて出て来た雷石は、古代人の石斧
 だと知る。
     ・
     ・
1913年、日本人を排斥するアメリカ
  この年、アメリカのカリフォルニア州で「排日土地法」
 が成立した。
  長年に渡るアメリカの日本叩きに日本国民は激昂した。
  アメリカはこれが目的だった。
  日本が力を付けて来たことに対する行動を取り始めた
 アメリカは、この段階から始めた。
  日本のマス・メディアのNHKや朝日新聞などの放送
 や新聞や雑誌は、堰を切ったように、アメリカ側の対日
 態度を激しく攻撃した。
  アメリカの思惑に完全にはまっていた。
  これらの動きの根底を見抜いていたのが石橋湛山だっ
 た。
  この問題は、「理屈ではなく感情だ」と見抜いた。
  条約などを持ち出して、理屈で言っても理屈で正しい
 日本の言うことが通らないと、また、通ったとしても一
 時的なものだと見抜いていた。
  この根は深いとも見抜いた。
  人種の違いから来る人種問題にあると見抜いた。
  湛山は、息長く理解を求めて行くしかないとした。
  しかし、NHKや朝日新聞などのマス・メディアは、
 「彼等(アメリカ側)に罪あり・・
  偏見あらば、我れは寧(むし)ろ却(かえ)って之れを棄
 て、飽くまで正しき道理の上に行動してこそ、初めて日
 本の日本たる立場あり・・」と論じた。
.
2007年9月10日、アメリカの金融トリック
  この日付で、某金融アナリストは下記の報告をする。
  『急変する世界経済』・・
  つい一ヶ月前まで、日本経済の先行きについては楽観
 論一色であった。
  多くのエコノミストは、2008年末まで現在の好況・・
 といっても実質で2%程度の成長だが・・が続くと主張し
 ていた。
  すでに、2002年2月から始まった今回の景気拡大は、昨
 年(2006年)10月に57ヶ月と、戦後最長の長さを更新し
 ていたから、「超長期の景気拡大になるもの」と予想さ
 れていた。
  国際機関も概ねそのような見通しを発表していた。
  たとえば、2007年7月25日に発表されたIMFの最新予
 測では・・
  日本の2007年、2008年の成長率は2.6%、2.0%と、4月の
 見通しを上方修正したほどであった。
  その中で、少数の経済学者のみは、2007年には、景気
 循環は下降局面に入ると見ていた・・が、この様な主張
 は少数説だった。
 状況が、2007年8月に入って急速に変わった。
  米国のサブプライムローン(低所得者向け住宅ローン)
 問題が、予想外にも、世界的な広がりを持つものである
 ということが、次第に、はっきりしてきた。
  アメリカのブッシュ大統領(子)は、低所得者にも住
 宅が持てるようにすると、表面的には美しい事を言った。
  しかし、このキリスト教を強く信仰するこの大統領は、
 他の大統領が出来なかったことをするには、やはり、そ
 こに・・「トリック(嘘)」のような事が必要だった。
  結果的に、世界中が、非常に大きな迷惑をこうむった。
  キリスト教が常にやる聖書の書き換えと同じだった。
  アメリカの「不良金融資産の大量販売」という状態で
 発覚した。
  アメリカを震源地にした全世界的規模の金融恐慌が深
 まりを見せている・・と、長周新聞(地方紙)が伝えた。
  日本の必死の状況について主に伝えている・・
  大騒ぎの日本、そして、同じ様な世界・・その逆に大
 儲けしているアメリカ・・その新聞を参考にして、以下
 にその状況を記述する・・と・・
  実体経済や、各国の人々の生活に深刻な影響を与え、
 ツケをみな転嫁して延命をはかっている。
  小泉首相・竹中蔵相路線で「金融立国」を志向してき
 た日本国内でも、金融崩壊はあらわとなっており、銀行
 の貸し渋りで中小企業は相次ぐ黒字倒産、
  輸出に依存してきた製造業は、大量首切りを強行する
 など、かつてない状況があらわれている。
  『銀行は焦げ付きを次々と発表』
  近年、「市場最高益」をあげてきた大銀行は、焦げ付
 きを次々と発表した。
  株安の進行によってみずほフィナンシャルグループ、
 三井住友フィナンシャルグループ、三菱東京UFJなど
 三大銀行の時価総額の合計は9兆6900億円と5年ぶりに10
 兆円を割った。
  ピーク時の2006年4月には、その4倍あったことから見
 ると『短期日に巨額の資産が吹き飛んだ』ことがわかる。
  メガバンクの9月中間決算は軒並み減益で、資本増強の
 動きに出ている。
  不良債権の処理費が、前期の3倍に跳ね上がり、純利益
 は前年比で58%も減少した。
  モルガン・スタンレーに90億ドルの資本支援を迫られ
 るなど、たかられた三菱UFJフィナンシャル・グルー
 プは1兆円の資本増強。
  3大銀行の調達額の合計は約1兆7000億円にのぼった。
  サブプライム債券を、約5兆5000億円つかまされた農林
 中央金庫も1兆円規模の増資を打ち出した。
  1兆円を超える資本は傘下の信連や農協から調達すると
 いっている。
  9月中間期の純利益は、前年同期比で92%減の104億円。
  有価証券の価格下落で1120億円の損失処理を実施した
 ことが要因となった。
  9月末の有価証券の含み損は、国内金融機関のなかでは
 最大の約1兆5000億円にも膨らんでいる。
  資産の多くを有価証券などで運用しており、約58兆円
 もの資産のうち市場運用資産が7割弱を占めている。
  9月末時点で、証券化商品を6兆8000億円も保有してい
 る。
  「日本を代表する機関投資家」と豪語してきたが、要
 するに、農民漁民のカネを原資にして金融市場の『カモ』
 になっている。
  11月26日に出そろった地方銀行・第2地方銀行の103行
 の9月中間決算では、3分の1にあたる33行が赤字に陥った。
  地域経済が疲弊して、貸し出しが伸び悩む一方で、近
 年は、投資信託販売などにシフトし、海外投資などで利
 益を追求してきたのが特徴で、リーマン・ブラザーズ社
 債の関連損失などを計上した銀行も少なくない。
  損害保険大手6社の9月中間決算では、有価証券評価損
 などの関連損失の合計は約1900億円にものぼった。
  東京海上ホールディングス、三井住友海上、損保ジャ
 パン、あいおい損保、ニッセイ同和の五社が、当期最終
 利益で大幅減益の見通しになっている。
  損保ジャパンは、520億円の最終赤字に陥る見通し。
  新車販売が冷え込んだ影響で、自動車保険が不振とな
 り、住宅バブルがはじけて火災保険も不振。
  本業が振るわない一方で、リーマン・ブラザーズの社
 債や海外への株式投資、証券化商品の焦げ付きが最大要
 因となった。
  三井住友海上は、900億円もの損失を計上し、東京海上
 が724億円にのぼった。
  リーマン関連など完全にデフォルトしたものを損失計
 上として数字に乗せているほか、株式の評価損などが含
 まれているが、AIG、サブプライム2社、つぶれかかっ
 ているシティ(バンク)など、破綻が確定していけばさ
 らに深刻な損失が表面化することになる。
  9月初旬には、「邦銀が存在感を示すビッグチャンス」
 「世界最強」などと言っていたが、一転してピンチに陥
 っている。
  金融庁が、11月28日に発表した2008年9月末の国内金融
 機関の証券化商品の損失は、3兆2730億円にもなった。
  6月末から27%増加している。
  農林中金など大手銀行の損失額は2兆7760億円となった。
  サブプライム関連は、そのうち9500億円で、あとは、
 その他の証券化商品による損失である。
  国内金融機関が保有している証券化商品の総額は22兆
 2710億円(9月末時点)とされ、わずか3カ月で1割強が水
 の泡となった。
  10月以後、膨らみ続けている損失はさらにひどいと見
 られている。
  また、投資信託協会は、11月14日、国内の投信の純資
 産総額が10月だけで11兆円減少したと発表した。
  9月も合わせると18兆円にもなる。
  個人から投資信託会社が資金を調達して、国内外の株
 や債券に投資して運用するもので、
  ここ数年は、「貯蓄から投資へ」とキャンペーンが張
 られ、銀行や証券会社、郵便局までがさまざまな商品を
 組み合わせて窓口販売、訪問販売に熱を上げてきた。
  その結果、『巨額の個人資産が吹き飛んだ』ことを意
 味している。
  知識のない素人、高齢者や退職者を『カモ』にして、
 リスクを負わせるハメとなった。
  個人の損失は、「自己責任」で、大手金融機関の損失
 は『公的資金をぶち込んで救済』するシカケになってい
 る。
  『年金資金で株式買上げ 市場運用分約93兆円』
  NYダウも、日経平均も、各国金融市場も暴落したり、
 若干持ち直したりしながら、しかし、基本的にはジリ貧
 で下落し続けている。
  この過程で、不可解な買い上げがやられている。
  ドブに捨てるように、公的年金資金がぶち込まれて、
 怒濤の株式買い上げをやっている。
  日経平均株価は、放って置いたら暴落が避けられない
 のが実情だ。
  年金資金の市場運用分は、92兆9273億円にものぼり、
 財投債分の26兆9894億円をはるかに上回っている。
  四半期別に見てみると、この市場に投げ込んでいる92
 兆円で、7月から9月末までだけで、4兆2383億円の損失を
 出していることも明らかになっている。
  10月、11月、12月は、前期以上に「買い上げ」をやっ
 ているので、損失は10兆円ほどに膨れあがってもおかし
 くないという指摘もある。
  株式運用だけでなく、企業社債(資金調達)などにも
 突っ込んでいるが、運用の詳細については明らかではな
 い。
  株式市場において、外資投機集団が売り逃げしていく
 のを補う形で、日本の年金資金が買い支えする構図。
  みなが知らぬ間に、老後資金が、企業資金の穴埋めに
 張り替えられている。
  今後は、郵貯・簡保の株式運用も取り沙汰されており、
 『国民の金融資産も好き勝手に使われている』。
  米国でも国が銀行救済 『日本に米国債買わせ』
  金融危機にさいして、世界の富をかき集めて『バブル
 を謳歌してきた米国』では、政府が連日のように金融機
 関の「救済策」を打ち出している。
  『赤字財政でカネはない』のに、金儲けした連中の尻
 拭いのために、ドルと米国債を『大量に刷り散らかして』
 国が救済している。
  米政府と米連邦準備制度理事会(FRB)が、投融資
 や保証を通じて抱えているリスクは最大で8兆ドル(約
 760兆円)にのぼる見通しになっている。
  対応如何で『焦げ付く可能性』が十分ある。
  米連邦預金保険公社(FDIC)を通じて、銀行債務
 と決済性預金を保証させるために、1兆9000億ドル。
  FRBは、企業が資金調達のために発行するコマーシ
 ャルペーパー(CP)の買い入れに1兆8000億ドルを拠出
 して、『資金繰り支援』。
  住宅ローンや消費者ローン対策に8000億ドル。
  金融機関への資本注入や、不良資産救済に総額で7000
 億ドル。
  MMF(マネー・マネジメント・ファンド、公社債や
 短期金融資産で運用される投資信託で「極めて安全性が
 高く元本割れしない」といわれていた)向けの資金提供
 に6000億ドル。
  その元本保証に500億ドル。
  住宅ローンの借り換え支援促進策に3000億ドルなど、
 『すさまじい額』である。
  その他、破綻寸前の各社を『政府が抱え込んだ』こと
 によって、シティグループの不良資産に政府保証として
 2500億ドル。
  550兆円ものサブプライム債券をばらまいた、ファニー
 メイ、フレディマックの住宅公社の尻拭いに2000億ドル。
  保険最大手だったAIGには1500億ドル。
  ベアー・スターンズの救済に290億ドル(約2兆8000億
 円)。
  FRBが公定歩合をいじって、金融機関の資金繰りを
 助け、直接貸し出す制度は『無制限に運用』されている。
  また、各国の中央銀行とドル資金を融通する金額も無
 制限で、滞在リスクは上乗せされるすう勢。
  EUも、景気対策として25兆円規模の経済対策を加盟
 国に提案。
  企業支援や税制優遇などを実施するとしている。
  信用収縮が起きる過程で「最後の貸し手としての機能
 を果たす」といって中央銀行が登場し、量的緩和とか利
 下げなどを打ち出して資金を拠出している。
  政府が救済といっても資金はなく、『膨大な国債を発
 行』したり、博打のツケは『国家国民に転嫁』しつつ延
 命をはかっているわけだ。
  しかし、アメリカ政府の『大盤振る舞い』にせよ、こ
 れは、目先をしのいだ結果、ドルが『大量に溢れかえっ
 て』大暴落することになるほかない。
  そして、減価した分、日本など、『米国債を買わされ
 てきた国々は泣く目』にあう。
  日本は、9月時点で約100兆円もの外貨準備を保有し、
 ほとんどが『ドル建て』である。
  日本政府が日銀から100兆円を借りて、『米国債100兆
 円買い込んで』いる格好。
  しかし、ドルの日本円に対する価値は、日を追う事に
 『下落』しており、外貨準備の『評価損』は20兆~25兆
 円に達しているとも見られている(日本の奉仕)。
  『輸出総額が大幅に減少 労働者の大量解雇も』
  金融だけにとどまらず、実体経済にも波及している。
  財務省が発表した10月の貿易統計速報では、アジア向
 けの輸出額が7年ぶりに前年割れとなるなど、総額で前年
 同月比7.7%の大幅減少となった。
  米国向け輸出は、14カ月連続、欧州向けは3カ月連続
 で前年割れとなった。
  とりわけ自動車の落ち込みが最大要因になっている。
  国内でも消費は落ち込み、11月の国内新車販売台数は
 前年比33%減となった。
  トヨタは、トヨタ九州の生産計画を、来年1~3月期は、
 前年比で『60%減』の方針を出し、『ライン停止』も発
 表した。
  派遣・期間工などの非正規雇用を次々と『切り捨て』
 ているのは自動車産業だけでなく、他の製造業にも共通
 している。
  厚生労働省は、10月から3月の半年間に、非正規労働者
 が3万人が失職すると発表。
  すでに、解雇されたり、契約解除が確定している分だ
 けで3万人であり、新たに発生してくる解雇者などの数字
 は含まれていない。
  「定額給付金」をばらまいてどうにかなる事態ではな
 く、金融から実体経済にいたるまでの『破綻が進行』す
 るなかで、労働者が路頭に放り出されて食っていけず、
 現役世代が、これまでに経験したことのない社会状況が
 広がっている。
.
2019年、日本企業が中国から撤退したくてもできないよう
 にされている。
  中国から資金を持ち出すことが出来なくされている。
  いくら大きな金を、日本企業が中国に持っていても、
 その金を日本に持って来れない。
  (これを、アメリカは「持ち出せるようにしろ」と言
 っている)
  これが、日本の企業の弱味になっている・・
  だから、日本の経営者は、中国の言いなりになるしか
 ない状態となっている。
  この中国に弱みを握られている日本企業が、日本の政
 治家に働きかけている・・が、政治家もやりようがない
 状態・・
.
2019年、アメリカの中国への要求
 ・貿易赤字の解消(アメリカからの購入拡大)
 ・不正な産業補助などを廃止する。
 ・外国の知的財産権の侵害・・知的財産権の保護
 ・企業の財産権と活動の保証
 ・為替の最終的自由化と通貨切り下げの禁止
 ・外国企業差別、投資制限撤廃と資本移動の自由
  (時間軸での目標と検証プロセスの徹底)
  (守らなければ報復関税→中国はWTOへの提訴をし
 ない)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆☆☆
2018年9月26日、ポイズンピル(日米共同声明)
 1、 2018年9月26日にニューヨークで開催された日米首
  脳会談において、ドナルド・トランプ大統領と安倍晋
  三首相は、両国経済が合わせて世界の国内総生産(GD
  P)の約30%を占めることを認識し、強固で安定した、
  双方に利益をもたらす日米の貿易・経済関係の重要性
  を確認した。
   大統領は、互恵的な貿易の重要性、また日本や他の
  国々との間にある貿易赤字を削減する重要性をあらた
  めて表明した。
   安倍首相は、自由かつ公正で、ルールに基づいた貿
  易の重要性を強調した。
 2~5は略す
 6、日米両国は、第三国の非市場志向型の政策や慣行か
  ら日米両国の企業と労働者をより良く守るための協力
  を強化する。
   したがって我々は、WTO改革、電子商取引の議論
  を促進すると共に、知的財産の収奪、強制的技術移転、
  貿易歪曲的な産業補助金、国有企業によって創り出さ
  れる歪曲化及び過剰生産を含む不公正な貿易慣行に対
  処するため、日米、また日米欧三極の協力を通じて、
  緊密に作業して行く。
 7、日米両国は上記について信頼関係に基づき議論を行
  なうこととし、その協議が行われている間、本共同声
  明の精神に反する行動をとらない。
   また、他の関税関連問題の早期解決に努める。
  (注)これは、対中国で出来ている。
     中国を対象としてできている。
     これによって、日本もアメリカと連動して動か
    なければならないことになっている。
     中国に対抗して動くアメリカに連動して動かね
    ばならない日本としている。
  (参考)ポイズンピル:企業における買収防衛策のひ
     とつ。
      既に、自社の株主となっている人たちに事前
     に新株予約権を発行しておくことにより、会社
     が好ましくないと思っている相手に自社の株式
     を奪われることを防ぐことを言う。
.
2019年、中国の通貨戦略・・仮想通貨(暗号資産)
  中国が、今、実施しようとしている仮想通貨(暗黒資産)
 は、中国・人民元による米国ドル潰しの趣旨と同じこと
 をしようとしている。
  中国が、貨幣的な価値を暗号資産として仮想通貨的に
 与え・・
  その中国発の仮想通貨をネットの中で流通させて、結
 局、中国が出した仮想通貨で世界的規模で決済を行おう
 とする・・
  そこには「米ドルの介在が一切ない」。
  世界通貨として存在する米ドルの立場を崩そうとする
 もの。
  世界の基軸通貨として存在する米ドル・・その今の世
 界の基準的成り立ちを崩そうとするもの。
  今の米ドル、円、ユーロの法定通貨の存在を揺るがす
 もの。
  この中国の仮想通貨は、流通において価値の変動が起
 きる。
  暴れ馬的になり、統制のとれない世界となった時、中
 国だけで統制がとることができるのか?
  また、その時に、独裁国家の中国が、国際的立場に立
 たずに自国だけが有利な決定をするのではないか・・
  中国のシステムであるが故に、国際機関は制御できな
 い・・見ているだけとなる・・
  今の世界の金融秩序への無謀な挑戦と見える・・
  また、このシステムは、資産の流れが不透明となり、
 「汚い金(裏金)」が大手を振って世界を闊歩しやすい
 システム・・
  その結果、邪悪な行為・商売が、世界に増える。
  テロ集団も資金が得られ易くなる。
  リスクの多い世界となる。
  安全性が保たれている現在の決済網は崩される。
  まったく補償のない決済システムである。
  中国がどの様な責任をとるのかが「まったく不明」。
  不透明さなどを、逆に、利用しようとする者が都合が
 良いと参加する。
  このシステムを中国が強引に実施した時の国際的な制
 裁がない。
  国際社会は、安定と安全を損なわされるだけとなる。
.
2019年10月17日、中国が、南太平洋に覇権を築きつつある。
  ソロモン諸島の地方政府が、中国へ、ソロモン諸島の
 一つの島を「丸ごと」与えた・・
  75年間の貸与とした。
  また、中国とソロモン諸島政府は、「戦略的協力関係
 を持つ」ことで合意した。
  今、南太平洋の島嶼国が中国に急接近している。
  2019年9月、台湾と断交し、中国と国交を結んだ。
  そして、島を丸ごと貸し出す覚書を結んだ。
  港湾などが、将来、軍事利用される恐れがある。
  これは、豪州の安全保障を脅かすもの・・豪州の懸念
 が深まっている。
  アメリカの覇権領域に食い込んで来た中国・・
  アメリカと中国の覇権争いが急速に高まって行く。
  豪紙のフィナンシャル・レビューなどによると・・
  覚書は、ソロモン諸島の首都ホニアラの北東20キロメ
 ートルに位置するツラギ島(2平方キロメートル)につ
 いて・・
  島を管轄する中央州政府と、北京の複合企業「中国森
 田」との賃貸契約を認める内容となっている。
  日付は、ソロモン諸島と中国が国交を樹立した翌日の
 9月22日。
  2019年10月17日、ソロモン諸島政府と中国との間に「
 戦略的協力関係」を持つことで合意した。
  ソロモン諸島のソガバレ首相は台湾との断交に際し、
 「(台湾は)経済や政治面で完全に役立たずだった。
  豪州も何をしたというのか」・・と述べた。
  一方で、中国に、多大な経済的支援に期待する姿勢を
 示した。
  ツラギ島では、石油・ガス開発のほか漁業拠点の整備
 や空港拡張などが検討されているという。
  島周辺の海域は水深が深く、大型船が寄港できる条件
 が整っている。
  豪州戦略政策研究所のピーター・ジェニングス所長は
 「豪州の玄関口に、中国の軍事基地が建設されかねない」 
 との懸念を示した。
  太平洋の島嶼国各国は、積極的に経済支援を提供する
 中国への依存を強めている。
  豪民間調査機関・ローウィー研究所は21日に公表した
 報告書で・・
  「トンガとサモア、バヌアツの経済は、世界で最も中
 国の融資に頼っている」と指摘した。
  これらの国々で債務返済が滞った場合、港湾など重要
 施設が中国に差し押さえられ、軍事拠点として利用され
 る可能性がある」と・・
  (参考・・読売新聞、2019年10月24)
.
2019年、中国の脅威・・
  世界を手中に収めようとする中国の姿が見えている今
 となっている
  そのために、日本の安全が非常に危うくなっている・・
  矢野義昭氏(元陸上自衛隊小平学校副校長・陸将補)
 の話・・(抜粋)・・
  中国の独裁体制が続くが・・
  その体制ゆえに、経済成長以上の速さで軍事費を投入
 することができる中国・・
  この今までのやり方は今後とも変わらないと予測され
 ている・・
  国家資本主義的体制と言われる中国、ある意味、ファ
 シズム体制となっている中国・・
  この体制下で、米中摩擦で落ち込んだ経済を立て直す
 ためにも、さらに軍事に資本を投入し、経済活性化をは
 かる中国・・
  特に、先端技術分野を重点に・・例えば、航空宇宙、
 サイバー、電磁波、人工知能(AI)、量子通信・量子
 コンピューター、ネットワーク・サイバー、無人兵器な
 どへ重点投資している・・
  現に、「兆円単位の大規模投資」を結集してやってい
 る・・
  そして、その開発成果を輸出して外貨を稼ぐという方
 針で行っている・・
  その結果、中国の社会全体が、また、経済全体が、さ
 らなる軍事化へ向けて進んでいる。
  (ナチが軍事に巨大投資して行ったように)・・
  これと併せて、軍事戦略面でも、従来の近代的兵器の
 戦略、例えばミサイル、艦艇、戦車などのハードパワー
 を使用した戦い方ではなく・・
  むしろ、新しい戦争概念にある航空宇宙、サイバー、
 電磁波、レーザーなどで・・
  これから、アメリカと勝負のできる分野において、重
 点投資をして、勝利をおさめて行く行動をしている・・
  これに合わせて、情報戦(サイバー、フェイクニュー
 スなどを使い)「総合的な情報による戦い」を進める・・
  軍だけでなく、公安関係も含めて、また、対外的だけ
 でなく、国内面においても、実施している・・
  国民意識をコントロールすること、外国選挙のコント
 ロールなど、組織的に実施して行く・・
  また、デジタル監視社会を国内に徹底する・・国民の
 個人情報も集め、評価を行ない、点数化し、管理し、コ
 ントロールする・・
  徹底した監視社会の進化をはかり、完璧化して行く・・
  現に今、これを進め、これが進んでいる・・
  個人情報を全面的に収拾している・・
  そのための巨大なビックデーターも蓄積も進めている・・
  それと共に、人工知能・AIの進化も高度化して行っ
 ている・・
  この中国モデルは、非常に脅威な進め方となっている・・
  開発独裁の中国の態勢が、トップダウンで強烈に進め
 られている・・
  軍事と公安維持に特化してやって行っている・・
  こういうシステムが、今後、中東、アフリカ、中央ア
 ジア等へと、ドンドン拡散していく・・
  また、見落とせないのが「中国とロシアの関係」・・
  現在、中国とロシアとの貿易が「1000億ドルを超えて
 いる」・・
  これを倍増しようと「中露間で合意がなされている」・・
  合意分野は、エネルギー分野、軍事関係、安全保障、
 技術の先端分野を「重点にする」となっている・・
  今、ロシアも、アメリカの経済制裁を受けているが、
 これまで蓄積されたロシアの技術、例えば、ジェットエ
 ンジン技術等の軍事技術を主にして、中露共同研究開発
 をしていく・・
  また、ロシアの弱点だった情報技術やマイクロチップ
 などに対し、中国のファイブG(5G)と交流させて技
 術力を挙げて行くとしている・・
  そして、その成果を、途上国へ武器輸出し、影響力を
 拡大して行くとしている・・
  この様な現状と予測の中で、日本はどうするのか?・・
  アメリカ・欧州・オーストラリア・インド・東南アジ
 アなど「価値観を共有する国々と連携」し、この国際的
 連帯の中で、どの様に対抗して行くかを検討し、進めて
 行かなければならない・・
  これからの今後は、この行動が問われている・・
  これの中心課題にあるのが「核兵器をどの様にするの
 か?」・・そして、「兵器の最新化」・・そして、航空
 宇宙やサイバーなどのグローバル戦に対する「非対称戦
 への対応」、また、「兵器の共同開発」・・
  (先端技術を持つアメリカや欧州と連携する・・そし
 て、大陸国の中露に対抗する)・・
  これに重点投資をする・・
  アメリカの財政赤字が厳しい現状にあるが、今、アメ
 リカは民政への予算を詰めて軍事予算へ投入をしている・・
  それが、政権交代においてどうなるかの問題があるが、
 アメリカ以外の国々が、アメリカ財政を支えて行く必要
 性がある、中露に対抗するために・・
  そして、これから日本も「総合的」に軍事面や安全保
 障面にも全面的に関わって行かなければならない・・
  その為にも集団的自衛権をフル・スペックで使える体
 制にする・・憲法改正も必要である・・
  (参考)非対称戦:その交戦様態が、正規軍同士では
     ない戦闘である点を特徴とし、相手と同じ戦術
     では勝利が困難な交戦集団が、相手にとって予
     想も対抗も困難な別の手段によって戦闘をしか
     けることで戦われる。
      一般には、テロやゲリラ戦という言葉で認識
     される場合が多い。
  https://www.youtube.com/watch?v=7iIadMYkens&t=2441s

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆☆☆
2019年10月25日、韓国の文政権は、国家間の約束を守りな
 さい・・
  この日の読売新聞の社説・・抜粋・・
  「元徴用工問題」・・
  まず、韓国政府が、元徴用工の問題で対応策を取る。
  これが日韓関係を正常化する第一歩である。
  安倍首相が、韓国の李洛淵首相と会談した。
  安倍首相は、元徴用工への賠償を日本企業に命じた韓
 国最高裁の判決について「日韓関係の法的基盤を崩す」
 と批判し、「韓国側に対処を求めた」。
  李氏は「両国が知恵を集めて難関を克服して行ける」
 と述べ、(韓国がすべきことを何ら提示できずに)並行
 線をたどった。
  文在寅大統領は李氏を通じて安倍首相に親書を送った。
  「懸案が早期に解決するよう努力しよう」という趣旨
 が書かれていた。
  日本企業が不利益を被らないよう、善後策を講じる責
 任は『韓国政府にこそある』。
  日本にも譲歩を求めるかのような「文政権の姿勢」は
 受け入れられない。
  日本企業の資産が強制的に売却される事態になれば、
 日韓関係のさらなる悪化は避けられまい。
  日韓請求権・経済協力協定は、請求権問題の『完全か
 つ最終的解決』を『確認』している。
  韓国の歴代政権も、元徴用工の請求権が協定の対象で
 あると『認めてきた』。
  ところが、文氏は2017年の大統領就任以来、徴用工を
 日本の植民地支配の被害者に位置づけ、名誉回復と補償
 の問題は未解決だと強調してきた。
  最高裁判決も是認し、事態を放置した。
  支持基盤の左派層を意識したのだろう。
  ここにきて、日本と対話する姿勢を示した背景には、
 韓国国内の事情がある。
  北朝鮮との関係は停滞している。
  米中の貿易摩擦のあおりを受けて、経済成長は鈍化し
 た。
  (韓国国内の)対日関係の改善を求める経済界の声は
 強まっている。
  (韓国に対する)対日関係の改善を促す米政府への配
 慮も働いた。
  韓国政府は8月、対日関係の悪化を踏まえて、日韓軍事
 情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄する方針を決
 めた。
  (韓国は、改善するどころか、逆に、反発し、強硬姿
 勢をとっている)。
  11月下旬に執行する予定だ。
  北朝鮮は、弾道ミサイルの発射を繰り返しており、脅
 威は高まっている。
  トランプ米政権は、日米韓の安全保障協力を維持する
 観点から、韓国に対して、方針の再考を促している。
  文政権は、米側の意向も踏まえ、方針を撤回すべきで
 ある。
  輸出管理制度も日韓間の懸案となっている。
  日本政府が、輸出手続き簡略化の優遇を受けられる対
 象国から韓国を除外したことについて、韓国は反発して
 いる。
  日本の措置は、(韓国の側の)輸出管理制度や運用に
 (韓国側の)不十分な点があることが理由だ。
  日韓間で冷静に話し合うことが求められる。
                     以上
  (評)
  隣り同志は互いに親善でなければならぬ・・
  また、礼節を守らなければならぬ・・このことは・・
 ということは、これは、決して個人間のみの事ではない・・
  国と国との関係に於いても「これだと言える」・・
  この様な態度を取らなければ、両国民の生活は永遠に
 幸福なり得ない・・
  韓国は、正直にならなければならない・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆☆☆
2019年10月26日、【討論】米中対決とグローバル化した世
 界[桜R1/10/26]
 ・文明の衝突・・
  中国の特色ある社会主義・・
  中国の国家体制は、巨大な開発独裁・・
  1億5000万人(OECDレベル)、1億5000万人(都市
 住民)、3億人(新都市住民)、7億人(農民戸籍、これ
 は農奴で農民奴隷、この人たちが、実質、支えている)・・
  これは階層的なカースト社会である。
  開発独裁の優位性(人権が無いために出来る)、選挙
 による政変が無いため、反対の無い、反対を抑えた中で
 強力に中長期的な国家計画が立てられる。
  国有企業を利用し、資本主義企業を淘汰し、より有利
 な戦いが出来る・・
  個人の権利が弱く、人権問題や知的財産権などが守ら
 れない・・
  国家の上にある共産党、実態としての三権分立が無い。
 ・アメリカの正義・・キリスト教を基本とした価値観・・
 普遍的価値(自由、民主主義、基本的人権、法の支配、
 市場経済)
  世界の警察は、これ(アメリカの正義)を守るためで
 あり(70数年、アメリカは戦争をし続けて来た)、それ
 がアメリ
 カによる世界の覇権を可能にしている。
  国家は国民のためにあり、国家の介入を極力避ける政
 策をとってきた・・
  自由な貿易→自由で公平な貿易
 ・アメリカの敵になった中国・・
  中国の特色ある社会主義 VS 普遍的価値観、
  南シナ海人工島 VS 航行の自由作戦
  一帯一路(陸路および海路)VS インド太平洋ファ
 ンド
  RCEP(中国を中心とした貿易体制)VS アメリ
 カの自由貿易協定
  アメリカは各国に踏み絵を踏ませ始めている。
  その第一弾がファーウェイ。
  これを守らないなら追い出し、情報共有もしない。
 ・天網スカイネット・・ファーウェイ、ZTE、ハイテ
 ラ、ダーファ、ハイクビジョン・・
  ウイグル人拘束の為に利用されており、関連企業と大
 学など研究機関が早い段階で制裁対象になる可能性が指
 摘されている。
  また、議会は人権弾圧に関係した人物や団体などのリ
 ストを作ることを求めており、これを入国管理や規制に
 利用することを求めている。
  AI、顔認証、先端技術を持つ企業に、ファーウェイ
 同様の規制をかける・・技術の一切を中国へ渡さない。
  MITは中国と共同開発をしていたが、この様なもの
 すべてを潰す・・中国との全面戦争化。
  来年、更なる国防権限法による制裁
 ・3つのキーワード
  FIRRMA:外国投資リスク審査現代化法
  ECRA:米国輸出管理改革法
  CFIUS:対米外国投資委員会
  中国の投資に対して厳格な審査の実施(企業丸ごとな
 どで奪われる技術をその様な方法で渡さない)
  日米の貿易交渉の要(かなめ)として、日本がアメリ
 カの動きに連動する様に強く求められる予定。
  日本も、法改正して外国企業による企業買収に対して
 規制をかけ始める予定・・国会に緊急上程される予定。
  アメリカの態度は、中国に対して、同盟国と共に技術
 を渡さないという態度・・これを明確に示した。
  しかし、日本の国会議員の認識が甘い・・中国べった
 り・・中国に美味しい思いをさせてもらった議員たちが
 居る・・
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  https://yumesyakai.blogspot.com/
.
  (追伸)
  元徴用工のこと・・
  日本で儲けたいと給料の良い日本に来て韓国・朝鮮の
 人が、日本で働いて帰った。
  日本の給料が良いから、韓国・朝鮮から密航的に来て、
 捕まった人が、また密航して来るほど日本の給料は良か
 った。
  元徴用工の話は、この様な状況の中に始まる・・
  今ごろになって、韓国が、日本に御礼を言うどころか
 文句を付けている。
  韓国の裁判所は、日本のどこが悪くて判決を出したの
 か? 
  事実認定を間違っている。
  賠償をする様な事を日本がしたと言う。
  これは、慰安婦問題と同じような韓国のでっち上げだ。
  そもそも問題となる様な事は無いのだ。
  また、例え、韓国の裁判所の判決の様な事はないが、
 あるとしたって、日本と韓国の間には、「この類いの問
 題が生じた場合は、韓国政府が責任をもって解決すると
 なっている」。
  「日本には問題が及ばない」と、国と国の約束で、条
 約として取り決められている。
  だから、今、無理を承知で韓国は、色々とその無理を
 押し通して、日本に言っているが、詳しい事を知らない
 世界の人たちを騙(だま)している。
  そして、韓国は、世界の人たちを繰っている。
  世界の人たちへ、「日本がおかしいのではないか」と
 世界に思わせ様としている。
  まったく日本に問題のない話を、何か問題のありそう
 な話にしようとしている。
  日本は、また、変な妥協をすると、その妥協が、例え
 小さな妥協であっても、「やっぱり日本がおかしかった
 のか」となる。
  日本は、この様な筋の通らない話しは「突っぱねよ!!」。
  「正論だけ言っていなさい」。
  慰安婦の時の二の舞はするな!
  また、世界へ理解して貰(もら)う努力をせよ!!
  韓国へ正論を言っても通じない。
  日本に譲歩を求める韓国大統領はおかしい?
  何も悪くない日本に、その説明もしない韓国に、譲歩
 を求める韓国はおかしい?
  韓国は、「得意な引っ掛け」を、日本に対して行って
 いる事になる。
  この様な卑劣なところが、韓国には、昔からある。
  また、「平行線」と表現すること自体もおかしいこと
 なのだ。
  何も問題ない日本に、その問題も説明できない韓国に、
 平行線となる線は無いのだ・・その様な状態の韓国なの
 だ。
  平行線もなにも問題自体が日本に無いのだ。
  また、韓国大統領が「未来志向の話し合いをしたい」
 と言ったって、「日本の問題点の説明もしない韓国に、
 未来を語る資格はない」。
  日本に問題があるというのなら、誠実に日本の問題点
 を説明しなさい。
  「そもそも問題が無いものに、問題があるとした韓国
 の問題を解消しないで、話し合いをしようという論理は
 成立しない」。
  未来志向であろうがなかろうが「その未来の発展の芽
 を摘み取っている韓国の論理を撤回して、その様なデッ
 チアゲを謝罪がなければ、話し合いも何もできる訳はな
 い」。
  この様な韓国の態度を例えるならば・・
  「日本の顔を殴っておいて、日本に謝罪もしないで、
 握手したいと言っている様なもの」。
  「謝罪しないで、未来志向の話し合いをしよう」と言
 っている様なもの。
  韓国は、日本と未来志向の話し合いがしたいならば、
 まず、元徴用工での非礼の謝罪をしなさい。
  韓国に非があるのに、謝罪も、また、反省も示さずに、
 「両国間の懸案が早期に解決するよう、互いに努力しよ
 う」なんて言えるものだ。
  この様な、韓国の世界を誤魔化す態度が、そもそもの
 問題なのだ。
  韓国よ!、誠実になりなさい。
  そして、日本は、あくまで筋を通しなさい。
  変な妥協をしては、世界を誤らせる。
  また、変な誤解を日本は受けてしまう。
  いつもの様にしつこい韓国だが、正論だけをこの件に
 ついては言っていなさい。
  韓国のこの様なおかしさはアメリカには分かって貰っ
 たので、これからは世界に理解してもらう様にしよう。
  この様な不誠実な韓国大統領の「退陣せよの声」が、
 韓国国内に満ちている。
  この様な韓国大統領には、正論だけで応じて下さい。

2019年10月29日 (火)

(増補版)662E2/3:2/3:3/3:気になった事柄を集めた年表(1897年1月~1897年1月)


題:(増補版)662E2/3:2/3:3/3:気になった事柄を集めた年表(1897年1月~1897年1月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
 ☆真実の歴史を知ることは、国際社会をより公正なもの
  にする。
  そして、その公正な社会の達成で、人々の、また、皆
  様の、そして、人間の幸福を創造していく力ともなる。
  世界に真実を公表していく事は、真にやるべき大切な
  こと・・
  そして、総べての真実を議論してこそ民主主義が達成
  される。
 ☆過去を忘れたら「歴史」は蛮行を繰り返す。
 ☆中国と韓国は隣の国・・引っ越しの出来ない隣の国・・
  だからこそ、正しいことを言って正しい関係を作らな
  ければならない。
  卑劣なねじ曲げ発言に躊躇(ちゅうちょ)してはなら
  ない・・正しいことを教えてあげねばならない。
  また、中国・韓国は、隣国・日本の立場を理解するこ
  とにつとめなければならない。
 ☆国際社会は、中国へ民主化を強く求めなければならな
  い・・民の選択を受けない指導者たち・・民主化が達
  成できない国=中国・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1897年、出来事:
・総理大臣:第6代、第二次松方正義内閣
  在職期間:1896年9月18日~1898年1月12日
  在職日数:482日
  旧薩摩藩出身者が大臣の半数を占めた。
  内閣発足の時、三菱財閥の岩崎弥之助は松方に大隈重
 信との連携を提案し、第一次松方内閣の失敗をくり返さ
 ない様にと提案した。
  しかし、松方の出身の薩摩閥からも反対論が出た・・
  大隈の外務大臣は実現しなかったが大隈の進歩党から
 各重職に進歩党からの起用がなされ、この内閣を松隈内
 閣(しょうわいないかく)と言われた・・本格的、政党
 の政権参加が実現した・・
 松方内閣第一議会解散(氷川清話)(12月25日)
・八幡製鉄所、設立、着工
  明治政府の殖産興業、富国強兵の元、1895年、製鉄事
 業調査会が設置され・・
  1896年3月30日、製鉄所官制が発布され・・
  1897年、着工された・・
  1901年2月5日、八幡製鉄所、東田第一高炉の火入れが
 行われた。
・英照皇太后崩御(氷川清話)(1月11日)
  英照皇太后(えいじょうこうたいごう)は孝明天皇の
 皇后。
  京都生まれで、父は関白・九条尚忠。
  官職位階、宮殿殿舎、服飾、武具、年中行事、典礼な
 どの有職故実(ゆうそくこじつ)詳しい方だった。
  また、知的な方で読書は古典・国史をはじめ西洋理学
 の訳書にまで及んだ。
  明治天皇が践祚されてから皇太后となられ京都御所の
 南東にある仙洞御所(せんとうごしょ)に移られ、また、
 後に、東京の赤坂離宮、青山御所に住まわれた。
・綿糸の輸出額が、輸入額を超えた。
  1890年に、綿糸の生産量は、輸入量を上まわり・・
  1894年頃から、中国・朝鮮への綿糸輸出が急増し・・
  1897年には、綿糸の輸出量が輸入量を上まわった。
  綿布は、1909年に、輸出高が輸入高を上回り・・
  生糸輸出高は、この年(1909年)世界一となった。
・足尾鉱毒被害者が、農商務省に鉱山の操業停止を訴えた。
  1890年代後半頃より、渡良瀬川の河川魚の大量浮上な
 どで目にとまるようになり、また、農作物への被害で流
 域周辺住民を鉱毒反対運動に立上がらせた。
  地元からの数次の建議や、上申にもかかわらず、改善
 がみられなかった。
  そのため、1897年以来、たびたび農民方が、大挙して
 上京し、抗議行動を起こした。
  警官と衝突もし一大社会問題となった。
  1891年、代議士の田中正造は、議会に訴えて、世に被
 害の惨状を知らせた。
  1901年、その訴えが、中々、受け入れられず天皇陛下
 への直訴(じきそ、直接、天皇陛下へ訴える)に至った。
  1897年3月23日、内閣に足尾銅山鉱毒事件調査委員会の
 設置が決定された。
・河口慧海が、チベット調査に出発(6月26日)
 河口慧海(かわぐちえかい)仏教学者、チベット探検家、
 大正大学教授。「チベット旅行記」など著書多数。
  従来の漢訳仏典の正確さに疑問を抱き、チベット語原
 典の研究を志して、インドからチベットへ密入国、日本
 人で初めて首都ラサに至り、チベット一切経などの多数
 の貴重な資料を将来(しょうらい、持って帰ること)
.
1897年、世界情勢
・ドイツ軍、膠州湾を占領(11月14日)
・ロシア軍、遼東半島を占領(11月15日)
・ロシア艦隊が、旅順を占領(12月15日)
・ハワイ移民が上陸拒否にあう。
・島村駐ハワイ公使が移民受け入れ拒否問題を抗議(5月
 11日)
・アメリカがハワイ併合、日本は抗議した(6月16日)
・カナダで日本人・中国人排斥法案が可決した(5月9日)
・台湾総督府官制公布(10月21日)
  総督を陸軍大中将とする。
・朝鮮政府、ロシア式軍隊を編成(9月6日)
・李氏朝鮮が、清から独立し「大韓帝国」に(10月16日)
.
1897年、データー
・日本の総人口:42,400,000人
.
1897年、物価
・くず餅1銭5厘
・PR誌「学灯」5銭、年間購読料55銭
・句誌ホトトギス6銭
.
1897年、産業
・官営八幡製鉄所開庁(6月1日)
 八幡村に官営製鉄所が開庁した。
・沖ノ山炭鉱(後の宇部興産)創立(6月1日)
・日本楽器製造(株)(現:ヤマハ)創業(10月12日)
.
1897年、経済・金融
・日本銀行が、東京卸売物価指数(明治20年1月基準)の
 公表を開始した(3月)
・日本勧業銀行が開業した(8月2日)
.
1897年、科学・発明・教育
・ドイツの物理学者のフェルディナント・ブラウンが、ブ
 ラウン管を発明した。
  最初のブラウン管(陰極線管)とそれを使ったオシロ
 スコープを製作し、約100年後の2000年代になって液晶デ
 ィスプレイ、発光ダイオード、プラズマディスプレイな
 どのディスプレイ装置が徐々に取って代わるようになる
 まで、このブラウン管は、テレビやコンピュータの表示
 装置として使われ続けた。
・豊田佐吉が我が国初の木製の動力自動織機を発明した。
  世界の人を豊かにする偉大な発明だった。
  日本人が世界の人々に貢献した数々の大発明の一つ。
  佐吉は「能率の悪い手機を改良することができれば、
 きっと人々の役に立てる」と考えていた。
  作っては壊すことを繰り返す、佐吉は発明に没頭した。
  1890年秋、佐吉の最初の発明となる「豊田(とよだ)式
 木製人力織機」を完成する・・
  翌年、特許も取る(これが大切)・・織りムラの解消
 と能率の向上に努める・・
  そして、人力より動力織機の発明へ向かう・・研究資
 金の確保にも努力し、織機の改善は自分が使う事により
 確かめた・・
  1892年、自分の発明した織機数台で織布工場を開業す
 る・・織った布は問屋に好評だったが、経営と発明研究
 で、経営が苦しくなる・・やむなく工場閉鎖・・郷里に
 帰り伯父の家へ、住み込みながら動力織機の研究・・
  1894年、画期的な豊田式糸繰返(とよだいとくりかえ
 し)機を完成・・これを販売・・そのための店を開店・・
 軌道に乗る・・さらなる発明へ一心不乱に取り組む・・
  1896年、最初の動力織機の豊田式汽力織機(豊田式木
 鉄混製動力織機) を完成・・安価な生産性良い品質も
 向上した・・評判よし・・蒸気機関だけでなく、石油発
 動機も用いる・・
  後の三井物産が、この動力織機に注目し織機製作会社
 の設立を提案・・
  1899年、合名会社が設立された・・佐吉は技師長とな
 り発明に専念・・そして、佐吉個人の豊田商会を作る・・
・築地海岸に送信器設置し船との無線通信に成功(12月)
・京都帝国大学(後の京都大学)創立(6月18日)
・水産講習所(後の東京水産大学)が設置された(3月25日)
・海軍軍医学校が開校した(10月22日)
・鉄道学校が開校(6月5日)
・帝国図書館が開館(4月27日)
・京都帝国博物館が開館(5月1日)
.
1897年、医学・伝染病
・志賀潔(北里柴三郎の弟子)が伝染病研究所で赤痢菌を
 発見した(12月25日)
・黄熱病を発見する野口英世が、国家試験に合格し医師に
 なった。
・長崎入港の福岡丸でペスト、男子船客が死亡(6月12日)
.
1897年、食
・陸軍が一般糧食に肉を採用した。
・アメリカ人がコーヒーを飲む様になって、日本のお茶の
 輸出が減った。
.
1897年、交通
・永代橋が完成した(11月10日)
・日本鉄道が、1D1形テンダ機関車(のちの9700形)を購入し
 た。
  この機関車は、勾配線用としてアメリカのボールドウ
 ィン社で製作されたもの、1D1形は世界最初に属し、後に
 ミカド形の名称で貨物用機関車の標準形となる。
・鉄道作業局が、ボーナルの定規鈑桁を「作三〇年式上路
 鈑桁」として制度化した。
・新橋工場で2軸ボギー客車16両を製作した。
.
1897年、論・文学・本・文化・報道
・島崎藤村の「若菜集」を出版(8月29日)
・正岡子規、「ほととぎす」を創刊(1月)
・勝海舟が「全国貨幣総数大略」を編す(氷川清話)
・尾崎紅葉が「金色夜叉」を新聞に連載を始めた(1月1日)
・国木田独歩が溝ノ口を訪れて「忘れ得ぬ人々」を著わす。
・活動写真登場・・
  稲畑勝太郎、大阪南地演舞場シネマトグラフを上映
  (2月15日)
・日本で初めて日刊英字新聞の「ジャパンタイムズ」が創
 刊された。
・「労働世界」創刊(12月1日)
・雑誌「日本主義」創刊(5月)
・雑誌「実業之日本」創刊(6月10日)
.
1897年、スポーツ
・第1回ボストンマラソンが開催された。
.
1897年、裁判・法
・貨幣法:金本位制へ(3月29日)
・台湾銀行法公布(4月1日)
・新聞紙条例改正公布(3月24日)
・伝染病予防法公布(4月1日)
・古社寺保存法公布(6月10日)
・千坂みつ子の公判・・
  千五百人が傍聴券を求めて押し合い、けが人が出た(
 毎日新聞)
  前年の『時事』に、貴族院議員で某県知事の娘、千坂
 みつ子。美人、頭よく、英語たくみ。金づかいが派手で、
 離婚となる。 男をあさり、詐欺をやり、そのあげくつか
 まる。34歳・・とある・・
・ディングレー関税法
  保護貿易の強化。史上最高の税率57%
  アメリカ大統領のマッキンリーが定めた。
.
1897年、その他
・海軍兵器製造所を「海軍造兵廠」と改称した。
・陸奥宗光没(8月23日、24日?)
  蹇々録(けんけんろく)脱稿(1895年12月):陸奥宗
 光の外交記録
・後藤象二郎死去(8月4日)
・西周(にしあまね)死去(1月31日)
・日本最初の労働組合、鉄工組合できる。
・新渡戸稲造が、札幌農学校を辞職し、アメリカ西海岸で
 療養生活に入った。
  稲造は、重症の神経衰弱と診断され、休養を取るよう
 申し渡されていた。
・八王子で大火(4月22日)
.
  (今日の言葉)
.
  題:アメリカ政府の慰安婦問題調査で、「奴隷化」の証拠発見されず・・日本側の主張の強力な後押しに・・
.
1895年12月、陸奥宗光が蹇蹇録(けんけんろく)を脱稿し
 た。
  これは、陸奥宗光の外交記録。
  1895年10月、療養中の大磯で速記者に口述し、推敲し
 てできたもの・・だが、当時の外務省の機密文書を引用
 していた。
  その為、外交秘録であることから、秘密出版として少
 数が作られた・・一般には流布しなかった。
  内容は・・
  1894年に朝鮮半島南部で起こった甲午(こうご)農民戦
 争から日清戦争、下関条約、ロシア・ドイツ・フランス
 の三国干渉に至るまでを、外相であった著者の立場から
 記述した。
.
1908年6月30日7時2分(現地時間)ツングースカの天体衝突
 (ツングーズカ事件)(ツングースカ大爆発)
  シベリアのツングースカで、彗星か隕石と思われる天
 体が落下して、大爆発が起きた。
  近年の天体衝突では、比較的大規模なものだった。
  仮に数時間ずれていたら、ヨーロッパに落下していた。
  ロシアの中央シベリア、エニセイ川支流のポドカメン
 ナヤ・ツングースカ川上流(現:ロシア連邦クラスノヤ
 ルスク地方)の上空で隕石が大爆発した。
  落下した隕石が大気中で爆発したために、強烈な空振
 が発生した。
  中心地と目される場所から半径約30㎞~50kmにわたっ
 て森林が炎上した。
  そして、約2,150平方キロメートルの範囲の樹木がなぎ
 倒された。
  1,000km離れた家の窓ガラスも割れ、爆発によって生じ
 たキノコ雲は、数百km離れた場所からも目撃された。
  イルクーツクでは、衝撃による地震が観測され、爆発
 から数夜に渡ってアジアおよびヨーロッパにおいても、
 夜空は明るく輝き、ロンドンでは真夜中に人工灯火なし
 に新聞が読めるほどであった。
  地面の破壊規模から見て、爆発した「物体」の大きさ
 は当初3mから70mと推定された。
  近くに村落がなかったため、死者は報告されていない。
  破壊力は、TNT火薬にして5~15メガトンと考えられ
 ていたが、5メガトン程と訂正された。
  爆発地点で、地球表面にはほとんど存在しない元素の
 イリジウムが検出された。
.
1937年、日本は、韓国・朝鮮の国鉄や私鉄を合わせて、こ
 の年の時点で、すでに、5000キロメートルもの鉄道を作
 ってあげていた・・
  この様な遠大な長距離の鉄道がすでに出来ていて・・
  さらに・・
  1945年までに、1000キロメートルの鉄道を延長して作
 ってあげていた。
  そして、漢口(かんこう)の大鉄橋も、日本が作って
 あげた・・
  1899年から、まったく鉄道などない韓国・朝鮮に、日
 本は鉄道を作ってあげ始めていた・・
  日本が、仁川と京城の間に鉄道を敷設し・・それまで
 鉄道などまったく無い韓国・朝鮮に、凄い鉄道網を日本
 は短期間に作ってあげた。
.
2005年8月末、アメリカに「ハリケーン・カトリーナ」が襲
 った。
  アメリカ合衆国南東部を襲った大型ハリケーンだった。
  発生:2005年8月23日
  消滅:2005年8月31日
  最低気圧:902hPa
  最大風速:280km/h
  ハリケーンの強さを表すシンプソン・スケールで、最
 大時で最高のカテゴリー5、
  ルイジアナ州上陸時でカテゴリー3
  死者:1836名(行方不明者:705名)
  被害:1080億USD(約11兆7000億円)
  被害地域:特に甚大被害地域:アラバマ州、ミシシッ
   ピー州、ルイジアナ州
  9月4日に、犠牲者の遺体の捜索、収容が始まり、復旧
 作業中の作業員9人が銃撃され、警察は容疑者5人を射殺
 するという様なことも起きた。
  9月5日には、災害救助にあたる米軍の数が5万人を超え
 た。
  日本の支援:150万ドル・・米国赤十字社に対する20万
 ドルの資金供与と、フロリダ州に所有する緊急援助物資
 (テント、毛布、発電機、簡易水槽等)の備蓄倉庫より、
 30万ドル相当までの必要かつ供与可能な物資を供与する
 用意があると表明した。
  また、その後、最大50万ドル相当の緊急援助物資を供
 与する方針を追加表明した。
  また・・
  アメリカは、ハリケーンの襲来時に・・
  「逃げないで残留する人は、身体にマジックで社会保
 障番号を書いてください」というメッセージを発した。
  これで多くの避難を促(うなが)した。
  「避難しないと、死ぬ事態となる」をはっきり想像さ
 せ、そして、意識させ、逃げねば損をすると感じる様に
 した。
  人間の判断では、プラスの利益には敏感な判断ができ
 るが、同じ額を損する時(同じ額のマイナスの時)それ
 に対する判断は保守的となり、損のしがちとなる。
  人間の損得の認識には偏りがある。
  だから、故に、マイナスの損の場合、第三者の促(う
 なが)しが必要となる。
  株の利益確定はすぐ出来るが、損切りはなかなか出来
 ないのと同じ。
  因みに、この時、大韓民国は、3000万ドルの支援を表
 明した・・その具体内容は現金と救援品だったが、アメ
 リカは拒否した。
  北朝鮮は、赤十字社を通じて見舞いの書簡を送ってい
 る。
  日本企業が多数、支援金を送っている・・
  トヨタ自動車:500万ドル、ホンダ:500万ドル、豊田
 自動織機:30万ドル、デンソー:7.5万ドル、ヤマハ発動
 機:義援金と5000万円相当の同社製品、日本プロ野球連
 盟:500万円、スズキ:義援金と同社製品のバギー車など、
 日産自動車:75万ドルとトラック50台、新潟県:9000ド
 ル、アイシン精機:6万ドル・・など
  卑劣なのは・・
  米アイダホ州のテレビ局KPVIで、気象予報士のス
 コット・スティーヴンズが、「カトリーナは、日本のヤ
 クザが原子爆弾投下の報復として、ハリケーンや台風を
 人工的につくり出すロシア製機器を購入して発生させた」
 という根拠がない話を展開した。
  後日、このスティーヴンズは、9年間勤務していた局を
 退職した。
.
2014年11月27日、アメリカ政府が、慰安婦問題を調査した
 が「奴隷化した」との証拠が発見されなかった。
  韓国のデッチアゲが確認された。
  当然である。
  韓国が大騒ぎをして、日本に濡れ衣を着せる行為もこ
 れで決着させねばならない。
  また、日本大使館前に慰安婦像を置くという非礼をし
 ているが、日本に謝罪して、撤去すべきである。
  また、世界各地に像を設置するという破廉恥な非常識
 な行為をしているが、これも反省して、止めるべきであ
 る。
  この日の産経新聞のニュースが伝えるところによると・・
  http://www.sankei.com/world/news/141127/wor1411270003-n2.html
  米政府の慰安婦問題調査で、「奴隷化」の証拠発見さ
 れず・・日本側の主張の強力な後押しに
  「米政府が、クリントン、ブッシュ両政権下で、8年
 かけて実施したドイツと日本の戦争犯罪の大規模な再調
 査で、日本の慰安婦にかかわる戦争犯罪や、「女性の組
 織的な奴隷化」の主張を裏づける米側の政府・軍の文書
 は一点も発見されなかったことが明らかとなった。
  戦時の米軍は、慰安婦制度を日本国内の売春制度の単
 なる延長とみていたという。
  調査結果は、日本側の慰安婦問題での主張の強力な補
 強になることも期待される。
  米政府の調査結果は、「ナチス戦争犯罪と日本帝国政
 府の記録の各省庁作業班(IWG)米国議会あて最終報
 告」として、2007年4月にまとめられた。
  米側で提起されることはほとんどなかったが、慰安婦
 問題の分析を進める米国人ジャーナリスト、マイケル・
 ヨン氏とその調査班と産経新聞の取材により、慰安婦問
 題に関する調査結果部分の全容が確認された。
  調査対象となった未公開や秘密の公式文書は計850
 万ページ。
  そのうち14万2000ページが日本の戦争犯罪にかかわる
 文書だった。
  日本に関する文書の点検基準の一つとして「いわゆる
 慰安婦プログラム=日本軍統治地域女性の性的目的のた
 めの組織的奴隷化」にかかわる文書の発見と報告が指示
 されていた。
  だが、報告では日本の官憲による捕虜虐待や民間人殺
 傷の代表例が数十件列記されたが、慰安婦関連は皆無だ
 った。
  報告の序文でIWG委員長代行のスティーブン・ガー
 フィンケル氏は、慰安婦問題で戦争犯罪の裏づけがなか
 ったことを「失望」と表明。
  調査を促した在米中国系組織「世界抗日戦争史実維護
 連合会」の名をあげ「こうした結果になったことは残念
 だ」と記した。
  IWGは、米専門家6人による日本部分の追加論文も
 発表した。
  論文は慰安婦問題について
  (1)戦争中、米軍は日本の慰安婦制度を国内で合法
    だった売春制の延長だとみていた
  (2)その結果、米軍は慰安婦制度の実態への理解や
    注意に欠け、特に調査もせず、関連文書が存在し
    ないこととなった・・と指摘した。
  ヨン氏は「これだけの規模の調査で何も出てこないこ
 とは『20万人の女性を強制連行して性的奴隷にした』と
 いう(韓国の)主張が虚構であることを証明した。
  日本側は、調査を材料に、米議会の対日非難決議や国
 連のクマラスワミ報告などの撤回を求めるべきだ」と語
 った。(ワシントン駐在客員特派員・古森義久)
  http://www.geibundo.com/mizuhonokuni/mi20110117.html
  ラディカ・クマラスワミ 氏のレポート(1996年)
  http://www.awf.or.jp/pdf/0031.pdf
  慰安婦像について
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6%E3%81%AE%E7%A2%91
  慰安婦像を立て始めた時期は、2010年からで、その主
 体は中国系団体の世界抗日戦争史実維護連合会である・・
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  https://yumesyakai.blogspot.com/
.
  (追伸)
  アイヌの人々は、日本の先住民ではありません。
  日本の先住民は、アフリカ由来の日本人です。
  アメリカの先住民が、アフリカ由来のアメリカ・イン
 ディアンの方々であるのと同じです。
  アイヌの人々は、13世紀に、蒙古に追われて日本に来
 ました(モンゴルの樺太侵攻、1264年の樺太アイヌへの攻
 撃など)
  2019年4月16日に、衆議院と参議院で成立した(菅官房
 長官の主導でなされたという)「アイヌの人々の誇りが
 尊重される社会を実現するための施策の推進に関する法
 律(俗称:アイヌ新法)」は、科学的にも、また、歴史
 的にもまったく正しくありません・・
  間違った記述があります・・
  また、日本人がアイヌの人々を虐げてもいないのに、
 さも、虐げ行為をしている様な法案名となっている・・
  日本人が、逆に、虐げられている法案名となっている。
  この法律の間違った記述を「正しく改正する」声を上
 げましょう。
  また、日本人の遺伝子・DNAを持った何千年も前の
 紀元前の縄文人が、北海道の縄文遺跡から出た縄文人の
 歯の遺伝子分析から科学的に立証されています。
  日本人が先住民族なのは「はっきりした事」なのです・・
  その様な痕跡もないアイヌの人々を先住民だとしてし
 まいました。

2019年10月25日 (金)

(増補版)661E2/3:2/3:3/3:気になった事柄を集めた年表(1896年12月~1896年12月)

題:(増補版)661E2/3:2/3:3/3:気になった事柄を集めた年表(1896年12月~1896年12月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
 ☆真実の歴史を知ることは、国際社会をより公正なもの
  にする。
  そして、その公正な社会の達成で、人々の、また、皆
  様の、そして、人間の幸福を創造していく力ともなる。
  世界に真実を公表していく事は、真にやるべき大切な
  こと・・
  そして、総べての真実を議論してこそ民主主義が達成
  される。
 ☆過去を忘れたら「歴史」は蛮行を繰り返す。
 ☆中国と韓国は隣の国・・引っ越しの出来ない隣の国・・
  だからこそ、正しいことを言って正しい関係を作らな
  ければならない。
  卑劣なねじ曲げ発言に躊躇(ちゅうちょ)してはなら
  ない・・正しいことを教えてあげねばならない。
  また、中国・韓国は、隣国・日本の立場を理解するこ
  とにつとめなければならない。
 ☆国際社会は、中国へ民主化を強く求めなければならな
  い・・民の選択を受けない指導者たち・・民主化が達
  成できない国=中国・・
.
1896年12月25日、日本鉄道の土浦線田端駅~土浦駅間、お
 よび、隅田川線田端駅~隅田川駅間が開通した。
  日本鉄道は、日本初の私鉄で、現在の東北本線や高崎
 線、常磐線など、東日本の東日本旅客鉄道(JR東日本)
 の路線の多くを建設・運営していた会社で・・、
  1872年5月、高島嘉右衛門が、東京から青森に至って北
 海道の開拓を支える鉄道の建設をすべきと政府に建言し
 た。
  この高島を支援した岩倉具視、鍋島直大、蜂須賀茂韶
 らが、政府へ、「華族と士族が家財をもって会社を建て、
 東京と青森あるいは東京と越後新潟に鉄路を敷き蒸気機
 関車を走らせることを補す」と建言した。
  この様な経緯で、1881年8月1日、岩倉具視をはじめと
 する華族などが参加し、私立鉄道会社の「日本鉄道」の
 創立が決定した。
  1896年には、日本鉄道は、東京・田端駅~水戸駅間を
 開通させた。
  実質的な現在の常磐線としての建設は、それまで船に
 頼っていた常磐炭田から産出される石炭の輸送ルート確
 保を目的としていた。
.
1896年12月25日、日本鉄道の隅田川駅に船溜、運河を開削
 して、貨物積卸場・石炭積卸場・貨物倉庫等を建て、ま
 た、起重機を設置した。
  (参考)船溜:ふなだまり、 風波を避けて船を碇泊さ
     せるところ。また、船が碇をおろして休止して
     いる場所。
.
1896年12月25日、元アメリカ海兵隊音楽隊隊長のジョン・
 フィリップ・スーザが、行進曲「星条旗よ永遠なれ」を
 作曲した。
  1987年12月には、アメリカ合衆国の「国の公式行進曲」
 (National March)に制定された。
  多くのアメリカの演奏会では、しばしば最後の曲目の
 直後に続けて自然に演奏され、聴衆はそれに合わせて手
 拍子を打つ。
  https://www.youtube.com/watch?v=h9nbSgzMfcM
  (参考)因みに、三大マーチの一つとされる軍艦マー
     チは、1893年、鳥山啓作詞の「軍艦」に曲を付
     けて軍歌とし、その後、1897年頃に、准士官相
     当官の軍楽師(最高階級)だった瀬戸口藤吉が
     新たに作曲し、1900年に「軍艦行進曲」として
     誕生した
     https://www.youtube.com/watch?v=s6ZrQ73zxdw
.
1896年12月31日、日本鉄道会社が、両毛鉄道会社線の買収
 の本契約を締結した。
  1897年年1月1日、営業が継承され、両毛鉄道会社は任
 意解散した。
.
1896年、正岡子規が、日本新聞にベースボールの解説文を
 連載した。
  1884年、正岡子規は、東京大学予備門時代にベースボ
   ールを知り、野球に熱中したといわれる。
    正岡子規は、野球を題材とした短歌、俳句を数多
   く詠み「野球(のぼる)」の雅号も使っている。
  1889年7月、郷里の松山にバットとボールを持ち帰り、
   松山中学の生徒らにベースボールを教えた。
  1890年2月、「筆まかせ」の雅号の項に「野球」が初めて
   見られ、幼名「升」から(のぼーる)と読ませている。
  1896年、「日本」新聞に連載された「松蘿玉液」の中
   で野球のルール、用具、方法などについてくわしく
   解説した。
    野球を詠んだ短歌、俳句も数多く見られ、新聞や
   自分の作品の中で紹介し、野球の普及に多大な貢献
   をした。
   「久方のアメリカ人のはじめにしベースボールは見
   れど飽かぬかも」
   「今やかの三つのベースに人満ちてそヾろに胸の打
   ち騒ぐかな」
  2002年に、正岡子規は野球殿堂入りをした。
   野球を愛した明治の俳人・歌人とされている。
  (参照:野球殿堂博物館ホームページ)
  (参考)日本新聞:陸羯南(くがかつなん)が1889年に
     創刊した。記者に福本日南、三宅雪嶺、長谷川
     如是閑らがいた。杉浦重剛らの雑誌「日本人」
     とともにナショナリズム運動の拠点として国民
     主義〉をとなえて藩閥政府を批判した。
      文芸欄は正岡子規を中心とする短歌・俳句の
     革新運動の拠点となる。
.
1896年、拓殖務省台湾府を置く(氷川清話)
  台湾事務局関係事務と北海道拓殖事務を統轄する機関
 として拓殖務省(たくしょくむしょう)が設置された。
.
1896年、イエロー・ジャーナリズムの競争が熾烈となる・・
  日本も、この卑劣な嘘報道に大いに影響を受けた。
  「イエロー」は、「ニューヨーク・ジャーナル」と「
 ニューヨーク・ワールド」が「イエローキッド」の色刷
 り漫画を奪い合って掲載した事から名付けられた・・が・・、
 煽情的な、そして、興味本位の新聞編集と記事を売り物
 として・・嘘も交えて記事にするという破廉恥な報道だ
 った。
.
1896年、アラスカで金鉱が発見された。
  アラスカを、アメリカは、ロシアから購入した(1867
 年3月30日調印)・・が・・、
  そのロシアへ投資した720万ドルで買ったアラスカで、
 1896年、金鉱が発見された。
  また、この金鉱だけではなく「資源の宝庫」であるこ
 とが判明した。
  買った当時、国務長官のウィリアム・H・スワードは、
 「巨大な保冷庫を購入した」とアメリカ国民に非難され
 た。
  当然、資源の発見でスワードの評価が高いものに変わ
 った。
.
1896年、ダウ平均株価が初めて発表される。
  ダウ・ジョーンズ社が開発した。
  当初は12銘柄による平均株価としてスタートした。
  この頃から今でも残っているのはGEの1銘柄だけ・・
 でも、長い歴史の中で、GEは構成銘柄から2回外れた。
.
1896年、東海道線の本格的な改良工事に着手した。
  この年度から7か年継続事業として可決された。
  衆議院議員・望月右内は、政府提出案と並んで鉄道敷
 設法第2条の改正案を議会に提出した(未成立)
  軌制取調委員、広軌・狭軌の得失をはじめ広軌改築の
 方法および経費など審議。
  仙石貢「広軌鉄道ニ関スル意見」、南清「広軌鉄道ニ
 係ハル意見」、白石直治「広狭軌道比較論」を軌制取調
 委員に提出した。
  東京中野に鉄道大隊編成(陸軍)
  山陽鉄道兵庫工場で1B1形タンク機関車(のちの850形)
 を製作した。
.
1896年、宮沢賢治が岩手県に生まれた(1896年~1933年)
.
1896年、日本初のボクシングジムができる。
  米国帰りの元柔道家・齋藤虎之助とジェームス北條の
 2人が、横浜市石川町に日本初のボクシングジム「メリケ
 ン練習所」を開設した。
  そして、1902年に、横浜山手公会堂(パブリックホー
 ル)でボクシングの試合が行われた。
  そのことを時事新報は・・
  「目下横浜市山下町グランドホテル滞在中なる拳闘家
 スラヴィン氏と同市喜楽座に演芸中なる怪力家ルシフア
 ー氏との拳闘仕合は既報の如く愈々本日午後五時三十分
 より同市山手町パブリックホールに於て開会せらるゝ筈
 にて、当夜は本邦駐在英国公使マクドナル氏も見物する
 由」
.
1896年、赤痢が大流行をして、全国の死者数が22,356人と
 なる。
  志賀潔は、この翌年の1897年12月25日に、苦心して赤
 痢の病原菌を発見した。
  腸チフスが流行し、死者数が9,174人となる。
.
  (今日の言葉)
.
  題:グローバル化一辺倒は・・間違い・・
    保護主義は、保護そのものが目的ではなく、国内分業を進め、かつ、分業した国民同士の結合を強めていくことが根幹で、
    それが経済発展につながる
.
紀元前63年頃、古代ローマ時代の地理学者ストラボンが生ま
 れた。
  古代ギリシアのポリス間紛争では、敗れた側の住民で
 成年男性は殺害され、女性や子供は奴隷にされた。
  「ギリシャ」や「ローマ」の社会は、奴隷制を基盤に
 したものだった・・因みに、キリスト教の聖書の申命記
 には、これと同じことが書かれている。
  ギリシャ世界のポリスは、スパルタを除いて、奴隷の
 収奪を主要な目的にはしていなかったが・・
  奴隷交易は、デロス島が行なったことが著名であり、
 ストラボンの地理書には、1日に1万人以上を扱うことが
 出来たと記されている。
  (参考)ストラボン:古代ローマ時代のギリシア系の
     地理学者・歴史家・哲学者。
      紀元前63年頃に生まれ~紀元後23年頃に没。
      全17巻から成るギリシャ語で書かれた「地理
     書」の大著は、当時の古代ローマの人々の地理
     観・歴史観を明示している。
  そして、ヨーロッパの「古代」及び「中世」の生産様
 式に関係する土地所有は・・
  ギリシャやローマの土地所有も、また、その後の「ゲ
 ルマン的土地所有」と封建国家の土地所有など、いずれ
 も、奴隷制と農奴制の下で行われていた。
  資本主義社会にある「自由な労働」は陰も形も無かっ
 た。
  生産者である奴隷と農奴は、自身は主人によって生産
 手段の一部として所有されていた。
  その後に続く新大陸のアメリカが、長らくアフリカの
 方々を奴隷として使役し、人権を虐げたのは、このヨー
 ロッパから引き継がれていた。
  また、イギリスが何の抵抗も無く卑劣な非人道的な奴
 隷貿易を行なっていたのも、古代から続くヨーロッパの
 この様な歴史に根付き・・何の反省なく行われて来てい
 た。
  この様なことを行なわせる考え方の基本を作ったのが
 キリスト教の考え方・教義だった。
  ヨーロッパに連綿と続く奴隷と農奴の歴史、古代から
 中世、そして、アメリカの奴隷制へと続く、宗教的な固
 定的観念の下で行われていた。
     ・
     ・
1841年、ドイツ人経済学者のフリードリヒ・リストが、「
 政治経済学の国民的体系」を示し、貿易の自由化を批判
 した。
  この頃、発展していたイギリスは、「自由貿易政策」
 をとる様に、ドイツへ迫(せま)った。
  それに対するドイツの論理は、「経済的発展段階の異
 なるドイツは、自由貿易をとるべきではない」・・
  ドイツは、「国家が、経済政策のイニシアチブをとっ
 て保護貿易政策を採用すべきだ」とドイツ側の主張をは
 っきりと言った。
  産業資本家の代弁者の様なイギリスだった。
  国民が主体の政策、その国民が、ドイツの近代化をす
 るのだ・・と主張するドイツだった。
  リストは、「国際貿易で、後進工業国がイギリスに太
 刀打ちするためには、国家による干渉が必要である」と
 も言っていた。
  そしてまた、イギリスは、工業の為、農村から過剰人
 口が流出するにまかせていたが・・
  「ドイツは、イギリスの様にはなり得ないし、また、
 そうなってはならない」と、リストは言っている。
  日本の柴山桂太・京都大学准教授は・・
  「保護主義は、保護そのものが目的ではなく、国内分
 業を進め、かつ、分業した国民同士の結合を強めていく
 ことが根幹で、それが経済発展につながる」と言われて
 いる。
  (参考)フリードリヒ・リスト:1789年に、ドイツで
     生まれたリストは、幼稚産業論を主張し、スミ
     スやリカードによって主張されてきた「貿易自
     由化の議論」に異議を唱えた。
      リストが生まれた当時、ドイツの工業は、イ
     ギリスの製品が大量に輸入されたために、壊滅
     的打撃を受けた。
      そのためリストは、国家の産業を育成するた
     めに貿易自由化を規制する必要を論じた。
      「政治経済学の国民的体系」は観察、理論化、
     比較、政策提言から成り立っており、貿易自由
     化を批判した。
.
1859年、横浜が、開港され、国際貿易港となった。
  この頃の横浜には、東海道の神奈川宿がある。
  開港前からこの神奈川宿は、6000人の人口を擁するこ
 の地域の最大の人口密集地だった。
  そして、江戸湾の西岸における海運の拠点・神奈川湊
 の拠点もあった。
  この地域の経済・文化の中心地として繁栄していた。
  開港して、外国人居留地が設置され、そこの外国人が、
 この当時の横浜の様子を写真に撮った。
  その一人がロシエだった。
  ロシエの撮影した神奈川宿の最高地点・権現山から神
 奈川宿方向を眺望した代表的写真がある。
  その写真は、当時の街道沿いに整然と並ぶ家並みには
 豊かさがあり、高さが整ったその平屋の家並は、日本人
 らしい規律正しさを感じさせる。
  また、その街道も直接的で都市計画的に意識して整備
 された様な街道を思わせる。
  豊かなに、そして、それなりにしっかり施政されてい
 る様子が伺わせる。
  街道を行く旅人たちへ日陰を与えようと、並樹が植ら
 れた話しは有名いだが、滝の川の流れにも橋がかかり、
 しっかり都市整備がなされている。
  この地点の挿絵にも、少なからず船が海に浮かんで、
 豊かさを感じさせる。
  (参考)ロシエ:1829年7月16日、スイスのフリブール(
     フライブルク)州に属する村で生まれた。
      フランス語圏のスイス人。
      フルネームは、ピエール・ジョセフ・ロシエ。
      1855年10月、ロシエは、写真家としてフラン
     スとイギリスに旅たち・・
      ロンドンでネクレッティ&ザンブラ社に関係
     する。
      この会社は、イタリア人が創始したガラス機
     器メーカーで、写真業界にも進出していた。
      カメラマンを派遣して、ヨーロッパ各地を手
     始めに、エジプトなど東地中海各地の映像を収
     集し、組写真として販売し、成功していた。
      1858年、同社は、イギリスが始めた第二次ア
     ヘン戦争で注目を集めていた中国へカメラマン
     を派遣した・・
      この時に選抜されたのがロシエだった。
      彼は、広東を中心に撮影活動をしたが、フィ
     リピンや日本でも撮影を行った。
      1859年、横浜が海溝されて、江戸に公使館、
     そして、神奈川に領事館を開設しようとイギリ
     ス領事のオールコックが、軍艦サンプソン号で
     日本に来るが、ロシエもこの船に乗って日本に
     来た。
      そして、開港直後の横浜の写真を撮影し、残
     した。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  https://yumesyakai.blogspot.com/
.
  (追伸)
  公開される議論がまったく見えない中国の体制を変え
 る声をあげよう。
  (追伸)
  中国の国連での立場は「オブザーバー・レベル」にす
 るべきだ。
  (追伸)
  NHKは、CCTVへ映像を何十年も前から映像資料
 を渡している。
  例えば、一例として、国会の委員会の審議状況の映像
 のすべてを渡している
  CCTVは中国中央電視台で、中国(中華人民共和国)
 の国営放送のテレビ局。
  国営通信の新華社とともに「メディア」と言うより、
 中国共産党のための宣伝機関とされている。
  これはスパイ行為である。

2019年10月22日 (火)

(増補版)660E2/3:2/3:3/3:気になった事柄を集めた年表(1896年12月~1896年12月)

題:(増補版)660E2/3:2/3:3/3:気になった事柄を集めた年表(1896年12月~1896年12月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
 ☆真実の歴史を知ることは、国際社会をより公正なもの
  にする。
  そして、その公正な社会の達成で、人々の、また、皆
  様の、そして、人間の幸福を創造していく力ともなる。
  世界に真実を公表していく事は、真にやるべき大切な
  こと・・
  そして、総べての真実を議論してこそ民主主義が達成
  される。
 ☆過去を忘れたら「歴史」は蛮行を繰り返す。
 ☆中国と韓国は隣の国・・引っ越しの出来ない隣の国・・
  だからこそ、正しいことを言って正しい関係を作らな
  ければならない。
  卑劣なねじ曲げ発言に躊躇(ちゅうちょ)してはなら
  ない・・正しいことを教えてあげねばならない。
  また、中国・韓国は、隣国・日本の立場を理解するこ
  とにつとめなければならない。
 ☆国際社会は、中国へ民主化を強く求めなければならな
  い・・民の選択を受けない指導者たち・・民主化が達
  成できない国=中国・・
.
1896年12月9日、中央東線の笹子トンネルが着工された。
  因みに、中央本線は、公式には東京~名古屋(正確に
 は神田~代々木と新宿~塩尻~名古屋)であるが・・
  途中の塩尻駅で、JR東日本とJR東海が会社が変わる事
 もあって、塩尻駅を跨(また)いで運行されている列車
 は特急・普通共に一本も無い。
  これからJR東日本区間の中央本線は中央東線と呼ばれ
 る事がある。
  そして、この工事は、削岩機に初めて電動機が使用さ
 れ・・日本最初の水力発電によって坑内や坑外の電灯を
 点灯した。
  また、電話を設備し、電力によって空気圧搾機を運転
 し、さらに電気機関車を運転して運搬車を牽引した・・
  こうして、最新の体制で中央東線の笹子トンネル工事
 は着工された。
  長さ:4657,3メートル
  幅:4.58メートル
  煉瓦トンネル・石積坑門
  竣工:1902年10月
  上記した様に、日本人技術者による最新技術を駆使し
 た模範的最新技術の鉄道トンネル工事だった。
  当初、明治政府による東京~京都間の幹線鉄道計画は、
 東海道と中山道の2つのルートが比較検討された。
  その結果、中山道の計画が選択された。
  1871年から踏査がなされ・・
  1874年、1875年とイギリス人建築師長R・V・ボイル
 も実施調査を進めた。
  しかし、資金不足のため建設は停滞した。
  1883年、測量を着手し建設に着手すると、中部山岳地
 帯であること、および、碓氷峠が予想以上に難工事であ
 ることが判明した。
  トンネル掘削、そして、急こう配を克服しなければな
 らない「技術的課題が解決できなかった」。
  この頃、トンネル掘削は手掘りで掘られていた。
  1890年代に入ると、工部大学校や東京大学の日本人技
 術者が育って来ていた・・お雇い外国人に代わって活躍
 するようになっていた。
  1892年、鉄道敷設法が公布され、日本の鉄道建設の基
 本方針も確立した。
  また、鉄道の敷設は、経済的観点や軍事的観点からも
 その重要性は確認されていた。
  海岸線を通る東海道は、海から攻撃される弱点がある
 ため、東京から名古屋へ至る「第二の鉄道建設」が重要
 とされた。
  そして、碓氷峠はアプト式鉄道で開通した。
  そして、新たな長いトンネルとなる笹子峠を貫くトン
 ネルが計画され、検討された。
  建設費は400万円(現在の金額で230億円)と見積もら
 れた。
  これまで、鉄道庁は、トンネル掘削技術が未熟なこと
 から1600メートルを越えるトンネル工事は避けて来てい
 た。
  また、アプト方式の経費は4分の1だった。
  しかし、アプト式の欠点は、輸送力が大幅に落ちる事
 だった・・
  碓氷峠で、軍事輸送試験まで行った(東京日日新聞、
 1893年8月29日)
  この結果を受け、政府は、中央線の鉄道建設を決定し
 た。
  1896年から中央線の建設工事が始まった。
  そして、この4656メートルの最難関工事の「笹子トン
 ネル工事の成功か否か」が、日本の鉄道建設事業の成功
 の命運を決める工事となった。
  日本の将来の鉄道網の計画に深くかかわる工事となっ
 た。
  大量輸送手段を方針とした鉄道建設事業だった。
  笹子隧道建設工事は、工部大学校を卒業した古川阪次
 郎の設計と監督(監督長)のもとで進められた。
  当時としては、まったく考えられない長い距離の掘削
 だった。
  トンネルの両側から進められた掘削・・古川は積極的、
 かつ、意欲的に新しい技術を導入した。
  工事用の自家水力発電所をトンネル出口付近に建設し、
 前記したように、この電力を大いに活用した。
  電気雷管を用いた掘削も用い、初めて三角測量にトラ
 ンシットも用いた。
  硬い岩盤と湧水に妨げられ悩まされ、一昼夜の掘削進
 行がわずか30センチメートルという状況が数か月も続い
 た。
  しかし、予定工期が8年間のところを6年間で完成させ
 た。
  建設費は予定より少ない220万円であった。
  しかし、忘れてはならないことは、難工事だったこと
 もあって、この工事にあたって命を捧げた方が多かった。
  この記念碑的な難工事の笹子トンネル工事で犠牲とな
 った方々は100名を超えている。
  この工事犠牲者の方々の御冥福を祈らなければならな
 い、感謝しなければならない・・この方々の命を犠牲に
 してこの難工事は成就した。
  この命のお蔭での成功があり、今・現在の超電導リニ
 アモーターカーの日本の誇る最新鉄道技術へとつながっ
 ている。
  また、笹子の道路トンネルであるが・・
  便利さを享受しているこのトンネルで・・
  2018年12月2日、トンネル天井版が落下するという不運
 な事故が起きた・・9名の方々が亡くなられた。
  「津波の様に天井版が落下して来た」とNHKのニュ
 ースで、この事故に遭遇した方が証言していた・・
  この証言の事実から分かる様に、隣の天井版が落下す
 るとき、「その落下する天井版を支えきれず」に、その
 隣の天井版も共に落下し、そして、次々に津波の様に落
 下して行ったという事故だと分かる。
  隣の天井版が落下したからといって、津波の様に次々
 に落ちるような天井版であっては欠陥であって、これは
 問題である。
  これは、天井版を支えていたアンカーボルト、吊るし
 ていたアンカーボルトの「耐力不足」だと明らかに言え
 る(支え切れてないという事)・・
  ここに問題の根幹がある。
  一か所が落ちて、その隣も一緒に落ちるという支える
 役目のアンカーボルトの性能不足が、この性能設計が欠
 陥となっている・・この様な状況は最悪である。
  このアンカーボルト部を含む吊り下げ部の設計ミスが
 根本的な原因である。
  まず第一に、アンカーボルトを上向きに使わせたこと
 を良しとした規準が良くない・・
  今後、アンカーボルトの上向き使用はさせないように
 しなければならない。
  (この技術が生まれた当初より、上向きの使用は避け
 る様にと言われていた・・特に、振動のある部分)
  このトンネルの様な重い天井版の所に、上向きで使わ
 せたという「設計」に問題があり・・
  また、使用する環境(状況)も悪い・・この重い天井
 版が、常に、自動車の振動を受け・・この振動だけでは
 なく・・走り去る際の車の風圧の変化をも受ける・・
  この様な作用による上下動を、常に受けて、上下し、
 振動している。
  この様な作用を受け続けているアンカーボルトは・・
 重い天井版には地球の引力も常にかかり、振動と風圧変
 化の上下動の、それらの稼働によるアンカーボルトの接
 着剤(樹脂)の促進劣化が、耐力劣化・耐力低下を進ま
 せる・・その様な状況下にずーっとあった・・
  それが、経年において、アンカーボルトの耐力維持の
 限界に達して行く・・
  限界に達し、維持されず落下する・・
  これは、接着剤で止めるという工法の「アンカーボル
 ト工法」を「上向きに使って、支える機能を要求した設
 計のミスであり、罪である」。
  どんな接着剤や糊でも・・経年において劣化し、剥が
 れるものである・・それを、永久に信頼するという設計
 思想で設計し、それに振動などという促進劣化が作用し
 た・・
  促進する因子が働いていて・・そして、使われている
 向きが上向きである・・
  そして、この点検を目視検査でさせていたのもミスで
 ある。
  目視で「明日、落ちるボルトが分かるはずがない」。
  明日、引き抜け落ちるボルトが分かるのだったら、こ
 の目視での点検方法を教えてあげなくてはならない・・
 見ただけの目視検査で分かるわけはない。
  しかし、結局、この「点検作業のミス」にされた不合
 理が、この事故にはある・・可哀想に・・濡れ衣である・・
  点検作業の会社に罪が着せられてしまった・・この誤
 った判決も歴史に永久に残るだろう。
  「接着剤のぬれ」の問題もある・・
  科学が進んだとはいえ、接着剤の工法は信頼性が低い
 のだ・・樹脂はいつかは劣化し、性能は保持されなくな
 る・・
.
1896年12月9日、アルフレッド・ジャリの戯曲「ユビュ王」
 が初演された。
  アルフレッド・ジャリはフランスの小説家で劇作家。
  この日、彼の代表作の戯曲「ユビュ王」がパリのウー
 ブル座で初演された。
  ユビュ王は5幕で、悪意に満ちた卑劣なユビュ親爺について
 の演劇で、ユビュ親爺が王位を簒奪(さんだつ、本来、
 君主の地位の継承資格が無い者が、君主の地位を奪取す
 ること)してやりたい放題の限りを尽くす・・が追放さ
 れ、諸国を放浪するという不条理に満ちた物語。
  第一声が「くそったれ!」で始まり、辛辣で卑猥な台
 詞が続き、観客は騒然となる・・そして、大スキャンダ
 ルを巻き起こした。
  この作は、ジャリが15歳の時に作った、中学校の教師
 をからかった生徒たちの茶番劇「ポーランド人たち」を、
 マクベスやナポレオンなどを混ぜ合わせて作り上げた怪
 物的人物ユビュを主人公とした荒唐無稽な劇を戯曲に書
 き直したもの。
  最初はスキャンダルになったものの、その後、この作
 の全体にみられる欲望の解放や人間の愚劣さ、不条理の
 具体的表現などによって、シュールリアリストたちの受
 け入れるところとなり、賞賛を受けた。
  現代では、現代劇の先駆的地位を得ている。
  そして、ジャリは、悪趣味と退廃に満ちた生活を送っ
 て、アルコールや薬物の中毒となり、そのために結核が
 悪化し、34歳でパリに死去した。
.
1896年12月10日、大日本教育会と国家教育社が合併されて
 帝国教育会が結成された。
  全国的な教師、校長、教育行政官で構成される教育者
 団体・・教育界の中央機関。
  「我国教育社会ノ中央機関トナリ教育ノ改良及ヒ上進
 ヲ図ルコト」を目的とした。
  各種の調査部会をおいて調査活動を行い・・
  1937年には、第6回世界教育会議を主催した。
  1944年に、大日本教育会と改称し・・
  1947年、日本教職員組合(日教組)が成立した後・・
  1948年、各地方教育会と共に解散した。
.
1896年12月14日、グラスゴー地下鉄が開業した。
  ロンドン、イスタンブール、ブタペストに次ぐ世界で
 4番目に古い地下鉄。
  環状線(1周が24分)の1路線のみ・・営業区間は全線
 複線、3両編成。
  駅からの発車直後に30‰程度の下り勾配で重力を用い
 て一気に加速するようにしている。
  また、駅に着く直前は20‰程の上り勾配で減速する様
 にしていて、減速エネルギーを位置エネルギーに変えて
 消費電力を抑えるようにしている。
  ホームもこの為に弓なりになっている。
  開業当時は、サンフランシスコの様なグリップ式のケ
 ーブルカーだった。
  また、開業当初は、乗客が心身を休める様にと定員を
 座席数+4人と定め、それ以上の客が乗車することを拒ん
 でいた。
  東京の地下鉄の創業者である早川徳治は、この地下鉄
 の乗車体験から「これからの日本も『ゆとりのある生活』
 が必要だ」と考え、東京の地下鉄の構想を考えた。
.
1896年12月18日、高等教育会議規則を公布した。
  高等教育会議は、教育全般に関する日本最初の文部大
 臣の教育諮詢機関。
  松方正義内閣の蜂須賀茂韶文相の下で発足した。
  教育政策、制度の立案について広く教育界の世論を聞
 くため帝国議会の建議を入れて設置された。
  専門学校、中学校、高等女学校、その他各種の私立学
 校に関する改革や整備案も諮問された。
  帝国大学総長、直轄諸学長、教育行政官らが委員の中
 心で民間からの参加は二名だった。
  1913年6月に廃止され、代わって教育調査会が設けられ
 た。
.
1896年12月22日、第10回帝国議会が召集された。
  1896年12月25日~1897年3月24日 (通常会)
  金本位制実施のための貨幣法、貿易振興関連諸法、1億
 3000万円余の軍拡予算(歳出総額の約49%)などを成立
 させた。
  財源に窮して、首相は第11議会に地租増徴案を提出し
 ようとした。
.
  (今日の言葉)
.
  題:習近平もプーチンも、そのことは知っているだろう・・
.
911年、ハインリヒ1世が国王に選出された。
  東フランク王国で、カロリング家の国王・ルートヴィ
 ヒが死去し、その家系が途絶えると・・
  東フランクの諸侯(部族大公)は、フランケン大公の
 コンラート1世に続いて、ザクセン大公のハインリヒ1
 世を国王に選出した。
  カール大帝の時、フランク王国に征服されたザクセン
 人の中から国王が出たわけである・・が、それは、カロ
 リング家の諸王が、ノルマン人やマジャール人の侵攻に
 対処できなかったためであり、諸侯がより強力な王権を
 求めたためであった。
  933年になると、ハインリヒ1世は、その期待に応えて、
 マジャール人との戦いに勝利した。
  その子でザクセン朝第2代国王となったのがオットー
 1世であった。
  936年に、そのオットーは、バイエルンなどの有力部族
 を抑え・・
  アーヘンで、東フランク国王(ドイツ王)に即位し、
 外敵の侵入を防止して・・勢力を東方に拡大しながら、
 有力諸侯を抑え、国内統一につとめた。
  その際、教会勢力に対して、保護と同時に、統制に努
 め、聖職の叙任を通じて、教会を支配する帝国教会政策
 を推進した。
.
912年11月23日、オットー大帝が生まれた。
  ヨーロッパが、中国の歴史や文化に出会って目覚めた
 この頃・・
  また、それまでのことが・・新しい科学的知識を得て、
 その結果、「おかしい?」と疑問符を投げかけていた「
 キリスト教の諸々の論理」に、特に、「歴史的論理」に
 「決定的な否定」が与えられていた。
  その役目をしたのが中国の歴史や文化だった。
  この「決して小さくないダメージ」に、ヨーロッパは、
 打ちのめされていた。
  このダメージからヨーロッパは、立ち上がるために、
 空威張り論理を主張した。
  また、高い位置からの「上から目線」で、中国やアジ
 アを見下す態度をし始めた。
  そして、自分たちの文化を「自画自賛した」。
  しかし、そこには、ヨーロッパ中世の「キリスト教が
 災いした」消すに消せない暗い事々の悪事実があった。
  しかし、それさえも、ヨーロッパは省いた。
  さすがに、キリスト教世界に存在する「類例のない
 悪事は、表に出す事は出来なかった」。
  完全に、ヨーロッパは「中世を欠落させた」。
  進歩したヨーロッパのみの、「万歳状態」だった。
  しかし、中世を省いたとはいえ・・
  一例を言えば、ルイ14世のやった政治と言ったって、
 また、その社会と言ったって、そんなに進歩していると
 は「到底、言えるものではなかった。
  アジアの中国から伝えられる史実は素晴らしかった・・
  中国は、すでに、遠い昔に漢字が発明され、情報社会
 になっていて、また、情報や知識が積み重ねられる発達
 した社会となっていた。
  ヨーロッパがする様な卑下には無理があった。
  農耕文化も発達し、豊かであった。
  文盲ばかりのヨーロッパとは違っていた。
  神聖ローマ帝国のオットー大帝だって、ようやく30代
 の人生の後半になって、ラテン語の文字を習ったという
 状況だった。
  ヨーロッパ貴族でさえ、その大部分が、文字を読める
 状態ではなかった。
  ヨーロッパは、知識の衰退さえ起きるという劣悪な社
 会状況だった。
  (参考)オットー大帝:オットー1世、ドイツ、ザクセ
     ン朝の王(在位:936年~973年)。
      ハインリヒ1世の子で大帝と称される。
      父の後をうけて王朝の基礎を確立し、ドイツ
     の国家統一を強力に推進した。
      962年、教皇ヨハネス12世から帝冠を受け神聖
     ローマ帝国を創始した。
      早くからノルマン、マジャールなど外敵を討
     ち(レヒフェルトの戦)、国家統一強化も強力
     に推進する。
      この頃のドイツは、ザクセン、フランケン、
     ロートリンゲン、シュワーベン、バイエルンの
     自立性の強い諸部族大公領から成っていた。
      オットーは、これを抑え、国内諸部族の分立
     を克服するため、当初は一族の近縁者を配置し
     た・・
      ・・が、後に、帝国教会政策に転換した。
      形骸化して消滅したローマ皇帝の称号を約40
     年ぶりに復活させて、国制を確立させ、神聖ロ
     ーマ帝国の初代皇帝とも言われる。
      ローマ教皇の援助要請によるローマ遠征は、
     ドイツ王権と神聖ローマ皇帝権との結合を生ん
     だが、やがて、皇帝対教皇の衝突の遠因ともな
     った(イタリア政策)。
      彼の教会政策、ビザンティン文化との交流に
     より古典的学芸の復活が興り、オットー朝ルネ
     サンスといわれる時代が始まった。
  (参考)オットー1世は、国内の有力諸侯を抑えるた
     めに、キリスト教ローマ=カトリック教会を利
     用した。
      以前から、ゲルマン社会では、教会を創建し
     た有力者の私有物と見るのが一般的であったが、
      オットー1世は、その習慣を拡大し、帝国内
     の教会は、皇帝の保護を受けるとともに、皇帝
     に服するものであるとして、司教以下の聖職者
     に自らの一族を任命して、その統制に当たった。
      これらの聖職者は、同時に、帝国の官僚とし
     ても活動し、教区内の農民は皇帝軍の兵士とし
     て徴用された・・この政策を帝国教会政策とい
     う。
     そのねらいは、教会支配を通じて諸侯の力を抑
     え、皇帝権力を強めることにあった。
      また、国家行政の主要な部分を聖職者に委ね
     たが、それによって役職者の世襲化を防ぎ(聖
     職者は妻帯できなかったので)、ラテン語を読
     み書きでき文書を扱うのになれていた聖職者を
     使うことで行政の能率が上がり、全国的な均質
     な行政が可能になるなどの利点があった。
.
955年、レヒフェルトの戦い
  ドイツのバイエルン州の南西部にあるアウグルブルク
 近郊で、オットー1世が、東方から侵入したマジャール人
 を破り、さらに、周辺のスラヴ人に対して軍事植民を行
 い、征服活動と共にキリスト教の布教に努めた。
.
961年、オットー1世がローマへ遠征し、北イタリアで教皇
 領を脅かしていたベレンガリオ2世を倒し・・
  イタリア王位継承権を持つロターリオ2世の未亡人ア
 デライーデと951年、結婚し、パヴィアにおいてランゴバ
 ルド・イタリア王を名乗った。
.
962年2月2日、オットー1世が、ローマにおいてヨハネス12
 世・教皇から皇帝の称号と冠を授けられた。
  オットー1世・・東フランク王国ザクセン朝の王・・マ
 ジャール人を撃退・・イタリアに遠征して、962年、戴冠
 しローマ皇帝となる・・後に、神聖ローマ皇帝初代とさ
 れる。
  「神聖ローマ帝国」の国号が使われ出したのは200年後
 の13世紀。
.
968年、オットー1世は、かねてよりの悲願であったマクデ
 ブルク大司教座の設立に着手した。
  そして、これによってマクデブルクは、ハルバーシュ
 タット司教区から独立して大司教区となった。
  そして、ハーフェンブルク・ブランデンブルク・マイ
 セン・メルゼブルク・ツァイツがその属司教区となった。
.
11世紀、オットー1世以降の神聖ローマ帝国は、ドイツ皇
 帝が継承することとなり、それによって神聖ローマ皇帝
 は、ローマ教皇に対して優位に立っていた。
  しかし、11世紀ローマ教皇側の反撃が始まって、聖職
 叙任権闘争となり・・
  1122年、ヴォルムス協約で妥協(皇帝側の)が成立し
 て終結した。
     ・
     ・
18世紀に、中国に入ったフランスのキリスト教イエズス会
 の宣教師たちは、ヨーロッパへ種々の情報を報告した。
  その内容にヨーロッパ人たちは驚いた。
  中国は、清の全盛期だった。
  そして、清の歴史の古さや見事さにびっくりする。
  また、政治制度の見事さや産物の豊かさにびっくりす
 る。
  次々と報告がなされた。
  アメリカ大陸の先住民に対しては、自らの「文明」を
 誇ることが出来たヨーロッパ人だったが、中国の文明に
 対しては、ヨーロッパの文明の独自性や優越性を主張し
 ようとしても、その根拠を持つことは容易ではなかった。
  むしろ最初は、中国文明に圧倒された。
.
1766年、ドイツの大学で、初めてゲッティンゲン大学に「
 歴史学研究室」が設置された。
  そして、アカデミズムの世界で、歴史学が独立した学
 問と認知された。
  因みに、このゲッティンゲン大学は、1737年に設立さ
 れている。
  そして、この歴史学で、使用する年号体系に苦労をし
 た。
  三度もあれだこれだと変えられた。
  ヘブライ人の年号計算だとか・・
  ギリシャ人の年号計算だとか・・と・・
  しかし、教科書が食い違ったり、その迷う不利益も分
 かっていた。
  そして、次の様な言葉も残っている・・
  「キリスト教の天地創造から行なう笑止で不正確な算
 定も、完全に廃棄することはできる」と宣言さえされた。
  そして、ペルシャのキュロス大王まで遡(さかのぼ)
 ることにした。
  しかし、揺れ動く中で、ただの中性的・数学的年号と
 して捉えた「イエス紀元」が使われることになった(宗
 教的意味合いから使われているのではない)
  ここで、完全にキリスト教的意味合いは否定され、
 キリスト教普遍史の意味合いもまったく無くなっていた。
.
1781年11月29、ゾング号事件
  事件は、この日から起きた・・
  イギリスは、初めから終わりまで、アフリカの方々を
 奴隷としてアメリカへ運び続けた国。
  イギリスは、初めから終わりまで奴隷貿易をした国。
  そのアフリカの方々を、奴隷として買い続けたのがア
 メリカ。
  この事件は、この時に起きた・・
  生きたまま奴隷を海に投げ込めば保険が出ると、奴隷
 を海に投げ捨てた事件だった・・卑劣にもこの様な事を
 した・・
  1781年、イギリスの奴隷船ゾング号の船員が、アフリ
 カ人奴隷を、船から海に落として死亡させた。
  この事件で奴隷の方々の合計132人が死亡した。
  奴隷は、当初、442人が乗っていた・・約30%の奴隷を
 海に投げ捨てた。
  ゾング号が運んでいた奴隷には保険がかけられており、
 ゾング号の所有者は保険金の支払いを求めて裁判を起こ
 した。
  ゾング号側は・・水不足が原因で、奴隷の全滅を防ぐ
 ために衰弱した奴隷から「投荷」を行い、処分したのだ
 と主張した・・
  ・・が、最終的に、水不足については船員の過失が原
 因だと判断されゾング号側が敗訴した。
  だが、船員が殺人罪に問われることはなかった。
  (参考)投荷:なげに、航行が困難になったとき、積
     荷を海中に投げ捨てて船の重量を軽くすること。
  イギリスで非人道的な奴隷貿易が廃止されるのが、1788
 年で、奴隷貿易を規制する初の法律(ドルベン法)が、
 この年になって、やっと制定された。
  因みに、この事件の一審では、奴隷を海に捨てる行為
 自体は、「馬を海に捨てることと変わらない」として問
 題視されなかった。
  問題点は、「投荷」を行う必然性が争点となった・・
 が当初はゾング号側が勝訴した。
  しかし、上告審で、この投荷の行為が、大雨が降って
 水が手に入った後も、ゾング号は投荷をしていたことが
 判明し、ゾング号が主張していた「水不足で、奴隷の全
 滅を防ぐために投荷をした」という主張が崩れた。
  キリスト教の有色人種蔑視観の洗脳が、この様な非人
 道的行為をさせていた。
.
1806年、神聖ローマ帝国が、ついに滅亡した。
  そして、続いてイエナ・アウエルシュテットノ戦いで
 プロイセンも敗れた。
  ドイツは、この後、ナポレオンに支配される。
  ドイツは、この時代を「外国人支配の時代」と自嘲的
 に呼ぶ。
  この様な屈辱的な時代に居たのがグリム兄弟だった。
  この様な人々が、積極的に政治に関与して行った・・
  そして、ナショナリズムを唱え始める。
  民族を一つの有機体ととらえ、フランス人とも異なる
 ドイツ人の民族的個性を自覚させた。
  1812年に発行された「グリム童話集」の初版は、民族
 としてのドイツ人の魂の源を民話に求め、民族的な魂の
 覚醒を通じてドイツ人を奮起させようと編まれた。
.
1839年6月28日、アミスタッド号事件
  スペインの奴隷輸送船・アミスタッド号の航海は・・
  1839年6月28日、スペイン植民地であったキューバのハ
 バナから始まった。
  船には、奴隷として購入されたとされた53人のアフリ
 カ人が乗っていた。
  船は、キューバのプエルト・プリンチペ(カマグエイ
 州)に向かっていたが・・
  1839年7月2日、アフリカ人の一人が自らの鎖を解くこ
 とに成功した。
  そして、仲間の鎖も解いた。
  彼等は、船のコック(アフリカ人たちを脅していた)
 と船長を殺害した。
  戦闘中に2人のアフリカ人も命を失い、また、2人の船
 員が逃走した。
  アフリカ人たちは、偽造書類上、奴隷たちの所有者と
 なっていたホセ・ルイスとペドロ・モンテスの2人につい
 ては、彼等が船をアフリカに向かわせると信じて殺さず、
  また、船長が、個人的に所有していた奴隷についても
 命を奪わなかった。
  しかし、舵を握ったルイスたちは、アフリカ人たちを
 だまし、アミスタッド号をアメリカ合衆国海岸沿いに北
 へ航行させた。
  アミスタッド号は、沿岸でしばしば目撃され・・
  1839年8月26日、ロングアイランドの半マイル沖に投錨
 し、数名のアフリカ人たちが、水や物資を確保するため
 に上陸した際に、アメリカ海軍ブリッグ艦ワシントン号
 により発見され、司令官のゲドニー大尉の命令で、ワシ
 ントン号乗員は、アミスタッド号及び奴隷たちを拘留し、
 コネチカット州へ連行した。
  大尉は、そこで海事法に基づいて、船体、積荷、及び、
 アフリカ人たちの海難救助報告書を提出した(この行為
 は、文書誹毀罪に相当)
  伝えられるところによれば、ゲドニー大尉は、コネチ
 カット州では奴隷所有が合法であったために、コネチカ
 ット州に上陸し、奴隷たちから利益を得ようとしていた。
  (参考)誹毀罪:ひきざい、旧刑法上の罪名で、現在
     の名誉毀損罪に相当。
.
1877年代、日本の修学旅行が、師範学校などで始まった。
  最初は、「長途遠足」と言っていた。
  1887年に、「大日本教育会雑誌」に「修学旅行」の文
 言が登場した。
  修学旅行は、「定期ノ休業中ニ於(オイ)テ一ヶ年六十
 日以内」で行なう事が定められた。
  師範学校で修学旅行が公式化した。
  因みに、この規定は、全国一律の規定で、中には、「
 ヘビ部門ハ、マムシトアオダイショウ、昆虫デハタマム
 シナドノ標本ヲ確保セヨ」と具体的に規定していて、細
 かい。
.
1918年11月11日、第一次世界大戦が終わる。
  第一次世界大戦が終わった後・・イギリスは疲れ切っ
 た・・、
  イギリスは、「疲れ切った覇権国」となってしまった。
  世界大戦で・・巨額の借金を抱えた。
  イギリス財政は、恒常的な危機状態となった。
  また、イギリスは、多数の優秀な若者も失っていた。
  経済面でも、そして、人材面でも、イギリスは・・、
 「終わってしまった帝国」となった。
  そして、今・現在、21世紀・・、
  アメリカも、21世紀のアメリカも「疲れ切った覇権国」
 となって来ている。
  過去の戦乱の「陰の中にあるアメリカ」となっている。
  アメリカは、1980年代後半に、世界一の債権国となっ
 ていた。
  しかし・・1990年代のクリントン政権末期には、国民
 の平均貯蓄率が0%となり・・
  最近の十数年のアメリカは、毎年、世界経済の純貯蓄
 額の8割を借りるという、驚くべき金を借りる国となって
 いる・・借りねばならないという国に落ちぶれている。
  自国の財政赤字・経常赤字を・・借金で・・金を借り
 るということで・・補てんしている。
  (その金を貸しているのが日本・・この先、返してく
 れるかどうかわからない金を貸している)
  ブッシュ大統領(子)の時の2007年~2008年に発覚し
 た・・アメリカの嘘(ペテン)・・アメリカの「不良
 金融資産の大量販売」は・・自国の過少貯蓄・過剰消費
 構造を、ごまかすための金融トリックだった。
  キリスト教の強い信仰を持ったこの大統領(ブッシュ・
 子)も、やはり、キリスト教の嘘つき体質に染まってい
 た・・また、何でも武力で事を収めるキリスト教体質を
 現わしていた(イラク戦争など)
  この金融トリックで、大損した日本の会社、そして、
 個人も多く、そして、悲惨だった。
  (この大きな損は・・逆に、アメリカの利益となって、
 アメリカへ大金が流れ込んだ・・こんなことまでするア
 メリカだった)
  こんなことで、世界を誤魔化してまでして、アメリカ
 は金を集めた。
  現在のアメリカ経済の実質規模は、世界経済の2割を切
 るまで低落している・・持続的下降状況・・
  ところが、「世界一の借金しているにもかかわらず」
 アメリカは、自国の軍事的な覇権を維新するために、軍
 事予算だけは、世界全体の軍事支出の「5割~6割」も使
 っている・・それを真似しているのが、今の中国・・
  また、アメリカの中央銀行(連邦準備制度)は、実質
 的な資産の裏付けのないペーパー・マネー(米ドル札)
 を、異常な状態で・・何兆ドルも増刷し、国際通貨市場
 に流入させている・・これも中国は真似をして人民元を
 刷りまくっている・・
  紙に刷って、世界に支払えば・・事が済むという立場
 にアメリカは居るから(世界の基軸通貨の発行国)・・
 その様な裏付けのない・無責任な紙幣印刷をしている。
  アメリカの無責任なマクロ経済政策となっている。
  いつまでも続くわけのない状況にある・・今は、中国
 が一緒になってやっている・・
  つじつまが合わなくても、嘘で塗り固めてやって行っ
 ている。
.
1946年5月3日、「東京裁判は嘘だらけだ」と、東京裁判の
 嘘も暴(あば)いた本「マオ」・・
  本「マオ」は、2005年に出版されたが、豊富な史料や
 証拠で、戦前・戦中の日中関係や、日ソ関係、特に、戦
 争責任問題にかかわってくる歴史的出来事について、
  「東京裁判」の史観的な理解を「覆(くつがえ)すよ
 うな記述がいくつも出て来る」。
  東京裁判の「事実認定が、完全に覆(くつがえ)され
 る」。
  「東京裁判が誤っている、間違っていると証明してい
 る」。
  裁判結果が、判決が、覆(くつがえ)ることになる。
  今・現在だったら「再審」もの・・
  よく新聞をにぎわす「再審無罪」と同じ・・
  逆に言えば、法律まで後から作って・・日本人(併合
 していた朝鮮の方々も含めて)を罪を作って貶(おとし)
 めた悪行為の裁判が明らかになっている。
  法律を後から作ったのも悪だが、「事実認定まで誤魔
 化していた」という卑劣な作られた裁判だった。
  秘密文書が公開されて、真実が明らかになると、アメ
 リカの「連合国側の嘘」が明らかになる状況となった。
  日本側の主張が証明された・・
  また、中国共産政権の悪行為の実像が明らかになって
 いる。
  これまで歴史を動かしてきたのは「政治情勢」や「経
 済力」「軍事力」「科学技術」と言われて来た、
  しかし、それにも勝(まさ)るとも劣らないものに「
 インテリジェンス」「諜報活動」が、つくづく大きいと
 感じさせた。
  日本は、この点が弱いと言われている・・
  何しろ過去の日本も、アメリカや中国共産党政権、そ
 して、ソ連共産党政権・コミンテルン組織に「牛耳られ、
 繰られていた」。
  特に、アメリカ・ルーズベルトは「策士」だった。
  この策士を策する組織があった・・
  20世紀の国際関係史で、「今までのものの信用度」は
 大きく低下している。
  20世紀の国際関係史は、根本的に再検討されなければ
 ならない状況にある・・
.
1952年、戦争犯罪人とされた人々の名誉回復がなされた。
  昭和27年のサンフランシスコ講和条約発効の後、国会
 で社会党議員も賛成して・・全会一致で名誉回復が行わ
 れた。
  東條大将以下の刑死した戦争犯罪人は、「法務死」と
 して扱われた・・
  犯罪人に対する刑死の扱いとはなっていない・・
  したがって「靖国神社にA級戦犯が祀られている云々」
 の論理は誤り・・
  また、「日本は極東国際軍事裁判(東京裁判)を受け入
 れているから、A級戦犯はあくまでもA級戦犯だ」と言
 う意見がある・・
  ・・が、ここで云うところの「裁判」すなわち原文の
 「ジャッジメント」は「判決」と訳すの正当・・
  つまり、日本は「東京裁判を受け入れた(認めた)」の
 ではなく、「東京裁判の判決を受け入れた」と解釈する・・
  これが、正しい考え方・・
  戦犯の名誉は回復されて・・前科者ではない・・
  東京裁判でA級戦犯であった重光葵氏は、その後も政界
 に復帰した・・また、国際外交で活躍した・・
  A級戦犯の名誉が回復された、国際社会もそれを認めた
 という証拠・・
.
1950年代末まで、日本に残された戦争花嫁
  戦後すぐから、1950年代末までに、4万人を越し、5万
 人ともと言われている女性方・・
  日本女性が一番多い状況だった・・
  アメリカ兵と日本人女性との婚姻は、卑劣にもアメリ
 カの移民法によって「認められていなかった」・・
  基本的人権を侵すアメリカだった・・有色人種(日本)
 への蔑視観も関係した・・
  1946年6月29日、アメリカ軍人婚約者法(G.I. Fiancees
  Act)、通称:GI婚約者法が施行された。
  しかし、喜んだのもつかの間、結婚しても日本人妻は
 アメリカ法によって「入国できなかった」。
  1947年7月に、日本人戦争花嫁法が制定され、日本人妻、
 子供の入国が出来るようになったというが・・まだまだ、
 壁があった。
  1952年に、移民国籍法(すべての人種に帰化権を申請
 する資格を認めた法律)が制定されるまで、アメリカは、
 日本人を含むアジア人や有色人種に対して冷たかった。
  (参考)1882年、アメリカで、中国人排斥法が制定さ
    れた。
     強制収容や国外追放の処罰を課すことで、中国
    人労働者の移民を一時的に停止させた。
     この後、日本人がターゲットにされた。
     1915年、連邦最高裁判所が、日系移民の市民権
    資格がないとした。
     また、帰化申請も認めないとした。
     1917年、アジア地域の移民禁止地域を設けて、
    アジアからの移民を制限した。
     (全てのアジア系移民はアメリカ入国を禁止)
     1922年、ケーブル法で、日本を含むアジア系移
    民と結婚したアメリカ女性は、市民権剥奪とした。
     1923年、インド人もターゲットにされた。
     今、2019年、国連は、SDGsの活動をしてい
    るが、この様な歴史の反省もさせなさい・・そし
    て、国連の記憶遺産に登録させなさい・・
  日本の戦争花嫁となった女性:その方々は、進駐して
 来たアメリカ兵の妻となったが・・、
  そして、家庭が築かれ、子供が生まれる方々もいたが・・、
  しかし、その夫・父の多くが・・アメリカ兵として、
 アメリカへ帰国していく時に、妻と子は、日本に置き去
 りにされた。
  軍の命令によるアメリカへの帰国だった・・、
  家庭が破綻(はたん)しての帰国ではない・・
  家庭は、それなりの愛のある家庭だったが・・、
  そして、やむなく・・残された日本人女性の方々は、
 アメリカへ手紙を書いた・・連絡を取る努力をした。
  その時、アメリカへの・・その手紙の書けない、その
 女性の方々の味方となったのが、渋谷の「恋文横丁」の
 英語文の書ける人々だった。
  可哀想な置いてきぼりの彼女たちの味方となって・・
 アメリカ兵士へ連絡文・恋文を代理で書いていた。
  その内の何通が? 誠実な返信を貰った事だろう・・
.
1962年10月22日、キューバ危機
  キューバにソ連軍のミサイル基地が建設中であること
 が発見され・・それに抗議して、1962年10月22日以降、
 アメリカが、183隻の戦艦などの艦艇と、1190機の戦闘機
 などの軍用機でキューバを海上封鎖した。
  アメリカ大統領のJ.F.ケネディは、キューバから攻撃
 があった場合には、ソ連によるものとみなして報復する
 とした。
  1959年1月のカストロのキューバ革命以来、
  1961年1月、キューバとアメリカ両国の断交、
  1961年4月、ケネディ政権による反カストロ分子のキュ
   ーバ侵攻の援助・・
  1962年1月、アメリカが米州機構からキューバを除名し、
 食糧や医薬品以外の全面禁輸などにより、政治的・経済
 的なキューバ孤立化をはかったりした・・など両国の関
 係は悪化していた。
  ソ連は、これに対して、キューバへの支援を強化した・・
 ミサイル基地建設もその一環であった。
  水面下の交渉をへて、10月28日に、ソ連のフルシチョ
 フ書記長がミサイル撤去を約束した・・
  海上封鎖は解除された・・核戦争の直前だった・・
  米ソの核戦争の脅威が現実に近づいた一瞬として、冷
 戦時代の軍事的緊張を象徴する事件となった・・
  しかし、危機後、米ソは急速に接近し・・
  1963年に、米ソ直通電話(ホット・ライン)がつくら
 れ、部分的核実験停止条約が成立するなど、米ソの平和
 共存と雪解けムードが生まれた。
.
1962年、ノースウッズ作戦
  この作戦は、キューバのカストロ政権を転覆させるた
 め・・アメリカが秘密裏に計画した偽装工作・・
  反カストロ工作として計画され、テロリストに見せか
 けた攻撃をアメリカ国内で起こすことによって、アメリ
 カ国民の対キューバ感情を悪化させ、内外の世論をキュ
 ーバ攻撃の容認へと向かわせることを目的としていた(
 実行されず)
  その一つが、ケネディ大統領のキューバの「ソ連核ミ
 サイル基地」の構築を止めさせるため、キューバ攻撃の
 口実を作るため、キューバ人に扮した工作員が航空機を
 ハイジャックし、多発テロを起こす隠密作戦をアメリカ
 の統合参謀本部は、本気で実行しようとしていた。
  1997年、計画を記した文書は、それまで機密扱いであ
 った・・が・・
  ケネディ大統領暗殺事件に関する記録を調査する委員
 会によって一般に知られるところとなった。
.
2017年9月7日、北朝鮮が・・水爆を開発した。
  そして、「貴方たちが北朝鮮を攻撃し、全滅させよう
 とするなら、貴方たちも全滅します」と・・
  また、「世界のすべてが絶滅する状況になる!」と・・
  そのキーワードに「電磁パルス(EPM)」がある。
  電磁パルスは、「放射線の一種のガンマ線が宇宙空間
 から地表に降り注ぐことで、大気中の窒素や酸素の分子
 から電子が飛び出して生じる電磁波で・・
  落雷で、電子機器が故障するのと同様に、強烈な電磁
 パルスは、電気を通すケーブル内部に強い電流を発生さ
 せる・・このことで、電子機器をショートさせ、破壊す
 る」。
  北朝鮮は、例えば、上空135キロメートルで、10キロト
 ンの核爆発を起こしたとしたら、半契約1300㎞、直径2600
 ㎞の超広大な範囲にその現象を起こさせる事ができる・・
  そうばれば、その範囲の人々は生きていけない・・
  死の状態に至る・・その様な行為が出来る・・と・・
  以下は、その事を伝えるこの日の読売新聞・・(抜粋)
  北朝鮮が3日、金正恩朝鮮労働党委員長による水素爆弾
 の視察を伝える声明で・・
  「高空で爆発させて広大な地域に対する超強力な電磁
 パルス(EMP)攻撃をできる熱核弾頭だ」と主張した・・
  そして、初めてEMP弾の開発に言及した。
  都市機能を壊滅させるだけでなく、国防システムも麻
 痺させかねない新たな脅威の懸念となった。
  「1回の爆発で、数千キロメートルに及ぶ電力と通信網
 を破壊する」。
  CNNテレビ(アメリカのテレビ局)は3日、北朝鮮が
 EMP攻撃能力を獲得したと宣言したことを受け、米エ
 ネルギー省が1月に公表した報告書を引用し、警鐘を鳴ら
 した。
  EMP弾は、最高400㎞程度の高高度での核爆発によっ
 て生じる電磁パルスにより、人を直接殺傷せずに電気、
 通信、交通など社会インフラ全体を壊滅させる核攻撃・・
  たった一発で、甚大な被害を与え、高度に電化された
 先進国ほど影響を受けやすい。
  2004年に、米議会に提出された専門家委員会の報告書
 によると、米国全土で社会インフラが崩壊し、復旧に数
 年を要した場合、食糧や燃料、医薬品などの物資の不足
 と衛生状態の悪化が起こると指摘・・
  深刻な疫病と飢餓が生じる結果として「1年後には、米
 国人の90%が死亡」という衝撃的な結末を予測した。
  実際、米国が、1962年7月、太平洋上の高度400㎞でT
 NT火薬換算1400キロ・トンの核弾頭を起爆させる高高
 度核実験を行ったところ・・
  1300㎞以上離れたハワイ諸島で停電や電話局のシステ
 ム故障、警報機の誤動作などが起きた。
  予想以上の効果に、米露をはじめ各国でEPM弾の開
 発が始まった。
  ジェームズ・ウルジー元米中央情報局(CIA)長官
 は、米紙への寄稿で、北朝鮮がEMP開発のためロシア
 技術者を採用したと、ロシア軍幹部が、2004年に述べた
 と明らかにしている。
  北朝鮮は、今回の核実験後、EMP弾の威力を誇示。
  朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は4日、技術エリートを
 養成する金策工業総合大のキム・ソンウォン学部長が、
 「核兵器が30~100㎞の高さで爆発すると強い電磁波によ
 り通信施設と電気系統が破壊される」と解説する記事を
 載せた。
  EMP弾は、核弾頭が大気圏に再突入する前に爆発し
 ても威力を発揮する。
  北朝鮮は、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の最後の
 関門である再突入技術を実証していない。
  北朝鮮が、ここへ来て、EMP能力獲得を主張し始め
 たのは、「再突入技術が確立してなくても、甚大な被害
 を及ぼす攻撃が出来ると言いたいのだろう」と防衛省関
 係者は分析する・・(中略)・・
  爆発し、発生した電磁波の侵入を防ぐには「究極的に
 は鉄の塊で囲った上で、内部で自家発電するしかない」
 が「すべての装備に対策を施すのは財政的にも不可能」・・
  電子機器が破壊され、戦闘機も機能しなくなり、戦車
 も動けなくなり・・レーダーも破壊され・・ミサイル迎
 撃も難しくなり・・ハイテク化した軍は機能しなくなり・・
  (相手の都市攻撃をしなくても・・少ない核兵器数で、
 地球上のすべての場所の、蓄積して来た文明・都市機能
 のすべてが失われる・・)
  (これは、せっせと軍拡投資している中国も、アメリ
 カも含めロシアも・・地球上のすべてのものが、その様
 な状態となる・・)
  (習近平もプーチンも、そのことは知っているだろう)
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  https://yumesyakai.blogspot.com/

2019年10月15日 (火)

(増補版)659E2/3:2/3:3/3:気になった事柄を集めた年表(1896年11月~1896年12月)

題:(増補版)659E2/3:2/3:3/3:気になった事柄を集めた年表(1896年11月~1896年12月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
 ☆真実の歴史を知ることは、国際社会をより公正なもの
  にする。
  そして、その公正な社会の達成で、人々の、また、皆
  様の、そして、人間の幸福を創造していく力ともなる。
  世界に真実を公表していく事は、真にやるべき大切な
  こと・・
  そして、総べての真実を議論してこそ民主主義が達成
  される。
 ☆過去を忘れたら「歴史」は蛮行を繰り返す。
 ☆中国と韓国は隣の国・・引っ越しの出来ない隣の国・・
  だからこそ、正しいことを言って正しい関係を作らな
  ければならない。
  卑劣なねじ曲げ発言に躊躇(ちゅうちょ)してはなら
  ない・・あくまでも、正しいことを教えてあげねばな
  らない!
  また、中国・韓国は、隣国・日本の立場を理解するこ
  とにつとめなければならない。
 ☆国際社会は、中国へ民主化を強く求めなければならな
  い・・民の選択を受けない指導者たち・・民主化が達
  成できない国=中国・・
.
1896年11月21日、九州鉄道の松橋駅~八代駅間が開通し、
 門司駅~八代駅間が全通した。
  九州鉄道は・・
  1888年に、設立された私鉄。
  1887年、松田和七郎、藤金作、伊丹文右エ門、渋谷清
   六、白木為直、嘉悦氏房の6名が、会社設立発起者
   総代となって、福岡・熊本・佐賀の県令へ呼びかけ
   て創立された。
  1888年、翌年、政府から設立が認可された。
   初代社長:高橋新吉が就任した。
  1889年に、初めての路線が開通する。
   これは、博多駅~千歳川仮停車場間で、後に、鹿児
   島本線の一部となる。
  1907年7月1日、国有化される。
.
1896年11月23日、樋口一葉が、肺結核で亡くなった(24歳)
  非常に惜しい才能だった。
  樋口一葉は、一瞬の素晴らしい輝きを発した女性であ
 った・・しかし、惜しくも24歳という若さで亡くなった。
  日本には、世界で最初に長編小説を書いた偉人の紫式
 部(生誕は970年頃)も居るが、この人も女性である。
  古い昔から男女平等だった日本で、高度な教育を受け、
 高貴な教養を身に付けていた女性だった。
  日本は昔から女性に優しい国だった。
  この樋口一葉も小説家で、東京に生まれ・・中島歌子
 に歌や古典を学び、また、半井桃水に小説を学んだ。
  生活に苦しみながらも、秀作の「たけくらべ」「にご
 りえ」「十三夜」などといった作品を瞬く間に発表し、
 秀でた才能を輝かせた・・文壇からは絶賛された。
  しかし、わずか1年半の間にこれらの作品を世に出した
 が、24歳6ヶ月の若さで没した。
  没後に発表された「一葉日記」も高い評価を受けた。
  西洋では卑劣な女性差別がなされていたこの時代だっ
 た・・一例を挙げれば、イギリスでは「女性画家の絵は
 美術館で展示しない、拒否することをしていた」。
  今でも、国連でSDGsで「男女平等」が叫ばれてい
 るが、今でもこの様な運動をしなければならない男女差
 別が残る世界である。
.
1896年11月25日、神戸で、日本初の映画の一般公開が開始
 された。
  相生町の鉄砲火薬商の高橋信治が、神戸花隈の神港倶
 楽部で上映した。
  「米国大博士エジソン氏新発明電気作用写真活動機械
 キネトスコープ」を輸入し、上映した。
  スクリーンに映写されるタイプではなく、1人ずつ覗
 き込んで見るタイプだった。
  1896年11月25日から12月1日まで開催した。
  日本の映画の日が、12月28日から12月1日に変更された
 のは、この日付に因むためと言われる。
  ちなみに、フランスのリュミエール兄弟が発明したス
 クリーン式の「シネマトグラフ」は、1897年、大阪の南
 地演舞場や、京都で披露されている。
.
1896年11月28日、朝鮮の旧臣らが、李氏朝鮮の第26代王の
 高宗に還宮請願計画(未遂)(11月21日説あり)
  高宗が、策略の言葉にだまされて、ロシア公使館に軟
 禁されてしまったが(露館播遷、1896年2月11日、親露派
 のクーデターと言える・・この時、開化派は暗殺され一
 掃されてしまった)・・
  そして、この様な状況となり、朝鮮は国としての自主
 性を持てない状態となった(ロシアは、この機会に種々
 の利権を獲得する行為をして行く・・また、欧米も尻馬
 に乗って利権獲得に走る)
  この様に朝鮮国王がロシア公使館に居るという不正常
 な状態を終わらせようとする試みが、朝鮮の旧臣らから
 なされた。
  李範晋・李学均・李允用・李完用らは、高宗を奪い
 金弘集総理らを殺害しようとした反クーデターを計画し
 た(露館播遷のクーデターに対するクーデター)
  しかし、親衛隊大隊長の李軫鎬の内通によって、失敗
 に終わった。
.
1896年11月、東海道本線の旧線上にあった深谷駅~長浜間
 の運転が休止され、深谷駅が閉鎖された。
  経緯・・
  1883年5月1日、関ケ原駅~深谷駅~長浜駅間が開業し
   た。
    この時の東海道線は、関が原から長浜に向かって
   運行していた・・深谷駅はその路線上にあった。
  1889年7月1日、この旧東海道線が途中から分岐して、
   長岡(現:近江長岡)から米原を経由して馬場(現:
   膳所)に至る延長線が開業した。
  1891年1月12日、分岐点に貨物駅として深谷駅が開業し
   た。
    そして、深谷駅~長浜駅間が貨物線として運行が
   再開された。
    しかし、関が原駅~深谷駅間は急勾配が連続し、
   かつ、冬季の積雪も多いという難所だった・・
   そのため深谷駅は、1896年11月に閉鎖された・・
  1899年10月15日、関が原駅~柏原駅~長岡駅間の勾配
   を緩和した新線が建設され、本線が変更された・・
   その関ヶ原駅~柏原駅~長岡駅間の新線が開業した。
.
1896年11月、函館商業会議所の会頭・平出喜三郎が、北海
 道庁長官を通じて函館駅~小樽駅間の鉄道を至急に建設
 してもらいたいと建議した。
  今、政府は、この逆の、北海道の路線を、採算が合わ
 ないと「どんどん廃止している」が、これでは、北海道
 がどんどんじり貧となり寂(さび)れるばかりになると
 いう政策である。
  経済的収支よりも、この時の様に、国土建設の視点を
 持たなければならない・・明治政府より劣った政策を進
 めているという状況にある・・
.
1896年11月、鉄道の広軌道論争
  鉄道の線路幅を広げるべきだという「広軌改築論」が
 盛んに論議された。
  東京商業会議所が、逓信大臣に対し・・
  「政府ハ此際軌道調査会議ナルモノヲ設置シ朝野ノ学
 識経験ニ富ム者ヲ選抜シテ委員ヲ組織シ此等委員ヲシテ
 充分軌道ノ得失ヲ調査セシメ我国今日ノ鉄道ニ対シ広軌
 道ノ制ヲ施行スルノ方法確立スルニ於テハ速ニ之ヲ決行
 セフレンコトヲ望ム」と建議した。
  輸送力の拡張には、車輛の増加、停車場の増置、複線
 の敷設なども考えられるが・・
  これらの方法では、「充分運搬力ヲ強大ナラシムルノ
 効果」をもたらすことができるかどうかという懸念があ
 る。
  鉄道機関の「一大改良」をはかるためには、「現行狭
 軌道ノ制ヲ廃シテ広軌道ノ制ヲ採用スルノ得失如何」を
 検討しなければならない。
  なぜならば、「広軌道ハ狭軌道ニ比シテ列車ノ容量ト
 速度」において優れており・・
  「貨物ノ運輸上大ニ時間ト費用トヲ節シ得ルノ利益」
 がある。
  この頃、イギリスは平均速度100㎞/時間だったが、日
 本は、1906年に登場した「最急行」でさえ、平均速度は
 40㎞/時間だった。
  日本にとって100㎞/時間という速度は、出したことの
 ない世界だった。
  因みに、現在の東海道新幹線の営業最高速度は285㎞/
 時間であり、実際の営業速度は217㎞/時間で、今は、鉄
 道王国の日本となっているが・・
  1910年、鉄道院は、東海道本線・山陽本線などの主要
 路線を標準軌(狭軌からの広軌化)に改築する方針を決
 定した・・しかし・・
  原敬(政友会)が、鉄道員総裁に就任して、政友会の
 主張である「地方の鉄道整備を優先すべきだ」になって
 しまった・・話は潰(つぶ)れ、改軌計画は中止となっ
 た。
.
1896年12月3日、貨車運用報告手続を制定した。
  (鉄運乙第13600号、12月5日施行)
.
  (今日の言葉)
.
  題:韓国の常識ある知識人が、当然の行為である「嘘の韓国の反日論理」を批判し始めた。
.
1896年2月10日、ロシア軍が朝鮮王宮に突入した。
  ロシア兵150名、107名の水兵、20名の食料担当兵。
  大砲一門を漢城に搬入して据えた。
.
1896年2月11日、露館播遷
  洗脳された宮女の金明載より「各大臣等日本兵が密か
 に国王を廃位しようとしているので甚だ危険なり。
  速かに露館(ロシア公使館)に播遷し回避されたし」
 の旨の策略の書状が高宗に届けられた。
  慌(あわ)てて高宗と世子(純宗)は宮女用のかごに
 乗って、ロシア公使館へと連れ込まれた。
  親露的な政治を取らざるを得ない状況に追い込まれた。
  その結果、不平等条約を結ばされて、治外法権となり、
 また、様々な権益、鉱山の採掘権と森林伐採権、鉄道の
 施設権などを奪われた・・ロシアの影響下の半植民地状
 態となった。
  この機に乗じて、ロシア以外にも、欧米へも売却され
 て、李氏朝鮮は、欧米の草刈り場ともなった。
.
1896年3月27日、アメリカが朝鮮の利権を獲得する。
  アメリカが、雲山の金鉱採掘権、 京仁線敷設権、 漢
 城の電灯・電話・電車の敷設権を取得した。
.
1896年4月22日、ロシアが朝鮮の利権を獲得する。
  ロシアが、慶源・鍾城両処の鉱山採掘権を取得した。
.
1896年5月14日、小村・ウェーバー覚書
  朝鮮の状況を見かねた日本は、ロシアと話し合いを開
 始して、覚書を交わした。
  ソウルにおいて、日本側は小村寿太郎、ロシア側 はK.
 I.ウェーバーの両公使によって話し合われ調印された・・
 朝鮮問題に関する日露間の覚え書だった。
  ロシア公使館にいる朝鮮国王の還宮を実現するよう・・
 また、両国軍隊の駐屯定員なども決められた。
.
1896年6月12日、ロシアが朝鮮の利権を獲得した。
  ロシアが、月尾島西南地段(44,316m2 年銀貨361元)
 租借契約を取得した。
.
1896年7月、フランスが朝鮮の利権を獲得した。
  フランスは、京義線敷設権を取得した。
.
1896年9月、ロシアが朝鮮の利権を獲得した。
  ロシアが、豆満江上流地域・鴨緑江上流地域・鬱陵島・
 茂山の森林伐採権を取得した。
     ・
     ・
1946年、RAA(特殊慰安施設協会、アメリカの要請で作
 られた慰安所)がある時は、強姦・婦女暴行が、1日平均
 40件であった・・が・・
  RAAが無くなった1946年前半の強姦・婦女暴行数は、
 1日平均330件と『8倍以上に急増した』・・元の状態に
 戻った・・
  あまりに多い事件数に、占領軍は、『新聞報道をする
 な』と報道管制の口封じの命令を出した。
  例えば、病院が、銃を持ったアメリカ兵の集団に襲わ
 れ、看護婦の方々や妊婦の方々が強姦された・・等々が
 多数あり、このような事例が続いた。
.
1950年2月14日、ソ連が中華人民共和国と同盟条約を締結し、
 条文で日本を仮想敵国と名指しした。
  これは、「中ソ友好同盟相互援助条約」で・・
  中華人民共和国とソ連邦の間で締結された軍事同盟。
  建国間もない中華人民共和国は、台湾の国民党政権が、
 アメリカの支援を受けて、「大陸反攻」をうかがうとい
 う情勢下で、中華人民共和国はソ連との提携を強めた。
  1949年12月、毛沢東が、モスクワを訪問してスターリ
 ンと会談していた。
  中ソ同盟は、「日本軍国主義とその同盟者」を仮想敵
 国とし、アメリカが日本の軍事基地から中国を攻撃する
 ことを想定して、共同防衛にあたること・・
  3億ドルの借款協定などが内容であった。
  (卑劣にも、国連憲章の『敵国条項』が影響している)
  これによって、ソ連が蔣介石の国民政府と締結(1945
 年8月15日)していた「中ソ友好同盟条約」は破棄された。
  東西冷戦が深刻化するなかで、社会主義国である二国
 の軍事同盟として機能した。
  この条約下で、中国は、1950年6月に勃発した朝鮮戦争
 に参戦し、アメリカ軍と対決することとなった。
  しかし、1950年代後半から、中ソ対立が始まったため、
 次第に関係は悪化し・・
  1959年には、ソ連が、「中ソ技術協定」の破棄を中国
 に通告し、同盟関係は事実上なくなった。
  さらに、1979年の中越戦争で、ソ連がベトナムを支援
 したことから、定められた30年間の期間が終了した1980
 年に、延長されず、破棄された。
     ・
     ・
2019年9月26日、韓国の常識ある知識人が、当然の行為であ
 る「嘘の韓国の反日論理」を批判し始めた。
  題名:韓国人が暴く反日韓国の嘘・・「李承晩TV]
 より・・(41分13秒より)
  https://www.youtube.com/watch?v=WCxIQCBdj34
  李栄薫氏(李承晩学堂の校長)の話
          (参考・・日本語翻訳:林寿泉氏)
  「事実」と「自由」を追求する李承晩TVの視聴者の
 皆さま、こんにちは。
  今日のタイトルは「日本軍慰安婦」であります。
  「日本軍慰安婦問題の真実」という、このシリーズの
 講義の核心的部分だと言えます。
  前回までの8回の講義は、実は、この講義のための予備
 の講義であったと言えます。
  1937年、日中戦争が始まりましたが、この年、日本軍
 首脳部は、全日本軍兵士の150人当たりに慰安婦1人を充
 当する慰安所を設置する事にした。
  (アメリカ軍の様に管理もせず、また、責任も取らず、
 非常に乱れた状況にアメリカ兵を置いて、そのあまりに
 乱れた状況にフランス市長が泣き付いたようになること
 を避けるため、そして、アメリカ兵がむやみやたらと地
 元女性に乱暴するようなことを防ぐため)
  軍の士気、将兵の性的欲求の解消、性病を防ぐ目的、
 また、軍事機密の漏洩防止のためもあった。
  日本軍慰安所は、280万人に近い日本軍のすべての駐屯
 地で、北はソ満国境の黒竜江地域から、南は南太平洋諸
 島まで、西はインド前線のビルマ前線にまで、日本軍が
 駐屯するすべての地域で慰安所が設置された。
  慰安所が最も多かったのは、華中地域の中国内陸地域
 と思われる。
  この写真は、上海にあった日本軍慰安所ですが、慰安
 所を監督する憲兵と慰安所の従業員たち、日本語では「
 仲居」と言う、慰安婦ではないが、その人たちが一緒に
 撮った写真です。
  玄関には、「聖戦大勝の勇士達を大歓迎」という看板
 がありますが、この様な慰安所に所属し、性的慰安をす
 る女性たち、すなわち慰安婦がいた。
  慰安所は、1937年以前にも、部隊によって、一線指揮
 官の裁量で設置されることもあったが、そこの女性たち
 は慰安婦と呼ばなかった。
  慰安婦という言葉は、1937年、日本軍の付属施設とし
 て慰安所が公式的に創設されてから生まれた言葉だった。
  この様にして生まれた慰安婦という言葉が、戦後の韓
 国でも、1960年代まで使われたことは、私が以前の講義
 説明した通りです。
  韓国政府も、民間の私娼街で働く、売春業に従事する
 女性たちを指して慰安婦と公式的に呼んだ。
  この日本軍の慰安婦制度が韓国人に大きな憤怒を起こ
 し、外交的紛争として浮かび上がったのは、1991年、金
 学順(キム・ハクスン)という慰安婦出身の女性が、自
 分の元職業を公開してからだった。
  それから28年間、長い歳月が過ぎたにもかかわらず、
 この問題が、なかなか解決できないことには、色々な原
 因があります。
  日本側だけに原因があるのではなく、韓国側にも原因
 があります。
  その韓国側の原因は、最初から、今までの28年間、こ
 の慰安婦制度に対して、少なくない誤解があったからだ
 と思います。
  その代表的な誤解の中で一つを挙げますと・・
  「慰安婦」と「女子勤労挺身隊」を間違って、混同し
 たという事です。
  女子勤労挺身体は、戦時期に、女性達が軍需工場に動
 員されて、一定期間、「労働をすることです」。
  日本と違って、朝鮮では女性を動員することが簡単で
 はなかったため、日本でのように、大量に動員されては
 いませんでした。
  この写真は、日本の名古屋にある航空機製作所に到着
 した朝鮮女子勤労挺身隊の行列です。
  主に、「高女生」など、日本語を話す事も、読むこと
 もできる女性たちが、日本へ行って、2ヶ月ほど働いて帰
 って来たのが、戦時期の女子の動員形態としてあった女
 子勤労挺身隊です。
  しかし、韓国人たちの誤解(間違い洗脳)で、女子勤
 労挺身隊への記憶・印象があまり良くない。
  その様な中で、慰安婦問題が発生すると、韓国人の人々
 は、慰安婦と挺身隊を混同し、間違って、憤怒しました。
  日帝が女性を動員して戦争に送り、慰安婦にしたとい
 う誤解・間違いであります。
  しかし、今まで、その様な(慰安婦にしたという)事
 例は、たったの一件も報告されていません。
  この写真のように、軍需工場に行った高女生達の中で、
 慰安婦として充当されたという事例は、今まで発見され
 ていません。
  (慰安婦にされたという)それは事実ではありません。
  しかし、少し前までも、挺身隊は、慰安婦と混同され
 ていました。
  例えば、2007年に、ネット上のNAVER百科事典で、
 挺身隊を検索語として入れると、「植民地女性を強制的
 に徴用」、日本軍人の性的欲求を解消するために作った、
 性的奴隷集団である従軍慰安婦のことをいう」のように、
 挺身隊は慰安婦であると、まったく間違った内容が書い
 てありました。
  (参考)NAVER百科事典:インターネット検索サ
     ービス 「NAVERを運営する会社が、無料
     オンラインで提供する百科事典サービス。
  最近、調べてみたら、内容が正しく訂正されていまし
 た。
  今はそういう誤解は、ある程度、払拭された状態です
 が、なお、まだ、色々なところでその誤解が横行してい
 る状態を見ることができます。
  慰安婦問題の解決を難しくする、これ以外の原因は、
 慰安婦の人数がとんでもなく誇張されているということ
 です。
  一時期は、朝鮮人慰安婦が、20万人もいたという荒
 唐無稽なとんでもなく誇張された説が、中学校や高校の
 教科書にまでも載っていました。
  今も教科書によって、少しずつ違ったりしてますが、
 3万人ということも、数万人ということもあります。
  少なくとも、3万人はあっただろうというのが普通とな
 っています。
  日本軍慰安婦の総人数がどれ程で、その中で朝鮮人慰
 安婦の総人数がどれ程であったのかは、合理的に推定で
 きる、いくつかの根拠があります。
  先ほど、指摘しましたように、1937年、日帝が慰安所
 を公式的に設置するとき、兵士150人当たり1人の慰安婦
 を置くという方針でした。
  このことに基づくと、全日本軍280万人を相手とする慰
 安婦の総人数は、「約1万8千人程度と考えられる」。
  1942年に、日本軍は将兵たちに支給したコンドームの
 総数は、その年の1年間、3210万個です。
  これから一日のコンドーム使用量を求め、また一人の
 慰安婦が一日に相手した将兵たちの人数を5人程度にして
 みると、「やはり同様の1万7千人ほど」の慰安婦の総人
 数が推算できます。
  この慰安婦の民族別構成は、日本人が40%、現地人が
 30%、朝鮮人が20%、その他を10%とみるのが一般的で
 す。
  日本の大衆的な売春が、日本軍の戦線が拡張するにつ
 れて、売春業者たちの大勢が、その後をついて行って、
 進出したのが、この慰安婦達の基本的流れです。
  日本人女性が最も多く、その次に、中国では中国人、
 ビルマではビルマ人、インドネシアではインドネシア人
 のような現地人が30%で、その次に朝鮮人が20%、その
 他は多様に構成されています。
  この事から推算される朝鮮人の慰安婦は、大体「3500
 人程度です」。
  この数値が合理的数値であるということができます。
  私が前回の講義で、中国の華北地域で軍慰安所を運営
 した朝鮮人売春業者が11人いて、11軒の慰安所があった
 と言いましたが・・
  1か所の慰安所当たり、多くて15人が働いたとすると、
 華北地域の慰安所に所属する女性たちの人数は165人程度
 になる。
  他の中国人や日本人が経営する慰安所にも朝鮮人の女
 性たちがいるとして、その人数を2倍、3倍にしても300人
 ~400人程度となる。
  これが、華北地域に存在した朝鮮人慰安婦の全人数で
 す。
  この様に、地域別に色々な情報を集めて推算すること
 が可能です。
  いずれにしても、大体、私は、「3500人程度が合理的
 である」と思ってます。
  しかし、この程度の数値を、いくら多く考えても5千人
 を超えない筈の人数を・・
  今まで3万人、あるいは、「20万人と主張して来たのは、
 あまりにも甚だしい誇張であった」と言えます。
  しかも、その様な数値が、教科書で使われています。
  今は、20万人という説は、教科書からは消えたものの、
 なお、その様な誇張した数値が未だに主張されています。
  私は、これは非常に大きい問題だと思います。
  また、私は、1960年代以後の50余年間、「総督府が、
 全国の土地の40%を、国有地として収奪した」と韓国の
 国史教科書の中に記述されて来ている事に対して、この
 ことが如何に荒唐無稽な話であるかを前の講義で指摘し
 ました。
  私は、1992年からこのことを主張し、ひどい罵倒を浴
 びせられて来ました。
  しかし、誰も私の主張に対して反論はしませんでした。
  結局、その数値は教科書から消えました。
  この慰安婦の実人数と関しても、似た様な現象が起き
 ています。
  3万人、あるいは、数万人という、教科書の記述は、な
 かなか訂正されません。
  何の根拠もないのに、教科書を作る人が、何らかの数
 値が必要なため、その様な、『でたらめな数値』を作っ
 て、使用していて、また、多くの人々がそれを信じてい
 ます。
  私は、ある時、韓国女性運動の指導者の一人と、個人
 的に討論をしたことがありますが、その人が、慰安婦が
 20万人説だと言ったので、私は「悪いけど、その様な話
 は根拠がないから、話さない方が良いと思います」と、
 丁寧に説明をしました。
  しかし、その人は、聞こうともしないし、結局は、怒
 りだして席を蹴って出て行ってしまいました。
  その、どうしようもない頑固な先入観が、今まで日本
 軍慰安婦問題の解決を難しくして来たと思います。
  慰安婦問題の解決を難しくした、また他の原因は、「
 奴隷狩り説」、または、「強制連行説」です。
  日本軍の憲兵が道端で女学生を連れて行った、畑で働
 いていた女性を連れて行った、鉄道駅前で通りすがりの
 女性を逮捕した、ある村にトラックで行き小川で洗濯し
 ていた女性たちをトラックに積み込んで連れて行った、
 などの様な話が多いです。
  実際に、この画面でご覧になれる吉田清治という人が
 その様な話をデッチ上げて作った有名な人たちの中の一
 人であります。
  この吉田清治氏は、自分がその様なことを1940年代に
 済州島でやったという話を本にした。
  「私の戦争犯罪」という本を書き、一時期、ベストセ
 ラーにもなりました。
  彼によりますと、済州島で、主に、今日の大静面(テ
 ジョンミョン、済州島大静面)ですが、そこで、なんと
 200人の女性たちを拉致したと主張した。
  日本の朝日新聞が、日本で三大日刊紙である朝日新聞
 が、その人とインタビューをして報道した。
  しかし、歳月が20年ほど過ぎて、真実が明らかになり
 ますが・・
  吉田氏は、虚名とお金が欲しくて、その様な嘘話を捏造
 したのでした。
  結局、朝日新聞も、その報道が誤報だったということ
 を認めた。
  それでも、なお、多くの韓国の人たちは、その話を事
 実として信じています。
  韓国の有名日刊紙である朝鮮日報でさえも、わずか2
 年前~3年前、「済州島の洗濯場で、日本人達が女性達
 を拉致した」という嘘の記事を、すでに、虚偽と判明さ
 れていたその話を、公然と新聞の社説に書いた。
  吉田氏とは別途で、韓国では、この慰安婦問題が浮か
 び上がって以来、似た様な話を素材にして、これでもか
 というくらい数多くの小説や映画が作られた。
  少し前にも、皆さまもご存じだと思いますが、慰安婦
 に関する「帰郷」という題名の映画が作られました。
  この可愛い少女たちが、この様に日本軍に連れて行か
 れる場面を映画で演出した。
  その場面を見た多くの韓国の人々が涙を流しました。
  趙廷来(チョ・ジョンネ)の大河小説「アリラン」で
 も、似た様な、類似した場面があります。
  ある地域の区長(面長)が自分の区(面)に割り当て
 られた慰安婦の人数を満たすために、ある農民を呼んで、
 「仕方ない、君の娘を慰安婦として挑発するよ」と通達
 する(嘘の行為の、作り話の)場面があります。
  私は、以前の講義でも説明しましたが、「荒唐無稽な
 アリラン」という講義の中で、作家の趙廷来(チョ・ジ
 ョンネ)の堕落した精神を最大に(無限に)軽蔑します。
  汚い種族主義の標本であります。
  相手を乱暴な野蛮な種族と蔑め、それと同時に自らを、
 自分の娘を徴発するにも関わらず、何の抵抗もしない、
 無限に卑怯で無気力な種族と卑下する、その様な賤しい
 精神文化が他ならぬ趙廷来(チョ・ジョンネ)の文学精
 神です。
  問題は、趙廷来(チョ・ジョンネ)だけではありませ
 ん。
  その様な映画や小説に憤怒し、涙を流す今日の韓国人
 が共有する種族主義的精神文化、それが問題の本質です。
  その様な「奴隷拉致説」や「強制連行説」を裏付ける
 別の根拠として、生存している元慰安婦達の証言があり
 ます。
  歴史と関連して、個人の証言を資料として採択すると
 きは、非常に慎重でなければなりません。
  例えば、20世紀に入り、アメリカの歴史学者たちは、
 南北戦争以前の元奴隷たちを対象に、彼らの奴隷時代に
 関する記憶を採集しました。
  いわゆる口述史学がその時から始まったと言われます
 が、その時に歴史学者たちは、元奴隷たちとインタービ
 ューをする度に、個人の記憶が変わり、一貫性が維持で
 きないことに気付きました。
  昔のことであるため、記憶が薄いこともあって、前後
 が錯乱を起こすこともあり、また、その間に、新たな記
 憶が作られることもあります。
  何より、インタービューというのは、多くの場合、当
 事者と聞き手との対話です。
  しかし、その対話の過程で、その記憶が政治化するこ
 とがあります。
  相手が聞きたがる話が何かを口述者は気付いて、その
 聞き手に合わせて、自分の記憶を再生産するのです。
  元慰安婦の証言もその様なことが多いです。
  ある女性は、鉄道駅前で日本軍に連行され、中国に行
 ったが、その汽車の中には、自分以外にも多くの女性た
 ちと軍人たちが乗っていたと言いました。
  ところが、この女性が、1999年に話した、最初の証言
 は、その様な話と違います。
  継父が自分を売ったと、自分は日本軍よりも継父をも
 っと恨んでいると言った。
  継父が自分を売ったというのが元の記憶です。
  しかし、インタービューをしたら、聞き手が何か他の
 内容を聞きたがることに気付き、その様な話をすると歓
 迎されるし、国民の同情も受けられ、さらには、政府の
 補助金まで受けられることが分かったので、また、証言
 を間違えると、その補助金が取り消される可能性もある
 ことが分かるから証言を変えるのです。
  それで、鉄道駅前で日本軍に拉致されたという話をす
 る。
  この様な事例は、他にもいくつかあります。
  ここでは、そのことに対しては、これ以上時間を使わ
 ない事にします。
  それでは、その可哀想な女性たちはどの様にして慰安
 所に行き着いたのでしょうか?
  それに対する私の理解は、主張は、実は今までの三回
 の講義で既に十分ご説明をしてきたと思います。
  視聴者の皆様は、私がどうして、日政期に施行された
 公娼制に関しての話をそんなに長くして来たのか、今、
 ご理解いただけると思います。
  慰安婦制度は、日本軍首脳部が1937年のある日に突然
 作り出したものではありません。
  それは、以前から、公娼制の形態として存在してきた
 ものであります。
  『軍周辺で、民間業者が、軍の後を着いて来て、女性
 達を連れて、各種の料理屋やカフェの形態としての慰安
 施設を作っていた』・・
  それを、1937年に、日本軍が軍の慰安施設として公式
 化し、軍の慰安施設として軍がその時から監督・統制を
 始めた。
  それが正に慰安所制度であり、慰安婦制度です。
  その様な変化に対し、関連研究者たちが「公娼制から
 慰安婦制」という命題として、その変化を説明していま
 す。
  これは私の主張ではありません。
  私が読んだ慰安婦制に関する重要な研究は、昔から、
 慰安婦問題の発生時から主張して来ています。
  「公娼制から慰安婦制」の学説を最も早く説いたのは、
 日本の青山学院大学の宋連玉という(韓国人)教授です。
  もう一人の日本で重要な研究者を挙げると、藤永壮と
 いう日本人教授がいます。
  宋連玉教授は在日同胞です。
  在日同胞の研究者としては、また、金富子氏や金栄氏
 のような重要な研究者たちがいます。
  彼ら、日本で活動している研究者たちは、慰安婦問題
 が提起されて以来、早くから日本軍慰安婦制度は、「公
 娼制という後方部隊を前提にして編成した前方部隊であ
 る」と、主張して来ました。
  韓国国内でも彼らと交流をしながら、同様の立場にい
 る研究者たちがいます。
  尹明叔(ユン・ミョンスク)氏やパク・ジョンエ氏の
 ような方々がそうです。
  私の以前の講義の相当部分は、彼らの研究成果に頼っ
 ていて、紹介するようなものでした。
  ここで、以前の講義の内容を思い出して戴きたいので
 す。
  近代国家が公娼制を施行したのは、前近代的で身分的
 な人身売買を禁止し、国民健康のため、性病を統制する
 ためでありましたが、より直接的な動機は、軍隊組織の
 士気を高揚させるための慰安施設が必要であった。
  1910年、「朝鮮で施行された公娼制度」も同様です。
  その設立により開かれた貸座敷遊郭地域の相当部分は、
 日本軍駐屯地と近接した地域で、一種の軍事慰安施設と
 して作られたものでした。
  初期には、朝鮮に渡った日本軍人を始め、少数の日本
 人男性のための特権的売春産業でした。
  女性達も、主に日本から渡った日本人娼妓でした。
  (関連)朝鮮半島には、冊封されている中国の官吏た
     ちを、朝鮮半島の女性達が夜の接待をする制度
     と施設が、古い時代から長く存続していた。
  それが、植民地的開発と共に、朝鮮人の大衆が参加す
 る大衆的売春産業として発達するようになる。
  朝鮮人の娼妓、酌婦、芸妓も増加し、彼女たちのとこ
 ろを訪れる朝鮮人遊客人数も増加した。
  貸座敷遊郭や料理屋などの飲食店に娼妓、酌婦、芸妓
 を引き込むのは、あるいは供給するのは、他ならぬ人身
 売買に携わる業者の経路からでした。
  大衆的売春業は、さらに国境を越えて満州、台湾、中
 国関内、日本にまで拡散していきましたが、それと共に、
 前回ご説明しました通り、人身売買がもっと盛んになり、
 貧しい家の娘たちをその地域に出したのです。
  また、以前の講義で行った事でありますが、この市場
 では、古くから各種の店に女性達を供給する周旋業(뚜장이、
 女衒)が、最近の言い方としては、一種の職業仲介所の
 ようなものが発達していました。
  女性達は、「日本軍に強制的に連れて行かされたので
 はありません」・・
  彼ら、「周旋業者によって連れて行かされたのです」。
  貧しい家の非情な父親たちは、この周旋業者・뚜장이か
 ら前貸金をもらい、娘たちを売り出したのです。
  娘たちは、泣きながら、または、殴られながら、周旋
 業者たちに連れて行かされたのです。
  「それが隠す事のできない事実」、この時代の実態で
 す。
  先ほど紹介しました、ある女性が、ある元慰安婦が、
 継父が自分を売ったと言ったのが、その例です。
  最初に慰安婦だったことを告白した金学順という女性
 も、継父から売られて遊郭に渡され、以降、転々と流さ
 れる数奇な人生を送ったのです。
  この様な状況の中で、時代的状況の中で、1937年、日
 本軍が慰安婦制度を創設したのは、何もない所に建物を
 作り、女性たちを拉致して来た、というものではありま
 せん。
  日本軍慰安所は、「軍の後を付いて来た民間」の貸座
 敷や料理屋を、軍専用の敷設に指定したものと相違あり
 ません。
  軍が直接設置し、運営した慰安所もありましたが、そ
 の様なものは少なく、ほとんどは部隊周辺の民間の店を
 慰安所として指定して、その運営を委託ないし監督する
 ような形態でした。
  前回の講義で紹介したが、1937年、日中戦争が勃発す
 ると、平安道の義州出身の38歳のパク・イルソックとい
 う男性が上海で「カフェ亜細亜」を開業した。
  この彼の店は、2年後に慰安所として指定された。
  当初、2千ウォンで始めた彼の商売は、1940年には7万
 ウォンにまで大きく繁盛した。
  カフェが慰安所と指定されると、どのような結果が発
 生するのでしょうか?
  カフェの女給たちは、慰安婦という身分に変わるので
 す。
  正にそれが、慰安所にほとんどの女性たちが供給され
 る基本的な経路であったと言う事が出来ます。
  似た様な事例を以前にもご紹介したことがあります。
  国内の威鏡北道会寧の徳川楼の場合です。
  私がこの写真を見て、朝鮮時代の妓生歴史の伝統を継
 ぐ、会寧の妓生たちを見て、感じた感情を以前の講義で
 お話ししたことがありますが、その時の徳川楼という日
 本人料理屋です。
  1912年に開業したこの料理屋は、1937年、戦争が勃発
 した以降、民間の出入りが禁止された軍専用慰安所施設
 に変わります。
  その様な環境で成長したこの子供が後で回顧し、次の
 様に述べます。
  「1938年以降、遊興業に規制が掛かった。民間の利用
 はほとんどなくなった。徳川楼は規模を縮小した。しか
 し、戦争以降、会寧には軍人の数が多くなり、日曜日や
 休日だと、以前よりもずっと込み合って景気が非常に良
 かった。母は非常に忙しくなった。我が家は接待時間を
 減らし、価格を下げる戦略で対応した」。
  民間が開業した部隊周辺の料理屋が、その料理屋が戦
 時期になり、軍慰安施設に転換したのであります。
  すると、写真での、この緒戦の酌婦たちが、軍慰安婦
 として身分を変えたのであります。
  これが満州と中国そして朝鮮、日本にいた慰安婦が充
 当される基本経路であったと、つまり、公用売春市場が
 成立すると、人身売買という基本経路を通じ、貧しい家
 の娘たちが非情な父親によって、売り出されたのである
 と、それが、慰安婦が生まれる基本経路であったという
 ことであります。
  要するに、日本軍慰安婦制度の歴史的意義を要約する
 と、日本軍慰安婦制度は、既存の公娼制を軍事的に再編
 成したのであります。
  その様な変化は、公娼制そのものが元々その様な属性
 を持っていたので、つまり、軍事慰安施設としての公娼
 制であったので、その変化は断絶的変化というよりは連
 続的変化でありました。
  そのため、朝鮮、満州、台湾、日本など、公娼制が早
 くから発達したところでは、単純な名称変更に過ぎない
 ケースも多かったのであります。
  もう一回強調しますと、1930年代に大衆的売春産業が
 発展し、その売春産業が戦時期になるにつれ、軍事的に
 動員され、再編成されたのが、他ならぬ日本軍慰安所及
 び日本軍慰安制度であったという事であります。
  中国で、慰安所という別の大衆的売春市場が開かれる
 と、民間の人身売買は、もっと活発になりました。
  1939年から1941年、朝鮮には「毎日新聞」がありまし
 たが、この「毎日新聞」に載った人身売買に関する記事
 は、なんと120余件に達します。
  最も盛んに人身売買を行なった人としては、ハ・ユン
 ミョンという朝鮮人の夫婦が有名でした。
  なんと150人の少女を満州などに売り渡したそうです。
  40人余りを売り渡した某業者もいました。
  彼らは、娘を良い所に就職させると騙して、父母の承
 諾書または白紙の委任状をもらったり、または、家庭問
 題、例えば貧困か暴力、その他は、友人の誘いなどの色々
 な理由で家出をした少女たちを自分の子供として入籍し
 たり、また、様々な方法で少女を単独戸主にしたり、様々
 な方式で書類を操作しました。
  国境を越え、現地の警察の就業承諾書をもらうために
 は、しかるべき書類が必要でした。
  娼妓周旋業、すなわち人身売買業は、女性を連ねて行
 くため、腕力を行使するだけでなく、この書類を具備、
 操作するのに相当なノウハウが必要な職種でもありまし
 た。
  慰安所の運営が具体的にどのようなものであったのか
 は、事例は多くはありませんが、いくつかは具体的な事
 例を紹介することが出来ます。
  中国の、華中地域の、ここが上海ですが、内陸の方に
 行くと武漢があり、その中に当陽という、その様な地区
 があります。
  日本軍はそこまで進出し、もう少しいけば、大韓民国
 の臨時政府があった重慶ですが、この白い地域が当陽地
 域であります。
  (参考)大韓民国臨時政府:国際的に承認されてない
     存在で、また、貢献活動のない存在。
  そこに高森という名の部隊がありました。
  その部隊の慰安所に関する情報が残っています。
  ご覧の画面がそれに関するものですが、この画面は、
 同部隊が地方商人の営業区域を指定した図であります。
  ここが部隊本部兵舎のあるところです。
  また炊事場があります。
  そして、炊事場の横に、このように区域を設定し、こ
 こが部隊が管理する地方商人営業区域であり、この中に
 慰安所が、第1、第2、第3慰安所があり、その隣に飲食店
 があり、写真店があって、商店街があります。
  点線内の範囲内で、女性たちは散歩などをすることは
 できますが、出て行くときには部隊長の許可を得なけれ
 ばなりませんでした。
  これは民間の公娼制でも、遊郭地域でも同様なことで
 あります。
  この慰安所を経営した人は、中国人でした。
  弘原栄という中国人で、おそらく女性達は、ほとんど
 現地の中国人の女性達で充当されていたと思われます。
  ここで飲食店を経営した人は、名字が崔であります。
  崔金石という人ですが、名前から朝鮮人と思われます。
  日本軍の後ろをついて、中国内陸までも進出した一例
 となります。
  その隣に写真店や時計店がありますが、そこは日本人
 が経営しました。
  藤川という人です。
  この部隊の慰安所の運営規則があります。
  時間のある方は、画面を停止して詳しく見て下さい。
  すべてを説明するには時間が足りません。
  この慰安所を利用するためには、兵士であれ、将校で
 あれ、連隊長が発行した許可証が必要で、連隊長発行の
 許可証とともに現金を支出し、花券(チケット)を買わ
 なければなりませんでした。
  慰安所の帳場という会計窓口のところで、現金で買わ
 なければならず、ツケ払いや営業者と貸借関係を作るこ
 とは禁じられるし、慰安所内で飲食する事や歌を歌うこ
 とも禁じられるし、乱暴な事は憲兵の取り締まる対象に
 なり、兵士たちの利用時間、下士官たちの利用時間、準
 士官以上の将校たちの利用時間、そして、時間当たり、
 30分当たり、1時間当たりの費用はいくら、兵士たちが30
 分利用する時は1ウォン、1時間利用する時は2ウォンのよ
 うになっており、その次にこの高森部隊の中隊別に、第
 1慰安所、第2慰安所、第3慰安所を利用できる日にちと曜
 日が指定されていました。
  必ずサック、即ちコンドームの着用が義務付けられて
 いて、民間の利用は禁じられていました。
  そして、営業者は、この慰安婦達の営業状況を詳細に
 記した、一定の様式に従って記した報告書を1ヶ月に1度、
 部隊長に提出しなければなりませんでした。
  この様に、慰安所は、徹底的に営業が軍の統制下で行
 われていた公営でした。
  その意味では公娼業が軍隊に引き込まれ、再編成され
 たものであるということができます。
  慰安婦達は定期的に検診を受けなけらばなりませんし、
 営業主たちは毎月1回、慰安婦別に営業現況を報告しなけ
 ればなりませんでした。
  この様な運営規則が分かる慰安所は、そんなに多くあ
 りませんが、いくつかの事例がまだありますが、ほとん
 ど大同小異でありました。
  私は、昔、この運営規則を呼んだことがあり、それが、
 朝鮮総督府が全国の30余ヶ所の貸座敷の地域を設置する
 ときに発表した貸座敷の取締規則とあまり変わらないも
 のであると、考えたことがあります。
  その内に、先ほど言いましたように、研究者たちの研
 究を読んで、正に、「公娼制から慰安所制」との研究
 成果があるのをみて、自信をもってこの講義を、視聴者
 の皆様の中では、初めて耳にする話であるため、少し抵
 抗感を感じる方々もいらっしゃると思いますが、研究者
 の立場で自分なりの所信の下で話すことが出来たのであ
 ります。
  最後に、もう一つの事例をご紹介します。
  中国の南方の広東、ここが深圳(しんせん)であり、
 もっと南だとベトナムとの国境であります。
  その辺りに広東自治区域に南寧という所があり、その
 南に欽州というところであります。
  この欽州の最南方にあった日本軍の慰安所の話であり
 ます。
  今、御覧の資料は非常に珍しいものですが、1ヶ月に1
 度、部隊長に報告しなければならなかったのですが、そ
 の書類中の一つであります。
  この欽州日本軍慰安所は、全部で、その地域内に10軒
 がありました。
  「朝日」などの所名が見えますが、全部で10軒の所名
 を見ると、ほとんど日本式であります。
  そのため、日本の業者が日本人女性を連れて行ったの
 であろうという推測ができます。
  勿論、遠くから頻繁にリクルートすることは難しく、
 時間が経つにつれ、現地の女性も増えて行ったと思いま
 す。
  1か所当たりの慰安婦の人数は、大体5人~6人で、問題
 は、ここに転出と転入がありますが、1940年の1ヶ月の間
 に転出した女性が16人、転入したのが5人です。
  この事実は、非常に重要であります。
  契約期間が満了するか、然るべき理由が発生すると、
 女性たちは慰安所の外へと転出し、故郷に帰るか、また
 は他の慰安所に行ったのであります。
  この事実を、私は次の講義の時、より詳しくご説明を
 しながら、既存の研究者たちが主張する「性奴隷説」を
 批判しようと思っております(性奴隷ではない)
  その下をみると、慰安所別の1ヶ月の総収入があり、そ
 の次に慰安婦1人当たりの1日平均収入が示されています。
  1日の平均収入は、18ウォン程度であります。
  先ほど、階級別利用料金がありましたが、大体、計算
 してみると、女性達は、兵士、下士官、将校を一日に5人
 程と接したと思われます。
  大衆的売春産業が軍事的に再編成されるとき、その労
 働の強度は非常に厳しかったと言えます。
  前回、紹介しました、満州で発達した韓国人の売春業
 でのある女性は、一晩で30人とも接したそうですが、そ
 れは例外的なケースであります。
  とにかく、軍事的に編成された大衆的売春業の労働強
 度は非常に強烈なものであると言えますが、その分、高
 所得でもありました。
  1日の平均18ウォンというのは、当時、小学校を卒業し
 て工場に就業した女工たちの2ヶ月の給料であります。
  1日に2ヶ月の給料を稼ぐのであります。
  勿論、ここから、食費、生活費などを引きます。
  また業主(抱え主)からの前借金は大体200ウォン程度
 でしたが、この程度の収益だと前借金は女性たちを束縛
 するものにはなれないと思います。
  軍の保護下では営業は安定的でありました。
  この報告書を詳しく読むと、1940年の6月の1ヶ月間、
 慰安所で乱暴な行動をした下士官と兵士1人が憲兵たちに、
 どの様に抑えられたのかまでも報告書には記されていま
 した。
  はるか遠くの欽州まで朝鮮の女性たちは行ったとは思
 えません。
  ほとんどが日本人か現地の人であったと、広東自治区
 の現地の人であったと想像しますが、しかし、1942年に
 なると、日本軍が東南アジアに進撃する様になると、話
 が変わってきます。
  このはるか遠くまで朝鮮の女性たちの行列が続くよう
 になります。
  その事については、次の時間にお話しします。
  今日はここまでに致します。
  ありがとうございました。(1:16:34まで)
  (関連事項)
  その1:この詳しい講義で分かる様に、韓国が嘘を言
   う「日本軍が強制連行した」という事は一切なかっ
   たと明言して、説明した。
  その2:あらゆる方法で、朝鮮の貧しい家庭の女性を
   集めて連れて行った朝鮮の仲介業者(뚜장이、女衒)
   は莫大な金を稼いだと説明している。
  その3:朝鮮戦争の時のアメリカ兵士の慰安婦となっ
   た朝鮮女性が、畑で働いていた時に無理やり連れて
   行かれたということがあった・・この話が日本軍の
   しわざとされた(記憶の混同)
  その4:第二次世界大戦の直後、新宿の駅近く(今の
   フルーツ・パーラー辺り)で、進駐軍(アメリカ軍)
   のジープが来て、道を歩いている日本女性を腕力で
   車に引きずり込んで、女性が助けを求めていたが、
   戦地から帰還した元日本兵が一人であり、また、ジ
   ープで走り去ったので助けることが出来なくて、悔
   しい思いをしたと語る・・
    朝鮮戦争の時も、この様なやり方で、朝鮮の女性
   がアメリカ軍の車に引きずり込まれ、連れ去られ、
   1ヶ月くらいして帰って来たという話がある・・
  その5:今、韓国で、20万人が連れ去られたと言う運
   動家(とてつもない嘘を言う運動家)が、「史実を
   示されず、何も反論が出来ず、そして、怒って、席
   を立って出て行った」・・韓国は、この様な運動家
   の嘘で扇動され、焚きつけられている。
    しかし、韓国の人たちは、この嘘の数字の20万人
   と思い込まされているのが現状となっている。
    韓国は、小学生の教科書までもが、「間違ったで
   たらめな数字」が書かれている。
    この様な検証されない数字で、韓国の小学校や中
   学校、そして、高校生まで、28年間も教えられ続け
   ている。
  その6:朝日新聞が嘘報道した「吉田清治の嘘」は、
   韓国の済州島の人まで、「その様な事はない」と否
   定している。
    朝日新聞はこの様な事を報道しないこと!
    また、韓国も、嘘の話で出来た大河ドラマを放送
   して何も知らない韓国の人々はそれを信じ込まされ
   ている。
    1日に150人の日本兵の相手をしたなどという「す
   ぐに嘘と分かる話で埋め尽くされたドラマ」が韓国
   で放送された。
    そして、最後は、日本兵に殺されるという悲惨な
   筋書きの悪意に満ちたドラマで、韓国の方々を洗脳
   している。(1:32:45まで)
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  https://yumesyakai.blogspot.com/

2019年10月 9日 (水)

(増補版)658E2/3:2/3:3/3:気になった事柄を集めた年表(1896年10月~1896年11月)


題:(増補版)658E2/3:2/3:3/3:気になった事柄を集めた年表(1896年10月~1896年11月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
 ☆真実の歴史を知ることは、国際社会をより公正なもの
  にする。
  そして、その公正な社会の達成で、人々の、また、皆
  様の、そして、人間の幸福を創造していく力ともなる。
  世界に真実を公表していく事は、真にやるべき大切な
  こと・・
  そして、総べての真実を議論してこそ民主主義が達成
  される。
 ☆過去を忘れたら「歴史」は蛮行を繰り返す。
 ☆中国と韓国は隣の国・・引っ越しの出来ない隣の国・・
  だからこそ、正しいことを言って正しい関係を作らな
  ければならない。
  卑劣なねじ曲げ発言に躊躇(ちゅうちょ)してはなら
  ない・・あくまでも、正しいことを教えてあげねばな
  らない!
  また、中国・韓国は、隣国・日本の立場を理解するこ
  とにつとめなければならない。
 ☆国際社会は、中国へ民主化を強く求めなければならな
  い・・民の選択を受けない指導者たち・・民主化が達
  成できない国=中国・・
.
1896年10月、篠ノ井線の篠ノ井駅~松本駅間が着工された。
  篠ノ井線(しののいせん)は、長野県長野市の篠ノ井
 駅から長野県塩尻市の塩尻駅までを結ぶ路線。
  当時、日本は、防衛のことをよく検討していた。
  関東と近畿を連絡する鉄道は、平時は海岸を走る海路
 の便があり・・
  戦時には、敵の攻撃を受けやすい海岸を走る東海道本
 線ではなく、内陸部の中山道を経由する路線が検討され
 た。
  しかし、実際に、路線建設が行なわれると建設費がか
 さみ、また、山岳部などにより輸送力が制約された・・
  そのため、工事はほとんど進まず中止となった。
  しかし、資材輸送線として始まった直江津から長野を
 経由して上田へ至る路線は、そのまま建設が続行された。
  そして、さらに、延長されて、碓氷峠を越えて高崎ま
 でが、1893年4月に完工した。
  また、1892年6月に、鉄道敷設法が制定されていて、後
 に、中央本線と言われる路線の建設が始まっていた。
  これを受けて、長野県会は、1892年12月に、中央本線
 と信越本線を連絡する「長野若シクハ篠ノ井ヨリ松本ヲ
 経テ塩尻又ハ洗馬ニ至ル路線」を、第一期線に追加する
 ように帝国議会へ要請する決議を採択していた・・これ
 を中央連絡線と称した。
  1893年3月から鉄道庁の技師が派遣され、調査が行われ
 た。
  この結果、6つの路線が候補となった。
  しかし、そのどのルートを選んでも、険しい峠を長大
 トンネルで結び、そして、地質の悪い区間を通過しなけ
 ればならないという悪条件の重なる状況だった。
  その結果、距離が最も短い篠ノ井線が、建設費や運営
 の点で有利と判断された。
  この報告を受け、1894年6月23日、帝国議会で「長野県
 下長野若ハ篠ノ井ヨリ松本ヲ経テ前項ノ路線ニ接続スル
 鉄道」が第一期路線に格上げされ、起点は、篠ノ井と確
 定した。
  1896年予算で、建設費が決まり、明治28年度(1895年)
 から明治31年度(1898年)までの予定で施行されること
 となった。
  全線を11の工区に分けて、1896年10月に着工された。
  1900年から篠ノ井方より順次延伸され・・
  1902年に塩尻まで全通した。
.
1896年11月1日、全国の504の税務署が開署した。
.
1896年11月3日、米大統領選挙でウィリアム・マッキンリー
 が勝利し、第25代アメリカ大統領となった・・
  共和党のウィリアム・マッキンリーは、民主党のウィ
 リアム・ジェニングス・ブライアンを破った。
  この選挙を、歴史家たちは、アメリカ史の中でも最も
 劇的な選挙戦の一つとした・・が、ひどい金権選挙だっ
 た・・
  ブライアンより「10倍もの金を遣った」マッキンリー
 が、金の威力で勝利した選挙だった。
  マッキンリーの共和党の選挙対策本部長のマーク・ハ
 ンナは、350万ドルの贅沢な予算に裏付けられ・・その金
 の威力を使った多くの近代的選挙技術を発明し、実行し
 た。
  対立候補のブライアンは、36歳・・
  ブライアンの演説は、非常に劇的だった・・
  主要政党で、大統領候補に指名された者として、最も
 若かった。
  多くの実業家や銀行家たちは恐れた・・それは、ブラ
 イアンが、人民主義的言葉遣いで人気を取って当選し、
 政権を取って、金本位制を終わらせるという政策を支持
 し、実行することに恐れていた・・
  ブライアンは、資金集めに苦労していた。
  マッキンリーは、南北戦争の退役軍人だった。
  マッキンリーと共和党は、金本位制はアメリカ経済に
 は必要だ・・必須だと言っていた。
  共和党は、卑劣なことに、ブライアンの顔を書いた偽
 1ドル札を印刷してまでして、ブライアンを揶揄した、そ
 して、誹謗した。
  ブライアンの資金力は、マッキンリーの10分の1だった。
  ブライアンの魅力は、背が高く、人を魅了する雄弁な
 演説だった・・
  ブライアンは、信念と情熱を表現した・・
  彼を見るために、大勢の「莫大な群衆」が集まった・・
  南部や西部では、支持者がパレードをして、示威行動
 までして出迎えた・・
  これに対し、マッキンリーは、オハイオ州の自宅前で、
 しょぼくれた「玄関前」選挙運動を行なった。
  しかし、金の勢いで、有権者を自宅前に列車で連れて
 来るということをした。
  有権者集団は、そして、大歓待された・・
  その集団へ向かって演説がなされた。
  そして、マッキンリーの代わりの『国内遊説者』を、
 金に飽かせて、国中に回らせ、巡らせ、旅をさせた・・
  そして、ブライアンを危険な急進者と貶(おとし)め
 た。
  ブライアンが、もし選挙に勝てば、工場は閉鎖され、
 労働者は職を失うことになる・・という張り紙を張り巡
 らせた。
.
1896年11月8日、「古事類苑」の刊行が始められた。
  古事類苑(こじるいえん)は、政府が編纂した一種の
 百科事典。
  本文1000巻の官撰(かんせん)の百科事典として、我
 が国唯一のもの・・
  文化・社会など諸般の事項を採録。
  1879年、西村茂樹が建議し、小中村清矩(きよのり)ら
   が編集に着手したのに始まった。
   文部省に編纂係が設けられ、企画され、編集が開始
   された。
  1890年、皇典講究所に委託される
  1895年、神宮司庁が編集を継続し、この部署で完成さ
   れた。
  1896年、刊行を開始する
  1913年、完結(1914年説あり)35年間が費やされた。
  内容は、古代から近世までの歴代の制度、文物、社会
 全般にわたり、天部、歳時部、地部、神祇部、帝王部、
 動物部、植物部、金石部など30部門に分類され・・
  さらに、編・条・項と分類している。
  また、付・併入を必要の時に加えた。
  中国や日本の先行の類書の体裁にならって部門分類し、
 古今の書籍・文書・六国史以下、1867年までの文献から
 原文のまま引用し、例証を収載して理解させようとして
 いる。
  江戸時代以前の日本文化の研究に大きな便益を供して
 いる。
.
1896年11月14日、雑誌『二十六世紀』が発行禁止となる。
  土方宮内大臣の行状を痛烈に批判し、伊藤首相へも攻
 撃したため発行禁止となった。
  論文転載の新聞『日本』、批判を支持した『万朝報』
 『国民新聞』なども発禁になった。
  この事件を契機に、新聞紙条例から発行禁止や停止を
 廃止する改正が実現した(1897年)
.
1896年11月17日、神戸でキネトスコープ(のぞき眼鏡式活
 動写真)の上映が始まった。
  (11月25日から12月1月までの説がある・・日本映画の
 日が12月1日であるのは、これから来ている)
  日本初の活動写真が、神戸神港倶楽部で上映された。
  高橋新治が輸入した「キネトスコープ」(ニーテスコ
 ップ・・電氣作用寫眞活動機械)の映像を滞在中の小松
 宮彰仁親王に見せた。
  因みに、キネトスコープはエジソンが発明した。
  1893年、シカゴ万国博覧会に出展され・・
  1894年4月14日、ニューヨークのブロードウェイ1155番
   地に世界初の映画館(キネトスコープ・パーラー)
   が設置された。
   この箱をのぞき見する型は「ピープショー」と呼ば
   れ世界で大ヒットした。
   スクリーンに投影されて皆が見られる型は、1895年
   にリュミエール兄弟が発明する「シネマトグラフ」
   を待たねばならない。
.
1896年11月21日、客車等級別塗装の最初がなされた。
  関西鉄道が、客車の外側を帯で塗り分け塗装をして、
 等級を判別させた。
  上等が白、中等が青、下等が赤・・
  これは、誤乗車を防ぐというためだった。
  1872年の鉄道開業の時にも、客車は3等級とされ、上等・
 中等・下等に区分していた。
  また、下等の名称が乗客の感情を害するため、1897年
 11月、一等・二等・三等へ変えられた。
.
  (今日の言葉)
.
  題:日本の対馬が、韓国に乗っ取られようとしている。
   有志の議員団が、この日、緊急要望書を出した。
   また、中国が、その韓国にとって代わろうとする意思がうかがえる。
.
紀元前5世紀頃、生姜(ショウガ)が、インドや中国で栽培さ
 れ始めた。
  生姜は、ショウガ科の多年草で、食材や生薬として広
 く利用されている。
  原産地は、熱帯アジア。
  日本には、2世紀〜3世紀、中国から伝わった。
  奈良時代になり栽培が始まる。
  薬効は、発汗、健胃、鎮吐作用など。
     ・
     ・
15世紀半ば~17世紀半ば、大航海時代
  中世において、キリスト教は、ヘブライ語聖書なども
 動員して「年代決定を検討し、そして、その齟齬(そご)
 を決定し、直して来た」。
  そして、時代が、大航海時代に入ると、「新しい知見」
 が知られ・・新しい知識が入って来て・・それまでのキ
 リスト教が行なって来た「決定し直して来た年代」まで
 もが、また、齟齬(そご、食い違い、合わないこと)が
 生じた。
  このことにキリスト教は焦(あせ)った。
  加えて、科学的知見も、この時代、新たに人々は知る
 様になると、それとの齟齬も生じていた。
  あらゆる面からキリスト教普遍史の年代決定は崩れて
 行った。
  この様な事は・・当然の事だった。
  何も知らない古代・・空想で作り上げて来た「キリス
 ト教のストーリーだった」・・
  その様なものが、正しい結果を示す事こそ「奇跡だっ
 た」。
  当然、その様にはならなかった・・事実を示された大
 航海時代だった。
.
1609年、ケプラーが「惑星の法則」を発見し、また、ガリ
 レオが、この年、天体望遠鏡を発明した。
  この近代科学の知見は、それまでのキリスト教によっ
 て築かれて来た迷信的社会へ衝撃を与えた。
  有名なガリレオの宗教裁判が開かれた。
  キリスト教は焦(あせ)った。
  しかし、人々は、これを契機に次々と科学的知見を得
 て行く・・その様な智識を知った人々となった。
  キリスト教の矛盾に目覚めて行った。
  大航海時代の知見とともに「地球規模の理解を得よう
 とする思考」・・そして、キリスト教の迷信から脱却し
 て行った。
  17世紀は「科学革命」に開かれた時代だった。
  同時に、市民たちは、「自分たちの思想」を主張し始
 めた。
  キリスト教聖職者が演じた「虚飾の世界」の終焉が始
 まった。
  理性が民衆の手に戻って行った。
  人間の能力が主導権を握り出す17世紀は、「科学革命
 の世紀」だった。
  人間や社会を「理性に照らして吟味する人々」になっ
 た。
  「(キリスト教の)神の似姿の人間」の話は、作った
 話だと「皆が、誰もが思う時代」へなって行った。
.
1618年、北海道の金山で働く人を訪問するキリスト教聖職
 者・・
  キリスト教イエズス会士のアンジェリスは、1618年と
 1621年の二度、北海道の松前の金山に働くキリスト教徒
 を訪問した。
  また、カルバーリョも、1620年、やはり、松前の金山
 のキリスト教信徒を訪問している。
.
1743年、コンドルセが生まれた。
  コンドルセ(1743年〜1794年)は、フランス革命期の
 代表的な啓蒙思想家・・そして、革命家であるが・・
  彼は、はっきり言った「自然が我々を生んだ・・そし
 て、その地球」と・・
  キリスト教の神による「創造の神秘」を否定した。
  また、「キリスト教の神によるアダムの創造」も彼は
 否定した。
  根本的出発点に「人間には独自の『人間能力』がある」
 とした。
  人間の精神活動を行なう能力、理性を持つ独自性を言
 い、キリスト教の神の呪縛から解き放った。
  理性の存在する人間を謳った。
  自然体系の中の存在、その一員としての人間という、
 至極、当然な考え方に至った。
  しかし、今・現在でも、その呪縛に捉われ続けている
 人たちが居る。
     ・
     ・
1939年3月28日、スペイン内乱が終結する。
  この終結した1939年以来、33年間も、同じ独りのファ
 シストに支配されてしまった国=スペイン。
   労働者革命の挫折した国、インターナショナリズム
 の墓場となった国、国際義勇兵が絶望した国、そして、
 勝利した独裁者が、なお生きて、コインに刻印され、暴
 力装置を握っていた国だった・・
  「スペインは、眼の国だ」と言う・・
  「猜疑的な眼」がどこにもみられた。
  バレンシアの郵便局の玄関には、二人ずつ、兵隊の様
 な緑色の服を着た男が、横柄に立っていた・・監視兵だ
 った・・
  注意してみると銀行のドアの影、駅、広場、市庁舎、
 ホテル、大学、バザール市場、そういう人の集まりそう
 な場所に、監視専門の「眼」の居ることが分かった。
  外国人旅行者へも眼が光り、どんな辺鄙(へんぴ)な
 海辺のキャンプ場に行っても、ものの10分としない内に、
 どこからともなく「眼」が現れた。
  ライフルを肩から下げている眼もあった。
  カルタヘナの海では、軽機関銃を持つ陰気な男の「眼」
 に晒(さら)され、近づいて来て、人品を胡散(うさん)
 臭そうに確かめられた。
  ちなみに、1939年1月、バルセロナは陥落した。
  1939年3月27日、フランコ軍は、マドリードに入城し、
 スペイン共和国は崩壊した。
  150万人もの方々の難民も出た。
  ぼろをまとい、子供の手を引いた方々が、長い行列を
 作って、凍った道を逃れて行った。
.
2017年6月、タカタ株式会社が潰れた。
  タカタ株式会社は、エアバッグ・シートベルト・チャ
 イルドシートなど、自動車用安全部品を製造していた日
 本の企業である・・
  2017年6月に、負債総額1兆円を超えて製造業としては
 戦後最大の経営破綻をした。
  タカタ株式会社は、シートベルト・チャイルドシート・
 エアバッグなどを製造していた企業であり、自動車メー
 カーからの出資を受けていない完全独立の部品メーカー
 だった。
  創業の地である彦根市と、その周辺の長浜市や愛荘町
 に、日本国内の製造拠点があった。
  エアバッグでは、世界市場でシェア 20%を占めていた
 (2011年3月期)
  1933年、高田武三が、彦根で高田工場として創業した。
  織物製造を開始し、織物の技術を活かした救命索も製
 造した。
  2006年11月、東京証券取引所に上場した。
  2017年6月26日、同社の主力商品のエアバッグの欠陥
   リコールにより、最終的な負債が1兆円を超える見通
   しとなり、東京地方裁判所に民事再生法の適用を申
   請した。
  国内の製造業では、戦後最大の経営破綻だった。
  なお、タカタ本体には、欠陥リコールの原因となった
 硝酸アンモニウムを使ったインフレーターの製造・販売
 事業を残し、他の事業を米国のキー・セイフティー・シ
 ステムズ(中国の寧波均勝電子の100%子会社)に譲渡せ
 ざるを得なくなり、譲渡した。
  2017年7月27日、上場廃止となった。
  経緯・・
  エアバッグの草創期より製造を進めてきた経緯から、
 トヨタ自動車、本田技研工業、日産自動車をはじめとす
 る日本の自動車各社のほか、フォルクスワーゲン、BM
 W、メルセデス・ベンツ、フォード・モーター、GM、
 フェラーリ、テスラ、マクラーレンなど各国の自動車メ
 ーカーにも納品し、世界シェアは2位に上った。
  1セット数千円の単価ながら、2014年3月期決算では、
 社の売上高の約4割がエアバッグによるものとなった。
  2004年、Honda Accordでエアバッグが爆発し、金属
 片で運転手を傷つけると、タカタはそれを異常と呼んだ。
  2008年頃より重要部品である、膨張ガスを発生させる
 インフレーター関連の不具合が相次いで判明、米国とマ
 レーシアでは破裂したインフレーターの金属片により死
 亡事故も起きた。
  2008年11月より断続的にリコールが行われている。
  2014年11月時点で対象車の累計は1,700万台に達した。
  2015年11月、アメリカ合衆国運輸省の国家道路交通安
   全局(NHTSA)は、タカタのエアバッグの欠陥を企業の
   不祥事と位置づけ、同社が適切なリコールや情報開
   示を行わなかったため、アメリカ国内で被害を拡大
   したとして最大2億ドル(約240億円)の民事制裁金
   を科すと発表した。
  NHTSAが一社に科す制裁金としては過去最高額だった。
  タカタと自動車メーカーに対して、2019年末までに、
 エアバッグの修理を完了するように命じた。
  制裁金に加えてリコール費用、訴訟費用が巨額に膨ら
 む可能性があり、会社存続の危機と指摘された。
  日本経済新聞によると、2016年4月時点でエアバッグ
 のリコール対象となる搭載車は世界で1億台以上、費用は、
 総額1兆円に上るものとみられる。
  街の声・・
  自動車が衝突するとき、その衝突が激しい時、運転し
 ていた人は、その衝突の対象物がその運転者に達しない
 時でも、運転者を衝突対象物が運転者に直接ぶつからな
 くても、運転者は死ぬ時がある。
  それは、運転者が慣性の法則によって前方へ投げ出さ
 れるからである。
  前方へ投げ出された運転者は、衝突対象物に達しない
 で、衝突対象物との衝突が避けられたとしても、運転者
 はそれで死ぬ。
  それは、運転者の非常に近い位置に「ハンドルがある」
 かあらでもある。
  当然、運転者は、運転の必要性からハンドルは運転者
 の非常に近い位置に置かれている。
  だから故に、このハンドルに衝突して死んでいる。
  まったく多くの人々が、これで亡くなった・・
  この状態から大勢の運転者の方々の命を救えないかと
 考え・・考えだされたのが「運転者がハンドルに衝突す
 る直前に、その運転者の命を救う衝突衝撃吸収材を存在
 させる」という考え方だった。
  この衝撃吸収材を作り出すことが「多くの亡くなる方々
 を救うヒントだった」。
  その解決策は、衝突衝撃で亡くなろうとしている運転
 者の前に、その衝突直前に、バルーンの柔らかい衝突衝
 撃吸収材を膨らませようという考え方だった。
  苦労の研究開発が始まった。
  「多くの方々の命を救え」と研究者たちは、一生懸命
 に研究し、努力した・・色々な試作品が出来た。
  それでも、より多くの命を救うという大きな使命の下
 に、色々な技術や知恵が取り入れられ、改良も加えられ
 た。
  多くの人々を救うため、早く世の中に出したいという
 研究者や関係者の使命感もあった。
  実際のテストも繰り返され、何度も繰り返され、製品
 の品質向上もさせ、多くの方々を救うものが、やっと世
 に出せることが出来た・・やはり多くの人々を救くった。
  偉大な功績だった。
  この製品で、器機で、自動車衝突という不幸中の中に
 も、自動車運転者の命を、多くの自動車運転者の命を救
 った・・その様な製品だった。
  正に研究開発者の優しさが、製品に、商品になったよ
 うだった。
  しかし、あらゆるものに完全は無い・・あらゆるもの
 に100パーセントは無い。
  そのわずかな部分で、その商品目的が達せられなくて、
 多くの方々を、本当に多くの方々を救っているにもかか
 わらず、そのわずかな部分において、製品目的が達せら
 れなくて、亡くなる方が出てしまった。
  人の命という事で、大切な人の命という事で大問題と
 なった。
  そして、その多くの人々を救って来たその会社は潰(
 つぶ)れてしまった。
  巨大な賠償金を課して、会社を潰したたアメリカは正
 義だったのか?
  問題は確かにあった・・確かにそれは大きな問題では
 あるが、この会社が救ったそれ以上の多くの命に目が行
 っていない。
  また、この後、これから救われるだろう方々の存在に
 も目が行っていない。
  また、この会社が、中国の会社になってしまったとい
 うことが気になる・・
.
2019年9月5日、中国は、チベット族やウィグル族などの
 土地を「同化政策」の名の下に、奪う行為の圧力を強め
 た。
  この日の読売新聞によると・・抜粋・・
  習近平政権は、「中華民族」だという名目を掲げてい
 る。
  その名の下に「同化圧力」を強める政策をとっている。
  国有企業の進出には「反対が許されない」。
  中国北部・内モンゴル自治区、中部バインノール市の
 草原の中で、羊飼いのムチの音が聞こえた。
  50頭余りの群れを追うモンゴル族の郭貴月さん(70歳)
 の姿を見つけた。
  郭さんの放牧地の北には国有企業の金精錬工場の敷地
 が広がる。
  工場建設に伴う土地の接収で、多くのモンゴル族が去
 ることになり、辺りで放牧を続けるのは郭さんだけにな
 った。
  草原には、寂れた家畜小屋や民家がただずみ、半野生
 化した馬が草をはむ。
  「国有企業に、我々の場所に作らないでほしいと言え
 なかった」。
  郭さんの顔のしわがひときわ深くなった。
  自治区は、金やレアアース(希土類)、石炭など鉱物
 資源が豊富だ。
  中国の経済発展に伴い2000年以降、自治区外からの国
 有企業の進出が本格化した。
  生態環境省によると、鉱山開発による草原損失面積は、
 2015年までに、香川県に匹敵する1835平方キロメートル
 に上る。
  郭さんの放牧地近くの工場を巡っては2014年、漏れ出
 した毒物が原因とみられる羊の大量死が起こった。
  昨年1月以降、一部のモンゴル族が環境汚染の改善と不
 当な土地収用への補償を求め政府に陳情をしようとした
 が、米政府系のラジオ自由アジア(RFA)によると、
 当局に拘束された。
  モンゴルの人々は、13世紀に広大な帝国を築いた。
  中国の清朝崩壊後、最終的に旧ソ連の影響が強かった
 地域が「モンゴル人民共和国」として独立した。
  南隣の地域も一緒に独立を模索したが、結局、内モン
 ゴル自治区として中国に残った。
  自治区に民族の名を関しているものの、モンゴル族は
 清朝の頃から人口で漢族に圧倒されてきた(漢族の流入)
  (日本の北海道にも漢族が流入するだろう)
  現在、漢族は約8割、モンゴル族は2割弱という割合だ。
  両者の摩擦は絶えない。
  今年4月にも、バインノール市で、100人超のモンゴル
 族が生活改善を求めて地方政府庁舎に詰めかけた。
  公安当局ともみ合いになって怪我人も出た。
  「抗議が収まらないのは、生きるために最低限必要な
 草原を奪われ、文化をないがしろにされて居るからだ」。
  自治区出身で米ニューヨークを拠点に自治区の状況を
 発信するとトゴチョグ・エンフバトさん(46歳)はモン
 ゴル族の思いを語る。
  包頭市政府は、昨年6月、草原の中にモンゴル伝統の移
 動式住居「パオ」を建て始めた。
  今や30か所に上る。
  その一つに4月、地元の共産党幹部が100キロメートル
 四方の草原に暮らすモンゴル族10人を招いた。
  特別に習近平総書記(国家主席)のパネルを飾ったパ
 オの中で、幹部は「党は経済発展と民族団結を促し、辺
 境地域の安定を図る。党の指導を聞き、協力してほしい」
 と呼び掛けた(中国化政策)
  パオは、当局が中国共産党の指導を広めるための拠点
 だ。
  だから、外面は乳白色でも「紅色蒙古包(赤いモンゴ
 ルのパオ)」と名付けられている。
  草原に指導の網を張り巡らす背景には、「モンゴル族
 は容易の扇動され、政府に対抗しかねない」(漢族の地 
 方政府幹部)との不信感が垣間見える。
  緊張は続く。
  (関連事項)
  モンゴル人民共和国と共に独立の行動をすればよかっ
 た。
  その後の、漢民族の流入と共に漢民族が多数となって
 しまった。
  他の自治区と同様、この地も、モンゴル族は、強制的
 に他へ移住させられたりもしたのだろう・・
  他と同様・・その様なことで漢民族が圧倒的多数とな
 ったのだろう・・この様な方法で国が奪われていく・・
  (参考)モンゴル族は、13世紀に巨大な版図を誇った
     モンゴル帝国の末裔だ。
      チベット仏教を信仰する人が多く、主に牧畜
     業に従事する。
      かつては家畜の群れとともに移動生活を送っ
     ていたが、現在は定住生活を営む。
      固有の言語を有し、民族楽器である「馬頭琴」
     は日本でも親しまれている。
      中国国内に約598万人おり、内モンゴル自治区
     内には約420万人が暮らす。
      ただ、自治区の総人口(約2470万人)の約17
     %に過ぎず、漢族が約79%を占める。
  (参考)モンゴル族の主な抵抗の歴史・・
     1995年12月、フフホト、モンゴル族の活動家の
      8人が拘束された。
      反発した学生らが2度のデモをした。
     2011年5月、シリンホト、炭鉱開発に抗議する
      モンゴル族が漢族にひき殺される。
      自治区各地で抗議のデモが起きた。
     2013年5月、赤峰、放牧地の不法占拠に抗議した
      放牧民6人が拘束された。
     2018年7月、興安盟、江蘇省の企業と開発に抗議
      する遊牧民が衝突した。
      怪我人が多数出た。
     2019年4月、バインノール、100人超のモンゴル
      族が生活改善を求め地方政府庁舎に詰めかけ、
      公安当局ともみ合いになる。
.
2019年9月15日、脱中国が世界の流れになって来ている。
  東南アジアが、その「脱中国」の受け皿になる積極的
 姿勢の状態にある。
  その様子を伝えたのが、この日の読売新聞・・抜粋
  東南アジア諸国が、中国からの生産移転の受け皿を目
 指す動きを強めている。
  米中が制裁・報復関税の報酬で対立を深めていること
 を受け、中国から生産拠点を移す事を計画する企業が増
 えているためだ。
  各国は、税制優遇策などをアピールし、投資を呼び込
 もうとしている。
  タイのソムキット副首相は10日の閣議後、記者団に対
 して強調した。
  「米中摩擦をチャンスとして、海外企業の誘致を拡大
 する」と・・
  タイ政府は、この日、中国から工場などを移転する企
 業への優遇措置をまとめた政策「タイランドプラス」を
 決めた。
  最大50パーセントの法人税減税などが柱だ。
  プラユット首相が、トップを務める投資運営委員会を
 儲け、規制緩和にも取り組む。
  投資運営委員会には、タイに移転する企業を手続き面
 で支援する特別チームを置く。
  スリヤ工業相は今月中に日本を訪れ、日本企業にも優
 遇策をアピールする計画だ。
  フィリピンでは、ロペス貿易産業相が11日、「今が中
 国から製造業を呼び込む良い機会だ」とする声明を発表
 した。
  国家経済開発庁と連携し、外資の参入規制緩和などに
 取り組むことを明らかにした。
  人件費の安いカンボジアは、縫製品などで、中国に代
 わる生産拠点として存在感を増している。
  米国向け輸出の増加もつながっており、1月~6月の対
 米輸出額は22億ドル超と前年同期から3割近く伸びた。
  後発開発途上国として、米国や日本に輸出する際、関
 税が低くて済むという強みもある。
  米ファッション産業協会の調査では、約半数の加盟企
 業が今後2年以内にカンボジアでの調達拡大を検討してい
 る。
  カンボジア縫製業協会のカイン副事務局長は、「生産
 移転の流れは鮮明だ。
  設備投資と人材育成を進め、需要を取り込みたい」と
 話す。
  ミャンマーでは、日本が支援する経済特区への在中企
 業の視察が増えている。
  アウン・サン・スー・チー国家顧問は8月、日米共催の
 投資フォーラムで、「規制の緩和をさらに進め、経済発
 展のパートナーとなる企業を呼び込みたい」と意気込ん
 だ。
  実際に、中国から東南アジアへの生産移転に向けた動
 きは広がりつつある。
  タイ地元紙によると、すでに台湾の電源大手、デルタ
 や音響機器のメリーエレクトロニクス、日本のリコーや
 シャープなど10社ほどがタイへの工場移転を計画。
  米タイヤメーカー大手など30社以上が東南アジアへの
 移転を検討している。
  各国は、こうした移転の動きを一段と加速させ、陰り
 の見える経済の成長につなげたい考えだ。
  東南アジア諸国連合(ASEAN)主要6カ国の今年4
 月~6月期の国内総生産(GDP)は、米中対立を受けた
 中国景気減速の影響で、内需が堅調だったマレーシアを
 除き、いずれも減速した。
  各国は、生産拠点の増加で先進国向け輸出が増えれば、
 低迷する対中輸出を補えると見込んでいる。
.
2019年9月18日、日本の対馬が、韓国に乗っ取られようとし
 ている。
  有志の議員団が、この日、緊急要望書を出した。
  以下・・その抜粋・・
  『対馬振興強化に関する緊急要望』
日本の尊厳と国益を護る会
  去る16日、私たちは、長崎県の対馬の現状を視察しま
 した。
  対馬は、わが国にとって古来より大陸や朝鮮半島との
 交易の窓口として、また、わが国防衛の要として大きな
 役割を担ってきました。
  しかし、止まらぬ過疎化や高齢化の中で、対馬に韓国
 の資本と人が入り込み、漁場が荒らされたり、自衛隊基
 地の周辺など安全保障上重要な土地も韓国資本に買収さ
 れているなど、わが国にとって極めて重要な要衝の地の
 将来が危ぶまれる状況になっています。
  また、中国も、韓国にとって代わろうとする意思がう
 かがえます。
  そして、昨今の揺らぐ朝鮮半島情勢を鑑みると、今後、
 対馬のわが国の安全保障上の重要性はかつてなく高まる
 ものと予想されます。
  そこで護る会は、対馬をわが国にとって戦略上の重要
 拠点と位置づけた上、下記の対策を早急に講じ、対馬振
 興に力強い新たな一歩を踏み出すよう、速やかな実施を
 要望します。

 1.「対馬振興法(仮称)」を制定し、国境の要衝としての
  対馬の位置づけを明確にするとともに国土の保全を図
  り、島民の目線に立った総合的な対馬振興計画を策定
  し、これらを両輪で実施すること。
 2.国民が対馬の歴史と文化に一層容易に触れられるよう、
  現在、有人国境離島法の対象とはなっていない対馬へ
  の旅行者の航空運賃等の引き下げを、大胆に躊躇なく
  実施すること。
 3.対馬への修学旅行等を増やすための助成を行うこと。
 4.海上自衛隊防備隊周辺の土地を国有化するとともに、
  朝鮮半島有事を想定し港湾の整備を行うこと。
 5.国境防衛の要となってきた対馬の歴史も含め、福岡に
  元寇に関する公的な歴史館を設置すること。
  (参考)
  中国と韓国は、最近、大変緊密になって来ている。
  この対馬の工作は、韓国にさせて、煮詰まって来たら
 中国が乗り出すという手を取っていると見られる。
.
2019年、対馬海峡を見て思う事
  (参考:長尾たかし議員のホームページ)
  日露戦争で日本帝国海軍がバルチック艦隊と戦った日
 本海海戦の主戦場、対馬海峡を見て思った事。
  朝鮮半島有事が起きた際、或いは南北統一が現実のも
 のになった時、この海(対馬海峡)が「38度線」となっ
 て、朝鮮半島と日本との軍事境界線になるのだろうと。
  そして、台湾、尖閣諸島有事と連動するのだろうと。
  その過程において軍事的な対応は米国が何とかしてく
 れると思うことは、完全に誤りであり、米国の事情、北
 朝鮮、中国、ロシアの本音を理解していない浅はかな考
 えです。
  確かに朝鮮半島有事が起きれば主として対応するのは
 米国です。
  しかし、米軍の軍事的キャパはこれで一杯です。
  その時は、台湾を含む尖閣諸島など他の地域の防衛が
 手薄になることを覚悟しなければなりません。
  日本も北朝鮮からのミサイル攻撃に対応するため、イ
 ージス艦などは日本海に展開せざるを得ず、海上保安庁
 も在韓邦人の救出の対応を迫られることになれば、尖閣
 諸島や沖縄、南西諸島、台湾はガラ空き、防御は不可能
 となります。
  そして、我が国にとって生命線である台湾、台湾海峡
 が、中国に抑えられる。
  朝鮮半島有事が起きてほくそ笑むのは中国なのです。
  我が国の防衛体制も予算も、深刻なまでに足りないの
 です。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  https://yumesyakai.blogspot.com/

2019年10月 1日 (火)

(増補版)657E2/3:2/3:3/3:気になった事柄を集めた年表(1896年9月~1896年10月)

題:(増補版)657E2/3:2/3:3/3:気になった事柄を集めた年表(1896年9月~1896年10月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
 ☆真実の歴史を知ることは、国際社会をより公正なもの
  にする。
  そして、その公正な社会の達成で、人々の、また、皆
  様の、そして、人間の幸福を創造していく力ともなる。
  世界に真実を公表していく事は、真にやるべき大切な
  こと・・
  そして、総べての真実を議論してこそ民主主義が達成
  される。
 ☆過去を忘れたら「歴史」は蛮行を繰り返す。
 ☆中国と韓国は隣の国・・引っ越しの出来ない隣の国・・
  だからこそ、正しいことを言って正しい関係を作らな
  ければならない。
  卑劣なねじ曲げ発言に躊躇(ちゅうちょ)してはなら
  ない・・あくまでも、正しいことを教えてあげねばな
  らない!
  また、中国・韓国は、隣国・日本の立場を理解するこ
  とにつとめなければならない。
 ☆国際社会は、中国へ民主化を強く求めなければならな
  い・・民の選択を受けない指導者たち・・民主化が達
  成できない国=中国・・
.
1896年9月28日、蜂須賀茂韶(はちすかもちあき)が、文相
 (第 2次松方内閣)となる。
  1846年9月28日、生誕~1918年2月10日、死没
   阿波国徳島藩の第14代(最後)の藩主。
  1872年(26歳)明治維新の時、オックスフォード大学
   に留学。
   侯爵、
  1896年(50歳)3月14日、勲一等瑞宝章
  1903年(57歳)12月26日、旭日大綬章
  1918年(72歳)2月10日、旭日桐花大綬章
.
1896年9月 ロシアが、豆満江上流地域・鴨緑江上流地域・
 鬱陵島・茂山の森林伐採権を取得した。
  ロシアが、朝鮮半島の利権をじわじわと奪って行く。
  また、1903年には、ロシアは、この権利(森林伐採権)
 を悪用して、ロシア軍を鴨緑江河口の龍岩浦に駐屯させ
 た・・そして、軍事基地を作ろうとした。
  朝鮮半島地域を軍事力をもって牛耳り、そして、ロシ
 ア領土化しようとした・・
  日露戦争の原因の一つとなった。
  (参考)豆満江:とうまんこう、中国と朝鮮の国境の
     白頭山(中国名:長白山)に源を発する。
      中華人民共和国(中国)、朝鮮民主主義人民
     共和国(北朝鮮)、ロシアの国境地帯を東へ流
     れ日本海に注ぐ、全長約500kmの河川。
  (参考)鴨緑江:おうりょっこう、中国東北部と北朝
     鮮との国境となっている川。
      白頭山に源を発し黄海に注ぐ。
      水の色が鴨の頭の色に似ていると言われたこ
     とからこの名がある。
  (参考)鬱陵島:うつりょうとう、朝鮮半島の東、日
     本海に浮かぶ直径10キロメートルの島。
  (参考)茂山:むさん、もさん、朝鮮半島北部に位置
     する。
      北東アジアで最大規模の埋蔵量を持つという
     鉄鉱山・茂山鉱山がある。
      満州族(女真族)など中国東北地方の諸族が
     朝鮮半島へ侵入する通路の一つにあたり、朝鮮
     の李王朝は、ここに兵営を置き北辺防備をした。
.
1896年10月1日、川崎造船所(後の川崎重工業)が設立され
 た。
  兵庫県神戸市に設立された川崎造船神戸工場の前身で、
 後の、川崎重工業株式会社(10月15日説あり)
  1869年、加賀藩士の3人が、加賀藩の七尾造船所が閉鎖
   されたため、その設備を譲り受け、兵庫川崎の浜に
   設立したことに始まる・・
   この事と・・
  1878年、川崎正蔵は、近代的な造船所の必要性を感じ
   ていた・・そこで・・
   東京の築地に川崎築地造船所を設立した。
  1881年、川崎正蔵は、また、神戸に川崎兵庫造船所を
   設立した。
   まだ、日本は、和船が重んじられていた時代で、経
   営は苦しかった・・
   官糖の取り扱いで利益を得て、事業を支えていた。
  1880年、国が、官営工場を民間に払い下げる方針を示
   した。
  1886年、官営・兵庫造船所が、川崎正蔵に払い下げら
   れた、設備は優れていた・・この機能を取り入れた・・
   そして、名称も、川崎造船所と改称された。
   東京は閉鎖され、神戸に集約する・・
  1994年、日清戦争が事業を拡大させた・・新造、修繕
   の需要が増大した・・
  1896年10月15日、株式会社川崎造船所が設立された。
   松方正義の3男の松方幸次郎が初代の社長となった。
   川崎正蔵の息子たち3人は運悪く亡くなっていた。
   川崎には、養子の4男が居たが、まだ10歳であるため、
   松方が後継者とされた。
   社長は、積極的に設備投資をし、拡大して行く・・
.
1896年10月16日、東武鉄道が設立された。
  伸び盛りの日本である・・次々と会社が設立された。
  また、富国強兵の下、盛んに国力の充実に努められた。
  新千円札の顔となる渋沢栄一も盛んに貢献する。
  この日、東武鉄道(東武グループの中核となる企業)
 が設立された。
  1895年(明治28年)4月6日:創立願いが出された。
  1896年6月22日、仮免状が下付された。
  1896年10月16日、創立総会が開催された。
   役員の選任(専務取締役:末延道成、取締役:今村
   清之助、南條新六郎、原六郎、渡辺洪基)
  1899年8月27日、初の路線である現在の伊勢崎線の北千
   住駅~久喜駅間が開業した。
  1945年3月10日、東京大空襲により東京の下町地区が大
   被害を受けた・・東武鉄道も、浅草地区を中心とし
   た伊勢崎線沿線が被災した。
  1945年4月13日、国際法違反となるアメリカ軍による民
   間人殺戮、及び、民間施設を攻撃対象とする攻撃が
   盛んに行われた。
   東武鉄道も、この空襲により池袋地区を中心とした
   東上本線沿線が被災する。
  2012年5月22日、東京スカイツリーをはじめとした、東
   京スカイツリータウンを開業させた。
.
1896年10月21日、税務管理局官制公布されて、全国に税務
 署が設置された(11月説あり)
  47府県の収税部は、全国23の税務管理局に再編・統合
 されて、府県収税部のもとに置かれていた収税署は、税
 務署と改称された。
  これによって、これまで、府県が取り扱ってきた国税
 事務は、大蔵省主税局のもとに一元化されて、税務行政
 の統一的な執行体制が成立した。
  設立当初の税務署は、税務管理局の出張所のような機
 関だったが・・
  1902年、税務監督局官制と税務署官制の施行によって、
 税務管理局は、税務監督局へと改組され、税務署の監督
 機関、税務署は、国税の執行機関となり、役割が明確に
 区別されるようになった。
  創設された当初の税務署の機構は、直税・間税・庶務
 に分かれていた。
  1896年の租税収入の割合は・・
  ①地租46%、②酒税23.8%、③所得税2.2%、④その他
 28%・・
  その他には・・営業(収益)税、個別消費税、関税、
 印紙収入など・・
  直税課は、地租、営業税、所得税などを担当したが、
 この時代は、地租が高い税収入を占めていて、職員は、
 土地の分合筆、地目の変換、災害などの際には、税務署
 に備え付けの土地台帳などの帳簿類を修正するほか、管
 轄内の土地の実地検査を定期的に行っていた(豊臣秀吉
 の検地を思い出される)
  土地の測量には、器具を用いた・・「測板(平板)測
 量法」が採用されていた。
  この測量技術の修得のため、税務職員を対象にして、
 各税務監督局内では講習会が開かれた。
  また、税務署が主催する町村職員に対する測量講習会
 も開かれた。
  間税課は、間接税を担当した・・その中心は酒税。
  1899年から、酒税が、国税収入の首位を占めるように
 なり、重要性が高まった。
  1899年、自家用酒の醸造が全面禁止された。
  密造酒の取り締まりも、間税職員の重要な任務となっ
 た。
.
1896年10月25日、南和鉄道が、葛駅~五条駅間を開通させ、
 また、五条駅~二見駅間を開通させて、高田駅~二見駅
 間を全通させた。
  南和鉄道は、奈良県にあった私鉄。
  後に、1904年12月9日、関西鉄道に買収され・・さらに、
 国有化へ・・
  奈良県の吉野川流域には、大阪鉄道が、当初の広大な
 計画の一部として路線を建設するものとされていた。
  しかし、その実現性は、少なくなって行く推移をした・・
  そのため、地元資本で路線敷設をしようということに
 なった。
  大阪鉄道の高田駅から分岐し、五条駅に至る鉄道敷設
 を申請する。
  1891年、仮免許が下り、
  1893年、免許が下付され・・
  1896年、全線が開通した・・
  五条駅~二見駅間は、吉野川水運、主に、木材運搬の
 ために建設された路線だった。
.
1896年10月、日本郵船が、豪州航路を開設した。
  日本郵船の始まりは、岩崎弥太郎に始まる。
  同郷・土佐の坂本龍馬が率いる海援隊・・その商法に
 思想面で影響を受けた岩崎弥太郎だった・・
  生まれ育った土佐で、海運業を興す決意をした。
  岩崎彌太郎は、藩の汽船を購入し、その資金調達の仕
 事を通して経営方法を学んだ。
  1870年(明治3年)東京・大阪・高知間で、海上物資輸
   送を行う九十九商会(後の三菱商会)が大阪市西区
   で設立された。
    そして、三菱財閥(三菱グループ)の源流企業と
   なって行く・・
  1875年(明治8年)国有会社である日本国郵便蒸気船会
   社の経営が、岩崎弥太郎に任された。
   (三菱商会が郵便汽船三菱会社へ改称される)
  1875年、郵便汽船三菱会社は、en:Pacific Mail Steamship
    Company と契約をし・・
    政府の援助や吉岡銅山の利益を元に、洋銀78万ド
   ルを支払って部分的な事業譲渡を受けた。
  1885年(明治18年)政府の仲介で、郵便汽船三菱会社
   と三井系国策会社である共同運輸会社は合併し、日
   本郵船会社が設立された。
  1896年、驚愕的な航路の開設をする・・
   欧州・米国、豪州に一挙に定期航路を開設した・・
   世界の海運界を驚愕させた。
    それまで、日本の定期航路は、遠洋といえどもイ
   ンド洋までだったが、それが、太平洋を制覇して、
   インド洋、地中海を経て、大西洋に至るという大事
   件だった。
  そして、今・現在、国内・海外を合わせて350以上の都
 市の港へ、755隻の船を運行させ乗り入れている・・世界
 最大手の海運会社のひとつとなっている。
  因みに、ユダヤの方々を、ナチスから救ったのは日本
 郵船だった。
  日本経由で、パレスチナや北米へ向かう難民たちの救
 出に協力した。
  ユダヤ人難民のリーダー、ゾフラ・バルハフティック
 は、その著書『REFUGEE AND SURVIVOR』の一章、NYK PROJECT
 に、当時の模様を克明に記している。
.
  (今日の言葉)
.
  題:韓国の方々が、自国の文在寅(ムン・ジェイン)政権の行動を批判し始めた。
    自国の政権がしていることを「おかしい」「嘘だ」と言い出した・・「虚飾されている」と言い出した。
    李氏朝鮮の時代も「嘘をついて、国が滅びて行った」が、今もその様なことをしている・・と言い出した。
    今、韓国・朝鮮の良識ある知識層が声を上げ始めた・・
.
1523年、「モルッカ諸島記」という世界一周記が発刊され
 た。
  1521年、マゼランは、世界一周を果たせず、フィリピ
 ンで戦死していた。
  (マゼランが、世界一周をしたというのは間違い)
  世界一周を目指した船は5隻だったが、スペインに帰着
 できたのは「たったの1隻だった」。
  そして、この本は、やっと帰り着いた船員から聞き書
 きしたものだった。
  船員たちは言う・・
  「世界を一周して来たが、全地域にわたって、その様
 な怪物、また、怪物然とした人間には一度も出会ったり、
 見たりしたことは無かった」・・と・・
  また、「その様な怪物が存在していることも、また、
 かつて存在していたという事も、聞いたことは無かった」・・
 と・・
  「それらの怪物についてのことは、偽りと言わざるを
 得ない」・・と・・
  キリスト教に洗脳されて作られた「怪物妄想」は、こ
 の様に強く人々を洗脳し、人々をマインド・コントロー
 ルしていた。
  怪物が居るのではと怯(おび)え、好戦的になりやす
 いマインド・コントロールが、キリスト教ヨーロッパ人
 を防御的にし、また、好戦的にしていた。
  この様な航海者が実見した証言があっても、このキリ
 スト教が洗脳したマインド・コントロールは、人々から
 なかなか抜けなかった。
  「どこかに怪物は居るはずだ」と思い続けさせた。
  このキリスト教の洗脳のマインド・コントロールから
 抜け出すことが出来るのは、18世紀にならなければなら
 なかった。
  ヨーロッパの図鑑などの書籍類から、怪物が消えたの
 は18世紀だった。
  アメリカ大陸で、インディオに出合ったスペイン人と
 キリスト教聖職者たちは、バチカンのローマ法王(教皇)
 に問い合わせると、「人間ではない」という返事に、こ
 の返事を契機にして大虐殺が長期間に渡って行われた。
.
1614年、徳川幕府が、キリスト教宣教師の追放令を出した。
  キリスト教は、ひたすらこのことを言いたてる・・そ
 して、弾圧されたと言う。
  これは、キリスト教が良くする言い方で、すでに、キ
 リスト教宣教師の追放令は、豊臣秀吉が、遠い以前に、
 既に、出していて・・
  その時、その令に従ったキリスト教宣教師は、長崎か
 ら船で出国していて・・何も問題は起こらなかった。
  秀吉は、弾圧も何もしていない。
  令に従えば、何も問題は無かった。
  しかし、キリスト教宣教師で、この令に従わない「法
 律違反者」がいた。
  その為、徳川幕府が、また、キリスト教宣教師の追放
 令を出さざるを得なかった。
  当初、キリスト教という異教に対し、日本の文化は、
 柔軟で、優しかった。
  日本人の優しさから来ていた。
  穏便に温厚に他宗教を受け入れていた。
  これは、キリスト教の様に、民族が混在する風土で育
 った宗教とはちがう・・「他民族や、異教徒は殺せ」の
 キリストの教えるところとは、まったく違う日本の風土
 だった。
  織田信長は、優遇さえした。
  そして、豊臣秀吉も、最初は、信長と同様に、倣(な
 ら)っていた。
  しかし、キリスト教宣教師の「陰の使命」が分かって
 来た。
  「日本を植民地にする」という密命を帯びたキリスト
 教宣教師の「その密命」を豊臣秀吉は知った。
  長崎などが要塞化されつつあった。
  また、キリスト教は、日本の若い女性をヨーロッパな
 どへ売る人身売買を行なっていた。
  キリスト教会がその拠点となってその南蛮貿易を実施
 していた。
  豊臣秀吉は、臣下にそのことを調べさせた。
  その結果、「間違いない事実」と判明した。
  キリスト教教会は、その元締めさえしていて、キリス
 ト教が、この様な背景を持つ組織であった・・
  このことを、まったくキリスト教は説明もしない。
  ただただ「弾圧された」「弾圧された」と、この事だ
 けを、日本だけでなく世界へ言いつのった。
  キリスト教に偏するNHKも、学校放送で、感受性の
 鋭い世代を狙って(高校講座で)キリスト教に同調した
 言い方で、日本を貶(おとし)める教育放送をし続けて
 いる。
  そして、今・現代・・新たな宗教弾圧を「キリスト教」
 がやっている。
  まったく別の宗教となってしまった「隠れキリシタン」
 と言われた方々が、今・現代、まったくキリスト教とは
 違った宗教形態となっている・・
  日本の宗教の神道や仏教の宗教形態になっているが・・
  これを無理に元に戻そうという「強引な宗教弾圧的な
 行為」をキリスト教はやっている。
  「自分たちのやっている」キリスト教の様に戻したい
 と、強引に介入して行っている。
  「潜伏キリシタン」という新たな言葉も使ってマイン
 ド・コントロールしている。
  「隠れキリシタン」とはキリスト教会に復帰しない者
 たちの事だとレッテルを貼っている。
  また、一人のおばあさんが、新たに出来たキリスト教
 会に来て、「マリア様の像が見たい」と言ったことを、
 「隠れキリシタンの発見だ」と言った。
  裏付けもあると大袈裟に宣伝した。
  江戸時代の事を、昭和15年になってその裏付けを取っ
 たと言う。
  裏付けを取った・・確かめた・・と言ったって、100年
 近くも後になって確かめたということ・・
  キリスト教を信仰する者を研究者として、「この事が
 (裏付けが)調べられた」と言っている。
  キリスト教の人たちの働きかけで、半分の人がキリス
 ト教になったという。
  宗教の勧誘は自由だが、隠れキリシタンが居たという
 この地域に、特に、だから、重点的に執拗な勧誘が行な
 われている。
  まったく違って、変わってしまった宗教になった方々
 へ・・キリスト教とまったく違った儀式をしている人た
 ちへ、神道の社・やしろを建てて神道的な儀式をしてい
 る方々の所へ、キリスト教は介入している。
  キリスト教聖職者が、キリスト教の原色の派手な聖職
 者服を着て、参列し、自分たちのキリスト教の儀式を行
 なって、介入している。
  隠れキリシタンの方々が、長い年月の中で培(つちか)
 ったキリスト教とまったく違った形となった宗教儀式を
 元に戻したいとしてやっている・・介入している。
  この方々の宗教を尊重していない・・新たな弾圧行為
 となっている。
  この様な行為をしてまでして「作り上げた状況」を、
 現状を・・「隠れキリシタンの現状は世界でもまれな例
 である」「世界史上、特異である」と作り上げられた現
 状が世界遺産として評価されてしまって、世界遺産とな
 った。
  今までの歴史の中で、神道や仏教に戻った方々の宗教
 形態が、その信仰が、まったく無視された。
  仏教が大切にしている先祖からの伝承や信仰形態を大
 切にしている方々の行為を無視した・・立場がまったく
 無い状態にされている。
  半分の方々は、「キリスト教に戻らず」に、その自分
 たちの信仰を保っている・・そして、これまで変えたい
 とキリスト教は強引に介入している。
     ・
     ・
1913年、ガンビアのアフリカゾウが、絶滅した。
  気象変動などによる干ばつ、そして、民族紛争、象牙
 目的の乱獲などによって生息数は減少した。
  象牙価格が高騰していることや、内乱や民族紛争によ
 って、より殺傷力のある自動小銃や機関銃などの火器が、
 密猟者に渡ったことによって・・
  幼獣も含めて「群れ単位の虐殺」が行われることなど、
 密猟者の手口が悪質化している問題がある。
  ガンビアでは、1913年に絶滅し・・
  また、ブルンジでは、1970年代に絶滅し・・
  モーリタニアでは、1980年代に絶滅し・・
  スワジランドでは、1920年代に絶滅した。
  しかし、スワジランドの場合は、1980年代から1990年
 代に再導入された。
  一部の地域では、減少傾向にあるが、地域によるもの
 の1960年~1980年代に底を打ち、生息数は漸増傾向にあ
 ると推定された・・
  2000年代には、大半を占めるアフリカ大陸東部個体群
 や南部個体群では、生息数は年あたり4%の上昇率で増加
 しているという報告例もある。
  今までの生息数の経緯は・・
  1970年代における生息数は、270万頭、
  1980年の生息数は、100万頭、
  1988年の生息数は、62万頭と推定されている。
  1995年における生息数は、約28万頭が確認されている。
  最近の過去は、10年で11万1000頭が減少し・・
  今、約41万5000頭となっている。
  地面に着くほどの大きな牙を持つ巨象は、世界で25頭
 前後に減ってしまった。
  象牙の密漁で殺されている。
  ケニアの国立公園の「サタオ2世」が殺されていたこと
 が、最近、確認された。
  毒矢で殺されていた。
  重さ50㎏~52㎏の2本の巨大な牙は、切り取られずに残
 されていた。
  密猟者2人が逮捕された。
  サタオ2世は、2014年に密猟者に殺された巨像「サタオ」
 にちなんで名づけられていた。
.
1945年、若泉敬・京都産業大学教授(佐藤栄作首相の政治を
 助けた業績がある方)は・・
  中学生の頃、アメリカ軍による空襲によって、大量無
 差別虐殺された日本の婦女子の焼けただれた死体が、ご
 ろごろ転がる道を歩きながら、背筋がぞくぞくするよう
 な恐怖感、嘔吐感、虚脱感、絶望感を感じたと言われた。
  その少年時代の体験から、佐藤栄作首相の政治を助け
 ていた時・・
  「原爆を落とされるような、あんなひどいことをされ
 たから、二度とアメリカに逆らってはいけない」と思っ
 たという。
  昭和5年生まれの先生と同じ年齢の方は言う・・
  「焼夷弾は非常に酷(むご)い。
  火の中を逃げ回って、結局、焼かれて死ぬのだから・・」
 ・・と・・
  国際法違反の一般人・民間人の殺戮を狙ったアメリカ
 の都市への無差別爆撃・・じゅうたん爆撃・・
.
2008年11月、エジプトのサッカラでシェシェティ女王のピ
 ラミッドが発見された。
  これは、エジプト国内での118基目のピラミッド。
  (参考)サッカラ:古代エジプトの首都だったメンフ
     ィスのネクロポリス(巨大な墓地、または、埋
     葬場所)で、多数のピラミッドがある。
  古代エジプトのピラミッドは、巨石を四角錐状に積み
 上げて、中に通路や部屋を配置した。
  建造物として、王が、天に昇る階段としての役割・・
  そして、ピラミッドの斜めの外形は、太陽光を模した
 ものとも言われている。
  ピラミッドは、単体で完成したものではなく、付随す
 る葬祭殿などとの複合体として捉えるべきもの。
  大ピラミッドなど、本体には基本的に北面に入り口が
 ある・・
  そして、玄室(げんしつ、棺を納める室)に至る道や、
 「重力分散の間」と呼ばれる未解明の機構がある。
  ヘロドトスが、「歴史」に記述した「奴隷が強制労働
 で築いた王墓」は間違いである。
  古代ギリシャの歴史家のヘロドトスが、自分の国家の
 状況からその様に想像したのだろうが・・
  1990年代に入ってから、ギザの大ピラミッド付近でピ
 ラミッド建造に関わったとされる人々の住居跡や墓が見
 つかった・・そして・・
  ピラミッド建設に関わった道具や手術跡など、高度な
 外科治療が施された人骨が発見された。
  更に、女性や子供達の骨も数多く発見され、家族で暮
 らして、ピラミッド建設に従事していたと推測された。
  このような事実から、定住して、ピラミッド建設に携
 わっていて・・
  虐げられていた奴隷ではなく、専属の労働者が居たと
 考えられた。
  また、ピラミッド建設に必要な高い建築技術は、専門
 の技術者でなければ従事できない。
  建設に関する労働者のチーム編成や作業記録が、文字
 で残っていることから、専門的な知識を持った技術者が
 居たことも推測された。
  また、住居跡があることから、技術者は、年間を通し
 てピラミッド建設現場に居住していたと考えられた。
  ナイル川が、上流のサバナ気候の影響で氾濫し、農業
 ができない間、農民が労働力として使われていた救済土
 木事業という説もある(一般労働者)
  ナイル川の洪水に立ち向かい、その洪水のサイクル性
 から暦を発達させ、洪水の時は、ピラミッド建設をした。
  そして、近年の研究で、このピラミッド建設が、失業
 対策と分かった。
  洪水期の畑仕事が出来ない民のために、ピラミッド建
 設をさせていた(奴隷による建設ではない)
  メソポタミア文明の場合、チグリス・ユーフラテス川
 の洪水で、キリスト教の祖先アブラハムは、この洪水の
 地・ウルを逃げ出した。
  そして、蜜と乳の流れるカナンの地を目指した。
  一方(エジプト)は、留まって洪水に立ち向かい、一
 方(メソポタミア)は理想の地を探し求めて、その地を
 捨てる・・この違いは何から来るのか・・
.
2018年11月、韓国の方々が、自国の文在寅(ムン・ジェイ
 ン)政権などの行動を批判し始めた。
  自国の政権がしていることを「おかしい」「嘘だ」と
 言い出した・・「虚飾されている」と言い出した。
  李氏朝鮮の時代も「嘘をついて国が滅びて行った」が、
 今もその様なことをしている・・と言い出した。
  今、韓国・朝鮮の良識ある知識層が声を上げ始めた・・
  韓国のロビー活動で「間違ったことを信じている国連、
 誤解をしている国連の担当者の人たち」にも、この話を
 聞いて貰いたい・・
  (関連事項)アメリカ軍が、第二次世界大戦後、日本
     に進駐して来た時、横須賀地区だけで、また、
     進駐の4か月の短期間だけで、アメリカ軍人にレ
     イプされた日本女性への性犯罪が数百件にもな
     った・・アメリカの謝罪は無い・・
  https://www.youtube.com/watch?v=WCxIQCBdj34
   李栄薫氏(李承晩学堂の校長)の話
          (参考・・日本語翻訳:林寿泉氏)
  李承晩TVの視聴者の皆さま、こんにちは・・
  「日本軍慰安婦問題の真実」の第4回目です。
  李承晩TVは、「事実」と「自由」という価値と精神
 に基づいて我が国(韓国・朝鮮)の歴史を省察する番組
 です。
  毎日、展開される現実のニュースを報道するとか、そ
 れについて論評することには、距離をおくことにしてい
 ます。
  今までの8ヶ月間、その原則を守って来ました。
  しかし、今日は、多少、時事的な問題を扱わざるを得
 なくなりました。
  何日か前に、正に、このシリーズの主題である日本軍
 慰安婦問題に関して、見過ごす事の出来ない二つの事件
 が言論報道されたからです。
  一つは、文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が、アメリ
 カを訪問する途中、あるメディアにインタービューをさ
 れたときに話したことです。
  「日本の昭和天皇は戦犯である。その戦犯の子供であ
 る現在の天皇か総理大臣が、慰安婦の手を握り、心から
 謝れば慰安婦問題は簡単に解決する。しかし、そうしな
 いから遺憾である」という趣旨の発言でした。
  この発言に対して、日本の政界と国民が激怒していま
 す。
  日本の外務大臣は、異例的に、非常に無礼な発言だと
 憤慨し、謝罪を要求しています。
  私も、文喜相(ムン・ヒサン)国会議長の発言は、誤
 ったものだと思います。
  国会議長と言えば、一国を代表する、序列2位の公人で
 あります。
  この様な公人が、無頼漢レベルの軽薄で浅薄な発言を
 したと思います。
  韓国のマスコミは、沈黙する事で、文喜相氏を擁護し
 ているようですが・・
  私は、彼の大韓民国の国家品格を顕著に損なった責任
 は、逃れる事のできないものだと思います。
  文喜相氏は、国会議長を辞退し、政界を引退すべきで
 す。
  もしそれが出来なくて、そして、いやならば、自分の
 主張が正しいという主張の下で、日本を相手に論争をし
 て下さい。
  論争をするのであれば、次のいくつかの事項を念頭に
 おいて頂きたい。
  まず、第二次世界大戦で、日本と戦争をしたアメリカ、
 イギリス、オーストラリアを始め連合国44ヶ国は、戦争
 後、日本天皇を戦犯としたことはありません。
  その44ヶ国に、韓国は、参加できませんでした。
  参加することを希望しましたが、拒絶されました。
  1951年のサンフランシスコ平和条約は、韓国を、旧日
 本帝国と(一体だった状態)から分離、解放された地域
 と規定しました。
  旧日本帝国に併合されていた歴史的事実があり、その
 根源、権利の源泉については、事実が、確認されました。
  つまり、客観的に韓国人は、日本に対して戦争の責任
 を追求する立場にいません(日本と一体になって行動し
 ていた状況にあった国)
  文喜相氏は、何を根拠に日本天皇を戦犯として規定す
 るのか、その根拠を示してほしいです。
  日本の肩をもつために言っているのではありません。
  私は、韓国人であると同時に、世界人です。
  そういう観点から、歴史的事実を冷静、かつ、客観的
 に話しているだけです。
  周知の様に、日本の天皇は、日本国家の象徴的な存在
 であります。
  政治には介入しません。
  謝罪をするとか、しないとか的な立場にいません。
  そうでありながら、日本人からは尊敬され、愛される
 日本の象徴であります。
  日本は、我が国の友邦です。軍事的にもそうです。
  また、韓国の経済は、日本の経済と深く繋がっていま
 す。
  韓国の10大輸出産業において、100ドル分を輸出するた
 めには、20ドル分の日本の高級部品、素材、装置を輸入
 しなければなりません。
  そうしなければ、韓国の輸出産業は、韓国経済の再生
 産は、麻痺します。
  そのため、日本は、我が国にとって非常に大切な友邦
 であります。
  隣家や同じ町内の目上の人を誹謗しないのと同じよう
 に、隣国のそういう歴史と文化は、尊重しなければなら
 ないものです。
  このようなことを分からない筈のない、政界の重鎮が
 軍事的に、経済的に非常に大切な隣国を冒涜しました。
  そのため、私は、彼は謝罪し、それから、犯した誤り
 が大きいため、もうお歳でもありますし、政界を引退す
 るのが当然だと思います。
  また、もうひとつ、彼が念頭に置かなければならない
 ことは、日本を代表する内閣総理や関係大臣が慰安婦問
 題に対して謝罪をしたのは、一、二回ではないというこ
 とです(大局的見地から謝罪した行為)
  彼(文喜相氏)が知らないかも知れないという老婆心
 から一つの事例だけご紹介します。
  ご覧になっている画面は、2001年、当時の小泉総理が
 生存していた元韓国人慰安婦、一人一人に送った謝罪の
 手紙です。
  単に、送っただけではありません。
  日本の官吏が、直接一人一人を訪ね、深くお辞儀をし、
 手紙を朗読してから渡す、丁重な格式ばったものでした。
  ただの謝罪ではなく、品格のある贖罪または陳謝でし
 た。
  英語でapologize(謝罪)ではなく、atone(償い)で
 あると言いました。
  非常に品格のある、贖罪と陳謝の儀礼に従ったもので
 ありました。
  内容を読んでみてもそうです。
  長くないので、翻訳文をお読みします。
  政府と国民が協力して進めている「女性のためのアジ
 ア平和国民基金」を通じ、元従軍慰安婦の方々への我が
 国の国民的な償いが行なわれるに際し、私の気持ちを表
 明させていただきます。
  いわゆる従軍慰安婦問題は、当時の軍の関与の下に、
 多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題でございま
 した。
  私は、日本国の内閣総理大臣として改めて、いわゆる
 従軍慰安婦として数多くの苦痛を経験され、心身にわた
 り癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し、心から
 おわびと反省の気持ちを申し上げます。
  我々は、過去の重みからも未来への責任からも逃げる
 わけにはまいりません。
  我が国としては、道義的な責任を痛感しつつ、おわび
 と反省の気持ちを踏まえ、過去の歴史を直視し、正しく
 これを後世に伝えるとともに、いわれなき暴力など女性
 の名誉と尊厳に関わる諸問題にも積極的に取り組んでい
 かなければならないと考えております。
  末筆ながら、皆様方のこれからの人生が安らかなもの
 となりますよう、こころからお祈りしております。
  日本国内閣総理大臣 小泉純一郎」
  私は、この手紙を読んで、日本国の立場で、できる限
 りの最善の謝罪を、品格のある陳謝をしたと思います。
  単純に政府だけでなく、手紙の中で表現されている様
 に、国民的、国家的な陳謝をしたのであります。
  陳謝の手紙が朗読されたとき、少なくない慰安婦達が
 泣きました。
  そして、その謝罪を受け入れました。
  私が会った、ある慰安婦は、その手紙を大切に保管し
 ていました。
  しかし、謝罪を受け入れない慰安婦がいました。
  慰安婦運動団体は、返って日本の謝罪を非難しました。
  私は、それを大きい間違いだと思います。
  そのことにより、それから18年間、韓日両国の関係が
 大きくねじられました。
  その経済的損失は、図りしれないものです。
  何人もの運動家達が、アマチュア的な運動家達が、歴
 史家達が、国家の大計を台無しにしたと私は思います。
  私は、その点を申し上げるためにこの講義をやってい
 ます・・これから徐々に、順番になれば詳しくご説明し
 ます。
  私が、今、文喜相氏に思い出してもらいたい点は、小
 泉総理の陳謝の手紙を含めて、日本政府の国民的謝罪が、
 それ以降にも、何回もあったということです。
  総理が、韓国に来て、手を握ってこそ謝罪になります
 か?
  お辞儀をすれば、その品格のある陳謝では謝罪になり
 ませんか?
  あなた方の行動は、何の論理かわかりません。
  ここで、文喜相氏を含めて慰安婦運動団体、ひいては、
 全ての韓国人に投げたい質問があります。
  彼ら、いや、我ら皆は、はたして謝罪を受け入れる心
 の態勢ができているのでしょうか?
  日本の総理が、韓国に来て慰安婦の手を握り、謝罪し
 たとしましょう。
  それで終わるのでしょうか?
  慰安婦問題が起きてからの28年間の歴史を見ると、そ
 うでないと、私は、断言できます。
  我々の皆、(韓国は)もっと正直になりましょう。
  解決を拒否するために、紛争を持続させるために、問
 題を続けて提起しているのではないでしょうか?
  私は、文喜相氏が紛争を増幅させる意図で、その様な
 発言をしたと思っても過言ではない程、この問題を巡っ
 て、今までの28年間に渡り、韓国の政府、運動団体、国
 民の皆が見せた態度は「正直ではなかったと思います」。
  別の最近のニュースに関して言及すべき問題は、御覧
 の写真に関するものです。
  この写真は、日本軍慰安婦と関連して、今までの20余
 年間、最も広く知られている写真であります。
  各級の歴史書に、教科書に、必ずと言って良いほど載
 せられてきたものです。
  最近、ソウル大学校のジョン・ジンソン教授のチーム
 が、写真の所有者を探して、写真の原本を購入したそう
 です。
  そのことを、多くの新聞と放送が大きく報道しながら、
 韓国人の涙と激怒を誘う記事を書きました。
  例えば、世界日報は、「目を閉じた臨月の被害者、彼
 女たちの勇気を記憶しながら」と書きました。
  私は、その勇気がいったい何なのか、理解できません。
  写真の中での妊娠している女性は、平壌(ピョンヤン)
 の南浦(ナンポ)出身ですが、中国の南京と、ビルマで
 慰安婦生活をした後、1944年9月、中国の祟山(すうざん)
 で捕虜となった後で撮った写真だそうです(捕虜として
 の写真)
  とにかく、私は、今までスキャンしてきた史料写真の
 代わりに原本を手に入れたのが、どうしてそんなに大き
 いニュースになるのか、よく理解できません。
  その問題はおいておくにしても、私は、それに対する
 言論(マスコミ)の報道姿勢について言いたいことがあ
 ります。
  私が、ジョン・ジンソン教授のチームと言論(マスコ
 ミ)に聞きたいことは、次の様なものです。
  このような妊娠と臨月と流産の被害を被った女性が、
 全日本軍慰安婦の中で、どの程度いたのかという問題で
 す。
  私は、この問題と関連して、まず、以前の講義で紹介
 しました1950年代~1960年代の韓国人相手の慰安婦と、
 米軍相手の慰安婦の妊娠、出産、流産について申し上げ
 たいと思います。
  そうすることにより、私の質問の意図が自ずと鮮明に
 浮き彫りになるからであります。
  以前ご紹介しました、1964年に、パク・デグン氏が、
 郡山(クンサン)市の保健所に登録された慰安婦達の実
 態を調査したその論文は、慰安婦達の妊娠、出産、流産
 の回数まで調べました。
  そのことについては、以前の講義では、敢(あ)えて
 紹介しませんでしたが、今、紹介する必要性が生じまし
 た。
  韓国人相手の慰安婦の188人の中では、33人が出産をし
 ました。
  米軍慰安婦の132人の中では、69人が出産を経験しまし
 た。
  米軍慰安婦の半分近くが出産を経験したのです。
  その出産経験というのは、間違いなく米軍兵との関係
 による出産なのか、あるいは、慰安婦になる前の婚姻関
 係による出産なのかが、明らかなものではありません。
  とにかく相当数の女性たちが、米軍と関係を持って子
 供を出産したのは事実です。
  出産問題については、ここまでにしておきます。
  次は、流産問題について申し上げます。
  先の写真での女性が流産したという事からです。
  ご覧の表は、どれほど多くの女性たちが、郡山地区の
 慰安婦達が、流産を経験したのかを示しています。
  韓国人相手の慰安婦188人中37人が流産を経験しました
 が、自然流産6人、人工流産が31人です。
  米軍慰安婦132人中、流産を経験した人は89人ですが、
 21人が自然流産、68人が人工流産でした。
  人工流産の回数を見ますと、1回から20回まであります。
  5回以上が18人もいます。
  10回、20回、その様な遺産の回数を私には想像し難い
 のです。
  鋭い刃が、女性たちの体を数回かき乱したのです。
  これが、1964年当時の軍周辺の基地村で行われた反女
 性、反人権の実態でした。
  米軍慰安婦の半分近くが出産を経験したと申し上げま
 したが、その結果、全国的に数多くの混血児が生まれた
 のは、我々韓国人が、皆がよく知っている事です。
  ご覧の表は、1955年~1969年までの各年度の混血児の
 総人数です。
  混血児の総人数に続き、その隣に混血児で外国に、主
 に、アメリカに、養子として送られた子供の数を示して
 います。
  その子供たちが、白人系か黒人系か、その他の第3系か
 が共に示されています。
  この数値は少し曖昧です。
  混血児の総人数が、養子を送ってから残った数なのか、
 養子を含めての数なのかが、時期によって曖昧(あいま
 い)です。
  とにかく、1969年まで、1955年から12年間9058人の混
 血児が、主に、アメリカに養子として送られました。
  その後でも、1969年のその年に、国内には1393人の混
 血児が居ました。
  混血児は、1955年以来、毎年600人~700人ずつ生まれ、
 その傾向は、1960年代の中後半に入り、返って増えたの
 ではないかという気がします。
  どうして、この様な事が起きたのでしょうか?
  先ず、米軍が、兵士たちの性慰安行為を管理しなかっ
 たからです。
  つまり、兵士たちが、慰安婦と性交渉をする時は、必
 ず、コンドームを着用するように強制しなかったのです。
  韓国人相手の慰安婦に比べて、米軍慰安婦の流産回数
 が、先ほどお見せしましたように、はるかに多いです。
  その事は、米軍の兵士たちが、女性たちの妊娠と性病
 の危険性に鈍感で、コンドームを着用しなかったからで
 す。
  それに比べて、今度またご紹介しますが、日本軍では、
 性病統制の目的で、兵士たちにコンドームの着用を義務
 化しました。
  この事から、日本軍慰安婦の妊娠と流産の頻度は、1950
 年代の米軍慰安婦よりはるかに低かった、ということが
 言えます。
  女性たちの立場から考えて、どちらがより有利なもの
 だったでしょうか?
  視聴者の皆さんが、ご自身で判断してみてください。
  2番目は、この様な数多くの女性たちの妊娠と出産、流
 産と、そして、養子問題、この事で言えることは、当時
 の韓国人の人権意識は非常に低かった。
  ほぼ欠如した状態だったということが示されています。
  基地村の包主(ポジュ、楼主、経営者)達は、女性た
 ちに流産を強要しました。
  そこで、数多くの人工流産が行われたのです。
  そこで、数多くのメス裁きが女性達の体をかき回した
 のです。
  韓国社会は、どうだったのでしょうか?
  流産の危険を克服して生まれた子供たちを、韓国社会
 は包容しませんでした・・(受け入れを拒否しました)
  彼らを、皆、海の向こうのアメリカに送ってしまいま
 した。
  1950年代の「保健社会統計年報」では、混血児を後天
 性小児麻痺や先天性心身障害者と同じ障害者と分類して、
 扱っています。
  正常の人間とみなしていなかったのです。
  そのような人権意識の徹底的に欠如した状態が、先程
 お見せしましたような、凄惨なほどの基地村の慰安婦達
 の流産を強要したのです。
  そして、ようやく生まれた子供は、祖国から捨てられ、
 アメリカへ養子として送られました。
  多くの基地村の女性たちが、生きることをあきらめ、
 毒薬を飲み、線路に飛び込んで自殺したのは、こういう、
 妊娠、流産、出産、子供を養子として送られる衝撃が原
 因でした。
  そのため、私は、ご覧の、問題の写真の原本を購入し
 たことを大々的に報道する大学の研究チームと言論(マ
 スコミ)に聞きたいです。
  私たちが良く知っている我々の中の反人権行為、反人
 権犯罪、1950年代~1960年代、基地村で行われた反人権、
 反女性の犯罪、少なくとも女性たちの半分近くが妊娠と
 出産と流産を経験した。
  そういう反人権の実態が、日本軍慰安所でも、そのよ
 うな範囲と頻度で、あったかという質問です。
  そのような歴史の矛盾性、同時代性の問題を、果たし
 て研究者達は、意識しているのか聞きたいのです。
  研究者が、ある史料を発掘し、貴重に引用する時は、
 それがどれほど一般的に自分が分析・追跡する問題を代
 表するかという事を考えなければなりません。
  従って、私は、この大学の研究チームが、写真を公開
 し、大々的に宣伝する前に、日本軍慰安婦の妊娠、出産、
 流産の頻度がどれほどのものだったのかを、まず、示さ
 なければならないと思います。
  その後でこそ、今の写真が史料としての生命を有しま
 す。
  その後でこそ、言論(マスコミ)が、臨月の危険性、
 彼女たちの勇気に感服すると言えると思います。
  これに関連して、私が知っている情報を一つご紹介し
 ます。
  これは、1943年と1944年に、ビルマのラングーンとシ
 ンガポールにあった日本軍慰安所の管理人、日本語で帳
 場と言いますが、帳場で働いていたパク・チグンという
 人の日記です。
  今度、順番になれば、この日記が伝える情報を詳しく
 ご紹介します。
  ラングーンとシンガポールでの約2年間の生活の間、こ
 の人が管理した慰安婦は合わせて30名余りでした。
  その中で、妊娠と出産を経験した女性は、たった一人
 です。
  日記の関連部分は次の通りです。
  「1944年7月、慰安稼業婦、ホ・○○は目下妊娠7ヶ月
 で休業届を提出した」。
  それから2ヶ月後の日記です。
  「1944年9月、本倶楽部の稼業婦、ホ・○○は、妊娠中
 であったが、今晩、中央病院に入院し、23時半に男児を
 出産した」。
  妊娠の出産の比率は、すべての慰安婦の中で、1年6ヶ
 月間、30分の1でした。
  日本軍兵士たちが、軍の統制に従って、サック、すな
 わちコンドームを着用したからです。
  パク・チグンの日記には、他の慰安所に所属した一人
 の慰安婦が、妊娠7ヶ月で自然流産したことも記されてい
 ました。
  全ての日記の中で、約2年間の日記の中で、女性たちの
 妊娠、出産、流産に関することは2件に過ぎません。
  私は、この事を知っているため、先ほどお見せしまし
 たその写真が、果たして、どの程度、日本軍慰安婦の実
 態を一般的に代表するのか、その代表性があるものか、
 という疑心を私は抱くのであります。
  最後に指摘したいことは、言論(マスコミ)が、ひい
 ては我ら韓国人一般が、果たしてそんなに、あの写真を
 見て憤怒するほど自身の歴史に対して「責任が無いか」
 という点です。
  もっと広範囲で、残酷な反人権、反女性の犯罪的行為
 が近い過去に、自分の過去に行われていたことに対して
 は、どうしてそんなに無関心なのでしょうか?(目を背
 けるのでしょうか?)
  私は、日記を紹介した時に「ホ・○○」と読みました。
  日記の本文には、正確な名前が載っています。
  私は、パク・チグンの日記を発掘・発刊するにあたっ
 て、女性たちの名前や韓国の住所をすべて削除しました。
  万が一、生きている本人と彼女たちの子孫が傷つくか
 が心配だったからです。
  しかし、日本軍慰安婦達をどうするつもりなのか、
  運動団体は全てを明かしています。
  実名を、そして、実の顔を公開する様に強要したので
 す。
  これは、女性たちの名誉や身体が持つ尊厳に対しての、
 もう一つの「暴力」ではないでしょうか?
  あの時代の写真は、実は教科書に載せるには相応しく
 ない、極めて暴力的な想像を引き起こします。
  そう想像させることは良いことでしょうか?
  その写真を、その原本が手に入ったと、再び大々的に
 報道し、再び、韓国人を憤怒させ、涙を誘うことは、裏
 返せば、写真の中の女性たちに対する、継続的な暴力で
 はないでしょうか?
  韓国人の心情が、そんなに暴力的だから、そんなに執
 拗に日本政府と国民の謝罪までも拒否し、両国の友好関
 係を、未来の協力関係を進んで破綻させて来たのではな
 いでしょうか?
  言論(マスコミ)の報道を見ながら、私は、そういう
 複雑な思いがしました。
  その複雑な思いを一つずつこれからしっかりと発表し
 て行きたいと思います。
  今日はここまでに致します。
.
2019年、中国は、なんだかんだと相手に「金を渡す」。
  例えば、中国で出版してあげるから本を書きなさいと
 持ちかけ、本を書かせて、出版部数の印税を、まだ、販
 売していないのにその金を渡す事をしている。
  この様な様々な手口で相手を手なずける。
  しかし、この様に書かせた本は、実際に中国で売られ
 るかというと、その様なことはない。
  完全に、金を渡すための方策となっている。
  当然、本の内容は、中国が有利になる様に書かせてい
 る。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  https://yumesyakai.blogspot.com/

2019年9月25日 (水)

(増補版)656E2/3:2/3:3/3:気になった事柄を集めた年表(1896年8月~1896年9月)

題:(増補版)656E2/3:2/3:3/3:気になった事柄を集めた年表(1896年8月~1896年9月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
 ☆真実の歴史を知ることは、国際社会をより公正なもの
  にする。
  そして、その公正な社会の達成で、人々の、また、皆
  様の、そして、人間の幸福を創造していく力ともなる。
  世界に真実を公表していく事は、真にやるべき大切な
  こと・・
  そして、総べての真実を議論してこそ民主主義が達成
  される。
 ☆過去を忘れたら「歴史」は蛮行を繰り返す。
 ☆中国と韓国は隣の国・・引っ越しの出来ない隣の国・・
  だからこそ、正しいことを言って正しい関係を作らな
  ければならない。
  卑劣なねじ曲げ発言に躊躇(ちゅうちょ)してはなら
  ない・・あくまでも、正しいことを教えてあげねばな
  らない!
  また、中国・韓国は、隣国・日本の立場を理解するこ
  とにつとめなければならない。
 ☆国際社会は、中国へ民主化を強く求めなければならな
  い・・民主化の達成できない国=中国・・
.
1896年8月、日本郵船が、北米航路を開設した。
  明治維新の直後に、日本を導く国として三菱グループ
 の最初の会社として誕生した・・世界の既得権益を堅持
 しようとする海運会社を相手に闘いを挑んだ日本のリー
 ディングカンパニー。
  度重なる困難に打ち勝ちながら、世界有数の総合物流
 企業として成長して来た。
  開国当初の日本海運は、外国船に太刀打ちできず、イ
 ギリスやアメリカの船会社に日本近海はもとより独占さ
 れ尽くしている状況だった。
  岩崎弥太郎は、藩の廻漕業・九十九商会を継承して、
 1874年、本拠を東京に移した。
  数々の業績で、大久保利通・大隈重信らの信用を得て、
 政府より海運を一任された。
  1875年、政府の命を受け、日本初の外国航路となる横
 浜~上海定期航路を開設した。
  この時、航路を独占していたアメリカのパシフィック
 メール社は、三菱商会(当時の社名)を潰しにかかり、
 9か月におよぶ運賃切り下げを行ない、競争状態に入る。
  結局、日本沿岸より撤退する。
  また、イギリスのP&O社も航路を開設して、対抗し
 て来た。
  政府の支援も得て、結局、この社も半年後に航路を閉
 じた。
  しかし、熾烈な戦いに勝ち、順風満帆の時ばかりでは
 なかった・・1881年、政界の地図が変わり逆風も吹き始
 める・・官民の風当たりが強くなる。
  1882年、半官半民の共同運輸会社が設立された。
  この会社との熾烈を極める競争が始まる・・会社の体
 力は両社とも極めて消耗する・・世論は理解を示さず、
 味方をしなかった・・
  日本海運の危機が生まれた・・消滅の危機・・この危
 機を救ったのが西郷隆盛の弟・西郷従道農商務卿だった。
  1885年、交渉が実を結び、郵便汽船三菱会社と共同運
 輸は合併する・・日本郵船会社の誕生となる。
  だからと言って、順風満帆の船出ではなかった。
  日本の発展はすさまじく、陸路の運搬も急速に発展し、
 その競争もし烈だった・・また、地方船主も生まれてい
 た。
  ここで、日本郵船は海外に活路を見い出した。
  1893年、日本初の遠洋航路であるボンベイ航路を開設。
  日本の輸出産業の花形である紡績産業の発展とともに、
 日本郵船は、欧米の船会社との競争にも打ち勝ち、日本
 の輸出拡大に貢献して行った。
  1894年の日清戦争後、日本政府は、海外航路拡充の法
 律を次々と制定した・・さらに、日本の海運も大きく進
 展して行った・・そこで・・
  1896年、日本郵船は、アメリカ、ヨーロッパ、オース
 トラリアへの三大遠洋定期航路を開設して行く。
  この決断は功を奏した・・この快挙は、日本の国際的
 な名声も高めた・・日本郵船は、世界の船会社としての
 地位を固めた・・そして、海運国日本が築かれて行く・・
  (参照:日本郵船ホームページ)
.
1896年9月1日、東海道線の新橋駅~神戸駅間に、急行列車
 が登場した。
  所要時間は、17時間22分だった。
  尚、急行料金は不要だった。
  この急行列車の開設は、2年前の1894年に、当時、私鉄
 だった山陽鉄道(現在の山陽本線を運営していた)が、
 急行列車を運行し始めたから、その刺激を受けた結果だ
 った。
.
1896年9月5日、「鉄道略則第13条列記物品〔貴重品〕及牛
 馬獣類ヲ旅客列車便ニテ運送スル場合ニ仕払フヘキ増賃
 金割合」を改正した(逓信省告示第167号)
  25マイル(40.2㎞)未満の輸送では、価格100円につき
 10銭、
  25マイル以上50マイル未満は同20銭、
  50マイル以上は同30銭、
  価格100円未満は100円に切上げ計算する。
.
1896年9月7日、大阪市に汽車製造合資会社(後の、汽車製造
 株式会社)が創業した。
  鉄道車両の製造会社で、1972年、川崎重工業に吸収合
 併された。
  日本の鉄道行政の黎明期を牽引した井上勝が・・、
  1893年3月に設立した・・日本初の民間機関車メーカー。
  1899年7月、井上は鉄道庁長官を務めたが、長官を辞す
 るに際して、その機に、長州藩の先輩である井上馨や、
 黒田長成、前田利嗣、毛利五郎らの旧諸侯や、岩崎久弥、
 住友吉左衛門、渋沢栄一、安田善次郎らの実業界の有力
 者らが出資し、1899年7月、大阪市西区川北大字島屋(現:
 此花区島屋)に開業した。
  メーカーとしての出発は、外国製の機関車などの模倣
 から始まり、日本の独自の改善を施して行くという発展
 を果たした・・
  日本人の優秀さが、どのジャンルにおいても、この様
 な抜群の吸収力・応用力から発した。
.
1896年9月9日、平瀬作五郎がイチョウの精子を発見した。
  「花粉管端より躍然精虫の遊動して活発に転々突進す
 る状況を目撃」・・小石川植物園の平瀬作五郎が、世界
 で初めてイチョウの泳ぐ精子を発見した模様を表現した
 言葉だった(1894年説あり)
  平瀬作五郎(1856年~1925年、植物学者)安政3年1月
 7日、越前国(福井市)に生まれる。
  1872年(16歳)福井藩中学校(藩校)に入学、卒業後、
   図画術教授補助に任命される。
  1873年(17歳)東京に出て油絵を学ぶ。
  1875年(19歳)帰郷し、岐阜中学の図画教師となる。
   かたわら「小学用器画法」(1888年)ほか図画教科
   書を著した。
  1888年(32歳)帝国大学理科大学(現:東京大学理学
   部)植物学教室へ画工となる。
  1890年(34歳)技手となる。植物学に興味を抱く。
  1893年(37歳)助手となり、矢田部良吉教授の植物図
   を描く。イチョウの研究を始める。
  1894年(38歳)池野成一郎(この後、東京大学教授と
   なる。ソテツの精子の発見者)の助言で、イチョウ
   の花粉管内に精子を発見した・・
    裸子植物に初めて精子を発見・・受精過程を追跡
   した(イチョウの受胎および胚の発生研究)
  1896年(40歳)イチョウの精子発見を発表した。
   ソテツの発見と共に、これらの発見は、植物分類学・
   細胞学・進化学上の一大事件であった・・
    海外の学者にも称賛された。
   平瀬作五郎は、当時、助教授だった池野成一郎に、
   精子を発見した時、寄生虫だと思って見せた・・そ
   れを見るなり池野は「精子だ」と直感したという。
  1896年9月9日、「花粉管端より躍然精虫の遊動して活
   発に転々突進する状況を目撃」・・となる。
  1896年10月、「いてふノ精虫に就テ」という論文を発
   表する(裸子植物の世界初の精子の発見)・・なお・・
   1894年1月、最初の論文「ぎんなんノ受胎期二就テ」
   を「植物学雑誌」に発表という史料もある。
   そして、1896年に、イチョウの精子を世界初でプレ
   パラート上で確認したの史料もある。
  1897年(41歳)東京大学を退職し、彦根中学へ転出、
   一時、研究も断念する不幸の時期があった。
  1912年(56歳)池野と共に学士院恩賜賞を受ける。
   初めは、平瀬作五郎の授与は予定されていなかった
   と言われている・・が、しかし、池野成一郎が、「
   平瀬が貰わないならば、私も断らせて戴く」と言い、
   二人の同時受賞となったという。
   後半生は、平野は、花園中学校で教鞭をとる。
  1918年(62歳)クロマツの受精に関する報告をする。
  1924年(68歳)肝硬変で花園中学校を退職する。
  1925年1月4日、京都市右京区御室の自宅で永眠された。
  尚、平瀬作五郎の精子発見のイチョウの木は、今でも、
 東京都文京区白山の東京大学理学部付属植物園に保存さ
 れている。
  1956年、その記念のイチョウの木の下に記念碑が建立
   された。
   「精子発見六十週年」と刻まれた。
  1996年9月9日、「イチョウ精子発見百周年記念市民国
   際フォーラム」が、東京大学安田講堂で開催され、
   広瀬作五郎の功績が讃えられた。
.
1896年9月14日、豊州鉄道の伊田駅~添田駅間の建設に際し、
 田川郡大任村、および、同郡伊田村の両地区の500戸の住
 民から、良田の11町余がつぶされて悲境に陥ると、線路
 の迂回要求の請願書が出された。
  (1899年9月16日、川崎駅~添田駅間、および、伊田駅
 ~伊加利駅間の建設出願と同時に、伊田駅~添田駅間の
 線路敷設権の取消願を提出して、翌年3月13日に認可され
 た)
.
1896年9月18日、第2次松方正義内閣が成立した。
  進歩党の大隈重信は、内閣連帯性、言論・集会・出版
 の自由、民間人登用の3条件を提出し、大蔵大臣に就任
 した。
  第6代第2次松方内閣が成立した(~1898年1月12日)
  第1次松方内閣のトキの帝国議会対策での失敗もあり、
 組閣は順調とは言えなかった。
  松方自身が率いる薩摩藩からも反対論が出る状況だった。
  種々の妥協からこの内閣を「松隈内閣(しょうわいな
 いかく)」とも呼ばれる。
  特筆すべきは、政党の本格的な政権参加が実現した。
  また、1897年3月26年に、金本位制の貨幣法が公布され
 た(「大隅財政」「松方財政」は悲願としていた)
 松方内閣第十議会(氷川清話)
.
1896年9月21日、奈良鉄道と連絡運輸を開始した。
  京都と奈良の2つの古都を結ぶ鉄道は、鉄道省(国鉄)
 の運営する奈良線が、1896年に開通していただけで・・、
  そして、蒸気運転でもあって速度は低く、列車本数も、
 1日12往復と少なく、都市間交通としては不便という問題
 点があった。
.
1896年9月25日、明治座で歌舞伎役者の初世・市川左団次一
 座が興行した。
  (参考)初世:しょせい、初代に同じ。
  25日間の全部を売り切った。
  近所のそば屋の印を押した切手(売り切りそば券)を
 袋に入れて、頭取が配った・・大入袋のはじまり
  これが大評判となり、25日間の興業切符の全部が売り
 切りとなった・・
  明治座は、1893年に新築され・・市川左団次(初代)
 は、座元(劇場所有者兼興行総責任者)として近代的な
 劇場経営を行った。
  新作物中心の興行を推進した。
.
  (今日の言葉)
.
  題:中国の南太平洋への影響力拡大に警戒が必要・・
   また、中国・人民元は、世界の通貨覇権を狙っている。
   アメリカ・ドルへの挑戦をし始めた。
   そして、電磁パルスで、皆が皆、世界中の人々が、公平に死に至ることを、
   習近平や金正恩、そして、文在寅やプーチンへ教えてやれ!
   地下に隠れたって駄目!
.
2世紀末、ローマ帝国内にキリスト教が広まった。
  キリスト教は、2世紀末には、ローマ帝国全土に教線を
 拡大していた。
  ディオクレティアヌス帝の退位(305年)後に起こった
 内戦を収拾して、そして、その後に、単独の皇帝となる
 コンスタンティヌス1世(大帝。在位:副帝:306年~、
 正帝324年~337年)は、当時の東帝リキニウスと共同で、
 313年に、ミラノ勅令を公布し、キリスト教を公認した。
  その後も、キリスト教の影響力は増大を続け、ユリア
 ヌス帝による異教復興などの揺り戻しはあったが・・
  後のテオドシウス1世(在位:379年~395年)の時に、
 国教に定められた・・
  そして、キリスト教の教義どおり、異教が禁止された
 (392年)
  394年には、かつてローマの永続と安定の象徴とされ、
 フォロ・ロマーノにありローマの建国期より火を絶やす
 ことのなかったウェスタ神殿のウェスタの聖なる炎も消
 されるに至った・・異教だから消せ・・と・・
  ローマ時代のキリスト教徒は、特に、「終末」の意識
 が高かった。
  中世は、「イエスが時間を支配し、世界を支配する」
 と考える意識を強く持たされた・・
  そして、キリスト教会は、復活祭表の改定の必要性か
 ら・・「イエス紀元」が、525年に、考案された。
  考案したのは、スキタイ人のキリスト教修道士(デオ
 ニシウス・エクシグウス)だった。
  彼は、「復活祭を、ディオクレティアヌス暦でやって
 いるのは、不信心な迫害者の記憶に結びつけることにな
 り、気に入らないから」と、その理由を書いた。
  それまでは、アレクサンドリアの司祭の復活祭を決め
 る表を使っていた。
  また、ディオクレティアヌスは、キリスト教の迫害を
 していた。
  ちなみに、ギリシャ人は、紀元前776年を紀元とする
 「オリンピック紀元」を使っていた。
  また、「ローマ人は、紀元前753年を起源とする、「ロ
 ーマ建国紀元」を使っていた。
  また、紀元前284年のディオクレテゥヌス帝の即位を紀
 元とする年号は、ローマ帝国内で、広く使用されていた
 が、この「ディオクレテヌス暦」は、ローマ帝国を越え
 て使用を強制できなかった。
  今・現在、キリスト教のイエス生誕に関連する西洋暦
 を使っているが、キリスト教が迫害されて、気に入らな
 かったため、キリスト教修道士が計算し作り出したのだ
 った・・しかし、ちなみに、イエスの生誕日は不明なの
 である。
.
354年11月13日、キリスト教の教父と言われるアウグスティ
 ヌスが生まれた(~430年8月28日)
  彼が有名になるのは、キリスト教がローマ帝国に公認
 され、国教とされた時期と重なるグッド・タイミングも
 あった。
  彼は、後のキリスト教へ多大な影響を与えた。
  衰退しかけたキリスト教を復興し、中世のキリスト教
 が栄える時代へとつなげた。
  ただ、悲しいかな、また、当然のことであるが、彼は、
 現代の様な科学知識が無いため、色々な間違いをし、ま
 た、発言もしている。
  そして、アウグスティヌスの最大の発明品と言われる
 「死んだ後の救済」をキリスト教の教理とした。
  ここに、救済の「神の国が出現する」とした。
  人々は信じ、現世では夢は叶えられない「終末と最後
 の審判の後に実現する『神の国の実現』に救済される」
 とした。
  人々は、その彼の発明品によって、また、キリスト教
 聖職者が説く『殉教』を美しく感じさせられた。
  結果、自分の命を軽く扱い、捨てるという行為が安易
 になされた。
  この様な若者が多く出る状況となった。
  また、幼い子供の頃の絵本「フランダースの犬」も、
 この様なストーリーで、幼児がマインド・コントロール
 される状況となっている。
  神の前で死んで行く主人公を美しく感じさせられ、マ
 インド・コントロールしている・・その様な幼い頃より
 の洗脳する絵本・・
  それが、「永遠の至福なのだ」と洗脳し・・青年期の
 自殺へとつながる。
     ・
     ・
15世紀、ヨーロッパ中世末の15世紀・・悪魔と契約してキ
 リスト教社会の破壊をたくらむ者という「魔女」の概念
 が、「キリスト教会によって作られた」。
  男尊女卑のキリスト教の如く・・女性が悪者にされた。
  そして、最初の大規模な魔女裁判がおこった。
  そしてまた、16世紀後半~17世紀には「魔女熱狂」と
 言われる多くの女性が焚刑(ふんけい、焼き殺す刑罰)
 となる大迫害時代となった。
  その中心は、キリスト教会内にあるキリスト教裁判所
 で行われた・・
  そして、その裁判長は、キリスト教聖職者がなった。
  魔女でも何でもない女性が裁かれ焼かれた。
  目的は、大きくなりたい、権威が欲しいとするキリス
 ト教の資金集めが目的だった・・また当時、権威のあっ
 た助産婦(家庭医でもあった)がターゲットだった(権
 威者の消滅)・・夜、薬草を煎じる姿を魔女としたりし
 た・・また、資産家の女性が狙われた・・
  社会は、燃え盛る「キリスト教の魔女狩り」の社会と
 なった。
  魔女にされた無実の女性は、キリスト教会内にあるキ
 リスト教裁判所で、必死に無実を訴えた。
  それでも、キリスト教聖職者のキリスト教裁判所の裁
 判長は、色々な拷問を続けて無実の女性を痛めつけた。
  助かる者はいないという状態だった・・
  長い陰湿な拷問が続いた。
  キリスト教聖職者の性的ストレス解消もなされるとい
 う軽蔑的行為もなされた。
  最後は、女性方は、皆、魔女とされ焚刑となった。
  燃え盛るキリスト教の魔女狩りの嵐の前に、なすすべ
 もなかった。
  そして、見せしめの「市中引き回し」が行われ、キリ
 スト教聖職者がその先頭を歩いた。
  そして、町の広場で、顔見知りの方々の見守る中で焼
 かれた。
  卑劣なキリスト教の考える、そして、その行為だった。
  燃え盛るキリスト教の迷信宗教の中で、女性は、真実
 を訴えながら焼かれた。
  女性の財産は、キリスト教会に奪われた。
  キリスト教は、これが目的だった。
  キリスト教会は、女性を焼いた薪代(まきだい)まで
 請求した。
  この様に、初めから終わりまで、キリスト教が仕組ん
 でいるこのことが明らかな事柄に対し、最近になって、
 「すべては民間の世俗が行なったこと」と、被害者側に
 ある市民の行為だと、キリスト教は「なすりつける行為」
 を言い始めている・・恥の上塗り・・
.
1816年、キリスト教聖職者のロバート・フィンリーは、黒
  人の方々をアフリカに送還するための「アメリカ植民
 協会」を結成した。
  この真の意味は、奴隷解放ではなく、黒人は、たとえ
 「自由人」であっても、白人社会の中で白人と一緒に生
 活する事は出来ないという白人優越=黒人蔑視の人種的
 偏見に根ざしていた・・古来から、キリスト教はこの考
 え方をした・・アウグスチヌスもアフリカのエチオピア
 の方々を迫害した・・
  また、その政策は、黒人の方々を「隔離」し「追放」
 することだった。
  そして、その3年後の1819年、アフリカのフランス領の
 象牙海岸の隣接地に4万平方キロメートルの地域が、植民・
 棄民のための場所として用意された。
  そして、まもなく、入植が行なわれ、首都は、ジェー
 ムズ・モンロー大統領の名前にちなんで「モンロビア」
 と名付けた。
  現在のリベリア共和国である。
  しかし、入植した人数は、極めて少なかった。
  皮肉なことに、アフリカ最初の独立国となった。
  エイブラハム・リンカーン大統領は、この棄民政策を
 推進した。
  自由黒人の進歩派の方々は、この政策の真意を見抜き
 反対した。
  そして、その戦いの先頭に立った。
  やがて、この自由黒人の奴隷制廃止主義者の方々も加
 わった。
  卑劣なキリスト教聖職者から始まったこの行動・行為
 も、この様な経過を辿(たど)った。
  そして、黒人の方々は、1830年に、アメリカ自由黒人
 協会を結成した。
  黒人の方々による最初の政治結社だった。
  集会運動を通して、アフリカ送還の棄民政策に反対し
 た。
  また、当然、黒人奴隷制度に反対し、逃亡奴隷に手を
 差し伸べ、黒人の方々の市民としての権利(選挙権や教
 育や仕事など)を要求し、平等を要求し、肌の色による
 差別行為に抵抗した。
  アメリカには、このような差別が根強く残った・・今、
 国連がSDGsをしているが、男女平等も大切だが、『
 まず第一に、人権の尊重と平等を掲げよ』・・
.
1911年、日本へ軍事技術を教える事に対しての警戒感が明
 確となった。
  日露戦争で、日本海軍が、あまりにも見事に、ロシア
 海軍を殲滅(せんめつ)したことが、世界に大きく衝撃
 を与えた。
  この事により、これ以降、日本は、海外の諸外国の先
 進国から、特に、海軍関係の知識を教える事に対し、警
 戒されるようになった。
  日本の留学生が、イギリスの海軍兵学校へ行くが、日
 英同盟があっても、1911年の時点であっても、英国海軍
 省からの指示で、「砲術の授業に日本人は入れるな」と
 された。
  また、第一次世界大戦の時点でも、日本とイギリスは、
 一緒になって、ドイツに対して戦った同盟国であったが、
 軍事技術の供与は、大きく制限された。
  アメリカもこの時期、この様な警戒を日本に対してし
 始め、イギリスと同様な動きとなった。
  今・現在の現時点において、中国が、「太平洋を半分
 づつにしよう」と、アメリカに言っているが、この言葉
 に代表される様に、また、習近平の言葉の様に、「世界
 覇権を得る」「2049年に、中国は軍事と経済で世界を制
 する」という目標を掲げる中国には「最大限の警戒を要
 する」。
.
1942年2月15日、シンガポールが陥落した。
  シンガポールの戦いが、1942年2月7日から、イギリス
 の海峡植民地のシンガポールで、日本とイギリスの間で
 行われた・・そして、イギリスのシンガポールは、2月15
 日に陥落した。
  2倍以上の兵力を誇ったイギリス・・そのイギリスとの
 戦い・・また、難攻不落と言われていたシンガポールの
 要塞。
  ここを、10日足らずで攻略した日本・・
  この結果、イギリスは、率いる軍として、歴史上最大
 規模の将兵が降伏し、捕虜となった。
  この時、イギリスのチャーチル首相は言った・・
 「イギリス軍の歴史上最悪の惨事であり、最大の降伏だ」
 と・・
  日本の緒戦(しょせん)の勝利は、東南アジアやイン
 ドの方々に「独立への夢と勇気」を育(はぐく)んだ。
  東南アジアにおける日本軍の目ざましいの進撃は、現
 地のかた々の協力なしには、なし得なかった・・
  協力があってこそなし得た。
  イギリス軍に居たインド軍兵士の中からインド国民軍
 が結成された。
  日本軍と協力して、インドへ向けて進撃を始めた。
  インドネシアやビルマでも、軍隊が作られた・・
  そして、日本軍は指導した。
  マレーシアの独立運動家で、元上院議員のラジャー・
 ダト・ノンチック氏は書いた・・
  「日本軍は、長い間、アジア各国を植民地として支配
 していた西欧の勢力を追い払い、とても白人には勝てな
 いと諦(あきら)めていたアジアの民族に、驚異の感動
 と自信とを与えてくれた。
  長い間、眠っていた「自分たちの祖国を、自分たちの
 国にしよう」という心を目覚めさせてくれた。
  私たちは、マレー半島を進撃して行く日本軍に、歓呼
 の声を上げました。
  敗れて逃げてゆくイギリス軍を見た時に、今まで感じ
 たことのない興奮を覚えました」・・と・・
  (追伸)アジアの各地から日本軍が撤退した後、これ
     等のアジアの国々は、ほぼ十数年の間に次々と
     自力で独立を達成した。
      日本軍の兵士の中には、現地に残って独立戦
     争に参加する日本兵士も多かった。
      インドネシアでは、その戦士たちは、英雄戦
     士の墓に眠っている。
.
1945年12月1日、サイパンで、最後まで戦い抜いた日本軍が
 山を下りた。
  サイパン島に残ったわずかな日本軍地上部隊は、ゲリ
 ラ化して、遊撃戦に移行していた。
  そして、各個で戦闘を継続した。
  日本のポツダム宣言受諾後も、その事実を知らない陸
 海軍の将兵らは、遊撃戦を継続していた・・
  ・・が、ポツダム宣言受諾の事実を知り順次投降した。
  タッポーチョ山を拠点としていた歩兵第18連隊衛生隊
 の大場栄陸軍大尉以下47名の部隊は、1945年11月27日(
 発令は25日)に、独立混成第9連隊長の天羽馬八陸軍少将
 (陸士第23期卒)の正式の命を受け・・
  1945年12月1日、軍歌(彼らの部隊の隊歌と「歩兵の本
 領」)を歌って戦没者の霊に弔意を示しながら山を降り、
  そして、投降した。
  栄光ある軍事行動に従事していた彼らは、大本営のサ
 イパン放棄を知らず、必ず友軍がサイパンを奪還に来る
 と信じていた。
  大規模な投降としては・・最後のものとなった。
  なお、歩兵第18連隊主力は、1944年5月に、グアムに移
 駐したが、衛生隊ほかは移駐が間に合わず、サイパンの
 戦いに加わることになった。
.
2019年、題名:キリスト教の性悪説では子供は伸びない・・
  また、その性悪説の精神的圧迫は、自殺の危険を招く・・
  テレビの司会者などで、キリスト教の考え方の「性悪
 説が優れている」と、自分のキリスト教信仰を『巧妙に
 伝道している者』が居るが・・
  そして、また、仏教の性善説を貶(おとし)める発言
 を・・自分の立場を利用して行なう者がいる・・
  これは「放送法の違反行為となる」・・公平な報道で
 はない・・
  特に、キリスト教に偏するNHKに、この行為は多い。
  科学的には、「子供は、前向きに性善説的に褒(ほ)
 め、育てる方が良い」と結論されている。
  例えば、子供にキリスト教の様な「性悪説的な精神的
 圧迫」を加えた場合、そこから「トラウマが発生する」。
  その精神的トラウマが、身体的トラウマにもなり・・
  キリスト教の若者に自殺が多いが、常に与えられ続け
 る性悪の圧迫は、蓄積すると爆発する・・怖いのである。
  その内、希望まで無くなってしまう・・
  常に、性悪説的に発想し、思考展開し・・そして、そ
 れらが行動・行為に、反映してくる・・
  そしてまた、その精神的圧迫が身体的に影響してくる。
  性悪説の危機的な状況を察知すると、脳は、ストレス
 ホルモン系と自律神経系とを動員して、それを回避しよ
 うとする・・本能がそうさせる。
  それが、常に、与えられ続けると、逃げ場の無い状態
 となる。
  体や本能が、その対応をとることが出来なくなる。
  その結果、身体は、体内でその警報を、ずっと鳴り続
 けさせる。
  トラウマ状態になって行く。
  危機的状況から本能や体が対応できなく、思うように
 守れなくなると、自分の体の主導権が奪われた状態に陥
 (おちい)る。
  トラウマとなると、自分の体が感じているはずの事を
 正確に感じることが出来なくなる・・想像することが破
 壊される。
  常に、身体は緊張状態となっている。
  自分の感覚から受け取った情報を正確に処理できなく
 なって・・
  自分の内部で起こる感情の変化を自覚することが出来
 なって・・
  緊張しっぱなしの体が悲鳴を上げる・・
  薬物療法で緩和しても、根本的な解決とはならない。
  この様な展開が、恐ろしい結果を生む・・
  マイナスの圧迫、その常時の圧迫の怖さである。
  人間は、性善説的に、前向きに明るく思考展開した方
 が良い・・科学的にも証明されている・・
.
2019年、電磁パルスによる殺傷が起きる。
  広島や長崎の原爆は、地上500メートルで爆発した。
  それによって、超高温で焼かれ蒸発し、殺され、死ん
 だ。
  人間は蒸発して行った。
  石造建物の石に、「ここに人がいたんだな」と思わせ
 る影の黒い痕跡だけを残して、人間は跡形もなく居なく
 なって、蒸発していた。
  母を探しに行ったら、台所に母の指輪だけが落ちてい
 たという話も聞く。
  原爆の超強烈なエネルギーは、その様なエネルギー・・
  広島・長崎は、山に囲まれているから、被害はその山
 に囲まれた地域内だけになった・・
  東京に投下されたら、関東平野は広いから、その広大
 な面積が焼かれ、蒸発させられることになる・・
  それに、今は広島・長崎の時の原爆より、けた違いに
 巨大になっている。
  ここで知っておきたいことは・・爆発高さが広島・長
 崎の時が500メートルだったが、この高さが高くなると
 どうなるか?・・ということである。
  日本は、地上数十キロメートルで爆発されると、日本
 全土が、原爆の熱によっては死なないが、原爆の爆発に
 よって発生する「電磁パルス」によって、結局、死に至
 ることになる。
  (参考)高高度核爆発:
      高高度における核爆発・・
      強力な電磁パルス(EMP)を攻撃手段として利
     用し、広範囲での電力インフラストラクチャー
     や通信、情報機器の機能停止を狙う。
      爆発高度によって分類されるものであり、核
     兵器の種類や爆発規模などは問わない。
      高度数十km以上の高層大気圏における核爆発
     においては、大気が非常に希薄であり、核爆発
     の効果に関して、高度が上がるにつれ爆風は減
     少していく。
      核爆発のエネルギーは電磁放射線が多くを占
     めることとなる。
      核爆発により核分裂後10ps(10~11秒)以内
     に発生したガンマ線(X線)が大気層の高度20km
     ~40km付近の希薄な空気分子に衝突し、電子を
     叩き出し(コンプトン効果)、叩き出された電
     子が地球磁場の磁力線に沿って螺旋状に跳び、
     10nsほどの急峻な立ち上がりで強力な電磁パル
     ス (EMP) を発生させる。
      大気が希薄であることからガンマ線は遠方ま
     で届き、発生した電磁パルスの影響範囲は水平
     距離で100km~1,000km程度にまで達する場合が
     ある。
  電気・水道・ガスをはじめ、金融システムはじめ現代
 社会は、コンピューター・システムによって生きている。
  原爆の高高度のこの炸裂で、この電磁パルスによって、
 やられる。
  人間は死なないだろうが・・社会基盤を失う。
  この失われた社会基盤の普及は、数年を要する。
  結局、人類は生きて行けないで・・死に至る・・
  衛生状態も良好に保てない状況の中で・・死滅する・・
  核弾頭ミサイルを撃墜し、大気圏、再突入できないと
 しても、この位置で炸裂したら、この電磁パルスで、遅
 かれ早かれ、死に至る・・
  日本全土がこの憂き目にあう。
  例えば、この逆、北朝鮮の上空で、この状態と同じこ
 とが起きれば、当然、同じことが起きる。
  北朝鮮上空と言ったが、隣国の中国へも被害が及ぶ。
  北京にも被害が及ぶ。
  即死は無いが、結局は、広い範囲が死に至る。
  大気圏の核爆発というのはその様なもの・・
  核爆発による攻撃のボタンを押した者が、自分たちだ
 けが生き残れると思っているのは・・『妄想だ』。
  皆、一緒に死ぬ羽目に陥(おちい)る・・
  人工衛星も、駄目となる・・近代の機器は壊滅する・・
  電磁パルスで、皆が皆、世界中の人々が、公平に死に
 至ることを、習近平や金正恩や文在寅、そして、プーチ
 ンへ教えてやれ!
  地下に隠れたって駄目!
.
2019年、韓国政府は、慰安婦問題の虚偽がはっきりした現
 在・・その様々な虚偽発言で「傷ついた日本国民」へ
 謝罪せよ!
  韓国政府は、今まで、日本政府へ主張して来た「慰安
 婦」について、それが、虚偽であったことがはっきりし
 た・・その様な今、韓国大統領名で、謝罪文を書き、発
 表すべきだ。
  朝日新聞が、虚偽だと明確に認め、謝罪している様に、
 同じ様に行動すべきである。
  また、この件で、長い間の虚偽行動で、日本国民の心
 が非常に傷ついた、この事に対して、韓国政府は基金を
 設けて、その修復に努めよ!
.
2019年9月24日、中国の南太平洋への影響力拡大に警戒が
 必要という読売新聞の社説が掲載された・・
  以下、その抜粋・・
  経済援助と引き換えに台湾との断交を迫り、影響力を
 拡大する。
  南太平洋での中国の動向には警戒が欠かせない。
  南太平洋の島嶼国、ソロモン諸島とキリバスが相次い
 で台湾と断行し、中国と国交を樹立することを決めた。
  これで、台湾が外交関係を持つ国は、世界で15カ国だ
 けになった。
  中国が、台湾を国際的に孤立させようと、攻勢を強め
 ているのは明らかだ。
  南太平洋はかつて、中国と台湾が熾烈(しれつ)な援
 助外交を展開したが、近年は、中国が経済力を背景に存
 在感を増している。
  オーストラリアの調査機関によると、中国は、2006年
 からの10年間で、南太平洋の国々に17億8000万ドル(約
 1920億円)を援助した。
  今や豪米両国国に次ぐ主要な援助国となった。
  この地域の秩序を主導する米豪に対抗する戦略だろう。
  懸念されるのは、中国の南太平洋への進出によって、
 地域の緊張が高まる事態だ。
  「海洋強国」を国家目標とする中国は、太平洋やイン
 ド洋など遠海へと活動範囲を広げている。
  国際ルールに反した一方的な海洋進出や、相手国の財
 政状況を無視した融資が批判されてきた。
  中国の習近平国家主席は南シナ海について「軍事拠点
 化しない」と約束した。
  にもかかわらず、岩礁を埋め立てた人工島にレーダー
 やミサイルを設置し、「航行の自由」を脅かしている。
  インド洋の島国スリランカは、中国への債務返済が出
 来なくなり、南アジア最大級のハンバントタ港の権益を
 事実上、譲渡した。
  南太平洋で同様の問題が起きないとは言いきれない。
  島嶼国の多くが中国への経済的な依存度を高めている。
  バヌアツでは、中国が港湾整備を進め、軍事利用する
 との見方が出ている。
  南太平洋は、アジアと米大陸をつなぐシーレーン(海
 上交通路)にあたる。
  米軍がアジア太平洋の戦略拠点として基地を置くハワ
 イやグアムに近い。
  日米豪などが共有する「自由で開かれたインド太平洋」
 構想でも大切な地域だ。
  中国が島嶼国を拠点に軍事活動を強化し、地域の安定
 を揺るがす事態を防ぐため、米豪や日本が、南太平洋諸
 国への関与を強めることが求められる。
  経済援助に加え、安全保障協力が重要である。
  米豪は、パプアニューギニア・マヌス島の海軍基地を
 拡充し、周辺での軍事演習も強化している。
  島嶼国の防衛力向上に資する支援を積み重ねたい。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  https://yumesyakai.blogspot.com/
.
  (追伸)
  中国・人民元は、世界の通貨覇権を狙っている。
  アメリカ・ドルへの挑戦をし始めた。
  しかし、実態はただの紙切れの人民元・・
  その裏付けを保証するものは何もない。
  それは、実体のない通貨=人民元の身分不相応な振る
 舞い。
  何故? こんな大間違いが起きたのか?
  その中国・人民元の振る舞いの初めには、ウォール街
 の行なった間違いがあった。
  ウォール街は、中国を一時的に大いに助け、そして、
 援助し、そして、ウォールは大いに儲けた。
  アメリカの歴代政権も、「それはウィンウィンだ」と
 勘違いして、大いに進めさせた。
  そして、アジア・・
  アジアで大きな経済的影響力を持つ華僑・・
  この華僑と中国を刺戟させて心身を興奮させないよう
 にという政策がとられた・・これに固執し、続けられた。
  しかし、今、この間違いが、とんでもないことになる
 という事態が発生している・・、
  この様な事態は看過できない、見過ごせないと、何と
 かしなければという行動が・・とられ始めた。
  トランプ・アメリカ大統領は、中国・習近平のアキレ
 ス腱を撞く(つく)行動をとり始めた。
  その目標は、当然、「紙きれの中国・人民元に通貨覇
 権を絶対に握らせない」というところにある。
  高関税に始まり、金融戦争が始まる。
  例え、通商が犠牲になっても「国家の安全保障が大切
 だ」という理念がある。
  中国を甘やかせた最大のポイントは、人民元が変動相
 場制が通常なのに、その状態になっていないことにある。
  中国・人民元は変動相場制に移行させるべきだ・・そ
 れが当然だ・・
  (日本は、堂々と、変動相場制に移行した)・・
  この図体ばかりが大きい中国は、変動相場制が恐怖で、
 逃げ回ってばかりいる・・
  アメリカの保護下に居た・・しかし、そのアメリカを、
 身分不相応に食い始めた。
  今、中国は、ドルが枯渇している・・
  外貨準備も激減している・・
  資金が中国から逃げ、ますます、余計に、中国・人民
 元の裏付けが無くなっている・・
  それに、不動産バブルが崩壊し・・空室ばかり・・株
 安も起きるという災禍・わざわいの中国となっている。
  直接投資が激減している・・貿易も、事実上、赤字と
 なっている・・もう中国の時代は終わった・・明らかに
 ASEANへ移行している。
  異常な二桁の軍拡で作られた景気・・そして、人民元
 札の増発で、景気を煽るという嘘が「ばれ始めた」・・
  知的財産権無視で次世代技術を盗取し、軍事などへ転
 用して来た。
  アメリカのトランプ政権は、ファーウェイやZTEを
 阻止し、スパイ摘発をしている・・
  また、企業買収を止めさせ、拠点買収を阻止している。
  もう中国は、変動相場制へ移行させねばならない・・
  そんな最恵国待遇の特待席には、いつまでも置いてお
 けない。
  有頂天でやっている「一帯一路」は、当然、しぼんで
 行く・・
  世界の工場と言われた中国の生産拠点も「存在意義が
 無くなった」・・獅子身中の虫に成り下がった。
  中国の政治形態が変わり、真からの自由な経済社会に
 ならないのなら・・消えゆくのみ・・
  中国が生き残る道は、真からの自由経済社会と民主主
 義国家への道・・
  AIの熾烈な戦いが繰り広げられる戦国時代の後に、
 その様な社会が来る。
  少数の者が牛耳る監視社会が、多くの奴隷的農民層を
 使うという一時代前の形態の中国社会が生き残れるはず
 はない・・
  (追伸)
  NHKは、CCTVへ映像を何十年も前から映像資料
 を渡している。
  例えば、一例として、国会の委員会の審議状況の映像
 のすべてを渡している
  CCTVは中国中央電視台で、中国(中華人民共和国)
 の国営放送のテレビ局。
  国営通信の新華社とともに「メディア」と言うより、
 中国共産党のための宣伝機関とされている。
  これはスパイ行為である。

«(増補版)655E2/3:2/3:3/3:気になった事柄を集めた年表(1896年8月~1896年8月)